宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > エボダイ

エボダイ

別名
アマギ(八幡浜)、シズ(山口、長崎)
獲れる場所
豊後水道南沖から宮崎沖
季節
10月~3月。特に春ごろは子を持って脂も乗るため特に美味しい。
特長
八幡浜では昔から水揚げの多い焼き物の高級魚です。群れを成して生息するため、漁獲にばらつきがあるものの、鮮度、サイズともに上物は高値で取引されます。ヤリイカと並んで、トロール船で水揚げされる貴重な資源の一つです。
目利き
表面にぬめりと鱗が残り、光沢のあるものが鮮度の良い証拠。魚体は、丸々と太ったものの方が脂の乗りもよく美味しい。
食べ方
塩焼き、唐揚げ、南蛮漬け、酢の物
一口メモ
クラゲを追いかけて群れを成す習性があるため、クラゲの多いシーズンはよく獲れることで有名。骨が柔らかいため、頭や中骨なども2度揚げすると香ばしく、美味しい上にカルシウムも抜群です!
  • エボダイ

    丸々と太ったものの方が脂の乗りもよく美味しい

  • エボダイ

    塩焼き

  • エボダイ

    一夜干し

このページの先頭へ