宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > アカムツ

アカムツ

別名
ノドグロ(山陰地方)、キンギョ
獲れる場所
宇和海から高知沖
季節
秋から冬
特長
十数年前に関西方面で消費に火が付き、今や一躍高級魚の代名詞となっている魚です。山陰から日本海が主漁場で、弊社所属船では、下関基地の仁洋丸が8月から10月にかけて漁獲のピークを迎えます。刺身でよし、炙って良し、握ってよし煮てよし、焼いてよしと、まさに文句のつけようがない絶品の高級魚です。浜田で加工される一夜干しや丸干しも百貨店や贈答用の人気商品となっています。海幸丸の漁場で獲れるアカムツは日本海ものに比べて脂が少ないのですが、それでも市場では毎回高値で取引されています。
目利き
近海釣りものは鱗もぎっしり付いたものも多いのですが、底曳きものは鱗がとれたものが多いです。ただし、これは魚に脂が多いため鱗がとれやすいためで、味は見た目ほどの差はないと思います。腹の部分が丸々と太ったものを選ぶのがコツです。
食べ方
刺身、炙り、煮付け、吸い物、一夜干し等
一口メモ
山陰地方ではノドグロと呼ばれますが、これは口の中が黒いため。またムツという名前そのものも、脂っこくて「むつこい」ところからきているという説もあります。魚の名前はつくづく面白いですね!
  • アカムツ

    海幸丸で獲れたアカムツ
    こちらが最高値の規格です!

  • アカムツ

    アカムツの刺身(これぞ白身の大トロ!)

  • アカムツ

    アカムツの煮付け

このページの先頭へ