水揚げ魚種

カサゴ

別名
ホゴ(八幡浜)、ガシラ、本カサゴ
獲れる場所
豊後水道南海域の主に岩礁
季節
漁獲の旬は春から夏
  • 海幸丸で獲れたカサゴ

    海幸丸で獲れたカサゴ
  • カサゴの唐揚げ(レモンやポン酢、もみじおろしとどうぞ)

    カサゴの唐揚げ(レモンやポン酢、もみじおろしとどうぞ)
  • カサゴの刺身(薄造りが美味です)

    カサゴの刺身(薄造りが美味です)

特長

岩礁域で獲れる高級魚で、同じカサゴ科でも種類が豊富にある魚です。なかでも最も値打ちのあるカサゴは、「本カサゴ」といって他の種類とは区別されて呼ばれています。獲れる海域の水深によって、色が黒いものと赤いものがあります。トロール船で獲れるカサゴは、水深150m程度の海底の魚を獲るため写真のように赤いものが中心ですが、市場に流通する一般的なカサゴは黒いものが圧倒的に多いです。トロール船では2kgを超えるようなビッグサイズも水揚げされています。

目利き

表面にぬめりがあるものが鮮度の良い証拠。続いてえらが赤いものを選びましょう。鮮度が落ちるにつれて、カサゴ独特の赤や黄色の鮮やかさが失せ、えらも白っぽくなってしまうのでよく見極めてください。

食べ方

大きいものは刺身、小さなものは一尾付けの煮付けや唐揚げにするのが一般的。刺身の場合、淡白な白身なので薄造りが美味です。出汁もよく取れるので、ブイヤベースや鍋にもよく使われます。

一口メモ

カサゴはオコゼと並んで、とてもとげが多く調理人泣かせの魚です。見た目もとてもイカツイですが、実は「見た目が悪いほど味が良い」というのはあらゆる魚に言えることです。「見かけによらない」とは魚の世界でも当てはまりそうですネ。