宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > ヒラメ

ヒラメ

別名
イシガレイ(八幡浜)
獲れる場所
宇和海豊後水道から宮崎・鹿児島沖
季節
冬から春
特長
タイと並んで文句なしの白身高級魚の代表選手です。近年は養殖ものが中心となって天然ものの流通量が減ると同時に、価格もやや押され気味の魚です。それでも薄づくりや鮨ネタには、天然ヒラメは欠かせません。特にヒレの部分の縁側(えんがわ)は、通もうなる独特の味わいの食感です。
目利き
幅の太いもの、ふっくらと厚みがあり体高の高いものが上質のヒラメです。季節によってはやせたものも多いのでよく見極めましょう。養殖ものは、裏面の白い部分に茶色の模様ができることが多いため、天然ものと見分ける決め手にもなります。
食べ方
刺身、薄づくり、ムニエル
一口メモ
八幡浜では、古くからなぜかヒラメのことを「イシガレイ」と呼んでいて、市場の仕切り書にもこの名称で表記されます。ヒラメなのにカレイとはかなり混乱してしまいますネ。左に目のあるヒラメと右に向いているカレイは、よく「左ヒラメに右カレイ」といって覚えられています。皆さん、お間違えのないように!
  • ヒラメ

    海幸丸のヒラメ

  • ヒラメ

    仁洋丸で獲れたヒラメ
    日本海のヒラメはドデカイのが多いです!

  • ヒラメ

    ヒラメの薄づくり(エンガワ)

このページの先頭へ