宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > マアジ

マアジ

別名
平アジ、小さいものをゼンゴ
獲れる場所
宇和海豊後水道から高知沖
季節
通年漁獲されるが、脂がのって美味しいのは初夏
特長
江戸時代に、味が良いから「アジ」という名がついたといわれる美味しい魚の代表格。宇和海豊後水道は、日本でも有数のアジの好漁場として知られます。主に釣りで捕獲される浅瀬の「黄アジ」と底曳きで獲られる「黒アジ」に大きく分けられます。一般的に刺身で美味しいとされるのは黄アジで、魚の体型も丸みを帯びるため見分けられます。EPAやDHAを豊富に含む体に良い青魚です。豆アジから500gを超える大アジまで、あらゆる料理で楽しめる万能魚です。
目利き
つやのある光沢が目利きのポイントです。特に腹の部分が鮮やかな白いものは脂の乗っている証拠です。次に魚体。細長いものよりも丸々と太っているものを選びましょう。最後にサイズ。特に釣りものや巻き網ものは、大きいアジよりもやや小ぶりの、手のひらを少し超えるサイズが最も美味しいとされます。
食べ方
小さいものはフライや南蛮漬け。サイズと鮮度に応じて、刺身、タタキ、塩焼き、煮付け、一夜干し等々。
一口メモ
獲れたて、釣りたての新鮮なアジが一番美味!というのは当然のようですが、産地や漁師の世界では、一日程度寝かしたほうが実は美味しいというのがなんと常識です。獲れてすぐのものは脂が回っていないため、こりこりと固い刺身ですが、少し時間をかけて寝かせることで脂と旨味成分が魚全体に回って、程よく柔らかくなるのと一緒に旨味が熟成されるのです。獲れたてのアジを産地から直送する場合、一晩かけて送られた翌日が実は一番食べごろです。消費地の皆さん、産地直送で美味しいアジを食べてみましょう!
  • マアジ

    釣アジ

  • マアジ

    アジの刺身・タタキ

  • マアジ

    アジの塩焼き

このページの先頭へ