宇和海の幸

ホーム > 宇和海の幸 > マトウダイ

マトウダイ

別名
モンダイ(八幡浜)、バトウ(下関)
獲れる場所
宇和海豊後水道から宮崎・鹿児島沖
季節
秋から冬
特長
八幡浜では古くから肝を使った薄づくりで親しまれている白身魚。他の地域ではあまり刺身で食べる習慣がないようで、トロールの基地として栄えた港町八幡浜ならではの食文化といえます。主にトロール船で水揚げされますが、一航海に10~20箱程度と量はさほど多くありません。秋から冬にかけて、寒くなる時期に旬を迎える魚です。
目利き
表面に光沢のあるものが鮮度の良い証拠です。鮮度が落ちるにしたがって白っぽくなり、魚体の中央にある斑点もぼやけてきます。あとは触った際にしっかりと硬いものを選びましょう。
食べ方
薄づくり(肝は茹でてすりつぶし、もみじおろしやネギと一緒に食べるのが八幡浜流です)、鍋、フライでも美味です!
一口メモ
体に黒くて丸い特徴的な斑点(紋)があるため、八幡浜では昔からモンダイ(紋鯛)と呼ばれています。モンダイの薄づくりは略して「紋薄」(もんうす)!八幡浜の鮮魚店やスーパーでは欠かせない人気定番商品です。
  • マトウダイ

    海幸丸のモンダイ(マトウダイ)

  • マトウダイ

    モンダイの薄づくり

  • マトウダイ

    モンダイのフライ

このページの先頭へ