採用情報

先輩からのメッセージ

木村 翼(21)

入社5年目 / 第15海幸丸甲板員
山口県下松市出身

乗船のきっかけは?
通っていた水産高校の先輩が下関の海幸丸に乗船していて、仕事の内容を聞いていました。もともと海や魚が好きで選んだ学校だったので、先生の勧めや先輩の誘いもあり、トロール乗船を決意しました。
これまでのキャリアを教えてください。
地元が山口だったこともあり、最初の4シーズンは下関の船(第1海幸丸)に乗り始めました。機関よりも航海に興味があったため、最初から航海の履歴で乗船しています。3年目に会社の勧めもあって、海技士(6級航海)の免許を取得しました。昨年から、八幡浜の新造船に甲板員として乗船しています。今年の夏には一級無線の免許も取得しました。
仕事で苦しいことや楽しいことは?
船での生活は年代の違う船員たちとの共同生活になります。気が合う人、合わない人といろんな先輩がいます(笑)が、自分の場合はすごくかわいがられているほうだと思います。仕事では厳しい先輩も多いですが、いったん仕事をはなれると、気軽に食事に誘ってくれる。そんなざっくばらんな雰囲気が好きです。自分の親よりも年上の乗組員も多いですが、みんな何かと気にかけてくれます。陸に上がるたびに先輩の風呂にお供していまして(笑)、仕事以外でも相談に乗ってもらえる頼もしい先輩ばかりなのはうれしいです。
下関と八幡浜の仕事の違いは?
下関の船は一度の航海が4日~6日と長いです。獲れる魚もノドグロやアンコウやカレイ類が多く、サイズごとに細かく選別するのが特徴です。八幡浜は、航海日数が2日程度と短いので、規格よりも鮮度重視の仕立てです。月末にまとめて3日程度休みをとる下関と、月の中休みと月末休みに分かれている八幡浜、休みの取り方も港ごとに違うんですよ。
私生活の近況は?
彼女と同棲を始めました!(笑)といっても、一緒にいられるのは、オフシーズンの夏だけですが、いつかは母港となる八幡浜で住まいをかまえられればと思っています。あとはローンでBMWを購入しました!スポーツタイプの車ですが、安全運転で長く付き合いたいと思っています。

×

井上 泰宏(35)

入社10年目 / 第15海幸丸一等機関士
愛媛県伊予郡砥部町出身

乗船のきっかけは?
もともとは魚とはかけ離れた精肉の仕事をしていました(笑)。25歳の時に、当時付き合い始めた彼女と素潜りをしたのがきっかけで、海の魅力にとりつかれ漁業への転職を決意しました。ホームページをみるなかで、昭和水産とトロール漁業のことを知って応募しました。いろんな魚と出会えることに魅力を感じ、この会社だと!(笑)募集案内も記載されていたので、思い切って電話したのが乗船のきっかけです。
入社後のキャリアを教えてください。
入社当時から海幸丸の機関員として経験を積みました。4年目に甲板長をまかされ、漁具や魚の選別についても後輩に指導する立場も経験しました。3年前に先輩乗組員の勧めもあって5級海技士の資格も取得、いっきに仕事にやりがいを感じるようになりました。機関(エンジン)の仕事については、ベテラン機関長の補佐をしながら、日々勉強しています。今シーズンから漁労長の補佐役、主船の舵交代として操船についても学んでいます。
普段の生活について教えてください。
9月から翌年5月の漁期は仕事中心、シーズンオフの夏は休暇というメリハリある生活が好きですね。昨年、長年探していた平屋(庭付き)の自宅も購入しました。奥さんと二人で手作りしたウッドデッキでくつろぐのが至福の時間です。今年の夏には、中型2輪の免許も取得したので、次の目標はバイクの購入です。新車でのツーリングが今から楽しみです!
これからの抱負と後輩乗組員に一言!
まだまだ漁労長や機関長といったベテランの輩からいろんなことを吸収したいです。若い年齢で乗船する後輩には、まず3年はいろんな我慢をして続けてほしいですね。乗船履歴ができると海技士資格取得にチャレンジできるので、一気に仕事の幅も広がって楽しくなるはずです。一緒に頑張りましょう!

×

長島 敬二(34)

入社3年目 / 第1海幸丸機関員
福岡県宗像市出身

乗船のきっかけは?
20代前半は造船関係などの職を経験し、その影響もありその後は巻き網漁船に約6年間乗船していました。ネットで昭和水産の船員募集欄が目に留まり、巻き網漁業とは違い様々な魚種を狙う底曳網漁業にも興味を持つようになりました。また年間通して安定した収入が得られるところにも惹かれ、昭和水産への転職を決めました。
入社後のキャリアを教えて下さい。
造船所時代にやっていた溶接作業などの経験を活かし機関員として乗船しています。まだまだ3年目ということで、大ベテランの機関長さんの下で厳しく教えてもらいながら頑張っています。来年休漁期には海技免許(機関士)を取得し、将来の機関長を目指しもっともっと向上していきたいと思います。
仕事で苦しいことや楽しいことは?
年齢も出身もバラバラの共同生活の中、方言が通じなかったり、気性の激しい先輩乗組員からは厳しく怒鳴られたりと、内心腹が立つ事もありますが、そこはグッと堪えています。沖に出て、魚が獲れれば獲れるほど寝る間もなくなり、過酷な仕事が続きますが、その大変さが収入に直結することが漁師の魅力なんですよ!船上では鬼の様な先輩乗組員も陸へ上がると面倒見が良く、食事にもよく誘ってくれたりと何かと助けてもらっています。
普段の生活について教えて下さい。
休みの日はやっぱり大好きなパチンコ屋へ行く事が多いですね。唯一何も考えない無になれる時間です。月に1度ではありますが、月末に3日~4日のまとまった休みがあるので、毎月福岡の実家に帰省することができ、家族や友達に会うのも楽しみの一つです。
これからの抱負と後輩乗組員に一言!
将来は、海幸丸の機関長となり皆を引っ張っていけるような男になれるよう精一杯努力し、精進して行きたいと思います。あと、貯金も少しずつしていかないといけないなぁと思っている今日この頃です(笑)やる時はやる!休む時は休む!遊ぶ時は遊ぶ!で共に頑張っていきましょう!

×

秦 嵩太(29)

入社4年目 / 第16海幸丸一等機関士
愛媛県松山市出身

入社のきっかけは?
昭和水産の直売店に勤務していた友人に紹介されたのがきっかけです。もともと海や魚は好きで興味はあったのですが、身近に漁師はいなかったため最初は不安でした。そんな中会社のホームページを見て調べてみると、トロール漁業の歴史や仕組みが詳しく紹介されていて、魚のまち八幡浜の中心的な仕事であることがよく分りました。
前の仕事は?
もともと医療系の専門学校を卒業して、リラクゼーションの仕事から転職しました。指圧やマッサージは得意なので、シーズンオフには先輩乗組員のマッサージを引き受けていますよ。無料ですけど・・(笑)
仕事のやりがいを感じるときはどんな時ですか?
昨年、海幸丸の新造船竣工式にも参加しました。道の駅みなっとで見学会も行って、多くの市民の皆さんに船内を案内しました。市内外から予想以上に多くの皆さんに乗船していただき、トロール漁への期待の大きさを肌で感じました。そんな船を支えていると感じられるのが、自分にとってのやりがいです。
今後の抱負をどうぞ!
今年の夏に社長や漁労長の勧めもあって、6級海技士(機関)の免許を取得しました。今シーズンからベテラン機関長の補助係として、エンジンを実地で学んでいます。はやく一人前の機関長として活躍できるようにキャリアを積んでいきたいですね。3人の子供たちのためにも稼ぎたいですし。当面は5級の免許取得を目標にしています。
後輩に一言
自分より若い船員も徐々に増えていまして、チームワークが感じられる仕事です。まずは見学、そして僕と一緒にトロール漁業にどっぷり浸かりましょう!!

×