水揚げ魚種

キダイ

別名
レンコ、レンコダイ(八幡浜)
獲れる場所
豊後水道南沖から宮崎・鹿児島沖
季節
秋から冬
  • 海幸丸のレンコダイ

    海幸丸のレンコダイ
  • レンコダイの一夜干し(弊社一夜干しシリーズの定番品です!)

    レンコダイの一夜干し(弊社一夜干しシリーズの定番品です!)
  • レンコダイの唐揚げ(紅葉おろしとポン酢でどうぞ!)

    レンコダイの唐揚げ(紅葉おろしとポン酢でどうぞ!)

特長

全国の沖合底曳網漁で安定して水揚げされる魚種の一つ。マダイに比べて魚体が小さく、黄色を帯びているのが特徴です。その昔は祝い事の尾頭付きの魚として人気と需要があったものの、近年は需要減に伴って価格も低迷を続けています。現在は韓国・中国を中心とした海外需要で相場が保たれている魚です。

目利き

鮮度の良いものは赤と黄色の色が鮮明で、品物が落ちるにしたがって鮮やかさがなくなり薄くなります。目の艶や触った際の硬さも鮮度を見極めるコツです。

食べ方

大きく鮮度の良いものは刺身や鯛めしの具、鮨ネタでも十分。焼き物や煮付け、一夜干しなどは一般的な食べ方です。色合いが良いので、郷土料理「鯛そーめん」の具材としても喜ばれます。

一口メモ

長崎(以西)の沖底船で特に漁獲量が多いのがこのレンコダイ。一度の水揚げで500箱を超えることもあるようです。ただし相場が低調な近年は、まさに大漁ビンボー!漁師泣かせの魚の代表格ともいえると思います。