宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > シロサバフグ

シロサバフグ

別名
ギンブク(八幡浜)
獲れる場所
宮崎沖から鹿児島沖
季節
秋から冬
特長
主に底曳き網で水揚げされる無毒のフグです。以前は海幸丸の漁場でも一定量の水揚げがあり、加工用の原料としても使われていましたが、ここ数年は資源が減少していて水揚げは数箱程度。八幡浜でも貴重な魚種となっています。体が銀に近い黄緑色のため、八幡浜ではギンブクと呼ばれています。
目利き
うろこがないため鮮度の見極めは難しいものの、やはり魚体や目の色つやできれいなものを選びましょう。
食べ方
小さいものは干物、大きなサイズは唐揚げにするのが一般的。特に一口大にした切り身の唐揚げは、鶏肉のような食感で子供にも喜ばれます。
一口メモ
類似魚種にクロサバフグやカナフグがあります。基本的に毒のないフグはない、といわれますが、内臓を利用しないで切り身のみを加熱調理している限り、さほど神経質にならなくてもいいと思います。
  • シロサバフグ

    海幸丸で獲れたサバフグ

  • シロサバフグ

    シロサバフグの唐揚げ
    ヘルシーで子供にも人気のメニューです

このページの先頭へ