宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > ヨロイイタチウオ

ヨロイイタチウオ

別名
メンタイ、ナマズ(八幡浜)、ヒゲタラ(関東)
獲れる場所
宇和海から高知沖
季節
秋から冬
特長
水深200mの海底に生息する深海の高級魚です。一定規模の底曳き船以外の漁法ではまずお目にかかることのない魚ですので、とても貴重な魚種といえます。海幸丸では宮崎沖から高知沖の漁場で水揚げされますが、一航海10~20箱程度と漁獲量も限られています。主に冬の高級食材として珍重されていて、特に大きなサイズは数も少ないため高値で取引されています。味は淡白な白身で鍋にもよく合います。
目利き
鮮度の良いものは表面にぬめりがあります。次にまだら模様がくっきりと出ているものが鮮度の良い証拠です。鮮度が落ちてくると柔らかくなると同時に、紋様が白っぽくなるのでよく見極めてください。
食べ方
刺身、薄づくり、鍋、小さいものは干物にしても美味です!
一口メモ
八幡浜ではなぜかメンタイとかナマズといった愛称で呼ばれています。ナマズは見た目からも由来が分かりますが、メンタイだけは由来もさっぱり分からない上にどうやら八幡浜独特の呼称のようです。「ヨロイイタチウオ」というおどろおどろしい標準和名を知ったのは、私たちでもつい最近です。
  • ヨロイイタチウオ

    海幸丸で獲れたヨロイイタチウオ

  • ヨロイイタチウオ

    薄づくり(きれいな身質です)

  • ヨロイイタチウオ

    ホクホクの白身は鍋にもよく合います!

このページの先頭へ