水揚げ魚種

ヒメジ

別名
ヒメチ(八幡浜)、金太郎(島根、山口)
獲れる場所
豊後水道から宮崎沖
季節
秋~冬
  • 鮮魚として流通されるサイズのヒメジ

    鮮魚として流通されるサイズのヒメジ
  • ヒメチの塩焼き(さっぱりレモンをしぼってどうぞ!)

    ヒメチの塩焼き(さっぱりレモンをしぼってどうぞ!)
  • ヒメチの南蛮漬け

    ヒメチの南蛮漬け

特長

トロール漁のシーズン中は通年漁獲されるものの、さほど漁獲量は多くありません。専ら練り製品の原料として利用されますが、原料としては高価な魚でこのヒメチを使うと良い製品ができるとか。写真のような大きなサイズは鮮魚としても十分に利用価値があります。見た目も色鮮やかなうえに、上品な味わいから島根県では「金太郎」というネーミングでブランド化されています。

目利き

魚屋ではまず見かけることはありませんが、小さいため足の早い魚。すぐに柔らかくなるので、硬くてしっかりしたもの、大きなサイズを選びましょう。

食べ方

大きいサイズは刺身、通常の小ぶりなものは、塩焼き、煮つけ、天ぷらが一般的です。骨がやや硬いものの、白身の上品な甘い味が特徴です。近年はオイル煮で商品化されている例も見られます。

一口メモ

海幸丸では一航海に必ずといっていいほど10箱~20箱程度は水揚げがあります。主に練り製品の原料としての需要ですが、比較的価格が安定しているのがこのヒメチ。魚そのものの味の良さが、昔から手作りにこだわる老舗蒲鉾店の評価を得ているものと思われます。つくづく貴重な魚です!