漁場 宇和海・トロール漁業

ホーム > 漁場 宇和海・トロール漁業 > 海幸丸操業の様子

海幸丸操業の様子

  • 1 出港

    1 出港
    目的地の漁場に向けて出港します。近いポイントで4時間、遠く離れた鹿児島沖、高知沖となると10時間を超えて目的の操業ポイントまで航行することもあります。
  • 2 漁場選定

    2 漁場選定
    水揚げが見込まれる魚種の水揚げ状況、売れ行きと平均単価、入港予定日等から操業場所を選びます。天候の変化も大切な要素です。
  • 3 投網

    3 投網
    投網のポイント、タイミングはすべて漁労長の決断です。季節や天候はもちろん、潮の流れや水温、時間、過去のデータなど様々な要因を考慮して操業ポイントを選びます。
  • 4 操業

    4 操業
    目的魚種によっても異なりますが、2時間から3時間の間、網を曳きます。その間、船員たちはつかの間の休息です。
  • 5 食事

    5 食事
    船内での食事風景。一仕事を終えた後の食事は、一番楽しいひと時です。テーブルに間仕切りがあるのは、揺れで皿が動くのを防ぐためです。
  • 6 網揚げ

    6 網揚げ
    緊張の網揚げの瞬間。水揚げ状況を瞬時に見極め、すばやく次の漁場を選定します。この目利きも両船長の大切な仕事です。
  • 7 選別

    7 選別
    豊富な魚種を種類別、サイズ別に選別し、箱詰めする作業です。トロール漁業の中で、最も人出と手間のかかる工程ですが、ここでの迅速な処理が魚の鮮度を保持し、市場での高い評価(魚価)に結びつきます。
  • 8 帰港・荷揚げ

    8 帰港・荷揚げ
    早朝4時から5時に帰港し、漁獲物を市場に荷揚げします。サイズ、規格ごとに並べられ、セリの準備を行います。
  • 9 競り

    9 競り
    水揚げされた魚を種類ごとに並べ、一気にセリにかけられます。
    八幡浜のセリは指を使った一発入札制。1,000ケースを超える水揚げ鮮魚も、ものの20分で競り終とされます。

このページの先頭へ