宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > クルマエビ

クルマエビ

別名
ホンエビ
獲れる場所
宇和海豊後水道
季節
秋から冬
特長
高級エビの代名詞、クルマエビ。国内で流通する大半は養殖ものですが、宇和海豊後水道では貴重な天然ものが比較的安定して水揚げされます。輸入でも養殖でも冷凍でもない、貴重な魚種のため年間を通じて高値の取引となりますが、味の違いは別格です。大正エビやブラックタイガー、そして昨今話題となっているバナメイとは、同じ仲間とは思えないほど、その味は違いますよ。比較的相場の低調な9月、10月のものを冷凍保存して、年末年始にいただくのがおススメです!
目利き
養殖物は小ぶりで色が黒っぽいものですが、天然ものはうすく鮮やかな茶色。トロール船の水揚げの中にはキズものやスレものも多く、製品に比べて安価なためお買い得です。エビはどんなものでも購入後、早めに調理して保存するのが肝心です。
食べ方
活きたものは刺身や鮨の踊り食い。続いて塩焼、そしてフライ、天ぷらです。頭の部分だけ焼いてもつまみになります。とにかく良い出汁がとれるので、味噌汁やスープの素としても使い切ってください。
一口メモ
以前は、海幸丸でもさほど獲れなかったクルマエビですが、ここ数年豊後水道を中心にまずまずの水揚げがみられます。通常、10~15cm程度のサイズが一般的ですが、トロール船で獲れる天然ものの中には30cm近くの超大物も見られます。価格もサイズに合わせて高くなりますので、都会のお鮨屋さんに並ぶ頃にはどのくらいの値段になるのでしょうか?
  • クルマエビ

    海幸丸で獲れたクルマエビ

  • クルマエビ

    クルマエビの塩焼き

  • クルマエビ

    クルマエビのフライ

このページの先頭へ