宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > ヤリイカ

ヤリイカ

別名
テナシ(八幡浜)
獲れる場所
宇和海豊後水道から高知沖
季節
秋から冬
特長
トロール漁の解禁を迎える9月から11月にかけてのシーズンを占う重要魚種のヤリイカ。海幸丸の狙う主力魚種の一つです。9月、10月は手のひらサイズが多く、年の瀬を迎えるにつれて成長します。1年で成魚となり年明けに産卵するため、年内にどれだけ売れ行き良好なヤリイカを確保できるかが私たち漁業者にとって大切です。今季(平成25年度)は約4年ぶりの豊漁となり、現在のところまずまずの滑り出しを迎えています。
目利き
活きた状態のヤリイカは無色透明、次に真っ赤に変色して、数日たつと赤色が薄くなり、白っぽい色に変わっていきます。店頭で良いものを見極めるには、真っ赤な状態のものを選んでまず間違いありません。
食べ方
刺身はもちろん、煮ても焼いても揚げても美味い、どんな料理にも合う万能イカです。アオリイカ、コウイカに比べて淡白な身質ですが、量を食べても飽きのこない味です。糸造りにしても美味です!
一口メモ
海幸丸ではバラバラに立て込んだものを「バラヤリ」、成長してサイズが大きくなったものは写真のように立てて揃えるため「タテヤリ」と呼びます。通常、9月から10月にかけてはバラヤリが、11月以後はタテヤリが増えてきます。近年ヤリイカの当たり年は4,5年に一度。毎年ヤリイカの水揚げがあれば、私たち漁業者にとっても万々歳!なんですけどネ。
  • ヤリイカ

    海幸丸のヤリイカ(タテヤリ)

  • ヤリイカ

    イカ飯(子供にも人気です!)

  • ヤリイカ

    ヤリイカの活き造り

このページの先頭へ