宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > ウチワエビ

ウチワエビ

別名
カブト、パッチンエビ、カッチンエビ(八幡浜)
獲れる場所
宇和海から宮崎、高知沖全域
季節
ほぼ通年
特長
団扇(うちわ)のような形をしているためその名がついた「ウチワエビ」。以前は決して高価なエビではなかったのですが、近年は漁獲量も減り、洋食にも需要が広がったせいか相場が高騰、高値で取引される高級エビに躍進しました。オレンジ色の白いものと黒い色の2種類があります。身質と厚さから白いものが高級とされています。海幸丸では通年水揚げがあり、活きた状態でセリにかけられています。
目利き
できる限り活きたものを選んでください。尾の部分をもつとパッチンと何度も反り返るのが元気な証拠です。次にできればオレンジ色の体高の厚いものを選びましょう。あがって(死んで)時間のたったものは臭いもでるので、よく確認してください。
食べ方
何といっても抜群に美味しいのは刺身です。続いて焼きエビ、塩ゆでと続きます。茹でた身は天ぷらやサラダに入れても美味、もちろんブイヤベースや味噌汁の具材としても美味しいです。
一口メモ
八幡浜では昔から「カブト」と呼んでいるのですが、これは天然記念物のカブトガニに姿形が似ているからです。日本海側でも獲れるウチワエビですが、漁獲は底曳網が中心です。このまま日本の漁業が衰退してしまうと、ウチワエビも天然記念物になってしまう日!?が来るかもしれませんネ。
  • ウチワエビ

    海幸丸で獲れたウチワエビ

  • ウチワエビ

    尾っぽの方からハサミを入れて身を取り出します

  • ウチワエビ

    ウチワエビの刺身
    たっぷり子の詰まった身は伊勢海老より上質といわれることもあります

このページの先頭へ