水揚げ魚種

マダイ

別名
ベッピン(八幡浜)
獲れる場所
豊後水道南沖から宮崎・鹿児島沖
季節
秋から冬
  • 海幸丸のマダイ

    海幸丸のマダイ
  • マダイの刺身(皮を付けたまま湯引きにしても美味です!)

    マダイの刺身(皮を付けたまま湯引きにしても美味です!)
  • マダイのかぶと煮(酒がすすみます!)

    マダイのかぶと煮(酒がすすみます!)

特長

元祖高級魚のマダイ、近年は養殖マダイに押されて価格の低迷が著しい天然ダイですが、味の違いは歴然とあります。八幡浜の漁師の世界では、昔から「べっぴん」と呼ばれています。縁起物の代表格ですので、祝い事にはぜひ天然マダイを使いたいものです。近年は「桜鯛」といわれ、春が旬のように思われがちですが、身がしまり脂がのってくるのはやはり秋から冬。特にトロール船で水揚げされるマダイは、漁獲される水深のせいか良質のものが多いです。

目利き

うろこがしっかりとついた、紅色の鮮やかなものを選びましょう。釣りものと網ものでは、若干目利きのポイントも異なりますが、背びれから腹部にかけて、ふっくらとよく肥えたものを選べばまず間違いはないはずです。

食べ方

刺身、塩焼き、煮付け、吸い物、鯛めし等

一口メモ

「鯛めし」といえば愛媛の郷土料理ですが、実は宇和海側(八幡浜、宇和島)と瀬戸内側(今治、松山)では、まったく異なる料理になります。生の刺身にみりんや醤油で作った出汁に生卵を混ぜて食べる八幡浜・宇和島地方の鯛めしに比べ、瀬戸内地方では、焼いた鯛の身をほぐして炊き込み風にいただきます。ご注文の際はお間違いなく!