水揚げ魚種

カタクチイワシ

別名
セグロイワシ(関東)、ホウタレ(八幡浜)
獲れる場所
宇和海、瀬戸内海の近海
季節
春から夏
  • 通常3kサイズが一般的な流通規格です

    通常3kサイズが一般的な流通規格です
  • ホウタレの天ぷら(粗塩でどうぞ!)

    ホウタレの天ぷら(粗塩でどうぞ!)
  • ホウタレの生姜煮

    ホウタレの生姜煮

特長

八幡浜では初夏の訪れを告げる季節ならではの人気魚種の一つです。標準和名はカタクチイワシですが、八幡浜、宇和島方面では「ホウタレ」と呼ばれます。マイワシに比べて小さいものが流通されますが、イワシ同様、EPAやDHAを豊富に含む体に良い青物大衆魚の代表格です。

目利き

青魚の中でもイワシは足が早いため、鮮度の良い状態で購入しすぐに下調理をするのが肝心です。腹部に赤みがさしていないもの、魚体が硬いもの、うろこがぎっしりと付いているものが鮮度の良い証です。

食べ方

八幡浜では、前浜で獲れたものを「地ボウタレ」といって区別して販売されていますが、この鮮度であれば刺身でも美味。市場流通で出回るものは、天ぷらや焼き物(干物)、煮物などが一般的です。いずれも八幡浜の居酒屋さんでは定番の人気メニューです!

一口メモ

「ホウタレ」とは八幡浜独特の呼び名ですが、「頬が垂れる(落ちる)」ほど美味しいというのが由来です。「ホウタレの天ぷら」、何となくメニューとしての語呂も良いですよね!