宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > カナガシラ

カナガシラ

別名
カナンド(八幡浜)
獲れる場所
豊後水道南沖
季節
冬から春
特長
形はホウボウに似ているものの、うろこが粗くオレンジ色なので容易に判別できます。八幡浜では昔からトロール船や小型底曳き船で水揚げされていますが、年々漁獲も少なくなり、引き合いも少なくなってしまった魚種の一つです。海幸丸では年明けから春にかけて漁獲され、特に3月以降のものは魚体も大きくなり子持ちになるため、煮付けにはうってつけです。
目利き
足の早い魚ではないですが、ホウボウに比べてサイズは小さいため、どんな料理にするにも大きなもの、しっかりしたものを選ぶのが無難です。
食べ方
刺身、塩焼き、煮付け、鍋
一口メモ
以前どこかで、天皇家のお食い初めには、このカナガシラが使われるという話を聞いたことがあります。タイでもアマダイでもなく、カナガシラ!?不思議な気がしますが、何かの謂れがあるのでしょうか。天皇家でも使われる、おめでたい魚ということで、高級魚の地位復権!といきたいものですネ。
  • カナガシラ

    海幸丸のカナガシラ

  • カナガシラ

    カナガシラの煮付け
    特に春は子を持って美味です!

このページの先頭へ