宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > アオリイカ

アオリイカ

別名
ミズイカ(八幡浜)、モイカ
獲れる場所
宇和海豊後水道
季節
一般的な旬は夏、底曳き船では冬に水揚げが多い
特長
数あるイカの種類の中でも最高級とされるのがこのアオリイカ。高級鮨ネタには欠かせないイカです。一般的な旬は夏ですが、海幸丸などの底曳き船で水揚げがみられるのはコウイカとともに秋から冬。需要に比べて供給量が少ないせいか、通年安定した高値で取引されていて、特に夏の活イカには最高値がつきます。他のモンゴウイカやヤリイカといった種類に比べて、身が肉厚で濃厚な甘い食感が特徴です。
目利き
活イカの状態は光沢のある透明色。その後ゆっくりと黒い褐色に染まっていきます。その後劣化に応じて褐色が次第に消えて白くなります。釣ものか網ものかによって目利きのポイントは異なりますが、体全体の光沢は一つの目安になります。
食べ方
刺身、鮨ネタ、ヌタなど。
一口メモ
標準和名はアオリイカですが、地元ではミズイカやモイカとも。ただし、他地域では同じ名称でまったく別のイカを指すため、注文時には注意が必要です。イカの名称だけは同じ愛媛県内でもかなり複雑に入り乱れているため混乱します。最終的には標準和名で呼び合うのが一番良いのでは?
  • アオリイカ

    海幸丸で獲れたアオリイカ

  • アオリイカ

    活状態のアオリイカ(下)

  • アオリイカ

    アオリイカの刺身

このページの先頭へ