水揚げ魚種

キントキダイ

別名
アカメ、アカメダイ(八幡浜)、キンメ(下関)
獲れる場所
豊後水道南沖から宮崎・鹿児島沖
季節
秋から冬
  • 仁洋丸のキントキダイ

    仁洋丸のキントキダイ
  • キントキダイの刺身

    キントキダイの刺身

特長

真っ赤な魚体が特徴の深海魚です。類似魚種にチカメキントキや金目鯛があります。トロール船で水揚げされるのは、やや丸みを帯びたチカメキントキとこのキントキダイです。何れも硬いうろこで覆われているため、煮つける際もそのまま料理されるのが一般的です。しっかりした身質で日持ちもよく、大きなサイズのキントキダイは刺身で使われるため、通年高値で取引される魚です。

目利き

鮮度が落ちるにしたがって、赤い色に艶がなくなって薄くなります。特徴のある目の光沢も鮮度を見極める一つのポイントです。

食べ方

刺身、塩焼き、煮付け

一口メモ

うろこが硬いため、無理にうろこをとって包丁の刃を傷つけないように注意しましょう!同じくうろこの取れない魚に、エビスダイとチカメキントキがあります。