水揚げ魚種

トラフグ

別名
マフグ、フク(下関)
獲れる場所
宇和海豊後水道
季節
秋から冬
  • 海幸丸のトラフグ

    海幸丸のトラフグ
  • ふぐ刺(てっさ)

    ふぐ刺(てっさ)
  • フグ鍋(てっちり)

    フグ鍋(てっちり)

特長

数あるフグの中でも最高級とされるトラフグ。今では天然ものはかなり貴重です。本場はやはり下関(南風泊)の活魚ではありますが、底引き船でも多少の水揚げはあります。活魚でも水揚げされますが、大半は沖で〆ていますので、活魚に比べると値段は格安!ご予約いただければ、手ごろな値段で天然トラフグがご賞味いただけます。活魚の養殖ものに比べて、天然(野〆)のトラフグは身が硬いですが、しっかりした旨味と食感があるのが特徴です。天然ものは厚めに切って豪快にいただきましょう!

目利き

紋様がくっくりとしたもの、魚体によって太り具合にバラつきがあるため、丸々と太ったものを選びましょう。

食べ方

刺身、ふぐちり、唐揚げ、一夜干し

一口メモ

刺身はなかなか素人では手に負えないのがこのトラフグ。できれば馴染みの店、または料理人に協力いただくのも、美味いトラフグにありつけるコツではないでしょうか?肝の調理にはくれぐれもご用心を!