会社案内

沿革

大正時代
宮本光太郎により創業
昭和23年
宮本仁左夫が天神水産株式会社設立(第1・第2天神丸)
昭和29年
第5・第6天神丸建造(代船各43t)
昭和33年
天洋水産に事業承継(第5・第6天洋丸建造各43t)
昭和34年
第11・第12海幸丸建造(各49t)
昭和37年
宮本漁業株式会社設立
昭和38年
第11・第12海幸丸建造(代船各54t)
(有)丸二産業設立(魚函製造、不動産事業)
昭和39年
(有)昭和水産設立
昭和43年
宮本漁業より分離独立、昭和水産が事業承継
昭和44年
第25・第26海幸丸建造(代船各64t)
昭和46年
(有)佐賀水産設立(第1・第2仁洋丸建造各58t)
昭和51年
第35・第36海幸丸建造(代船各75t)
昭和59年
第21・第22仁洋丸建造(代船各75t)
昭和63年
第11・第12仁洋丸建造(代船各75t)
平成元年
第15・第16海幸丸建造(代船各125t)
平成3年
昭和水産トロール市開設、流通事業部設立
平成7年
第21・第22仁洋丸建造(代船各75t)
平成11年
昭和水産、丸二産業を吸収、事業統合 
平成16年
店舗・加工センター増築により流通事業部門強化
平成25年
トロール市改築、飲食事業開始
平成26年
第1・第2網代丸の船舶・漁業権を購入、下関にて第1・第2海幸丸操業開始
平成28年
下関漁港生産力強化緊急対策事業により第1・第2海幸丸のリシップ実施
平成30年
同事業により第21・第22仁洋丸のリシップ実施
令和元年
水産業競争力強化漁船導入支援事業により第15・第16海幸丸建造(代船各125t)