宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > ウマヅラハギ

ウマヅラハギ

別名
ウマヅラ、ウマハゲ(八幡浜)、メンボ(下関)
獲れる場所
宮崎沖から鹿児島沖
季節
秋から冬
特長
その昔は八幡浜のトロール船で大量に水揚げされたウマヅラハギ。近年は全国的にも漁獲が減っている魚種です。それでも山口、島根など日本海地区の底引き船では、一度に数百箱単位の水揚げがある魚です。主に底引き物は一夜干しなどの加工用に、活物は刺身用として使われます。冬に旬を迎え、特に肝を使ってもみじおろしでいただく薄づくりはフグにも劣らない季節の逸品です!
目利き
表面の紋様がはっきりしているものが鮮度の良い証拠。刺身で食べる際は、できるだけ活物を調理しましょう。肝を使う場合は、野締めのものは火を入れるか湯通しするのが無難です。
食べ方
薄づくり、煮付け、唐揚げ、吸い物、鍋
一口メモ
かつての八幡浜(昭和50年代)では、市場内に10段重ねで積まれていたウマヅラハギ。トラックでそのまま加工場へ運ばれることもあったため、市内の道端によく落ちていて猫の餌食になっていましたが、こんな光景も今では過去のものとなりました。
  • ウマヅラハギ

    海幸丸のウマヅラハギ

  • ウマヅラハギ

    ハギの薄づくり

このページの先頭へ