一魚一会

ホーム > 一魚一会 > Ⅲ 業務日誌 アーカイブ

Ⅲ 業務日誌 アーカイブ

フード台北視察報告

p2.jpg

 さる6月23日より大城市長、中岡産業建設部長とともにアジア最大級の見本市FOOD TAIPEI(台北国際食品展)を視察する機会をいただきました。以前より国内の農水産物の需要動向について興味があったものの、今回が初めての台湾訪問であり、現地の食文化や消費・流通を学ぶ貴重な視察となりました。早朝に八幡浜を出発して羽田経由で台北松山空港に着いたのが日本時間の12時30分、気温は34度で湿度も高く、スーツの下から吹き出す汗に日本との暑さの違いを体感しました。この蒸し暑さと夕方からのスコールとは滞在中、終始つき合うこととなりました。

 2日目午前は南港展覧館で始まったFOOD TAIPEIを視察、JETROスタッフにもご案内いただき、ブースの数と規模、熱気に圧倒されながら日本産品の輸出の現状や課題についてお話を伺いました。近隣からは我が地元、㈱ニュウズの現地法人(愛媛柑橘有限公司)の柑橘・飲料をはじめ、県内からは伯方塩業、四国内では高知の土佐食(カツオ加工品)や四万十ウナギ販売、日本酒の酔鯨さんが出展されていました。日本酒のように品目によっては高い関税が課せられるため、国内とは大きな価格差を生む商品があるものの、台北市人口300万人のうち、2割の60万人を占めるといわれる超富裕層の消費を満たすうえでも、生鮮品や加工食品のニーズに着目することは、今後の国内生産者の重要な課題だと痛感した次第です。午後からは日本交流協会の沼田所長を訪問し、5月中旬より始まった食品輸出規制強化の内幕や来年一月に控えた次期総統選挙の動向等について、現地ならではの生々しいお話も伺うことができました。

 翌3日目は、対日友好議連の李鴻鈞会長(立法委員)を表敬訪問させていだきました。肩書きから想像したイメージとは程遠く、エネルギッシュで行動的な方で、愛媛県の情勢も熟知されていたのが印象的でした。大城市長とも活発な意見交換ができ、今後も多方面のご助言と協力をいただける関係を築くことができました。その後、アンバサダホテルにて外交部亜東関係協会の皆様との昼食会に招待いただきました。食事の設えから配席・会話にいたるまで、台湾流の温かいおもてなしに胸も(胃も?)いっぱいになったひと時でした。台湾外交部では中国本国との関係・軋轢から、日本国内の地方都市(首長)との交流や連携を強力に推進している様子も垣間見ることができました。

 最終日は、交流協会様にご紹介いただいた松山空港に程近い「台北第二果菜市場」を訪れました。築地市場の青果版のようなスケールで、国内外の果物・野菜が所狭しと陳列されていました。隣接する「上引水産」では大規模な鮮魚・活魚販売施設もあり、エビ・カニ類や白身の鮮魚、サーモン等も充実していました。店内には観光客向けの寿司レストランも併設されていて、日本の回転寿司のおそらく2倍程度の価格帯ながら、昼時でもありまずまずの盛況ぶりでした。あいにく出国前で台湾ドルの所持金も残り少なく、寿司にはありつけませんでしたが、次はぜひ客として来てみたい魅力的な施設でした。

 3泊4日で慌ただしいスケジュールでしたが、関係者皆々様のご協力により刺激的で有意義な視察旅行となりました。今回の視察を機に、両都市間で文化・経済両面において継続的な交流が生まれることを大いに期待したいと思います。私も水産物や加工品の販路開拓拠点として、アジアの需要動向について引き続き研鑽を積んでいく所存です。ご支援・ご協力いただきました皆様に感謝を申し上げ、視察のご報告とさせていただきます。

追記:夕食は3日間ともに、ニュウズの門田治満会長にすばらしい(健全な!)お店をご案内いただきました。台湾風中華料理から名物小龍包の美味しい店、地元住民が家族で集う居酒屋に日本人駐在員ご用達の老舗バー・・、どこも思っていた以上に美味しくリーズナブルなお店ばかりでした。私にとって肝心のアルコールはひたすら台湾ビールのみ。日本酒やワイン、ウィスキーといった輸入酒は関税が非常に高いため、メニューにない店が多く、一部のレストランで「非常酒」として売られている程度でした。私にとってはこれらの酒が「日常酒」ですので、門田会長のようにはなれないな・・とあらためて痛感いたしました。門田会長、3日間お世話になりありがとうございました!

今シーズン雑感

早いもので今シーズンも残り一月少々となりました。昨年に比べて、9月から11月のヤリイカ漁が好調に推移し、年明けからは例年通りエボダイの水揚げのおかげで、ほぼ安定したシーズンとなっています。10月からは、流通事業部で大幅に店舗改築を行い、昼の飲食事業を開始しました。まだまだ運営その他で不慣れな点も多いのですが、平日・日曜ともに多くのお客様にご来店いただいています。引き続き、水揚げ鮮魚を気軽に楽しんでいただける「網元の台所」を目指していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。かなり久しぶりの投稿となりましたが、少しずつ近況もアップしていきたいと思います!

診断士協会会員研究会

DSC_0235.jpg

12月14日、愛媛県中小企業診断士協会の会員研究会にて、1時間少々の講演を担当させていただきました。私自身も2001年から所属する会ですが、今回は初めて講師という立場で参加しました。トロール漁業の現況を数字等を交えながら紹介しました。その後はもちろん懇親会。職場に青年会議所、商工会議所等々、忘年会シーズン・ピークの締めくくりは松山でした。少し休んで今週も数回!誘われるうちが花、ではありますが、40歳を迎えて年々無理も効かなくなってきているので、深夜の深酒は要注意!ですネ。

イベント販売

20130504.bmp

GWのイベント販売(5月3日~4日)は、トロール市隣の駐車スペースも利用して、こんな感じで行いました。海鮮塩焼きそば、サザエなどが好評でした。皆さま、ご来店ありがとうございました!

大掃除&模様替え

20130428_180440.bmp

会社が慌ただしくなる休漁期を前に、事務所の書類片付けと大掃除。ついでにデスク等の配置換えも行いました。いるものはすぐに処理して整頓、いらないものは捨てる、が整頓の基本だそうですが、日々に雑事に追われているとなかなか難しいものです。まずは自分の仕事回りから改めたいものです。

姫路城

20130331_140701.bmp

仕事ついでに兵庫県は姫路城まで。天守閣は5年がかりの改装中でしたが、桜満開の中の白鷺城はただただ美しかったです!

福岡にて

20130326_114917.bmp

某所の船舶解体作業現場。巨大な船も、特殊技術でかなり短い期間で解体できるそうです。初めて見学させていただきました!長年、活躍した船の姿を見るのはつらいものですけど・・

下関~福岡へ

20130325_232547.bmp

前回に引き続き八幡浜、下関の入船ダブルヘッダーでした。仕事仲間と下関に入り、翌日はとある業務のため福岡まで。早いもので、今季も残りわずかです。仁洋丸も今月最終操業に入りました。残り1か月、無事に引きあがりを迎えてほしいものです。

有馬晴海さんセミナー

商工会議所議員総会に引き続き、政治評論家の有馬晴海さんの講演を拝聴しました。アベノミクスの舞台裏等々・・ファイトある熱いセミナーでした。経済と外交は大いに期待しているのですが、漁業者としては円安→原油高の構図だけは、とても心配です!

Left Alone

20130311_214455.bmp

3月10日~12日まで、仁洋丸3月初入港のため山口出張でした。今回は睡眠不足のため電車の旅でした。いつもながらあわただしいスケジュールですが、帰りは別府で一件用事を済ませました。こちら↑は、別府でよく寄るバー。いつも店主と熱い話題に花が咲きます!                                                                                                                                                                                                       

太平洋広調委

南青山で開催された太平洋広域漁業調整委員会のため上京。夜は東京時代の恩師に、銀座で食事をご馳走になりました。いつご一緒しても学びのある、自分にとっては偉大な先輩です!素晴らしい夜をありがとうございました。

タブレットPC

20130228-2.jpg

会社のプリンタ他PCの買い替えに合わせて新調してみました。ウィンドウズ8の操作にまだまだ慣れませんが、ビジネスバンキングが使えるため、出張に際には重宝しそうです。

中澤さかなさん講演会

20130129.jpg

八幡浜市役所にて、地域活性化伝道士、中澤さかなさんのご講演を拝聴しました。山口県の萩シーマートの駅長さんとしてご活躍の方で、施設経営にかける熱い思いを2時間たっぷりと話されました。地元の漁師さんのために魚価を上げて地元に貢献したいという理念、観光客向けではなく、地産地消で顔の見える商売のために、徹底して対面販売にこだわっている点などなど、弊社でもとても勉強になる点が多い貴重なお話でした。当社からも気合を入れて5名!参加して、実りある勉強会になったと思います!

鯛のめんかけ

20130126.jpg

季節外れではありますが、お中元向けに試作している"めんかけ"をいただきました。鯛には海幸丸のレンコダイ(黄鯛)を使っています。お中元のメイン商材になれば、と楽しみにしています!

資材納入

20130124.jpg

下関より、資材(ロープ)一式納入いただきました。午前2:00に出発されたとのこと、お疲れ様でした&ありがとうございました!

ロータリークラブさまにて

八幡浜ロータリークラブさまにお招きいただき、卓話を担当させてきていただきました。トロール漁業の歴史と今について約20分の内容でした。来春の魚市場完成が水産業復興の契機となりますように・・

八幡浜開市!

八幡浜は本日開市!新年初セリで鏡開きも行われました。海幸丸は高知沖から豊後水道南海域の操業で、アマギ、アジ、カマス、シロムツ等、まずまずの漁でした。本年は魚市場を含む港湾施設整備が一気に進む年です。弊社も漁業者の立場から、一連の施設整備を好機と捉えられるよう、まずはできることから着実に実行に移していかねば、と思っております。

山口・福岡沖底連絡協議会

山口県長門市の湯元温泉で行われた山口・福岡沖底連絡協議会にはじめて参加しました。大谷山荘、立派な温泉旅館でした!今回は懇親忘年会も兼ねていたため、同業の船主さん、魚市場の競り人の皆さんとも美味しいお酒をご一緒させていただきました。普段は深夜のセリで出会う程度なので、貴重な機会でした。それにしても魚市場の皆さんはお酒が強いです・・!皆さま、大変お世話になりました!

整理・整頓

さほど重要なものは入っていませんが、定期的に金庫を整理してみるとスッキリ!
年末に向けて、大掃除もできるうちに取りかからねば、です!

インキュベートスクール

以前からお世話になっている先輩のお誘いで、全6回にわたるインキュベートスクール(宇和島)の後半3回の講師を務めさせていただきました。今週(16日)が最終回!ご参加いただきました皆さん、お世話になりました!

歴史に学び、未来を読む

松山の仕事に合わせて愛媛県商工会議所の第59回議員大会に出席しました。目当ては、加来耕三さんの「歴史の学び、未来を読む」という講演だったのですが、期待以上にすばらしい内容で、参加した甲斐がありました。

歴史に学び、現代の直面する問題において具体的にどう歴史を活用して役立てるのか、歴史学の観点から示唆に富んだお話しをいただきました。歴史上の人物や名場面の、歴史家からの見解や大河ドラマ制作の裏話等も面白おかしい内容で興味深かったです。さっそく昔読んだ著者の作品を引っ張り出しましたので、じっくり時間をかけて復習してみたいと思います。

以下、自分用の記録として講演内容をメモします。

<歴史学の法則>

「右手の法則、左手の原理」

右手で演じられる手品には、必ず左手に仕掛けがある→バランスをもって事象を眺めること

「未発の発芽」

変化には必ず前兆現象がある。すべての答えは過去(根っこ)にある。経営において根っこは創業の理念。意思決定においては、必ず創業の理念に立ち返ること。

<歴史を活かすヒント>

①常識となっている歴史を疑ってかかる。(立ち止まって考えるクセをつける)

②奇跡、偶然、感動、夢・ロマンの論法を排除する

③数字はウソをいわない。判断においてはもっとも合理的な材料である数字を重視する

下関から臼杵へ!

11月航海に出港する仁洋丸の見送りへ。その後、臼杵へ移動してJCの交流会に参加しました。臼杵のジョロに久しぶりに出会えてうれしかったです。

決算確定!

毎年ですがこの二月ほど、いろいろと準備を進めてきましたが、ようやく2社ともに決算が出そろいました。今期は1社減収減益、1社増収減益でした。また来年に向かって、これをもとに中期計画更新も進めていきます!

3連休ですが・・

先週末より2泊で山口出張、今朝は台風のため入船していた海幸丸の荷揚げ・セリでした。時化のためか、さすがに今日は若干の上げ相場でした。9月後半戦に期待です。今は晴れていますが、今朝の八幡浜の海はこんな感じでした。大潮と突風が重ならなくてホッとしています。海幸丸は22:00出港予定です!

継続は力なり!

昨日は松山にて一件打ち合わせ、今日は決算処理や少々たまってしまった書類業務をまとめて行いました。PCやソフトの導入で、以前に比べるとかなりいろんな業務管理ができるようになってきましたが、“活用”という点ではまだまだ改善の余地大!です。新しい事業年度を機に、できる改善から取り組んでいきたいものです。海幸丸は本日山川入港、水揚物(陸送)は明日売りの予定です。

下関基地いよいよ解禁!

一足先に8月15日より下関基地の中トロ船(以東沖合底曳網漁業)が出漁です。今季は仁洋丸を含む9統18隻が一斉に出漁しました。一年一年が勝負の沖底業界ですが、弊社にとっても社運をかける一年になりそうです。新たな漁労長のもと、航海安全と豊漁を切に願うばかりです。こちらは昼に海峡ゆめタワーから眺めた下関漁港です!

慰安・研修小旅行2012

9月1日の中トロ解禁を前に、お盆前の休市を利用して慰安・研修旅行に行ってきました。例年は一泊ですが、今年は県内日帰りとなりました。西条のアサヒビール園で食事が主目的ですが、前後には産直施設“周ちゃん広場”と“さいさい来てや”を見学、いろんな魚と販売をみんなで勉強してきました。来季こそ豊漁!で海外研修目指して?頑張りましょう!

イベント販売

毎月8日は恒例の八日市、合わせて今回はサニーマート衣山店、久米店での出張鮮魚販売と、イベント盛りだくさん!というわけで、衣山店にて終日鮮魚販売を行ってきました。朝からスマートフォンの調子が悪く写真もとれず・・。一日接客していると、八幡浜とは微妙に違うお客さんの好みが分かって楽しいものです。ただ気温が高すぎて、来店客が少なかった点がやや残念でした。

診断士更新研修

年一回の中小企業診断士更新研修の日で、松山にて半日缶詰状態・・でした。研修の後半では、無農薬農業と流通販売を一貫して行う農業生産法人、無茶々園の社長さまより、取り組み事例を財務データも交えてご講演いただきました。日本の農業の現状と生産者の抱える課題、今後の展開方向性等々、漁業の世界と酷似していることがあらためて分かりました。農漁業者必聴の内容でした!

仁洋丸仕卸宴会

8月15日から出漁する仁洋丸の仕卸宴会に参加するため、一泊で下関出張でした。今回はとんぼ返りのため、別府-下関をJRで移動しております。今季より若い漁労長のもと、新体制でのスタートとなります。肝心の仕卸ですが、一次会に始まり、2軒、3軒、4軒、5軒でタイムオーバー!ついでに軍資金もオーバー!?となりました・・。お店をコロコロ変えるのと深夜までとことん飲み続けるのは、漁師さん共通の習性のようです。仁洋丸の今漁期の航海安全と豊漁を心から願っております!

これより八幡浜を経由?して松山に向かいます!

ダイアモンドセミナー①

四国もとうとう大雨です。災害には注意したいものです。昨晩は青年会議所にて、ビジネスマンとしてのマナー研修を受講しました。しっかりとした社員研修を行うような会社での勤務経験がない私にはとても新鮮で、勉強になりました。相変わらずのKYで、スムーズな進行を何度か妨げたりしましたけど・・!会社の朝礼でも少しずつ紹介していきたいと思います。

第一印象

“一度与えた第一印象をやり直すチャンスは二度と訪れない”

60% 見た目 3秒
30% 話し方・声 30秒
10% 内容・中身 3分

人は初対面のわずか3分半で、第一印象として認識されてしまうそうです。

暇を見ては、少しずつ整理してみたいと思います。

お中元商戦

贈答用の一夜干しも、おかげさまで出荷のピークを迎えています。今年からトロール市に加わった若手2名(プラス女性1名!)も、受注・入力・出荷といろんな仕事を覚えてもらって頼もしい限りです!!海幸丸は引き続き、日本海でヨコワ曳航作業に出ているため、会社も船員さんたちの出入りが少なく、例年に比べてやや静かな夏でしょうか。今年もあっという間に決算シーズンです。

浜田出張中です!

2泊3日で下関、浜田方面に出張中です。昨日はリシップ(漁船の大規模修繕)事業を行っている同業者さんを訪問させていただきました。新造船が難しい漁業界にあって、貴重な試みです。昨日は大変お世話になりました!今日、いったん愛媛に戻ります。↑こちらは下関の網作業風景です。

JF八幡浜通常総会

八幡浜漁業協同組合第4回通常総会でした。昨年に引き続き、議長を務めさせていただきました。来春、竣工予定の新しい魚市場建設を前に、課題山積みの八幡浜水産業界ですが、何とか前向きに、自社改革、新しい展開への好機ととらえたいものです!

全底連総会他・・

全底連総会に営業他諸々のため上京(5月24~25日)しておりました。震災後1年少々が経ちますが、被災地の同業者の声を直に聞きますと、まだまだ復興どころか、再起のためのスタートラインにも立つことすら出来ていない状況をあらためて感じさせられます。船があること、沖があること、仕事があることに日々、感謝したいものです・・。

原油価格

トロールの漁期が終わって、一気に下がる原油価格!意味不明・・

一期一会・一魚一会

昨日、島根県より2艘曳きトロールの同業者さんが来社されまして、いろいろと情報交換をさせていただきました。基地と漁場は違っても悩みや課題は共通していまして、話題は尽きないですネ。お客様来社に合わせて、部屋にかけていた額も入れ替えてみました。先日いただいたものですが、眺めていると背筋が伸びる気がします・・。遠路お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!

伊方きらら館にて

今日午前中は、お隣伊方町の“きらら館”にて、海鮮丼&トロールバーガーをPRしてきました。あいにくの強風でしたが、全国から訪れた皆さんにどちらもほぼ完売!三崎-佐賀関のフェリーを利用されるお客さんは全国いたるところから!また、予想以上に多くて驚きました。ご来店いただきました皆さま、ありがとうございました!

鮟鱇(あんこう)供養祭

急きょ3日間、山口(下関)出張でした。今回の目的ではありませんでしたが、市場ではたまたま鮟鱇(アンコウ)供養祭も行われていました。今年で7年目とか。漁期も残りわずかですが、八幡浜・下関両基地ともに、無事の曳きあがりを祈るばかりです。明日、海幸丸入船です。

第3・第5やまぐち丸竣工式

3月24日の大安、余談ですが私の3?回目の誕生日でした。出張もいよいよ最終日で、今日は下関港にて、㈱下関漁業の第3・5やまぐち丸の竣工式・披露パーティに出席してきました。縮小・衰退が顕著な漁業界の中にあって、下関では実に11年ぶりの新船の誕生・お披露目となりました。港を周航する姿は、まさに“勇壮”という言葉がピッタリでした。関係者の皆さま、今日はおめでとうございました!!

軍艦島(端島)上陸!

飲み会時の約束どおり!?、長崎にて念願の軍艦島(端島)に上陸してきました。その昔は炭鉱の島で、最盛期の1950年代には5300人が暮らしていたという島ですが、1974年から閉山して無人島になっています。今は“軍艦島”として観光の島として復活しているとのこと。自然風化しているまさに廃墟ですが、生活の跡はいたるところに見られました。夕方に下関まで移動しました。

写真も数点、掲載しておきます。

現存する我が国最古の集合住宅だそうです。


山田丸荷揚げ・セリ見学

早朝より新長崎漁港に出発、第21・22山田丸の荷揚げ・セリを見学してきました。その後は部会も挟んで、意見交換も行いました。歴史のある会社だけに、荷揚げから自社流通・出荷、資材調達、船員確保にいたるまで、システマティックな流れは期待通りでとても勉強になりました。↑こちらは今回豊漁だったマダイのセリの様子。沖でのスチロール中心の仕立て、三段並べでのセリも買い手への配慮が感じられました。明日まで長崎に滞在いたします。

長崎につきました!

業界組織(全底連)の勉強会(流通専門部会)のため、今日から長崎に来ております。“春分の日”というだけあって、ジャケットがいらないほどのポカポカ陽気です。明日早朝、というか今晩?は、約10年ぶりに以西底曳の老舗、山田水産さまを訪問して荷揚げ・セリを見学してきます。

二度あることは・・・

↑こちらは家内の作品!本日の新作、しかもなかなか豪快です。また、ヤラカシタとのこと。
今度は代車ではなく、新車・・です。お疲れさまです。

一魚一会の水産業

愛媛県地域政策研究センター主催のトークサロンでした。講演題目は「一魚一会の水産業」!
一次産業の抱える課題は、農業・漁業を問わず共通していることをあらためて認識しました。貴重な出会いも数多くいただきました。ありがとうございました!

白浜小学校へ

早くも3月ですネ。昨日は白浜小学校の3年生の授業に招かれまして、トロール漁業の話を30分程度してきました。子供たちの質問攻撃にタジタジ!でした。でも皆さん、本当に魚好きだということが良く分かりました。明日は場所を変えて、愛媛大学農学部地域マネジメント特別コースにて40分の講演予定・・、小学校みたいなわけにはいかんやろうな~。

松山~大洲~高松へ

昨日より諸々の用事で松山入り。たった今、水産会館での会合が終わってこれから大洲を経由して夜に高松まで行ってきます。かなり変則ルート!?ですが、車なので気をつけて行ってきます!

そびえ立つ・・

完走の代償、筋肉痛もいよいよピークに・・
どうして、うちの事務所に上がる階段はこんなに急なのか?

魚だっていろいろ

昨日は午前中に築地訪問、午後からは全底連総会を経て、夜は新橋にて“八幡浜漁港”の名前を冠する居酒屋さんにて食事・・、というかワイワイと飲んでおりました。魚の世界、産地もいろいろですが消費の形も様々です。勉強になります。

一人酒

夕方の便にて上京しております。目的はいろいろとあるのですが、ひとまず明日は営業・挨拶まわりのため朝から築地市場訪問、一杯飲んで早めに休みたいと思います。夜遊びはほどほどに・・、ってアピールするとこじゃない!??

仁洋丸明日売りです!

急きょ下関まで走ります。今回はワケあって荷物もこのとおり二人分!車の中もパンパンです。
逃亡ではありません。かろうじて・・。仁洋丸は今晩入船・明日売りです。

今日より開市&初競り

2012年開市&初競りでした。時化のため魚は極わずかでしたが・・。海幸丸も6時半にはようやく入船、800箱ほどの水揚げでしたが、丸物の相場はまずまずでした。正月三が日もあっという間に終わって、今日から一気に仕事モードです。ピッチ上げていきましょう!

タブレットPC

根っからのアナログ人間なのですが、時代を追いかけねば、と無理やりタブレットを購入!片手の操作に慣れていないため、ディスプレイが大きいキーボードタイプのものを選んでみました。こんな考えも遅れていると言われそうですけど・・。起動に時間がかからないうえにメール送受信ができるため、出張時のノートPCの代わりとしては便利です。残念なのは、“電子証明書”の発行には対応していないということで、取引銀行のネットバンキングが利用できないこと!これさえできれば出張時もほぼ用が足せるのですが・・。何とかできるようにならんかなぁ?

下関から維新の街へ

仁洋丸は昨晩、11月の最終水揚げ・セリを終えて、今日から月末休みに入りました。皆さん、ゆっくり休んで12月操業に備えましょう!私のほうは2泊の予定を終えて、ただ今八幡浜へ向かっています。昨日の昼ですが、普段は漁港近くの“終焉の地”(高杉晋作)ばかり見ているので、今回は足を伸ばして“高杉誕生の地”、萩まで行ってきました。思いのほか下関からも近く、片道1時間半でした。まずはお決まりですが、仕事として“萩シーマート”を見学。

その後、2時間ほど時間があったため、松陰神社(至誠館)を経由して風情ある街並みの残る萩城城下町界隈も初めて散策しました。

松陰神社内にある至誠館では、直筆“留魂録”を間近で見てゾクゾク・・、一気に眠気が覚めました。出張時の新しいパワースポットにしようと思います。


かくすれば かくなるものと知りながら 已むに已まれぬ大和魂

親思う こころにまさる親ごころ けふの音づれ何ときくらん

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂


代表的な歌ですが、これほどまでにシンプルに日本人の心、本能を揺さぶる歌はそうないのではないでしょうか?

また明日から頑張りましょう!!

ハコバン

8年ほど乗ったトロール市のハコバン、さすがにガタがきましたのでこのたび新調しました。
もちろん中古ですけど・・。ロゴとデザイン、やや目立ち過ぎでしょうか?

明日、海幸丸入港です。中3日操業で、総数2000箱の予定です!

3S社員研修

今日は祝日前の休市でした。トロール市は午後から半日お休みをいただきまして、流通事業部のスタッフ総出で社員研修(3S)に行ってきました。大規模SCの店長にレクチャーをいただきまして、鮮魚売り場やバックヤード、調理スペース等もご案内いただきました。業態は大きく異なるものの、接客や作業管理の基本はまったく同じです。当店でも活かせる貴重なお話もたくさんいただきましたので、アレンジを加えつつ取り入れていきたいと思っています。こればかりは理屈よりも、意識の徹底と実践あるのみです!!

明日、海幸丸入船です。中心は前回同様コウイカ、ハモ、水エソ。あわせてエボダイ、ヤリイカ少々です。

広島出張中です!

一泊で広島出張中です。昨日午後はミッチリと研修を受けて、夜は友人と10年ぶりのお店へ。マスターもレコードのナンバーも懐かしかったです。何でも昨晩は“広コン”という、総勢2500人が参加する“合コン”が開催されていたとのこと!?どんな仕組みになっているのか、興味ありますね~。

今朝は市内を早朝散歩&ジョギングしまして、一件用事を済ませて松山に戻ります。
昨日、宇品港では地元八幡浜のH・M先輩とバッタリ!夜の歓楽街でなくて良かったですネ。お互いに・・。

冬よ来い!

2社ともに決算が出そろって、今日は終日数字とにらめっこしております。同じフォーマットの自家製!中期計画書をこの時期に作成・更新するようになってはや4年目になります。振り返ってみても、やはりできたことよりできなかったことのほうが多いですネ。今年ばかりは夏季の不振が最後まで尾を引きそうな気配で、目安となる数値設定に苦慮・・しています。早く本格的な冬が来ないかな~。

これより上京

11月3日、文化の日です。海幸丸は昨日出漁したため、本日入船なしですが、直送先への荷物も一定量は調達できた模様でまずは一安心。私はこれから一足先に上京して、明日は宇和海直送鮮魚の売れ行きを確認してきたいと思います。

松山大学へ

今年で4回目となる松山大学社会人セミナー。学生生活や漁業の仕事、魚消費や流通の話題等々、少しは興味を持ってもらえたでしょうか?ついでにキャンパスを散策・徘徊?して目の保養も・・、若さはそれだけで武器ですネ!

宇和島にて南予グルメ選手権

宇和島市商店街にて南予グルメ選手権が開催されました。トロールバーガーも予定数量が即完売、皆さま、ありがとうございました!鹿児島沖操業中の海幸丸は、今日山川港転載を終えて2度目の操業に向かっています。明日売りは、マダイ、レンコダイ、カイワリを中心に1000箱ですが、今季も現在のところヤリイカ漁は不調で、例年に増して厳しい10月操業が続いています。ただただ、年末が待ち遠しいです。

網元直送イベント

朝一番の便で松山へ帰って、市内某スーパーで開かれていた網元直送イベントに参加しました。鮮魚は今朝山川港から転載してきた海幸丸の天然魚!普段は見慣れない豊富な魚種にお客様の評判も上々の様子でした。松山は日曜が休市のため、八幡浜からの直送鮮魚を売りに定期イベント化できれば喜ばれるはずです。これからもどうぞよろしくお願いいたします!ご紹介いただきました先輩、ありがとうございました!

海幸丸一時帰港!

台風15号到来のため海幸丸は今朝帰港、明日まで時化休みです。今年は久しぶりに“当たり年”のようで、例年に増して厳しい9月操業が続いています。日ごろの行いが悪いのか、それとも雨男がどこかにいるのか・・!?自然には勝てません。明日から出直して頑張っていきましょう!

修行・・ではありませんが、ちょっと遊び感覚で鮨(すし)を握ってみました。約120貫!

ネタは海幸丸で水揚げされたホウボウ、メンタイ、カイワリ、カワハギ、ヤリイカ等々。白身ばかりで見た目と色合いはまったく考えておりませんのであしからず。似たものばかりですので、この写真で魚種が分かる方はかなりの魚通だと思います。皆さま、いかがですか?

まずはいろんなネタで試行錯誤してみます!!

ふたたび・・

昨晩の風は凄かったですネ。ようやく四国東部に上陸した台風12号ですが、巨大で動きが鈍いのが何より厄介です。海幸丸の操業は明日からとなる見込みです。今日は東京からのお客様もさすがにキャンセル。こんな日は普段できないことをして過ごしたいものです。

と、事務所に来たところ、仕事部屋の雨漏りが再発してデスク上にポタポタと。踏んだり蹴ったりですが、自然には逆らえません・・。皆さん、くれぐれも気をつけましょう。

いざ出陣!

明後日より、一足先に下関基地の以東沖底船団が解禁日を迎えます。明日15日、いよいよ仁洋丸も出漁です。ただ今、愛媛からの若手新人二人と一緒にフェリーにて別府へ向かっています。このとおり頭も髪も気合満点!!期待してまっせ~!

職場の教養

「職場の教養」、いろんなお店でも見かける小冊子ですが、とても良い内容です。ただ今、トロール市にてこの「職場の教養」を使って“活力朝礼”を推進しております。といいましても、朝礼を始めてまだ5カ月ですから、改善点は多いのですが・・。まずはできることから一歩ずつ、徐々に進化していきましょう!!明日はテヤテヤウェーブ、13日は“トロール市夏祭り”です!

色鮮やかな・・

今日は午後から某セミナー(シリーズ2回目)のため松山まで。ついでに愛車を修理に出しまして、代車をお借りして市内まで。と、そこまでは良かったのですが、販売店にてご用意いただいた代車が色鮮やかな赤!自分にとっては初めて乗る色で、ハンドルを握る姿を客観的に想像するとややブルー!!もちろん代車ですから贅沢はいえませんし、その前に、誰も気にもとめてないのでしょうけど・・。

セミナー後は大急ぎで戻って王子の森にソフトボールへ。恥ずかしながらここ数試合ノーヒット記録更新中でしたが、今日ようやく満足いく当たりが、一本だけ・・でました。それは、とてもとても懐かしい、バットの芯に当たったクリーンヒットの感触!おかげで今晩のビールは美味しかったです。

明日は終日八幡浜の予定です。

市場めぐり

朝から築地市場の荷受さまを訪問、昼食を挟んでたっぷりと打ち合わせをさせていただき、来漁期からの楽しみな案件をたくさんいただきました。首都圏末端の利用ニーズに対応できるよう、産地でもしっかりと対応していければと思っています。午後からは大田市場もご案内いただきました。じっくりと見るのは初めてでしたが、青果8割、水産2割という市場だけに、全国の青果物が送られてくる荷捌き施設の大きさは圧巻でした。皆さま、ありがとうございました!!

気づけば2日間、食べ過ぎ&飲み過ぎです。今日は素食で・・、と思いつつ、帰れば帰ったで一杯飲んでしまうんですネ。

もう一つ、昨日は昨年の松山青年会議所の同期理事長が日本JCの会頭に内定!というビッグニュースが飛び込んできました。いやいや本当にすごいことです。おめでとうございます。来年のご活躍が今から楽しみです!!

夏枯れ

あっという間に6月も終わりました。総会シーズンということで昨日は松山、今日は深浦と車ばかり走らせております。気がつけばしばらく肝心の体は走らせておらず・・、今日こそは、と夕方走り始めたら雨に降られました!早く蒸し暑い梅雨も明けて、カラッといきたいものですが。まだまだ長~い夏は続きそうですネ。シーズン(解禁)が待ち遠しいです!あ~、バーボンでも飲もうかな。

好きな動物=カメ

降り続けた雨も上がって今日は久しぶりに上天気、蒸し暑い一日でした。目下、休漁期ですが、夏のほうが何かと業務もあわただしく、気づけばブログも3日間フリーズ、最近根気が続きません・・。明日から松山にて、某シリーズの研修会に参加してきます。楽しみです。しっかりと勉強してきたいと思います。

長男が2泊3日の青年の家(大洲青少年交流の家)合宿から戻ってきました。昔も小学校5年の時に行ったような・・これ続いているんでしょうか?

作製してきた団扇にはトロール船も。海航丸!?おしいです。

好きな動物=カメ

裏はなぜかJAXA、HⅡAロケット!

今夜も飲み会です。

農商工連携事業計画認定式

今日は、JRの始発に乗って高松の四国経済産業局まで、農商工連携事業計画の認定式授与式に行ってきました。その後は、本事業計画を進めるにあたってのキックオフミーティングも。久しぶりの日帰り高松往復でした。ちょうどダイアの関係で昼のうどんにもありつけなかったのが少々残念でしたが・・。

今回の計画は、八幡浜のトロール船で水揚げされた鮮魚を元に、特殊技術を使って、骨ごと食べられる干物に加工し、学校給食や高齢者向けの介護食に普及させようというもので、弊社は素材供給元(協力事業者)としての事業への参画でした。“魚食普及”という言葉自体は声高に叫ばれ続けるものの、せっせと北欧や北米、中国からの輸入水産品を消費し続けているのが、寂しいですが我が国の学校給食や介護食分野の魚食の実態です。今回の計画認定を機に、純粋に日本近海で水揚げされた鮮魚が少しでも地元の皆さまに美味しく消費していただける一助となれば、と願っています。

次は弊社が最終製品を提供する企業として、経済産業省の認定を受けられるよう、取り組んでいきたいと思います。

農商工連携プレゼンへ

今朝は松山のえひめ産業振興財団を往復。とある干物メーカーさんとタイアップしての事業計画(農商工連携分野)のプレゼンに参加してきました。当社は原料供給を請け負う共同事業者という立場でしたが、同じ発表者になかには八幡浜市内の皆さんもいらっしゃいました。皆さん、いろんな分野で前向きに努力されています。産地にはまだまだ未開拓の素材がたくさんあるはず!知恵を出し合いましょう!

イシガメも万年?

台風一過、今日は終日どんよりした一日でした。こんな日は気分もどんより、という感じですが週明けですので張り切っていきたいと思います。昨日はまとまった時間があって、最近登録したフェイスブックにプロフィールのみ掲載、地元では皆さんいろんな使い方をされていますが、自分にはまだ今一つ使い方がよく分かりません。ボツボツ覚えていきたいと思っています。

長男がイシガメの飼育にハマっています。
亀は万年=死なない、と信じているようですが、ある意味飼育にもプレッシャーがかかるような・・

長く元気で、大きくなりますように!!

トロール市補修工事中!

今日からトロール市改修工事に入ったため、2日間のみ店頭販売を中断しています。お越しいただいたお客さまには、大変ご不便をおかけしております。一見、かなり大がかりな改修のように見えますが、床面と天井の補修が今回の工事目的です。短期間での作業で、いつも無理難題を聞いていただいているK工務店さまに感謝します。これを機に、より衛生的で活気ある店づくりを目指していきましょう!!

連日、雨です!

今週は雨続きの八幡浜です。さずがにこの雨では夕方のジョギングも出来ず、何となく生活リズムもくるってしまい不完全燃焼気味・・です。この天候ですので、高知沖の操業模様を考えると今年は一足早い“曳きあがり”で良かったかと。来週からはトロール市の改修工事、その間を利用した社員研修、くわえて毎年の事務手続きと盛りだくさんです。

今週末はJCのいろは塾も開催されます。どうかどうか晴れますように!!

ひょうたん井戸

2泊3日の出張とディープな誕生パーティ?を終えて帰路についております。
最近、車での出張時にはシューズとジャージ持参でブラブラと街を眺めながらジョギングをしております。そのほうがビールも美味しいですので・・。下関漁港の近くには、高杉晋作ゆかりの場所も多くありまして楽しいですネ。民家の中にひっそりとあるため、地元の方にもあまり知られてないようですが。

こちらは高杉晋作終焉の地。

民家の庭先にあったのは、反攘夷勢力の追手から一昼夜身を隠したとされる“ひょうたん井戸”だそうです。

今度は墓地(東行庵)まで足を伸ばしてみたいと思います。

気づけば週末で、海幸丸のほうも今朝入船、一部修理のため時間をとって夕方出港の予定です。

3日目です

発生以来、週末はテレビ画面の映像に釘付けでした。考えられない惨状です。自然の猛威を前にして、ただただ人間と、そして人の造った構築物の無力を感じております。発生3日目です。今のところ、一人でも多くの生存・救出を祈るのみです。

スラリーアイス実験開始!

海幸丸は6時入港、10時出港でした。漁獲量は今一つでしたが、時化のため供給量も少なく相場はまずまずでした。次回は豊後水道から漁場を変えて宮崎沖にて操業予定です。次回は日曜入船予定です。好調のホウボウは、今回初めて大台を突破!私も大好きな魚ですが、あまりに高くて持ち帰れなくなりました・・

今航海は、沖底船での水揚げ魚種の鮮度保持調査のため、スラリーアイス製造装置を第15海幸丸に設置しての出港となりました。また同時に日立造船グループ・スラリー21株式会社さまの技術者も2名乗船、シャーベット状の氷に魚を浸す形態で、既存の市場流通ではなかなか評価は見込めそうもないのですが、魚種が豊富なだけにいろんな魚種で、鮮度保持の実験を進めていければと思っています。

巻き網や定置網では事例も豊富なようですが、沖底船での導入はまだ数少ないとのこと。愛媛沖船籍は他基地の沖底船に比べて航海日数も短く、鮮魚での流通割合も多いため、今後はどんな形であれ出荷形態の改良にも取り組んでいかねば、と感じております。水揚げ魚種の付加価値向上が、漁獲物の評価につながり、長期的には単価に反映されれば、と期待しています。日曜にまたリポートしたいと思います。

太陽に吠えろ!

新しい一週間の始まりです。今日は慌ただしく週明けの業務をすませて、とある用件のため県庁まで。私たちには慣れない巨大かつ複雑な組織でありますが、各部署担当の皆さまに親身にご対応いただいたおかげで一歩前進!本当にお世話になりました。明日、市場は臨時休業!ですが、トロール市は八日市に出店します。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!海幸丸の入港は9日を予定しております。

神田ジンギス王へ!

昨日より全底連理事会・総会のため上京しています。ついでに都内の営業先も2件訪問、海幸丸直送の鮮魚を看板メニューに掲げていただいて、生産者冥利に尽きます。これからもどうぞよろしくお願いいたします!今日の総会後は、たまには魚ではなく肉も!ということで、いつもお世話になっている同業の先輩と“神田ジンギス王”へ!こちらは私のバドミントン部の後輩が経営するお店(ジンギスカン専門店)で、料理もサービスも充実していて“一押し”です。皆さま、ぜひ訪れてみてください!!

神田ジンギス王

東京都千代田区内神田3-17-5(JR神田駅北口徒歩1分)
TEL:03-5297-2266

2月も残り一航海です!

早いもので2月もほぼ終わり、あっという間に3月ですネ。今漁期も残すところ二月あまり。シーズンものの仕事をしていると、1年が本当に早く感じられます。ここ数年は特に・・。海幸丸は今朝入船、揚げ出しで2月最後の航海に出ております。アマギ漁は相変わらず不調で今回の漁場は豊後水道南沖、主な漁獲はコウイカ、ハモ、ホウボウでした。特に木箱のコウイカが200箱ほど揚がっていました。

今日は知人のご紹介で、早朝より大阪からのお客さまにも来社いただきました。産地市場と消費地需要者のパイプを太く持つことで、鮮魚流通のロスもこれからどんどん減っていくものと思います。まずは生産者ならではの漁獲情報をしっかりとお伝えして、皆さんに喜んでいただける商品をどんどんお届けできればと思っております。

こちらは漁師の経験も持つブルーコーポレーションの長谷川社長さま(左)とサントリーの林さま(中央)です。全国各地の漁港直送を売りに、大阪を中心に業態の異なる飲食店を多数展開されています。

www.blueco.jp

www.waiya.jp

今日は遠いところお越しいただきありがとうございました。末長いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします!!

沖底現地視察

北海道は室蘭の沖底業界のリーディングカンパニー、本間漁業さまを訪問させていただきました。荷揚げは夕方より!北海道の中では一番温暖な地域だそうですが、西日本からの視察団には寒さの種類が別もの・・スーツにコートという格好には堪えました。地元の皆さんは、今日は暑いと言っていましたが・・。

「一艘曳きかけ回し」という漁法で、主にスケトウダラを対象としていますが、新船(2層甲板)で2艘曳きとは陸揚げと魚槽の形態が異なるため、炊事場、寝室等の居住空間が格段に広く、とても海幸丸とほぼ同じ規模のトロール船とは思えませんでした。

北ならではの魚もたくさん!こちらはまん丸に太ったマダラ!

こちらは八角、料理でもいただきましたがとても美味でした!

セリはこのとおり絵画のオークションのような形態です。

時間があればもっとお伝えしたいのですが、詳しくはまた時間のある際に・・。

強行スケジュールでしたが、とても勉強になる刺激的な視察でありました。

本間社長様の仕事に向かう意識と姿勢にあらためて感銘を受けた次第です。本当にありがとうございました!!

室蘭へ

滞在時間わずか半日少々、という慌ただしいスケジュールですが、全底流通部会現地調査のため、これより室蘭まで行ってきます。西日本とは形態のまったく異なる北海道の沖合底曳網漁業、流通への取り組みを勉強してきたいと思います。この季節の北海道は初めてですが、寒そうです・・。

デジタル一眼レフ

ただ今、暇を見つけては勉強中・・、美味しそうな魚の写真を皆さまにお届けできるのはいつの日やら!?
明日、海幸丸は2月最初の入船予定です!!

面白い恋人

海幸丸は今朝入船、時化のためまとまった荷はトロールもののみ。1月も残り一航海の予定です。
こちら↑は昨日来社いただいた大阪のお客様よりいただきました。「面白い恋人」!!大阪新名物だそうです。さすが大阪・・です。ありがとうございました。ただ今よりその大阪へ出張に出てまいります!!

全底流通専門部会

全底連の流通専門部会に出席するため一泊の予定で上京、思いのほか東京が暖かくて拍子抜けしました。皆さま、お世話になりました。定宿のホテルでは、たまたま壁に掛けられていた絵が船!しかも古い漁船のよう何か得した気分でした。海幸丸は出張中に今朝入船、私が八幡浜を離れれば漁が好調!という今季のジンクス通り、今航海はまずまずの漁獲だった模様です。また近いうちに出張予定でも組もうかな?

下関市を今一度洗たく致し申し候

昨日より一泊で山口出張でした。主取引先の社長さまとの食事会に急きょ飛び入り参加したり、深夜の第21仁洋丸の荷揚げに出たりと濃い一昼夜でした。ただ今フェリーで帰路についております。同業者とも話しましたが、漁業会社、市場ともに旧来型の事業・流通を改善する必要性を感じながらも、なかなか改革が進まない業界の構造、体質に四苦八苦している様子でした。当社もですが・・。まずは、改革の必要性を認識することが第一歩だと思っております。またいろいろと勉強させてください!!

表題は市議会議員選挙のキャッチコピー!こんなところにもブームの影響が・・、写真撮り損ねました。

今回の漁獲魚種は、アンコウ、マダイ、クロムツ、ミズカレイ等々、同日入船の福寿丸では宗八カレイ(下関ではキツネガレイ)1000箱の豊漁もありました。それにしても今朝の下関は身体の芯から底冷えのする寒さでした。深夜の荷揚げ業務も人が多いうえにシステム化されていて、陸上では八幡浜のように自ら荷役で体を使うことがあまりないため、なおさら身体が冷える・・、眠気とアルコール?が吹き飛ぶほどの寒さでした。

帰りの九州道では、車の温度計はこのとおり-1℃!この季節の遠出にはスタッドレスも必要のようです。
明日は海幸丸の入船、寒さを吹き飛ばすだけの漁に期待しましょう!!

卯のように・・

昨日は開市の初セリ、海幸丸もわずかな量でしたが入船しました。ご祝儀相場ではないのでしょうが、価格のほうはまずまずでした。今週末からまた時化模様、明日は週末のためもう一度入船予定です。下関の仁洋丸も昨日無事に出漁、こちらも航海安全と大漁を祈っております。

昨日の初セリ時、地元紙の記者さんから、「初売りの感想はいかがですか?」と聞かれたのですが、故障で深夜入港して漁も思わしくなかったため、「今一つです・・」と答えてしまいました。続いて、「新年に期待することは何ですか」と聞かれて、返答に困っていると、「景気の回復を期待する、といった感じでしょうか?」と聞かれましたので、「景気にはあまり期待していませんネ」と、そっけない返答をしていましたら、夕刊では、「良くも悪くもない初セリ・・」ということで、これまたあっさりとご紹介いただきました。あいかわらず無愛想なKYなやつだと思われたことでしょう・・

新年ですのでもっと景気良く答えるべきだったかと少し反省、というかやっぱり期待されたベストアンサーは、

「卯年ですので、相場がぴょんぴょん跳ね上がることを期待しています!!」だったんでしょうね~。

あまりにベタだったのとシャイなので、言えませんでした。おちゃらけではいくらいでも言えるのですが、記事になるとなれば、現実とかけ離れすぎたコメントのような気がしましたもので・・。

とういうわけで明日の相場は、ウサギのようなジャンプを期待しましょう!皆さま、よろしくお願いいたします!!

2010年仕事納め

年末売り出しも終えて無事に仕事納め、皆さま、本当にお疲れさまでした。吹雪のなか、今年も多くのお客さまにご来店いただき、ありがとうございました。毎年ですが、当店トロール市ではスタッフフル稼働で接客、調理、配達等のサービスを行っております。この時ばかりは海幸丸の歴代漁労長二人も、ハマチのアラ調理など雑用係として朝の4時から進んで!?参戦!こんな漁業会社は全国探しても多分当社くらいだと思います。皆さまのおかげで今年もようやく年が越せそうです。来年もどうか皆さまにとりまして良い年でありますように・・。

シッポリ忘年会

今日は地元に新しくオープンする“スーパーホテル八幡浜”のレセプションに参加してきました。近年、寂しい話題の多い八幡浜にとっては久しぶりに明るい話題です!自宅からわずか1km少々の距離ですが、「天然温泉」、「健康朝食無料」の看板に、我が家の息子たちは、「朝ご飯が無料よ~、泊ろうやぁ~!」と興味津々の様子・・、親としては対応に苦慮しております。

夜は長年お世話になっている先輩と二人でシッポリ忘年会、海幸丸で獲れる底魚、そして八幡浜の地魚がたくさん並ぶ寿司屋さん、「こけけ」に行ってきました。ゆっくりと飲みながら、気兼ねなく、じっくりと会話が楽しめる食事は至福のひと時ですネ。いつもありがとうございます!!

明日、海幸丸は12月操業最初の水揚げ予定です。

広域漁業調整委員会

昨日より一泊で上京、今日は農林水産省の講堂で行われた太平洋広域漁業調整委員会に出席してきました。私にはとてもオカタイ・・、会合ではありますが、全国で取り組まれている漁業資源の管理・回復計画はとても興味深いものばかりです。漁業資源の永続的維持・管理への取り組みと漁業者の収入安定・存続は、自給率向上のためのまさに両輪ではないでしょうか。明日は海幸丸本船入港です!

それにしても・・

会場の講堂は寒かった・・です。

剛(GO)の会

大阪では“剛の会”という右翼の・・、いえ仕事関係の楽しい集まり!に参加しておりました。2日間にわたって様々なご縁をいただきました。皆さま、大変お世話になりました。夕方に戻ってみると、私たち夫婦の媒酌人でもある東京時代の恩師から書籍がどっさりと、山のように届いておりました。なかには知る人ぞ知る高価な本もたくさん!勉強して活かさねば・・です。ありがとうございました!

海幸丸は台風前の追い込み操業で、連夜の入船が続いています。漁獲物はもっぱらヤリイカですが、さすがに全国的な時化の影響で相場は上昇基調です。明日はいよいよ週末、しかも月末ウィークデーということで、早朝からの荷揚げ・売りに月末事務、あわせて松山の某イベント出店!と盛りだくさんですが、寒さと眠気に負けず乗り切りましょう!!

現在のところ、海幸丸は台風の間に“月末給料休み”に入る予定です。

プロジェクト第1回地域協議会

4時半入船、ヤリイカ他1800箱の水揚げでした。午後からは漁船漁業構造改革プロジェクトの第一回地域協議会も開催されました。新しい魚市場の建設・竣工を前に、課題山積の八幡浜の漁業・水産業界ですが、将来を見据えるためにも、今こそ行政、各事業者の垣根を越えた議論が必要です。

やっぱり異常気象!?

昨日とは一転、涼しい、というか肌寒いほどの一日でした。下関2日目ですが、一気に秋めいて鍋が恋しい、ということで、今日は冬食材の魚食普及!を兼ねてアンコウ鍋もいただきました。(写真はモツ煮込み&フク皮ポン酢でスミマセン・・)早くアンコウに値がつきますように。太平洋も日本海も時化模様!これより仁洋丸の荷揚げとセリです。

簡単パソコン講座初級編!

早朝のフェリーで別府を経由して下関まで来ております。晴天でドライブ日和、かと思いきや昼前には豪雨!それでも午後一番には到着して予定をこなしております。ついでに支店の新しいスタッフ(先輩ですが・・)にPC操作のレクチャーも。私でもインストラクターが務まる程度ですので、かなり基礎的なことですけど。それでもデータのやり取りが可能になるだけでも、弊社にとってはかなりの進歩!ですので、どうかよろしくお願いいたします。練習ついでにコメント投稿もヨロシク!

明日、明後日と滞在して、第21・22仁洋丸の荷揚げにも立ち会う予定です。またご報告いたします。

2010年漁期スタート!

例年であれば八幡浜の沖底船の出漁は午前中が多いのですが、今年はまず近場の豊後水道南海域から操業を開始するため、夕方17:00からの出港となりました。早いもので父が他界して3季目の漁期となりますが、朝からソワソワと独特の緊張感が漂う一日でありました。今年も、本当に多くの皆さまに盛大なお見送りをいただきまして、あらためて身の引き締まる思いを感じた出漁式でした。今季も皆さま方のご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

毎年、8月31日の出漁時には必ず社屋中央に掲示する特大の大漁旗(上)ですが、色も褪せてかなり年代物です。蒲郡市形原町のコンコーロープ様からいただいたものですが、35年前の先代船、第35・36海幸丸進水時のものです。色合いも時代を感じさせるものですので、出漁記念にぜひこのブログで紹介を・・、と思っていましたら、昼前に事務所裏から引っ張り出して取り付けた“幟(のぼり)”は、もう一昔前の品物でした。

第25海幸丸!先先代の海幸丸、こちらの船は昭和43年の竣工ですので、実に42年前にいただいた幟、ということになります。デザインや色調も昭和っぽくて、何となく良い感じです。

歴史や時代を感じさせる話題や品物には事欠かない八幡浜のトロール漁ですが、産業としての存続という点においては、まさにここ数年、岐路に立たされているという認識でおります。過去にとらわれず、今季もいろんな角度から漁業活性化への方策を模索していきたいと思っております。
またまた硬い話題になりましたが、何はともあれ皆さまのご支援のおかげ無事に出漁できましたことに、心から感謝申し上げます。引き続き今漁期も、皆さまのお力添えを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

民主党もやはり一騎打ちの選挙になるようですね~。今夜はこちらのニュースに注目したいと思います・・。

仁洋丸仕卸宴会

8月15日に解禁・出漁を迎える第21・22仁洋丸の仕卸宴会に出席してきました。基地が下関港のため、なかなか乗組員の皆さんともじっくりとお話しする機会も少ないため、今回はとても貴重な機会となりました。乗組員も超高齢化している沖底業界ですが、今季からはインドネシア研修生の8名も乗船し、おかげで平均年齢だけは若返っております。資格を持つ若手幹部乗組員の計画的な育成が喫緊の課題であることをあらためて感じました。

1次会、2次会、そしてプライベートの3次会と、下関の夜の街にてお付き合いしてきましたが、そこから後も乗組員の数名は元気いっぱい・・、で、いつものように夜の街に消えていきました。八幡浜でも下関でも、漁師の生態はやはり同じです・・。これからは、漁具その他の資材等も両拠点でより連携を密にしながら、協力していければと思っています。

下関基地所属船の出漁は8月15日、14:00の予定です。

今回は家族と一緒に行ってきましたので、翌日は「海響館」で少しだけ家族サービス・・

イルカの6mジャンプは見ものでした。

雨と思いきや

今日は海幸丸から2人、掃除と後片付けのため出勤していますが、午後からは雨が降ったため急きょ事務所床の内装作業に入っています。今は快晴、タイミング悪すぎです。まるでコントのようですが、スタッフみんなでお手並み拝見・・しております。出来上がりが楽しみです。明日は急きょ下関に行ってきます。

築40年!

早くも月末、あっという間に7月も終わりそうです。今日は朝から月末事務をバタバタと・・。海幸丸甲板の夏季仕事も今日でいったん終了、あとは後片付けにゴミ掃除を残すのみです。

こちらは昭和46年(私は生れてません)に建てられた社屋で、一階部分は網倉庫も兼ねております。
が、最近、特に壁面の傷みがひどく・・

上を見上げるとこんな感じでひび割れ!倒壊の危機です。

つい昨日は、私の仕事部屋から窓越しにふと外を見ると・・

これは危機ではなく、倒壊していますね。

危険です・・。

降り続いた雨のせいでしょうが、年々心配ですね~。

早いところ修繕に入りたいと思いますが、応急処置でどこまで治るのやら?


こんな本社事務所ですが、

最近、裏の住居スペースに八幡浜に引っ越してきた浜田船頭のお姉さん夫婦が入居されまして・・

予想通り、朝に晩に入りびたり状態になっています・・

ちなみに今日は兄と二人、一雄丸でアジ釣りに出かけました。

パチンコよりは経済的で、健康的ですが。

というわけで、まだ一月は賑やかな職場となりそうです。

いろんな意味で!?漁期解禁が本当に待ち遠しい、今日この頃でございます。

仕分けチーム始動!?

三越イベントも昨日でひとまず終了、皆さまお疲れさまでした。百貨店での一週間の出店は初めての試みでしたが、いろんな意味で勉強になったのではないでしょうか。対面販売型専門店の当店とは違ったお客さまの反応や要望を大切にして、これからの商品作りに活かしていきましょう!
今日は20日で定期のお支払日でしたが、合間を縫って散髪や市役所の会議等々。夕方、久しぶりに最終便に乗って上京しました。明日は沖底業界の流通専門部会に出席して、午後からはシーフードショーも見学してきます。最新の設備機器を中心に見てきたいと思います。

実は今日から5泊という久しぶりに長期滞在の予定です。明日までは東京、明後日は埼玉、週末は横浜で2泊という行脚ですが、ジョギングシューズも持参してきましたので、適度な運動と飲みすぎ注意でこなしてまいりたいと思います。次の日曜は専務も私も不在、ということで「海の男のお魚さばき方教室」がやや不安ですが、笑顔マイスターの店長とNAS君を中心に、どうかよろしくお願いします!

今日出席した会議は、「八幡浜市補助金検討委員会」というものでした。水産でもJCでもなく、中小企業診断士という立場での委嘱とのこと。一度制度化されると慣例化してしまう傾向にある各種の補助金ですが、当会議では数回に分けて特定の補助金を議題にあげて、公益性、公平性等の観点から客観的に評価・検討して市政に生かしていこうというものです。一定率の「削減・見直しありき」という会議ではないため、蓮訪さんの「事業仕分け」とは若干意味合いが違うようですが、最終的にはポイント化して5段階で評価する点ではやや似ています。委員長は女性の大学準教授でしたし・・。
今日は顔見せ程度の第一回会議でしたが、いきなり膨大なファイル資料を宿題にいただきましたので、次回までに読み込んで準備しなければ・・です。皆さま、よろしくお願いいたします。

地魚フライ出店中です!

海幸丸は昨日ドック入り、流通事業部は今日から一週間、三越松山店にて「地魚フライ」の実演販売を行っております。カマスにマトウダイ、ホウボウ、アジ等々、海幸丸で水揚げされた鮮魚を原料にしたヘルシーな商品です。多くの皆さまに食べていただき、9月からの漁期を前に原材料の付加価値化の準備を進めたいと思っています。皆さま、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。
写真アップしたいのですがまたデジカメを忘れましたので後日・・。明日は上京して研修会に出席してきます。

出張最終日

午前中予定していた仕事は、先方の事情もあって今回も急きょ取りやめに・・。何とももどかしいですが、また出直したいと思います。仕方なく造船所を見学して、別府経由で帰路についております。第22仁洋丸が8月の解禁に向けてドック中でした。中四国、反時計回りの旅も今日でひとまず終了です。

昨日は食事前に港を1時間ほどジョギングしてみました。旅先で見慣れない景色を眺めながら走るのは気持ちいいものです。車ですとシューズも荷物になりませんし。元来、方向音痴ですが、さすがに下関は海峡や橋、タワーが目印になりますので、迷子にはならないですね~。その前に迷子になるほど遠くまで走れませんけど・・

こちらは長州大砲、関門海峡に向かって威風堂々!

その先には牛若丸!永遠の憧れです。

子供のころ“八艘飛び”を真似しては、よく海に落ちていたことを思い出しました・・

高杉晋作はまた後日!

中四国一周の旅

昨日の朝、八幡浜から瀬戸大橋(坂出‐児島)を経由して島根県松江まで。約6時間の移動でした。同業の会社さまを訪問させていただきましてそのまま一泊、今日はひたすら西へ、またまた半日車を走らせて下関までやってきました。松江市は宍道湖畔に風情ある街並みが広がって良い街でした。街の中心部に水の風景があるのはやっぱり良いものですね。今回の松江ではゆっくり観光、とはいきませんでしたが、次こそは出雲大社に境港、玉造温泉と・・、ゆとりをもった旅程で来てみたいものです。

船主、乗組員ともに高齢化が深刻な問題になっている沖合漁業の世界ですが、問題意識と課題をはっきりと持っている会社は、旧態依然の慣行と風潮が大勢を占める業界の中で、同業とは思えないほど勢いと元気があってとても刺激的です。昨日訪問させていただいた社長とはサイトを通じて一期一会のご縁をいただいてかれこれ7,8年、いろいろと交流させていただいております。お互いに当面の課題は、漁獲物の付加価値化と自社販路開拓なのですが、流通の話題以外でも、漁労部や事務全般の労務管理やコスト改善等々、勉強になりました。実践あるのみ!です。当社も負けないように頑張らねば・・です。

昨晩は食事をご馳走になったのち、22時にはホテルに戻ってスタンバイ。手に汗にぎるド緊迫の120分でしたが、結果はもう一歩のところで残念無念・・でしたね。

それにしても当初の評判以上に楽しませてくれたワールドカップの日本代表にはあらためてエールを送りたいと思います。さすがに昨晩は繁華街の人通りも少なく、皆さん深夜のTVに釘付けだったんでしょうね~。サッカーに詳しい人もそうでない人も、老若男女を問わない国全体の一体感、高揚感はワールドカップならではです。今から4年後が楽しみです。

4年後といえばこんな私もとうとう40代突入!JCも卒業しているはず・・です。まだまだ遠い未来です。別に他意はありません。私も4年後に向けてトレーニングに励みたいと思います。これから宿近くの居酒屋で一人反省会!?でもして明日の仕事に備えます。

新車でドライブ!

休漁期に入って約一月、ですがいろいろと難題山積み・・、1件ずつ解決して進みたいところです。
さて今日は我が家に待望の新車が納車!一歳の子供も乗車OK、ということで早速夕方ドライブしてみました。最近の自転車はハンドルもギアも進化してるんですね。扱いもラクラクです。調子に乗って、自宅から2kmほど連れだしたところで夕立ちにあってあわててUターン、慣れないことするとこんなもんですね。

デンマーク戦まであと2日です。緊張感を高めてまいりましょう!

鳴ちゅるうどん

今日は定期のお支払日、午後からは漁協にて一件打ち合わせ、夕方は内子で開催される参議院選挙の「公開討論会」に参加してきます。

土日は鳴門まで足を伸ばしておりました。グルメマップに“鳴ちゅるうどん”を発見して、さっそく行ってみました。「船本」というお店でした。

「二日酔いでも食べられる」という紹介に興味を惹かれましたが、細麺で出汁も甘くなくてとてもあっさり!

はじめは「釜玉うどん」をいただきまして、おかわりに普通の「うどん」!
いくらでも食べられそうです。今度は本当に二日酔いの時に試してみたいと思います・・

大蛇と大虹

週明けが月末~月初ということで、昨日までは何かと慌ただしかったのですが、今日は一転、比較的落ち着いた一日・・、と思いきや“W辞任”の政変劇でまたまた歴史に残る1日となりました。本当にいろんなことが重なって、参院選を前にしてこの支持率急降下の現状ですので、しかたないといえばそれまでですが。わずか8か月前の熱狂ぶりを考えると“一寸先は闇”とはまさにこのことですね。

時間のあるときにかろうじて続けている夕方のジョギング、先日は海岸コースで天敵のヘビ(大きな青大将)に遭遇しましたので、今日は愛宕山まで。ちょうど帰りに夕立に見舞われまして慌てて小走りで帰路につきました。

夕立のおかげで南の空には大きな蛇、いえ虹が・・、見事に大きな半円を描いていました。

なにか良いことありますように!

エコー検査室にて

一昨日から各種会議が続いていまして、丸2日間PCもろくに開けず・・、メールをいただいておりました皆さま、大変失礼しました。今日は早朝から松山に移動してドックインでした。船ではなく、ヒトです。一日コースの簡易版でしたが、極度の病院・検査嫌いの身には長い長い1日でした。「前日は9:00以降飲食禁止」、実は少し守っていませんでしたが・・、なんとか終えて解放(釈放?)されてホッとしています。

注射(血液検査)にエコー検査、バリウムと苦手な項目が続きました。今回の失敗はエコー検査でした。

係のお姉さんに上半身の衣類を持ち上げられて、腹部にゼリーのような液体をグリグリ塗られての検査ですが、いきなり下のズボンにも手をかけようとするため、

私:「すみません、そこは・・」

お姉さん:「だいじょうぶです、すぐにすみますよ」

私:「いえ、ちょっとそこは・・」

お姉さん:「楽にして、力を抜いてくださいね。足は伸ばしたままでお願いします」

私:「ちょっとすみません、早めにお願い・・します」

・・・中略(検査)・・・

お姉さん:「はーい、おわりましたよ。お疲れさまでした。ゼリーを拭き取りますのでそのままで待って下さいね。」

私:「はい」

そしてまた下のズボンに手をかけようとするため、

私:「す、すみません、ちょっと・・」

お姉さん:「だいじょうぶです。すぐに拭きますよ。そのままでいてくださいね。汚れますから」

私:「あ、はい、すみません」

お姉さん:「はーい、終わりました。お疲れさまでした。大丈夫ですか?」

私:「おなかをさわられるとダメなんですよ。こちょばくて・・」

検査室:(笑い)

という感じで、分けのわからないやり取りをしてしまいましたが、とにかく下腹部をさわられるのが大の苦手でして、触れられるたびに体が自然にビクンビクン反応してしまいました。次からは、腰回りは弱い旨を検査前の質問票に書いておかねば、と本気で思った次第です。

やれやれです。アルコールを控えつつ、とりあえず診断結果を待ちたいと思います。

全底連総会へ

昨日より全底連の総会のため上京しておりました。懇親会終了後は、いつものメンバーで九段下のお取引先まで。皆さんで漁業や流通の話題で、面白おかしく盛り上がっておりました。開店2週間の創作料理店ですが、またもやデジカメ忘れまして・・。またゆっくりとご紹介させていただきます。昨晩はありがとうございました!夕方戻りまして今晩も一件、会合です。アルコール漬けにならないように気をつけねば・・

フェルメール

本日は定期のお支払日、これより松山にて一件仕事です。

名画への興味が尽きない二男、どこでも同じ絵を描き続けています。

部屋でも

外でも

学校のテスト中にも・・!

最新作はフェルメールです。

このくらいの熱心さで勉強してくれれば良いのですが・・

長い夏のはじまり

昨日朝のセリで海幸丸は完全に曳きあがり、今季の操業を無事に終えました。昨日は荷揚げ後も、地元商店街の旬菜市での出店に午後からは「海の男のお魚さばき方教室」と、スタッフフル稼働の忙しい1日となりました。さばき方教室では板長のトークが受講者のハートをつかみましたし、旬菜市ではNAS1号の網元手作り地魚フライシリーズが好評でした!どちらも、ますますレベルアップしていくはず!?ですので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

明けて今日は船員給与の支給に曳きあがりならではの雑務諸々でした。夏の漁具修繕、船体整備の仕事始めは24日、漁期終了でホッと一息のはずですが、会社的には曳きあがればあがったで仕事も盛りだくさん・・というのが実情です。今年の夏は、中間検査を迎える船体の修繕・補修はもちろんですが、とくに漁労長を中心とした若手乗組員の確保・育成、そして来季からの低価格魚のいっそうの付加価値販売への準備やPR、環境整備に力を入れていきたいと思っています。

さっそく今日は地元の電力会社が発行する広報誌の取材も!笑顔のショットを表紙に飾る企画だそうで、当初は私を、ということだったのですが、あまりに絵にならないため辞退、急きょ浜田漁労長の出番と相成りました。撮影に入ったところで、ちょうど16号の平井機関長も船に現れたため道連れに・・、超ベテラン2名での撮影となりました。

最初は若干かたかった笑顔も徐々に和らぎ、無事に撮影終了!また広報誌が完成しましたらご紹介いたします。撮影終了後は、本日支給の給与を片手に市内のパチ○コ店へまっしぐら・・でした。休漁期は収入がガクンと減ってしまう乗組員の皆さんですが、この調子ですと先が思いやられます。資源保護とはいえ、減り続ける全国の沖底船・・、3か月半の休漁期は長すぎですですネ・・

この夏、海幸丸に仕事をいただける方、ぜひご連絡をお待ちしております!!

般若心経

今日は終日八幡浜、夜は気分転換に!ジェイシーズのソフトボールに行ってきました。“ワケあり”で試合の前には、硬式野球の練習も行いました。先輩、ありがとうございました!点数は忘れましたが、試合はとりあえず一点差で辛勝!あれだけの点差を、最終回で1点差まで詰め寄られるのがジェイシーズならでは!ただでは終わりません。サスガです。

最近いろいろと重なりまして・・、寝る前に独り静かに「般若心経」を唱えております。もともと前半3分の一くらいはいけるのですが、後半からの暗唱がなかなか進みません・・。もともと物覚えのわるい頭ですが、知らない間にますます退化しているようです。

それにしてもこの落ち着くリズム!覚えられるまで、しばらくは携行したいと思います。

魚市場デビュー!

4:00すぎ、高知沖2航海目の入船でした。前回ほどの漁は確保できませんでしたが、丸物はレンコダイ中心の漁。日曜日ということで、セリ前に息子たちをたたき起して市場見学、その昔は小学生だった私たちも父に連れられてよく行ったものです。当時はまだ大中の木箱が中心で、鉄製の長い鉤で魚をよく運んだものです。今はほとんど使いませんが・・。今回は晴れて三男も市場デビュー!

市場の人に「これなんだ?」と聞かれて、ヒラメ、アナゴ、サワラ・・と答えていたのは、少々ビックリ!

将来はおさかなクンか・・?

いろんな魚に興味津々で、カメラをわたすと大人とは違った角度で写真を撮って面白いですね。

サメ(鱶)が気に入ったようです。

戦略は細部に宿る

大雨の一日でした。今日はほぼ終日事務所にいまして、月末関連事務や夏(休漁期)への準備諸々。いつもお世話になっている行政機関からは、新しい取り組みもご紹介いただきました。弊社も全面協力!ということでこれからの展開が楽しみです。夕方はトロール市での仕事の役割分担等についても少しだけ話し合いました。

以前にも増して、どんどん仕事も細かくなってきている弊社の流通事業ですが、個々のお客さま・お取引先さまのご要望に応えるためには、どんな小さな仕事でも「はい、喜んで!」が基本です。今年はその成果と皆さんのご協力のおかげで、流通事業の対昨年伸び率も今のところ、まずまず順調に推移しています。
流通事業といいましても、弊社の場合、従来型の陸上業務も並行してやっておりまして、沖での漁労をベースに、船の運航管理や市場での売りをはじめとして、調理加工に製品づくり、出荷・配達に小売、それらに付随する受発注管理や伝票作成、そして新規の製品開発に営業活動・・、日々の仕事は多岐にわたるのですが、人員をあまり専門特化せず、緩やかな協力関係をとっているのが弊社の特徴です。店で接客していた人が、数分後には資材倉庫でロープを出すためリフトに乗っていたり・・、かと思えば、また店に戻って一夜干しの配達に出たり・・。年末には、店で海幸丸の歴代漁労長2人がハマチのアラ割りをしていたり、乗組員でも休漁期には取引先を訪ねたりと、普段からこんな具合です。季節とその時々の状況にあわせて、いろんな分野の仕事に従事するイメージです。
流通部門に関しては、専門特化して役割分担をできるほどの規模ではないのも理由なのですが、漁労、流通、事務を問わず、全員が皆で協力していろんな分野の仕事ができる、というのが私たちの最大の強みではないかと思っています。それでも各自、一応持ち場はありますので、すべて「できる」、とまではいかなくとも、「分かる、見える」という感覚が大事なのではないかと思います。沖の仕事を核として、いろんな分野の仕事が見えれば、視野も知識も広がりますし、各々の仕事の意義(価値)や目的も分かるはずですので。
こんなことも考えながら、今年の夏(来漁期)からは心機一転、弊社の理念「一魚一会」に則って、新しい社内のルールも取り決めできればと思っています。本当にちっぽけなことですが、「戦略は細部に宿る」ということで、徹底していければと思います。またエラソーなことを書いていますが、私も船に欠員が出ればいつでも沖に出られるように、日ごろから体力作りに励んでおきたいと思っております・・!?足手まといになる前に、煙たがれそうですけど・・。

21仁洋丸荷揚げ&セリ

今日の入船は21仁洋丸1ケ統のみでした。23:00前から始まった約2000箱の荷揚げはものの1時間程度で終了、セリは1:30からですがこちらもあっという間に終了・・、船も深夜に出港していきました。こちらの市場はすべてがシステム化されていて、八幡浜に比べてかなり早いのが特徴です。地元の方に聞きますと、漁港での荷揚げやセリは完全に深夜に行われるため、漁業の基地としてよりも、昼間営業している唐戸市場などの観光市場としてのイメージのほうが定着しているのだとか。こちらの船籍も今漁期はわずか一月あまり、八幡浜ともども、2艘曳沖底が“過去の産業”にならないよう、前に向かって頑張りたいものです。

4月に入っていっそう相場も厳しいマダイにレンコダイが中心の漁獲でしたが、イシダイやハタ、カサゴにアマダイ等の高級魚種も少しずつまとまって揚がっていました。

こちら↑のハタ系も時々水揚げがあるとのこと、椎名クン、正式名称教えてください。

帰りは臼杵経由でフェリーに乗って戻っています。海幸丸のほうは、結局時化のため太平洋まで出られず、いつもの豊後水道南海域で操業中とのこと。明日朝にはいったん入船の見込みです。

下関出張中です!

今日は昼前のフェリーを使って、下関まで出張に出ております。霧のため、高速道路は区間通行止めでしたが、夕方までには到着しまして先輩、友人と食事、一休みしてこれより第21・22仁洋丸の荷揚げ・セリです。また様子をご紹介いたします!

第一回東京居酒屋視察

全底連にて一件打ち合わせ、その後は同業界の先輩社長と4名で鮮魚居酒屋を3店視察してきました。新橋~赤坂見附~表参道と移動しまして調査、といってもざっくばらんな飲み会なのですが・・。カメラはまた忘れてしまいました。いろいろと業界情報の交換も出来まして、官能的・・、いえ刺激的な夜でした。私たちの取り組むべき課題も少しですが見えてきた気がしました。皆さま、ありがとうございました!一泊後、午後便で戻って、夜はジェイシーズ2戦目です。間に合うかな・・!?

JFにて大分県沿岸漁業者協議会

急きょですが、9日は漁協にて大分県の沿岸漁業者との協議会が行われました。いかなる漁法であれ地元にとっては守るべき貴重な文化で、商いの元である魚は限りある貴重な資源です。世界的にも資源管理の大切さが言われていますが、この宇和海の資源も永続的に守っていきたいものです。国、県、漁業者の協力体制が何よりも不可欠との思いを新たにした会合でした。

お母さんはたいへんだ!

昨日は強風のため羽田も大混雑の様子でしたが、19:00すぎの最終便は少しの遅れで飛んでくれて、昨晩遅くに帰宅しました。今朝は4時半本船入港で早朝より出動、さすがに時化の中の操業とあってホウボウ、コウイカ、アマギを中心に相場は“やや上げ”での取引となりました。荷揚げ後は10:00に出漁、次回は木曜前後の入港を予定しています。

昨日は、夜遅くに帰宅してみると机の上にはこんなものが置いてありました。

うわー、こりゃホントに、た・い・へ・ん・だ!!

NAS2号参上!

開花宣言にお花見準備、卒業式に合格発表、そして入学式とすっかり春ですね。ただし天候のほうはまだまだ不安定のようで、週明けはまた時化模様です。海幸丸は今朝5:00入港、揚げ出しで次は連休明けの月曜入船の予定です。今日はいつものエボダイに加えて、アカムツ、クロムツ、シロムツと3種のムツがまずまず豊漁でした。

春は別れと出会いの季節といいますが、今週からはトロール市にも期待の新人、N君がやってきました。仕事としての魚調理は未経験とのことですが、釣った魚を調理するのが趣味というだけあって、手際の良さにスタッフみんな大助かりの様子です。ぜひ沖底鮮魚の価値向上のために、ともに頑張りましょう!どうぞよろしくお願いいたします。

先日もご紹介したトロール市事務スペースの一部改修ですが、無事に終わってPCとプリンタも入って、稼働し始めました。リモート機能を使って、本社のPCを店舗で操作するシステムをとっていて、本社ではPC画面がひとりでに動いてデータにアクセスしたり、メールチェックしたり・・。アナログ人間の私には、少々奇妙な感じがしております。こちらもより効果的な販売管理につながるよう、工夫と改善を続けていければと思っています。

本日夜はJCの理事会、明日は日本JC総会のため一泊で上京予定です。

構造改革プロジェクト説明会

昨日4時に入港した海幸丸は今日まで中休み、今朝10:00に3月後半戦に向けて出漁しました。次は金曜の入港予定です。今週のウィークデーの夜は慌ただしく5連チャン、土曜からは一泊で上京してきます。“ウコンの力”必携です。今日はこれより、八幡浜にて漁船漁業構造改革プロジェクト説明会です。皆さま、よろしくお願いいたします!

ムンクの叫び

春のあらし真っただ中ですが、漁船漁業構造改革プロジェクトの中央協議会傍聴のため今朝より上京しております。今週より4週続けての上京です。今日は鳥取地区沖底の改革計画2件のプレゼンもあって、将来参考になりそうな取り組みも少々ありました。まだまだ情報収集の段階ですが、また整理してみたいと思います。これからご挨拶と食事を兼ねて、南青山のお取引先に向かいます。明日売りの魚は貴重でしょうね~。乗組員の皆さん、ゆっくり体を休めて明日の出漁に備えてくださいませ!

意味はありませんが、こちら次男の描いた「ムンクの叫び」です。

トロール市一部改装中

ただ今、直売店トロール市の事務スペースを一部改装中です。これまではPCを使った管理業務はすべて対岸の事務所にて一括で行っていましたが、お客様情報や受発注の管理等、日々の細かい作業を店舗で行えるようにするために、仕切りを入れて部屋を作っております。狭い空間ですが、数名の来客にも対応できるよう準備中です。乞うご期待!これを機に、仕事がやりやすいようにもう一度整理・整頓も徹底したいと思います。

本日これより一件ミーティング、夜は西条を往復、海幸丸は明日朝の入船予定です。

改善の連続こそすべて

海幸丸は予定通り10:00出漁、午後からは男手3名でトロール市に導入予定の新しい器材の運び出しに行っておりました。当社としては新たな取り組みということで、まずは中古設備での試験的導入ではありますが、目的はただ一つ、水揚げ鮮魚のさらなる付加価値向上と漁業の採算性向上による生き残り!です。沖・陸ともに協力しながら、計画的に取り組んでまいりたいと思います。

あわせて店舗では、その他の改善項目についてもミーティングを少々・・、より良い環境作りのためにはまだまだ改善・修正の余地は大!です。個々の修繕についてもアイディアは様々ですが、最終的には流通事業(店舗)の全体計画・方向性のための手段となってこそ意味あるわけで。将来ビジョンと既存の人員、ノウハウ、設備等々を考慮しながら、もう少し体系立てた検討を進めなくては・・と思っております。

それでも一つのテーマで、意見がどんどん出てくるのは、前向きな姿勢と情熱の証!
というわけで、まずは皆さま、アイディアと知恵を出しあって議論を深めましょう!!

マダイが豊漁でした!

今回の21仁洋丸はマタイを中心に6日航海で約2500箱の水揚げでした。県営だけに広い市場に、立派な荷役の設備とシステム、そして豊富な人員!仕組みそのものが八幡浜市場とは違いますね。私たちにとっては一長一短ありますが・・。今日は休みに入った仁洋丸の船舶検査を見学したり、改正された船員保険制度についてご教示いただいたりと。O山さんはじめ下関の皆さま、お世話になりました。これから協力会社さまと食事して、明日夕方には八幡浜に戻る予定です。

↑こちらは揚がっていたヒラメ、市場の設備もさることながら八幡浜とは魚のサイズも違います・・

九州地方も雨です

第21・22仁洋丸入船の関係で、予定を早めて昼のフェリーを使って下関に入っております。いつも通り深夜の荷揚げ・セリに立ち会った後、明日は2社ほど会社を訪問させていただく予定でおります。今日は臼杵から車で走ってきましたが、気温はさほど低くはないものの九州地方も終日どんよりとした雨模様でした。

それにしても今朝からの筋肉痛!予想をはるかに上回る痛みがあります。車の運転には支障はないのですが、動き始める時の膝や股関節の痛みは尋常ではありません。私も昔はいろいろと瞬発系の運動を通じて、極度の筋肉痛も経験してきたつもりですが、恥ずかしながらこんな痛みは初めてで、歩行がやっとという状態です。筋肉痛というよりも骨が芯から痛い・・というような感じでしょうか。実はただの筋肉痛じゃなかったりして!?

今朝などは起き上がるのにも時間がかかりまして、ジョーダン抜きで自分のベッドが“パラマウント”だったらどんなに良いか・・と思ったくらいです。もちろん階段の上り下りなどは一歩ずつ一生懸命・・という感じです。少しずつ回復するのを待ちたいと思いますが、この分だと普通の体に戻るのにも時間もかかりそうですね。しばらくは動作も鈍いかと思いますが、その分ない知恵を絞って仕事をしようと思っておりますので、どうぞヨロシク!!

今週末は愛媛マラソン

昨日はJCの新年総会・懇親会が開催されました。多くの皆さまのご支援のお陰をもちまして、本年の活動も無事にスタートすることができました。若いパワーを結集して自己修練にまちづくりに・・と、今年も積極的に取り組んでまいりたいと思っております。昼は市役所にてとある委員会、夜は異業種交流会で一件集まりがありましたが、今日は一次会のみで失礼させていただきました。

このごろ夜の集まりも続いていて、伸びるのはアルコール摂取量ばかりですが、気づけば出走予定の“愛媛マラソン”も週末(31日)に迫っております。今年はコースも大幅に変更となったうえに、制限時間も4時間から6時間に延びて、私のような向こう見ずの素人ランナーにも参加しやすい大会になっているようです。私、フルマラソンはもちろん初参加、不節制な人間が6時間で一体何キロ走れるのか、いえ進めるのか?それとも歩き・・!?我ながら見ものです。

海幸丸のほうは鹿児島・宮崎沖にて、今季ではかなり久しぶりの中3日の操業を続けております。29日(金)に入港後、1月の月末休みに入る予定です。トロール市では年始の閑散期を利用して、冷凍庫の在庫整理のための環境整備等々も進めております。とても大切なことだけに、これまでの整頓不足を少々反省しております。あわせて、流通事業に関係する新商品作りも企画担当NAS1号?を中心に着々と準備中で、明日、明後日とまたいろんな方にご協力をいただきながらの打ち合わせも続く予定です。

新事業、新製品を問わず、弊社の場合は原則として自社船漁獲物の付加価値向上が大前提で、これまで使われてこなかった未利用資源の利用促進につながる取り組みこそベストであると思っています。比較的価値の高い鮮魚に関しては、ここ数年力を入れて取り組んでおり一定の販売ルートも出来てきたのですが、やはりこれからのテーマは小魚や雑魚、ハネ物・・。これらをいかに自社で価値を高めて商品化できるかが重点課題と思っています。そこを克服してこそ漁労と流通双方のシナジーが最大化でき、漁業会社の革新(生き残る道)につながると信じております。大手や海外に比べればまだまだ初歩的な取り組みかもしれませんが、沖底漁業活性化のモデルを目指して全力で取り組んでまいりたいと思っています。

久しぶりに音量を上げてベートーベンを聴きながらブログを書いておりましたら、つい力が入ってしまいました・・

竜平会で午前さま!

昨晩は「竜平会」(魚市場の飲み会)で午前さまでした。2次会のチャンポン屋さんでは、飲みつくした魚市場関係者や一人ガッツリ倶楽部中の亀ちゃんにも遭遇・・、久しぶりに元気な夜の八幡浜を垣間見た気がしました。明日は本船4:00入港予定です。アマギにマツイカ、白ムツを中心に1400箱くらいの荷揚げの予定です。サイズや規格もいろいろありそうですが、相場に期待したいところです。

早めに手を打つ!

週明けが祝日、しかも連日の時化という関係もあって、海幸丸は昨日、今日と連日入港でした。漁は芳しくないのですが、荷が少ないだけに全般的に相場良好の前半航海となっています。気づけばすでに金曜ですが、今週はほぼ出ずっぱりの一週間でした。トロール市にも新たな課題が発覚・・、皆で協力して改善していきましょう!!何事も押し迫っての行き当たりばったりではなく、“早めに手を打つ!”を心がけたいものです。反省反省・・

恵比寿様へ初詣で

今日は恵比寿様のある大洲神社へ“初詣で”にも行ってきました。ついでに午後からは書き初め、読み初め、夕方には走り初めも行いました。毎年2日には詣でて、商売繁盛をお祈りしてお札をいただいている大洲神社ですが、この神社へ向かう階段がなかなか急(↑)でして・・。私はややメタボ気味の?三男の手を引いて登っていたのですが、いつもに増して階段を上る足がぎこちない、登り終わって見てみますと・・

足はこのとおり、これではうまく階段も登れませんわね~。
新年早々、“はき違え”だけは勘弁してください!!

明日はいよいよ3日、海幸丸は朝に“乗り初め式”を行って10時に出漁の予定です。
ひとまずは、開市の5日の入船を目指して操業予定です。
まずは引き続きの航海の安全、そして恵比寿様のご利益を受け、豊漁を祈りたいと思います。

まさかの大雪

まさかまさかの大寒波(吹雪)の大晦日となりました。ちょうど客足がピークを迎えた午後前が、今日一番の豪雪でした。こんな中でも当店に足を運んでいただいたお客さまに感謝申し上げます。店頭もご覧のとおり・・。店内助っ人の私でさえ、“顔ひりひり”ですから、猛吹雪のなか接客を担当してくれた浜田船頭と那須君は、さぞ冷たかったでしょうね~。何はともあれ皆さまのご協力をもちまして、本年の売り出しも無事に終えることができました。皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございました!!

海幸丸の出漁は新年3日、恒例の“乗り初め”を行って漁場へと向かいます。

今年も多くの皆さまにお支えいただきながらの一年でした。関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。
年明けからの漁期後半も、どうか引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

今日は目が開いているうちは、いろいろと反省やら残務整理やら?をしながら過ごしたいと思います。

皆さま、どうか良い年をお迎えくださいませ!

売り出し中日

早朝からトロール市は“フル回転”の一日でした。ご予約・ご来店いただきました皆さま、本当にありがとうございました。普段からこんなに大忙しだったらどんなに良いことか・・!?なんて冗談はさておき、家に帰ってみると机の上には注文書がありまして・・、しまった、見逃したか!?と思いきや、

裏面には子供のお化けの落書き(置手紙?)がビッシリ・・、何のこっちゃ!!

明日に備えて今日も早めに休むとします。

明日から売り出しです!

今日は早朝より宇和島まで恒例のハマチ買い付け、戻ってからは会社と船の正月準備に売り出し準備諸々でした。海幸丸は明日朝の入船で今年の操業を終えます。船員の皆さんはゆっくり休んで、新年からの航海に備えてくださいませ!トロール市は、明日からいよいよ年末売り出しです!!

先日、お取引いただいている企業さまより、立派な胡蝶蘭をいただきました。ありがとうございました。家の玄関に飾ってみましたが、こんな感じです。一瞬、私から家内へのクリスマスプレゼントにしてしまおうか・・!?と企みましたが、急にそんなことをすると、妙なこと!?を疑われてしまっても困るかなと思ってやめました。

やましいことなど何もないのに・・

冗談はさておきまして・・、明日に備えて休むとします。

クリスマス準備

研修に情報収集他、少々調べ物もあったりで、昨日より上京しております。クリスマス前の祝日ということもあってか、都内デパートだけは人出も多く何となく年末モードという雰囲気でした。きらびやかなクリスマスの飾りつけもいたるところにありますが、おっちゃん一人で撮影するのもどんなものかと・・、その前にデジカメ忘れてました。

連日、水エソが高値を更新中・・、天候や他地域の水揚げ状況、そして蒲鉾会社さんの作りこみのタイミングが重なっての価格でしょうが、相場だけは本当に分からないものです。何はともあれ、時化の中でも沖での操業を続けて荷を持ち帰るというのが、中トロ漁の唯一の価値ですので・・。漁が好調な時ほど、慢心と気の緩みに注意して、気を引き締めて臨みたいものです。

今年も残り一週間です。上京中のご報告はまた後日・・

世界一のふくの像

当初下関には2日間滞在する予定でしたが、昨晩第21・22仁洋丸も入船となりましたので、1日延長して今朝(実際は深夜ですが・・)も荷揚げとセリに立ち会いました。総数1700箱でしたが、やはり相場を牽引するのはアンコウにアカムツ!タイ、レンコ、カマスといった従来魚種は、まだまだ相場は低調気味でした。今朝は2ケ統の入船でしたが、航海日数もいつもより短く、ここ最近の売れ行きからすれば、まずまず納得のいく市況だった模様です。

目下9統18隻が操業している下関基地ですが、各社の船齢は一部を除いて大半は20年超!将来にわたって底曳漁業を考えていくならば、とっくに船体の更新を計画すべき時期なのですが、船価や市況、原油相場等を考慮すれば、既存船でいかに事業を長く継続するかを考えるだけで精一杯というのが実情のようです。沖での特殊かつ厳しい労働環境ということも考慮すれば、若手後継技術者の育成・確保も切実な問題です。
今回も魚市場でいろんな方とお話しさせていただきましたが、皆さんともに将来へは不安と危機感を持っておられるのがよく分かりました。八幡浜同様、先行きは不透明ながら、分かっていながら無為無策にだけは陥らないように、まずはいろんな方との情報交換に努めたいものです。これからもどうぞよろしくお願いします!!

帰りは臼杵からの便で戻ってきましたが、夕方会社へ帰ってみると問題も少々・・、気が滅入りそうですが、さっそく明日、前向きに対処したいと思います。

こちらが先日お参りした亀山八幡宮の「世界一のふくの像」です!未来の漁業、水産業界に福(ふく)来たれ!

今晩第11仁洋丸入船!

今朝から下関の事務所に来ていまして、昼は唐戸市場前の亀山八幡宮もお参りしてきました。デジカメで「世界一のフクの像」も撮ってはみたものの、コネクタを忘れてしまいましたので、また後日掲載いたします。中心街も何となく人が少ないように感じるのは、今日が休市のせいでしょうか?

魚市場のセリは深夜の1時から!という眠らぬ港町、下関ですが、弊社支店事務所が入っている漁港構内のビルの一階に何やら怪しい施設を発見しました。

20091209.jpg

「多目的便所」です!!

便所、便所、便所はトイレ、多目的・・! た、た・・たもくてき!???

“多目的”って、そ、そ、そんな無茶な・・、というわけで、

誘惑に負けた私は恐る恐るドアを開けてみたところ、車いすでも利用可能な広いトイレだったのでした。

多目的といえば広場かホールやん、と思っていたのですが、いや私の勉強不足だったようです。

まことに失礼をいたしました。

本夕方、第11・12仁洋丸が入港して、22:00より荷揚げの予定です。

民族の滅びる三原則

昨晩は次年度のJC理事会でした。皆さまのご協力のおかげをもちまして、各委員会の年間事業計画も無事に承認を得て審議を通過いたしました。実り多き事業となりますよう、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。さて、“昨年”も書いたように記憶していますが、今日12月8日は「開戦の日」、同じく弊社の創立記念日でした。

先月の「致知」(アサヒビール顧問中條高徳さんのコラム)に、民族の滅びる三原則というのが載っていました。

その三原則とは、

1.理想を失った民族
2.ものの価値しか認めず、心の価値を見失った民族
3.歴史を忘れた民族

だそうです。手帳のメモを起こしていますので、誤記載があればすみません・・

普天間基地移設の問題で、国際的にも急速に信頼を失墜している鳩山連立政権ですが、この原則は何も民族に限ったことではなく、あらゆる組織にもあてはまるような気がします。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉もありますが、不透明な時代になればなるほど、歴史に謙虚に学ぶ大切さを感じている今日このごろです。

またまた、非常にかたい文章になっておりますが、12月8日ということで、国の歴史、そして会社の先達の苦難に思いを馳せ、感謝の念を捧げる夜にしたいと思います。何を書いてもますますかたくなりそうなので、この辺で失礼します・・

私のほうは、今日午後より別府にわたり、ただ今下関まで来ております。2日間滞在予定ですのでまた状況報告させていただきます。

海幸丸は明日4:00入船の予定です!

スーパージェットにて

今日は“良い夫婦の日”!ですが、私は昨日より中小企業診断士の更新研修のため一泊で広島でした。テーマは新しい支援施策や企業再生の最新トピックス等でしたが、最近は実務からも遠く離れているため、とても新鮮!で勉強になりました。旧知の先輩や恩師にも出会えて、研修後の飲み会も含めて実りある出張となりました。

今日はかなり気温も下がったせいか、帰りの船中でむしょうにチョコレートが食べたくなりまして・・
乗っていたスーパージェットの売店を眺めてみたところ、見つかったチョコレート系のお菓子は、

「トッポ」と「パイの実」と「コアラのマーチ」!

一番食べたかったのは断トツ「コアラのマーチ」だったのですが、商品は手に取れるように陳列されておらず、ガラスケースの中に入っている(しかも膝くらい下の場所!)ため、商品名を伝えなければ買えない仕組みになっていまして・・

しかも店員さんは、例によって若くて綺麗なお姉さん!

もちろん私はスーツ姿の一人旅!

売店をチラチラ見ながら、頭の中では何度かシュミレーションしてみたのですが・・

「コアラのマーチを一つください!」

という一言がどうしても言えず、結局松山観光港に着くまでチョコレートにはありつけませんでした。
店員がおじさんかおばちゃんだったら、間違いなく買えたと思いますが・・

とうとう禁断症状の出てしまった私は、港に着くなり車でローソンに直行しまして、アポロを5箱大人買いして、思いきり食べながら八幡浜に戻って来たのでした。

今夜はこんなシャイな自分に乾杯しようと思います。ジャズでも聴きながらネ・・    終わり。。

海幸丸は明日早朝、本船入港予定です!

第10回魚市場整備実行委員会

約半年ぶりに「八幡浜魚市場整備実行委員会」が開催されました。八幡浜市が目指すのは、高度衛生管理型魚市場建設ですが、設備新設に伴って高くなることが予想される市場使用料の関係から、荷受側との議論は平行線・・、私も発言をさせていただきましたが、考え方の基準は、いかにこれ以上漁師の漁獲量、入荷量を減らさないか、という点であるべきです。市場側のコスト吸収の矛先が仕入値、つまりは買値に向けられることにだけはならないように・・というのが全生産者の願いではないでしょうか。

今週は前半がヤマ場・・、本日、明日とJCの理事会(2010年度と2009年度)が続いておりまして、そのちょうどすき間に、倫理法人会のモーニングセミナーの講師を務めることとなっています・・。話題は八幡浜の中トロ漁でして、セミナーは明日の早朝です。仕事の合間に要旨のみメモしてみましたので、かなり荒削りですが掲載します。話の内容は、ご想像にお任せいたします。乱文ご容赦くださいませ。

----------------------------------------------------

八幡浜倫理法人会講演メモ  「八幡浜のトロール漁業の現状と展望」

■八幡浜トロール漁業の歴史

トロール漁業=沖合底曳き網漁業、その発祥は大正初期(島根県)
八幡浜においては大正7年、柳沢秋三郎(真穴)が山口県から一艘曳きの技術を導入したのが始まり。
その後、大正11年、同氏によって二艘曳き化されてこの地域に普及していく。
当初は知事許可だったが昭和8年、農林水産大臣許可に変更、昭和19年には戦時下の食糧事情悪化により許可船増加。
ピーク時(昭和23年)には八幡浜の漁業史上最多の27統54隻を誇った。
底曳き漁業には、大別して1艘曳き、2艘曳きの種類。全国的にはほぼ大半(9割)が1艘曳き。
現在の2艘曳きトロールの基地としては、八幡浜以外では長崎、島根、山口が中心。
底曳き漁のシーズンは、資源保護の観点から8カ月~9カ月操業、乗組員は季節雇用として年間契約(歩合制)
当社は現在八幡浜1統、下関2統の3ヶ統体制で漁業を行う

■中トロ漁の現状

操業海域→サイト「漁場宇和海」(豊後水道南沖、鹿児島、種子島沖、宮崎沖、高知沖)
現在の操業形態と漁獲魚種(最大の特徴は豊富な魚種、高級魚から雑魚まで100種類以上!)

<減少してしまった要因>

1.魚価低迷(物余り・輸入依存の時代、食のニーズの多様化→魚そのもの、相対的価値の低下)
2.コスト高(原油高騰、資材コスト、人件費等々、収入割合では人件費2割、燃料2~3割、資材関連2割弱)海洋資源はただではない!
3.資源減少(昭和40年代カワハギ、50年代ヤリイカ)、漁獲量の減少はさほどない、よりインパクトが大きいのは価格下落
平成17年には同業種組合も解散、平成18年からは、実質的に1統のみの操業となり漁場探索が困難に・・。
中トロ隻数の減少に伴い、魚市場全体の取扱高:昭和60年147億円→わずか50億へ突入!
内部的な問題・・・漁業者の意識に安住(漁業の事、量の競争ばかりに関心、加工や流通、技術や企業間連携に無関心!)

<経営の特徴>

金・・・セリ取引のため価格決定権がない→原価の意識が希薄、実質8カ月操業のため、不漁の年は通年の資金繰りが困難
人・・労使の関係構築が難しい(船主船頭ではない、過去の事例等→沖と陸の協力体制、信頼関係が長期安定経営には最も大事!)
物・・売上変動のリスク大→経営計画が立ちにくい、金融環境変化による融資厳格化→投資のタイミング困難

■展望と課題

1.地域の要請(新しい高度衛生管理型魚市場の建設、魚の町としての生き残りには地元で水揚げされる資源が必要不可欠!)
2.消費者ニーズの要請(国際的な需給変化→食糧安保の時代、人間生活の根幹→漁業者としての販売努力を!)
3.国の政策(漁船漁業構造改革対策、食糧自給率の関係からやる気ある健全な経営体に対しては施策メニュー、政権交代の影響は未だ不明!?)
4.最後は企業努力!!(あたりまえのことをあたりまえに行える企業、経営計画と統制の仕組み作り、組織風土の革新、風まかせ・運まかせの漁業者意識の変革、流通への意識、技術革新への取り組み、付加価値販売への着手が急務!)

グルメフェスタ1日目

本日グルメフェスタ1日目!主にヤリイカ、カマス、アマギ、トラハゼといった底魚をPRしてきました。当初見込んだほどではなかったのですが、松山中心商店街のお客さまの嗜好なども分かって楽しませていただきました。出店場所は、大街道と銀天街が交差する「松山劇場」前ということで、舞台を終えた座長さんともツーショット!この界隈はその昔、「魚の棚」といわれて、魚屋さんが集積する町だったそうです。年配の方に魚好きが多そうだったのも頷けます。明日も皆さま、どうぞよろしくお願いします!

程よい疲れで家に帰ってみると、我が家の風呂が温泉に!?なっていました。
入口の注意書きはこんな感じです。我が子ながら、頭がしびれそうです・・
湯船で疲れ(しびれも!)をとって明日に備えたいと思います。

明日の午後からは、八幡浜JCの「八西濱かるた大会」も開催されます!!

パクリと車エビ!

昨晩はお世話になったJCの友達と「シッポリ食事会」を行いました。もともと香川のご出身で来年からは大阪への転勤が決まっているため、せめて八幡浜の思い出になってくれれば・・と夜は海幸丸の入港・荷揚げにも無理やりお誘いして、市場の荷揚げや船内作業場等も案内しておりました。あいにくの豪雨で、しかも友達はスーツだったため、お目当ての機関室は案内できませんでしたが・・。次はぜひセリも見てください!海幸丸は今夜も本船入港の模様です。

魚の本格シーズン到来!

今日ようやく諸々の相談業務も終えて今期決算も一区切りがつきました。前年との比較では大幅な売上減となりましたが、肝心なのは規模よりも質!ということで・・。引き続き、沖と陸の連携を強めつつ一年一年、進んでまいりたいと思います。

久しぶりに家で食事、今朝の水揚げ魚種から傷のアカムツ(あら)を使って湯豆腐を作って・・、いえ食べてみました。
いよいよ鍋とあつかん、そして魚の美味しい季節の到来ですね!

大分県沿岸漁業者協議会

午前中にフェリーで大分へ渡りまして、「大分県沿岸漁業者及び沖合底曳網漁業者間の安全操業に関する協議会」に出席いたしました。愛媛側は弊社1社のために、県をはじめ組合長以下勢ぞろいで同行いただきました。皆さまお世話になりました。しかしながら協議の内容はいろんな意味で非常に難しいもので・・、ただただ前向きで建設的な議論を進めたいものです。また帰社後、過去の資料も整理してみたいと思います。

神々の会

毎年行われている恒例の異業種交流会に参加するため、週末は大阪に行ってきました。今回の会場は、弊社のお取引先企業さまの販売施設にあるフードコート(↑)。参加は今年で3回目でした。「致知」でつながる会ですが、皆さま、畏れ多くも異業種の大先輩ばかり・・、すばらしく清々しい会で、心が洗われる思いのした3時間でした。

地元なのにアウェイ・・

若いエキスを吸うために・・、いえ、社会人セミナーの講師を依頼されて、松山大学に行ってきました。昨年に引き続いての参加でしたが、今回の出席者は経済学部の1年生約30名!私の自己紹介と学生時代の体験談から始まって沖合底曳き網漁業の歴史や現状、魚市場の仕組みや流通直販事業、これからの仕事の目標やビジョン等々、当サイトの魚映像も交えながら、1時間以上もお話ししたのですが・・

反応うすっっーーーーーーー!!!

漁業や魚に興味がないのか、それとも私の話がよほど下手なのか・・??後者であることを祈りたいです。

皆さんのレポート(感想)を後日いただけるとのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

気を取り直して、明日より一泊で大阪に行ってきます。

連日松山でした!

土曜、日曜と松山でした。両日ともに旧知の先輩より楽しい出会いをいただきました。縁に心から感謝!です。お互いに出会いが生かせるように、日々精進しなければ・・と改めて感じました。詳しくは改めてご報告させていただきます。海幸丸は9月操業も残り2航海、次回は29日入港の予定です。

お宝出ないかな?

今朝の水揚げには、前回に引き続き魚体の大きい“立ヤリ”も200箱ほどありました。例年より産卵が早いのか、それとも水深の関係か、はたまた偶然か・・、海は相変わらず摩訶不思議の世界です。昨日の“ヤリイカ博士”にもご見学いただき、漁労長も交えて情報交換しました。“海は広し”といえどもこの時期のヤリイカは貴重な資源!資源を枯渇させない操業を考えていきたいものです。

先日、自宅の壁を少し張り替えた際、父の書斎も改めて整理したのですが、まだまだ出てくる古い書類!昨年引き継いだ際に会社関係のものは、あらかた整理したと思っていたのですが、まだ隠れたところにはあるもので・・。なかには初出のものもあったりして、会社の重要書類に追加しました。やはり沖底漁業関連の記事や書類が多いのですが、中トロ漁業の栄枯盛衰、というか苦難の歴史がよく分かります。

おまけに私の仕事机の引き出しにはこんな便箋も保管しています。
「宮本漁業株式会社」という社名と4ケタだけ!の電話番号が時代を物語っていて、なかなかお洒落では?

古いものは何でも出てきますが、お宝だけは出ないんですよね・・

ヤリイカバーグ試食!

引き続きヤリイカ漁のため、中一日程度のピストン航海が続いています。漁のほうは今のところまずまずですが、先日は揚網時にイカの入った網を大きな鮫(さめ)の群れに食いちぎられたり、深夜の荷揚げ時には、湾内に大量発生したクラゲに船底をふさがれたり・・と小さなトラブルも起こっています。これも日本海で粉砕しすぎたエチゼンクラゲの祟りでしょうか!?

昨晩は久しぶりにソフトボールに参加しましたが、絶不調でノーヒット!
どんなスポーツもイメージ通りにはいかないものですが、チームは珍しく大勝しましたので、帰宅後、“ヤリイカバーグ”を試食しながら祝杯を挙げました。海幸丸のヤリイカ(もちろん生原料!)をすり身化したもので、企画担当スタッフN氏の自信作です。料理の用途も十人十色、ということでいろんなレシピを添えて、トロール市での定番商品化を目指したいと思っています。引き続き試作と研究を続けていきましょう!

今朝は調べものがあって、古い本のある個所を探していました。著者は分かっているのですが、どの本だったかがいまだ不明・・、というより我が家には埃をかぶった不要の本が多すぎ!で、また整理してブックオフに持ち込まなければと感じた次第です。

整理・整頓の基本は、

① いらないものを捨てる
② いるものを捨てない

ということですが、「言うは易し、行うは難し」で、一朝一夕にはいかないですね。
気をつけたいものです!

仁洋丸、いざ出漁!

16日に解禁となる第11・12、第21・22仁洋丸の出漁式のため、専務同行で下関まで行ってきました。14:00より行われた式典では下関市長、安倍元首相夫人(旦那さまは靖国神社参拝のため・・)も見えられました。以前に比べて隻数は減ったものの9ヶ統一斉の出漁は、日頃さびしい八幡浜を見慣れている私たちにとっては久しぶりに賑やかなトロール基地の風景でした。その他、今回はこれからの方向性も改めて確認できる新しい発見もあったりして・・、とても実りある出張でした。

今漁期9か月間の無事の航海、そして豊漁を祈っております!
上は最後の出港を飾った第21・22仁洋丸です!

深浦きくち水産見学!

海幸丸は昨日8:00に無事出港しまして、今朝には下関にてクラゲ粉砕の漁具も積み込み完了!あとは天気を考慮しながら出番を待つのみです。予定では12日の16:00出港予定とのこと。乗組員の皆さんが下関で迷子になりませんように・・、特に夜の街にはくれぐれもご用心を!!

今日は昼前から深浦まで、とある打ち合わせを兼ねて、鮮魚直売センター(きくち水産さま)の見学に行ってきました。もともとは深浦漁協のカツオを扱う仲買さんですが、20年前に社長の奥さんが商売で余った魚を原料に干物やすり身を作り始めて、今では5人のパートさんを雇用するまで成長されています。主な販路は、道の駅や地場のスーパーです。
製法、対象顧客こそ当社とは異なりますが、鮮魚の有効利用と商売への前向きな姿勢には脱帽・・です。逆に、これまで原材料には不自由してこなかった八幡浜では、このような取り組みはとても少ないのが現実でして・・、改めて漁業者、仲買というような縄張り(地位)に安住していては話にならんなぁと感じた次第です。

K水産の社長さま、奥さま、今日はありがとうございました!

知恵と工夫の過程こそ・・

最近、昼に夜に何かとありまして、気がつけばブログも3日ほど休止状態でした。続けることは難しいものですね~。海幸丸のドックは順調に進んでいて、明日には会社前に戻ってくる予定です。今日は午後から松山まで、とある企画書を持って往復してきました。

今回の企画書作成の主は企画担当N氏ですが、別件もあって私が伝書鳩のように往復、でもこんな前向きな提案書類が自分の知らない間に出来上がってくる、というのは本当に頼もしく、嬉しい限りです。受け身ではなく、自ら知恵を絞る過程こそが仕事の楽しさであり醍醐味ではないでしょうか!私も頑張ります!

今日はややソフトな日記です。

今晩もJC理事会、明日はトレイルランニング練習会に参加する予定です。

ハメに噛まれませんように・・

いよいよ解散!

連休明けのため諸々の本社業務集中、海幸丸は今朝、無事にドック入りしました。夕方からは魚市場運営協議会、夜はそのまま懇親会に参加しました。衆議院は今日午後解散、いよいよ歴史的な選挙に突入!です。まさに悲喜こもごもですが、今回の総選挙が地域経済にどう影響するのか・・、興味半分、怖さ半分です。環境激変のさなかで、つまらない縄張り争いや変化を拒む風土や体質では、地域も企業も魚市場も!到底生き残れないことを、つくづく感じた一日でした。

相変わらずかたい日記っす!!

あすけぇるではんで

今日は午前中、ホタテ養殖のメッカでもある陸奥湾の平内漁協を訪問して勉強会。同じ養殖でもホタテと私たちの魚類では大違い!で、組合長から興味あるお話もいただいたのですが・・

“津軽弁”のため、ほぼ聞き取り不能・・

そういえば、昨晩はマグロで有名な大間漁協の組合長さまとも名刺交換させていただいたのですが、こちらも8割方理解不能のうちに、会話が終わっていました。

というか何も漁業関係者でなくても、きれいな若いお姉ちゃんもみんな“津軽弁”なんですヨ!!本当に!
今晩の宿泊は浅虫温泉郷の「椿館」さま、もちろん初めて訪れました。
“あさむしおんせん”と言いますが、こちらでは“あすむす”という感じでしょうか。
私もだんだん津軽弁が板についてきました!
あとは早口でしゃべるお年寄りのヒアリングが課題です・・

こちらは午後から訪れた“ねぶたの里”での写真!迫力あります。
一生に一度は生を見てみたいものですね~。

上の2点は青森のねぶた、下の1点は弘前のねぶたです。

漁業共済全国会議

青森到着後は、駅前の市場風食堂にて三色丼に鰊(ニシン)で腹ごしらえ!少々食べすぎました・・

午後からはホテル青森にて行われた漁業共済の研修会に参加しました。懇親会では、鳥取県の組合の方よりご挨拶いただいたのですが、その方の奥さまが何と八幡浜のご出身!生まれは私とまったく同じ48年の3月とのことでした・・!!これも一魚、いえ一期一会のご縁ですね。今後ともよろしくお願いします。

研修の資料はこんな感じでした。記録をかねて掲載します。

漁獲の変動に耐えられる、強い経営体質を目指したいものです・・

S中学生、来社&取材

先日、“愛媛新聞”に大きく紹介された杉村君、思わぬところでも反響があるようで、今日は、地元のS中学生数名の取材(課外活動?)を受けました。杉村君は目下、ベテラン乗組員に交じって船体整備・漁具修繕に奮闘中。出漁まで一月半、本当にアッという間ですね~。

私は明日から青森へ視察・研修に出かけてきます。

漁船漁業活性化シンポジウム

スーツにネクタイ!で出かけたものの、さすがに東京は暑すぎました。昨日は早朝の便で上京して、午後からはミッチリと「漁船漁業改革活性化シンポジウム」に参加してきました。終了後は8月の船舶活用の件で少し打ち合わせ、夜は取引先にて食事して一泊、今日戻ってきました。

大日本水産会、全漁連、海洋システム協会の3団体主催のシンポジウムで、学術的な視点からの提言や、「構造改革プロジェクト」に沿って取り組む漁業会社の事例報告、技術的な話題等々、盛りだくさんの内容でした。なかでも、青森の巻き網船、室蘭の底曳き船の取り組み事例は、地域との協力関係を築きつつ、企業の経営リスクを最小化して船団をリニューアルするというもので、経営者の決断の意図、その過程での様々な苦労話はかなり興味深いものがありました。
ただ代船建造に関しては、様々な支援メニューもあるものの、全国的にはまだまだ事例も少なく、国(水産庁)の思惑通りには進んでいないのが現状で、会場からは、「現行の制度では日本の漁業は再生できないのでは・・?」との懐疑的かつ厳しい意見も多数出ていました。巻き網、底曳きを問わず、現在操業している日本漁船の約7割は、船齢20年を超えており、昔に比べて金融・経済環境が変わっている中で、いかに既存業者の代船建造を促していくかが重要な課題で、残された時間はあまりない!!というのが提言者皆さんの共通認識でした。
ある方曰く、国としては今の現状を、「漁業の問題」としてではなく、「食糧問題」として捉えるべきだとの意見も出まして、私も大いに共感した次第です。やはり代船建造にあたっては、各種施策やタイミングを熟慮する必要があるものの、既存の漁業経営においては、まずどのような戦略とビジョンの漁業を目指すのか、という意識が何よりも大事ということも皆さんが強調されていました。ビジョンと戦略のない会社に計画など立つはずもなく、こちらも全く同感・・、でした。
私たちにおいても、将来を見据えるうえでは、今こそ旧態依然の生産者型体質から脱却して、消費シーンに目を向けた事業構造(漁業と流通)、そして“変わること”を恐れない企業風土へと、転換していく必要があります。日本の漁業と同じく、まさに“待ったなし”の状況ともいえます。私たちの取り組みこそ、まだまだ道半ば・・ではありますが、小事に惑わされることなく、とにかく前に向かって歩を進めるために、皆で協力していきたいと思います。

以上、昨日の雑感でしたが、提言いただいた皆さまとも意見交換ができ、実りあるシンポジウムでした。また今後の業務と活動に役立ててまいりたいと思います。

大雨と雷の一日でした!

いつもより少し長い遠征から戻って来たせいか、気分的には月曜日!でもすでに水曜日なんですね。気がつけば7月に入っていますし・・。今日1日もあっという間でした。私がいなかった数日の間にも、JCでは各種イベント目白押し・・、要職にありながらスリープ状態となってしまい、皆さま、大変失礼いたしました。

今回の出張のおかげで、読書はまずまず進みまして、経営合理化協会「一倉定社長学シリーズ」(全10巻)は、4冊目「内部大勢の確立」の3分の2程度を読了、合わせて村上春樹「1Q84」はBOOK1(上巻)をほぼ読み終えるところまでいきました。

もちろんこの遠征期間中、読書量もさることながら、夜は夜で酒量も急ピッチで進んでいまして、お腹の肉のタルミ具合もやや心配です・・。

こんなはずじゃなかった!!またジョギングも再開しなければ!!と心に誓った私なのでした。

                                                 終わり。。。

冴えない夜ですので、S店長風に締めてみました・・。

また皆さま、明日も頑張りましょう!

漁ビジネスマッチング2009

後追いではありますが、出張レポート第一弾です。記録(メモ)も兼ねて少しずつ更新していきます。

27日は今回の上京の主目的であった「ビジネスマッチングフェア2009」に参加してきました。かなり暑い都内でしたが会場へ入ってしまえば快適!半日というわずかな時間でしたが、魚を使った地域活性、製品加工に産直取引、海外展開、漁労設備導入等々、本当にいろんな方々と情報交換させていただき、私たちにとってヒントもいただいた有益なフェアでした。

夜はかれこれ10年以上前に、中小企業診断士の試験を一緒に勉強した友人(今は独立のマーケティング・コンサルタント)と新和食ルチアさまにて食事をご一緒しました。約3年ぶりの再会でしたが、いつもながら好奇心と向学心には頭が下がります。こちらも思いきりパワーをいただきました!ありがとうございました!

レポート第2弾に続きます・・

築地市場にて

昨日は上京後、大洋エーアンドエフ㈱さまを訪問、漁業の話題でいろんなご教示をいただいた後、続けて会食~二次会~仮眠後、翌早朝には数年ぶりに築地市場見学の機会もいただきました。大洋エーアンドエフ㈱、また下関漁業㈱の皆さま、連日大変お世話になり、ありがとうございました。大都魚類さま(荷受け)のご案内で、本当に久しぶりの築地市場見学でしたが、いろんな方から“今昔物語”もお聞きでき、とても勉強になりました。

おまけに、雑多で広い築地市場内ではかつての同僚(大手流通チェーンバイヤー)にもバッタリ!?
いやいや、ビックリしました。東京広し、といえども日本は小国・・、狭いですね~。
“悪さ”はできませんね・・。皆さん、気をつけましょうネ!

明日は「漁ビジネスマッチングフェア」に参加してきます!!

明日から東京-愛知-大阪へ!

トロール市の幟(のぼり)が古くなったため新調予定です。いつものH社さま、デザインありがとうございます。各種イベントでの活躍を期待しています!!この幟を目にした皆さま、お気軽にお立ち寄りくださいませ!

明日より少し長旅(出張)に出てきます。明日上京して、下関でもお世話になっている都内の企業さまを訪問、翌朝はそのまま築地市場をご案内いただき、中央市場を勉強してきたいと思います。翌日は専務も合流して、原宿にて「漁ビジネスマッチングフェア2009」に参加、その晩は東京時代の友人と久しぶりに食事、日曜には愛知に移動して、今度は車でやってくる別部隊(漁労長と企画担当)と合流、未利用魚の販路開拓ベンチャー:プロ・スパーさまを訪問・見学して、その日は蒲郡泊。翌月曜は大阪へ移動して、取引先を数社訪問して火曜日に車で八幡浜まで戻ってくる予定です。

はたして予定通りにこなせるかどうか、社員複数名での珍道中?のためやや不安です・・

3年生、トロール船見学!

午前中、漁労長と川之石の資材・網倉庫の整理に行ってきました。曳き上がりからの掃除のおかげで、ずいぶん整頓されてきた工場ですが、資材在庫が一目で分かるようになるまで、もう一踏ん張りです。ちょうど今朝も長年眠っていた高価なロープを発見、加工すればまだまだ使えるようです。仕事の環境整備には、身の周りの整理・整頓が基本!皆で心がけて取り組んでいきましょう!

ここ数年恒例となっていますが、地元の白浜小学校の社会見学(授業)でトロール船や網仕事の案内をしました。今回は3年生のグループ6名を案内、浜田漁労長がにわか講師となって、船内の操舵室、寝室や台所等も一通り見学した後、トロール漁業の網の仕組みも説明しました。隻数が減って、進水式や出漁式を目にする機会が減っているだけに、こうした授業を通じて少しでも伝統漁業への理解を深めてもらえれば、と思っています。

聞くことの大切さ

昨日は、松山にて㈱ワールドガレージドアの店村社長のご講演を聴く機会に恵まれました。私が所属する中小企業診断協会の総会での講演でしたが、実体験に基づくとてもパワフルな内容で、たくさん元気と勇気をいただきました。無理やりの松山行きでしたが、参加して良かったです。

木製ガレージドアの製造・販売を手掛ける店村社長は、元パイロットという異色の経歴の持ち主です。アメリカの航空学校時代に目にした木製ガレージを、山口県を拠点に、日本全国に普及させている会社です。もともと、叔父が経営する建築会社の子会社としてスタートした同社ですが、今では厳しい建築業界のニッチな分野で、全国に販路を拡大中です。
サラリーマン経験がなく、人に仕事を教えてもらったことがないという社長は、「人の助言を素直に聞いて実践すること」を信条としているとのこと。その結果が、経営革新支援法・ISOの認定、5カ年経営計画の遂行を通じて、現在の同社躍進の礎となっているそうです。お話を伺いながら、正しい意思決定のためには、広く周囲の意見を素直に聞くことが大切、ということを改めて認識させられました。
もう一つ、印象深いお話は、「どんな経験も無駄にはならない」ということ。創業当時、1人で製造、据え付け、補修、販売を行っていた社長は、今になってその“現場力”が生きているそうで、技術の知識、現場の苦労を今でも職人と共有できることが、現在の会社経営に大いに役立っているというお話でした。
その他、中小企業ならではの生々しい苦労体験も興味深かったのですが、紙面と時間とプライバシーの関係上!?割愛させていただきます。何はともあれ、貴重なお話でした。今度、山口出張の際には、ぜひ会社見学にも伺いたいと思っています。店村社長さま、昨日はありがとうございました!

ちなみに同社のメインターゲットは、高級車を複数所有する富裕層と、海水でシャッターが錆びて困っている漁業者(漁協)とのこと。八幡浜漁協でもぜひ木製シャッターの取り付けを検討いただければと思います。

㈱ワールドガレージドアの詳細はこちらから
http://www.wgd.co.jp

魚棒クン再登場か・・!?

午後から宇和島まで、一件会社訪問。漁獲資源や原料需要等々、情報交換させていただきました。品質にこだわった製品づくりや販売方針、価格決定等々・・、いろんな面で勉強になりました。私たちの資源付加価値化にも生かしていきたいと思います。夜は、夏祭りの準備委員会でした。早いです。昨年好評だった弊社のブース、“魚棒クン”も再登場なるか・・?ビールにぴったりですヨ!!皆さま、お楽しみに!

久しぶりに深浦まで

年に一度の業界会合(無線漁業協同組合)のため、雨のなか深浦(愛南町)まで。30分程度の会合のために、車で往復4時間弱・・、さすがに収穫、というか目的がこれだけでは寂しいので、市場で鰹(カツオ)と鮪(マグロ)の荷揚げも見学、いろいろと情報交換させていただきました。今日はたっぷり本を読んで休みたいと思います。

快適な仕事環境

漁期が終わって約2週間、後片付けも順調に進んでいます。弊社の川之石工場も、今年は気合いを入れて長年溜まった不要資材を処理中です。こちらの班長は魚本甲板長、部下は愛大のスーパー仁君です。スーパー仁君には、漁労部初のブログも始めてもらいたいのですが、まずは自動車免許が先のようです・・

いつも思うのですが、とりあえず取っておこう、と思って残した資材でも、滅多に日の目を見ることはない・・!ついスペースがあると、保管して積み上げてしまって、最後は朽ちてゴミの山に!というのはよくあることです。店舗でも机周りでも同じで、置き場を決めて整理・整頓されている仕事場は気持ちが良いし、広くて仕事もはかどるはずです。
私の場合、書類や資料が両脇に積み上げられたデスクは苦手・・、でも人によっては、そうじゃないと落ち着かないという人もいるようで面白いものです。それとも自分のように、興味のないことにはとことん無頓着で、家の書斎などは少々雑然としていても、仕事場だけは許せない、というほうが珍しいのか??どちらにしても、良い仕事は快適な職場環境(雰囲気も含めて!!)から、というのは確かのようです。

新聞紙上の“在庫切れ”続出?を真に受けて、つい衝動買いしてしまいました・・
面白そうですが、読了はいつの日やら??

目指そう、成熟度0.5!

今朝から天気が崩れるとの予報でしたが、ようやく夜になって大雨になっています。日中の屋外での片付け作業(大半は廃棄物処理?)は何とか進んで良かったです。弊社では漁期が終わってしまうと、休漁期の約3ヶ月間は流通直販部門が唯一の収入源!というかなり変わった事業形態なのですが、陸上業務や総務系は逆に今のほうが忙しいこともあるのです。

といっても弊社の場合、管理業務はごくわずかなのですが・・。これまで遅れに遅れていた弊社の管理部門にも、遅ればせながらいよいよソフト(もちろんパッケージです!)を導入することとなりました。もちろんこれまでも経営管理やネットバンク、受注処理や顧客管理、情報発信という分野では、それなりに使ってきたパソコンですが、普通の会社であれば真っ先に導入するはずの伝票処理や経理、給与計算、雇用保険の諸手続き等、従来の事務分野では、実は人力に任せきりだったのです・・。
というわけで来月、漁労部門は実質来季からですが、できる限りパソコンやソフトを活用していきます。省力化や事務作業の負担軽減はもちろんですが、必要な情報の早期把握、ひいては経営判断に役立てていくのが狙いです。何を今さら・・?という感じなのですが、少しずつ弊社の総務部門もスキルアップしてまいりたいと思います。

ITコーディネータ(ITC)プロセスの成熟度診断でいうところのレベル0?いやマイナスか・・?
1年後には、せめてレベル0.5くらいを目指したいものです!まず、この夏はそのための環境を整えたいと思っております。

明日から一泊で松山にて社内研修です!研修の成果はまた後日お楽しみに・・

無節操なアクション

今日夜は地元の異業種交流会(講演会)に参加、講師は弊社もお取引をいただいている蟹王の白石社長でした。テーマは「無節操なアクション」で、「考えないですぐさま行動しろ」というのが同社の行動原理とのこと。単純明快、というか独特のバイオリズムというか・・、行動する前にじっくり考え込んでしまって、ついには瞑想してしまう私などには、とても新鮮なお話で、明日への活力と勇気をいただきました。無節操なアクション!さっそく試してみたいと思います。

明日は海幸丸今季最終入港!いよいよ曳き上がり、早いです。海の神様に感謝・・です。

明日5月初水揚げです!

ただ今、会社で一人調べ物・・、今日は“子供の日”、夕方は子供たちとニナ採りに行ってきます。
今晩の酒のあてになるくらい採れれば良いのですが・・!?
明日、海幸丸入港です!

トロール市休まず営業中!

世の中連休中、魚市場も4日、5日とお休みです・・、が、弊社トロール市では毎年、帰省中の皆さまやフェリー利用者に多くご来店いただいており、土曜以外は休まず営業中です。明日にはさすがに天然魚は完売となり、養殖モノや一夜干しが品揃えの中心となりますが。
私のほうは、早朝から少し机周りの整理も。あとは仕事関連の読書にまとめて時間を割きまして、ついでに思いたって少々高額な書籍もネットで注文、業務に活かさねば・・です。

椎名クンのお土産

仕事上ですが、また新たな展開を少々・・、毎日一歩ずつでも進めてまいりたいと思います。

20090424.jpg

こちらは先日、椎名クンからいただいたお土産!ヤリヒゲの耳石!だそうです・・。

やりひげ、ヤリヒゲ・・はたして、どんな字を書くのやら??

分かりませんが、とりあえず実に愛嬌のある名前です。

椎名クン、良かったら説明おねがい!

業界初!修士号トロ乗り?

長袖シャツで過ごすのも暑いくらいの天気が続いています。週末ですが今日は入船なし、今日は、夏の仕事に向けての準備や計画等々を進めていました。昨日はソフトボールの開幕戦!私は、最初ピッチャー、打たれまくってサードに交代というポジションでしたが、強襲のライナーを2つ取り損ね・・、悔しい・・、日頃の運動不足のせいでしょうか?また暇を見つけては運動に精を出したいと思います。

さて今日は弊社にとって明るいニュースが一つ!

長い間、弊社の第15海幸丸に乗りこんで、働きながら研究を続けてきたスーパーひとし君(仮名)が、今春晴れて“愛媛大学の修士号”を取得!よほど漁業会社の空気が肌に合ったのか、それとも未曾有の経済危機下の就職難のせいか、弊社への就職を希望、このたび晴れて入社する運びとなったのです。今日が松山から八幡浜への引っ越しの日でした。
ちなみに彼の修士論文のテーマは、「わが国における二艘曳き沖合底引き漁の経営特質と存立要因」で、八幡浜と下関の2拠点でトロール漁業の比較研究を続けて、学士論文と修士論文を完成させました。

本人いわく、研究を続けるうちにこの業界で働いてみたくなったとのこと!
ちなみに、面接時に希望職種を聞くと、「何でもやります」と・・。
船でも良いの?と聞くと、「あ、はい!沖でもどこでも!」
とのことですので、まずは漁の現場から見てもらおうと、来期(9月)から海幸丸の乗組員として乗船することとなりました!

もし実現すれば、海幸丸では初めて・・、というより八幡浜のトロール漁業始まって以来の(たぶん・・)、“修士号を持つトロ乗り”の誕生です。会社としては、現在力を入れている未利用魚の発掘・販路開拓や漁獲情報のリアルタイムでのネット配信&受注等々、沖(海幸丸)の企画担当乗組員!?として大活躍してほしいと思っています。

ちなみに彼の趣味は筋トレとロック音楽?とのこと。年齢も、先々月入社された陸の企画担当N君と同じ、生まれは昭和48年です!
最近なぜかこの年に縁がある、というか私も実は同年生まれ・・です。
今度48会でもやりたいですね。

当面は、一夜干し作りに漁具の修繕・整備が主な仕事ですが、八幡浜の漁業活性化に向けて一緒に頑張っていきましょう!

謎の海洋ビジネスに参画!?

トロール漁の休漁期、5月から8月にかけての船舶の有効な活用法について、下関まで打ち合わせに行ってきました。某大手企業が最近力を入れているビジネスに関係するのですが、2艘曳きトロール船を利用しての取り組みは今夏が初めてです。お互いの事業にプラスになる資源の相互補完につながればと思っています。詳細については今しばらくお待ちください。こちらでも下準備を進めねば・・、O様はじめ下関の皆さま、2日間大変お世話になりました。

出張ついでに港も一周、上は出漁を待つ第21・22仁洋丸です。

ただ今、八幡浜に向かう艦上、いえフェリー上です。
出発前にはきれいに洗車した愛車も別府―下関間の往復でこの通り、鳥のフンだらけです!!
フンでなくて、せっかくなら運(うん)がつくよう願いたいものですが・・

夢は特捜・・!?

最近、水産新聞やインターネットでよく目にするのが深海魚や未利用魚を使った新規事業展開!資源の活用、付加価値化の動きは、ここにきて急ピッチで進んでいることを日増しに実感しております。今朝は遠方からの来客もあって、鮮魚流通や水産業界についての熱い熱い意見交換も・・、業界を挙げて今こそ自給率の向上、食文化の継承に本気で取り組みたいものです。

突然ですが・・

最近、将来の夢は特捜(刑事課)!?という長男が“手帳づくり”に夢中です。

まずまず精巧です!

熱い話題から一転、急きょゆるいネタでスミマセン・・

20090309-2.JPG

ちなみにこちらはホンマものです!どうかお世話にだけは、なりませんように・・

巻き網にてサゴシ豊漁です!

昨晩はできたての新酒を囲む恒例の集まりにお招きいただきました。最近つくづく日本酒が美味しい・・、魚にも合いますし、というか年齢のせいでしょうか??皆さま、貴重な機会をありがとうございました!

海幸丸は、中1日の操業で5:00入船、今回はアマギ漁も不調で総数も寂しく800あまり・・、次回は漁場を鹿児島沖へ変更して操業の予定です。アマギの他は、カイワリにニギスの漁が少しまとまりました。特に今日のニギスは鮮度、サイズともに今季最高!S店長、こんな時こそ是非、店頭での積極的なPRをよろしくお願いします!

今朝の八幡浜、トロールは不調でしたが、巻き網船団ではサゴシ(サゴチ)の漁が絶好調!全船入港で、久しぶりに八幡浜の魚市場が活気づいておりました。やっぱり、港に船が出入りする光景は見ていて気持ちが良いものです。さすがにここ数日のまとまった大漁で、相場の方は下げた模様ですが・・。サゴシは季節ものですので、また豊漁を期待したいところです。

久しく見ていなかった複数の大型船の荷揚げ風景、写真に収めようと思いながら、仕事に追われている間に撮り逃してしまいましたのでまた後日お楽しみに・・。

ヤリイカ資源回復計画終結!

農林水産省にて太平洋広域漁業調整委員会に出席してきました。日本近海の漁業資源を将来にわたって維持・確保するための政策を協議する会議で、私は漁業者代表としての出席です。終了後は、久しぶりに渋谷まで。新しくお取引いただいているホテルを訪問、営業を兼ねて、お世話になっている皆様と食事をしてきました。ワインのボトルも1本、2本、3本・・、皆さん、さすがお強いですね~!

今回の議題で当社に関連するものとしては、ヤリイカ太平洋系群資源回復計画、平成17年に公表された計画ですが、基準となる5年を経過したためにいったん終了となりました。ヤリイカを対象魚種とする沖底船が弊社のみとなったことも、計画終了の大きな理由ですが、今後は国の政策としてではなく、現場レベルで可能な資源管理型の操業へと“一人立ち”?することとなりました。
幸い弊社では、漁労長の方針で以前より長期的な資源維持には前向きで、計画的に漁場の移動・選定もできる環境にあります。ヤリイカのように一年で周期を迎える漁獲資源の管理においては、産卵新魚の保護が一番大切ですが、その点からも毎年、乗り出しの9月操業は重要なポイントとなるようです。これからも限りある資源を大切に、長期的かつ広い視野をもって漁業に取り組んでいきたいものです。

ちなみに今現在、わが国の近海で進められている資源回復計画はこちらから。

http://www.jfa.maff.go.jp/sigen/kaifukukeikaku.html

各資源の動向についてはこちらを参考にしてください。

http://abchan.job.affrc.go.jp/digests20/index.html

また寒波到来!

3月に入ってずい分暖かく・・といきたいところですが、いきなりの寒波到来で、今日の八幡浜は気温も低いです。このほうが魚価のためには良いのですが。今日は入船もなし、たまった事務仕事に二件来客、明日からの出張準備に夜はJC例会という1日です。少し体も動かしたいのですが、あいにくの雨です。

先週から入社したN君、まずは幅広く弊社の仕事現場を見てもらおうと、入船時の市場やトロール市での調理加工に接客、今日は専務付きで商談会への同行などなど、いろいろとチャレンジしてもらっています。その中で、新しい取り組み等も少しずつ・・。
基本は漁業会社の陸仕事ですが、漁船の操業管理に加えて、付加価値販売のための素材開拓や消費者・販売先とのパイプづくりもこれからの大切な業務です。まずは現場に習熟してもらうことが第一ですが、同時に客観的かつ新鮮な視点も大切にしてほしいと思っています。そして何より、弊社の“一魚一会”の理念・モットーを胸に、明るく頑張ってまいりましょう!

Blog登場!?まで、今しばらくお待ちくださいませ!

深海えびチリ

いよいよ3月航海へ向けて10:00に出漁しました。私のほうは昨晩一件ご接待、今朝は魚市場案内に松山往復、その後も何かと慌ただしく過ごしておりました。今晩はトロール市のミーティングを兼ねて、新入社員歓迎会です。そのうちブログにもご登場願いしましょう!漁業の活性化へ向けて、一緒に頑張りましょう!

わが家の食卓:深海の海老シリーズ!先日は“海老チリ”でした。
市場では安価なエビですが、本当に長らく重宝します。

深海のえび風かき揚げそば

水揚げは芳しくなく、今朝は入港なし。というわけで終日、比較的落ち着いて書類作成や手続き等々、2月もいよいよ締めに入っております。海幸丸は明日入港、月末休みをとって明後日に3月航海へ出漁予定です。次航海には、弊社のお取引先さまの取材のため、東京からお越しの某TV局番組スタッフが乗船予定・・、久しぶりのチャレンジャー登場です!宇和海、冬の荒波とスリル?をどうか十二分にご堪能くださいませ!?

昨日ご紹介した深海の赤いエビ!

今日の昼には、こんなメニューになって我が家の食卓に上っていました。

名づけて“深海のえび風かき揚げそば”!

新メニュー誕生です!って、昨日の夕飯のあまりを蕎麦に載せただけ・・??    おわり。。

愛媛大学修士論文発表会へ

午前中は地元で開催された某集まりへ、午後からは愛媛大学まで修士論文発表会へ行ってきました。(場違いでしたが・・)目的は長い間、弊社を取材してきたS君の研究発表を聴講するためでした。論文の題目は、「わが国における二艘曳き沖合底引き漁の経営特質と存立要因」です。今回の発表は限られた時間内での“さわり”だけでしたので、完成版を拝見するのを楽しみにしています。

質疑では、以西沖合底引きを研究されたこともあるベテラン教授から、厳しい質問も出てS君タジタジ・・という一幕もありましたが、何はともあれ貴重な研究の発表、お疲れさまでした。
産業の未来と事業の発展に生かせてこそ実学、本当に価値のある研究では!研究の成果が社会に役立てられるように、こらからもお互い研鑚を積んでまいりましょう!またご連絡おまちしています。

一魚一会のご縁

昨日から、全底連の理事会・総会のため一泊で上京しておりました。全国で沖合底引き網漁業を行う事業者の集まりですが、このインターネットを介して、ご縁をいただいた皆さまにもお会いでき、交流を深めることができました。同じ沖合漁業でも漁場が異なるため、各社、経営環境や課題、取り組みも千差万別ですが、漁業に対する考え方や危機意識は共有できるため、交流はとても刺激的です。

総会後は、島根県東部地区で2艘曳きトロールを3統6隻所有し、ここ数年はインドネシアからの研修生受け入れ事業にも取り組まれているF社長と会食する機会にも恵まれました。F社長とは4年ほど前ですが、サイトを通じて弊社の直販事業に興味をもたれて、問い合わせをいただいたのがきっかけでご縁をいただきました。これぞ“一魚一会”のご縁です!!
お互いに底曳き漁業では岐路に立たされている2艘曳き、これからもいろんな面で情報交換をお願いできればと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。今回の出張リポートはまた後日、ただいま、松山まで戻っています。今日はこれから今治を経由して(まったく逆ですが・・!?)八幡浜へ帰ります。

今年も恵方巻き

我が家では恒例の豆まきの日、ついでにいつの間にか恒例となった恵方巻きも・・!今年は東北東、一人で静かに食べないといけない?って、なかなか間抜けな姿です。誰が決めたか知りませんが、ここ数年は我が家の恒例行事になっております。とりあえず「鬼は外、福はうち」で、今年も頑張りましょう!

チャンチャンコ、あったかい!

いつものように慌ただしい(事務手続きだけ!?)週明け、夜はJC委員会でした。明日の本船入港はありませんが、現在のところアマギ漁は不調の様子・・、明後日はお客さまも市場へご案内の予定です。それまでに何とか荷がまとまれば良いのですが・・、明日一日の出来に期待です。ただいまニュースを見ながら、おっちゃん一人手帳の整理中・・、借りて着ているチャンチャンコ、あったかいです!

開店休業、一転チャンス!?

連日の時化のため、八幡浜魚市場は引き続き“開店休業状態”!の様子、こんな時こそ、中トロ入港に期待がかかりますがはたして・・?現在のところ、残念ながら漁模様は今一つとのこと・・、せめて入船までに数量確保といきたいところです。

でもこんなに魚が少ない日こそ、私たちとしては繁忙期には取り組めない、新しい企画や製品づくりのアイディアをより具体化できるチャンスではないでしょうか。そのための時間はたっぷりあるはずですし、ちょっと見回せば未活用の素材も設備も機器も、そして情報もふんだんにありますので!決まり決まったルーティンワークは作業であって仕事ではないとか・・?「時化で魚がない・・?だったら何する、どうする?」を考えたいのです。

くれぐれも“マネジメントのグレシャムの法則”の罠にハマりませんように!

会社、トロール市ともに、“漁獲物の付加価値販売”という使命を原点に、漁業会社としての陸仕事の意義と役割を改めて再確認したいところです。
もちろん私も含めてでございます。ハイ!

今年も大晦日・・

31日大晦日、年末売り出しもいよいよ最終日でした。
こちら早朝の開店前、軽トラはハマチ、カンパチの海です・・。

そして閉店時の店頭はこの通り・・、というわけで今年もあっという間の年末売り出し3日間でした。

それにしてもトロール市のいつものメンバーに加えて、海幸丸の乗組員3名にも手伝ってもらいながらのフル回転、総勢11名、まな板6台包丁10本トンカチ2本・・も、もちろんフル装備・フル稼働でした。どんな魚も調理無料サービス!を謳っているだけに、仕事は毎年、ハマチの返り血を顔に浴びても洗う暇もないほどの“忙しさ”です。もちろんすべてスムーズに、というわけにはいかないのですが、年ごとに販売額も増えながら、ロスやミスも減っているのは皆さんの努力と創意工夫、そして何よりも、年々進化するチームワークの賜物です。
ピーク時には、お客さまをお待たせしてしまうこともありますが、何よりお正月用の大切なお魚を当店でお買い上げいただき、サービスにも満足の声をいただけることは、魚の仕事に携わる者にとって何よりの幸せです。つくづく魚屋冥利に尽きるというか、「魚商売に入って良かったな~」と・・。この貴重な仕事と人材も父の遺産、私たち後継者にとっては本当にありがたく、また頼もしい限りです。

弊社にとっては、大きな環境変化もあったこの2008年、本当にあっという間に過ぎた1年でしたが、何とか我が家も無事に年越しを迎えられるのも、この1年お支えいただいた皆さまのおかげです。あらためて皆さまのご支援とご協力に心から感謝申し上げます。どうか皆さまにとって、2009年が良い年となりますことを心からお祈りいたしております。

今夜は慣れない包丁仕事で!?腫れた手を温めつつ、K‐1とNHKを梯子しながら年を越したいと思います。
それでは皆さま、来年も1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

大分県との安全操業協議会

今朝は4:40入船、相場は低調ながら漁の出来で何とか形になった航海でした。午前中は事務を片付けて、午後からは毎年恒例の「大分県沿岸漁業者と愛媛県沖底業者との安全操業協議会」、夜はそのまま懇親会でした。海は広けれど一つ、同じ日本近海の好漁場ですので、長きにわたって信頼関係を築いていきたいものです。

一昨日の夜は某会合・懇親会で「あたご浜味館」、その時、幸運にも抽選が当たって昨日は昼に景品をいただきに「あたご浜味館」、そして今晩は前述の懇親会で会場はたまたま「あたご浜味館」、明日の昼は先日決まった八幡浜JCの某集まりでランチは「あたご浜味館」、続いて夜は本年最後のJC理事会、懇親会でやっぱり会場は「あたご浜味館」・・、偶然とは重なるものですね~。
そして何と今日は同じく、浜味館舟!?がついた、こちらも同じく明日も浜味館でお会いするはずのJCメンバー2名ともバッタリ遭遇・・、偶然・・というか世間は(いえ八幡浜は・・?)せまいものです。

ここ数日、何度もお世話になっている「浜味館」、お昼は各種ランチ、夜は宴席料理や活魚料理のコースも楽しめる寿司・割烹の料理店です。
八幡浜ならではの新鮮な宇和海の幸も豊富にございます。八幡浜へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ!

「浜味館あたご」
愛媛県八幡浜市船場通り
電話:0894-22-3322 FAX:0894-24-7148
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/atago/

京都市場のおっちゃん談義

関西での目的業務も無事に終えて夜に八幡浜へ。海幸丸は、ヤリイカ、水エソ中心の漁ですが、明日は中一日で入船予定とのこと。本夜半の操業で数量確保といきたいところですが・・

今朝は京都の中央卸売市場を見学、お取引先社長さまに一通りご案内をいただいた後、市場の仕事人の集う喫茶店「二軒目」(名称意味不明・・)で一服してたときのこと、

以下、市場のおっちゃん数名の会話です。

「おっ、この曲ええなぁ、サイモン&ガーファンクルや~、ええ映画やったなぁ~、懐かしいなぁ」

店主:「サウンド オブ サイレンスです。ダスティン・ホフマンの出るやつやね」

(・・・中略・・・)

「あの、ノーベル賞の皆川さんかいな、あれはおもろいおっさんやなぁ」

「来い言うたから行くだけやと・・、なかなか言えへんで~、一歩間違えたらわしらと同じ、ただのおっさんや」

「ノーベル賞なんか、屁とも思とらんもんなぁ~、前代未聞や、大したおっさんやぁ」

(・・・中略・・・)

「しかし、麻○さんももうちょっとマシかと思うとったけどな~」

「この調子やったら春まで持たんかもしれんでぇ~」

「もともとボンボンすぎるんや、福岡帰ったらお殿さまらしいなぁ~」

「国会議員になって初めてのあいさつは“庶民の皆さん、初めまして!!”やと~、ホンマらしいで~」

「もうちょっと頭ええかと思うとったけどな~、口はゆがんどるけどな・・」

「あんまり変わらんとは思うけど、ここらで一回○沢にまかしてもええ時期かしれんでぇ~」

「結局は政権とったりとられたり・・いうアメリカみたいなのがええのかもなぁ~」

「そうそう、最近、渡辺ミッチーの息子や、あれ、なかなかええこと言いよるで~、自○党の若いのにしては~」

「顔も恰幅もオヤジに似て、なかなか思いきり良さそうやなぁ~、度胸あるで~、アイツは。」

「それにしても東大出て次官にまでなっても殺されるんや、ホンマひどい世の中やな~」

「わしらはホンマ魚屋で良かったな~、ぜったい殺されんもんなぁ~」

「まぁ、ウチの場合、殺られるとしたら身内やろなぁ。お互い嫁はんには気ぃつけななぁ・・」

「ほんまや、ほんまや」

「まぁアホな話もこの辺で、そろそろ帰ろか」

「ほな、ワシも帰ろか、またアシタァ~」


というわけで、また明日も続きが聞いてみたい・・と心の底から思いつつ京都市場を後にした次第です。
いや~、京都の卸売市場のおっちゃん談義、恐るべし・・!
世情を体感するうえでも、ホテルのバーに飽きた際には、ぜひ総理にお勧めしたいスポットNo.1でございます。

ニイタカヤマノボレ1208

今朝は5:00すぎに入港、今回は先日の故障もたたって水揚げも今一つでした。私の方は市場業務も早々に切り上げてJRにて大阪へ。お取引先の社長さまを交えた異業種交流会、光栄にも2年続けて参加の機会をいただきました。約30名の皆さまでの講演・忘年懇親会でしたが、いつもながら宇和海の幸、そして八幡浜のミカンをPRいただき、皆さまに心から感謝いたしております。

今日は12月8日、「真珠湾の日」、つまりは「開戦記念日」です。ついでながら弊社(昭和水産)の「設立記念日」でもあります。
何も法人設立をわざわざ開戦記念日に合わせたわけではありません。たぶん・・。

今日参加させていただいた異業種交流会、ちょうど昨年もこの時季でした。ご講演のテーマは日本経済から国際的な金融危機の話題が中心でした。が、新聞・マスコミには出ていない、日本の中小企業の底力を証明する興味ある事例も数点ご紹介いただきました。「悲観論でお茶を濁している暇はない・・」明るい話題の講演内容で、改めて勇気づけられた気もいたしました。

第二部(後半)のテーマは、本日12月8日ということもあって、真珠湾攻撃に関する開戦通告遅延の真相についての定説(これまでは大使館員のタイプ遅延)を覆す真相についての新証言、ついでに盧溝橋事件から大東亜戦争にいたる経緯、そして田母神論文、巣鴨拘置所から靖国神社に台湾の歴史教育まで。私にとっては非常に興味の尽きない話題で、今日ばかりは“ひれ酒の注ぎ酒”も忘れて聞き入っていた次第です。またこちらのテーマは時間のある際に復習したいと思います。

明日は京都に移って卸売市場(店舗)見学、営業先を2か所訪問して八幡浜に戻ります。興味深いテーマの資料のおかげで、目下“頭ギンギン”ですが、なるべく早めに休みたいと思います。

トロール市決起大忘年会!

昨日は12月の初入港、やはり中心は水エソとヤリイカですが、原材料需要にも支えられて、まずまずの滑り出しとなりました。順調に操業できれば、次回は4日(木)の入船・売りを予定しています。そして昨晩は急きょでしたが、トロール市のメンバー(+飛び入り参加はお取引先の女性1名)で“年末売り出し”に向けての「決起懇親会」も行いました。年末は魚屋の総決算、大晦日まで気を引き締めていきましょう。今日は八幡浜JCの年末総会&懇親会です。

DSC04483.JPG

まずは友達から・・!?
「どちらかといえば俺ってハートの男」(自称・・!?)のS店長、縁と出会いは大切ですよ~!

海幸丸でブリが豊漁50トン!

と思いきや、ここは島根県浜田漁港、まったく同名の中型巻き網船でした・・、残念!

今朝は予定通り、魚函販売会社を経営する友人の案内で、吹雪のなか早朝より浜田漁港の荷揚げとセリを見学してきました。朝食後は、同港所属の沖合底曳き網事業者を数社訪問、いろんな情報交換、またご指導もいただきまして、ありがとうございました。詳細についてはまた後日、とりあえず今日は豊漁だった“浜田の海幸丸”にあやかりたい・・ところです。午後からは、“鰻の老舗、山源さん”でお土産を仕入れた後、“しまなみ海道”を経由して一路八幡浜へ・・。豊後水道から瀬戸内をぐるり一周!という旅程も無事に終了いたしました。

下関魚市場へ

昨晩は23時より、第11・12仁洋丸の荷揚げに立ち会いました。同じ沖底船の入船は当社を含めて計3社6隻、セリ順(懐かしい響きです・・)は仁洋丸が1番で深夜2時前にスタート、ものの30分程度で計1700箱が競り落とされました。主な魚種は、マダイ、ヒラメ、アマギにカレイ、そして市を挙げて売り出し中の本アンコウでした。

荷揚げの方法や人員の配置、選別の仕方や魚種ごとの製品形態、セリの方法まで、全てが八幡浜とは正反対なのが下関の市場の仕組み。漁場も水揚げされる魚種も違うため、当然といえば当然ですが・・。年々、隻数は減っているとはいえ、まだまだトロール漁業が産業として機能している下関では、仲卸と水産加工業者とのパイプもあって、船上でも“加工向け”を想定した、サイズと入りを重視した製品づくりが特徴です。いつものことながら、製品形態が“鮮度重視”の八幡浜に慣れてしまうと、全ての魚種の目方と重さ!についつい圧倒されてしまいます。
仁洋丸の荷揚げ魚種も、一度流通を追跡調査してみなければ・・。売りのほうは、全国的な時化の影響もあって相場はまずまずの様子でした。今日は、浜田市より旧知の友人が下関(佐賀水産)へ来社、明日はその友人の案内で浜田の漁港を訪問予定です。

こちらは、年末の忘年会シーズンにかけて需要がピークを迎えるアンコウ。

松山大学へ

大学1年生を対象とした社会人セミナーの講師を依頼されて、松山大学へ行ってきました。様々な職種から60名が講師となって行うプログラムだそうで、一コマ90分のうち60分が私の持ち時間でした。学生時代のことや就職、自営業やトロール漁業、鮮魚取引や流通の話題が主なテーマでしたが・・

時折、恐るおそる飛ばしてみたオヤジギャグはまたしても不発(反応なし)に終わりました・・。

途中、こうなったら質問攻撃だと、「皆さんはコンパや打ち上げで居酒屋に行ったとき、どんな魚を食べますか?」と私。

あまりに皆さんの反応がないので不思議に思っていると、担当の先生が横から、

「スミマセン、みんなはまだ19歳なので・・」とのこと!!

あらためて平成生まれの大学生との間に、世代のギャップを感じてしまいました・・。

授業のあとは、キャンパスを散策して校内見学、若い空気とエキスを体内にため込んで帰路につきました。
参加された講師と生徒の皆さま、お疲れさまでした。

愛犬の名は・・

今日は朝からずいぶん気温も下がりました。海は時化ているため、魚市場はまたしても開店休業・・、その隣では、2013年完成予定の新魚市場建設のための埋め立て工事が着々と進んでおります。このままグングン冷え込んで、鍋の季節、そしてトロール漁の本格シーズン到来!といきたいものです。

話は変わって、最近子供が夢中になっているのが犬(いぬ)、特に柴犬がお気に入りのようで、学校の帰り道や近所で、柴犬を見つけてはよく遊んでいます。私も昔は長いあいだ犬を飼っていましたが、さすがに子育てに追われている今の我が家では、犬の飼育にまでは手が回りません・・。

とういわけで、つい先日から子供たちは、家にあった置き物の番犬にヒモをつけて、飼育の練習(飼い主ごっこ!?)をして遊んでいます。
愛犬の名前はもちろんポリス(Police)・・!朝に晩に食事をやったり水をやったり、トイレや散歩(持ち運んで・・)にも連れて行っているようで、動かないポリスは近所では評判とのこと・・。


普段は家の前の駐車場で飼育していますが、風が吹いたり雨が降ったらこのとおり、玄関に連れて入っています。
今のところ、愛情たっぷりです。

急に私も本物のかわいい柴犬が欲しくなってきました・・

以上、よく分からない「業務日誌」でした。

ハモ豊漁の結末は・・

今朝は4:30入港、11:00の出漁でした。私と専務は午後からも一件営業でした。水揚げ総数は久しぶりに1,700箱、うち750箱がヤリイカで漁の出来は十分でしたが、予想どおり丸魚の相場は軒並みベッタリ・・、やっぱりこの時期、価格安定のヤリイカに敵う魚種は本当に少ないです。ちなみに今回の水揚げ魚種を列挙してみますとこんな感じです。

マダイ10箱、レンコダイ40箱、バラレンコ23箱、アマギ(エボダイ)30箱、シロカマス64箱、クロカマス200箱、ハモ142箱、赤ムツ29箱、アマダイ7箱、メンタイ23箱、カイワリ46箱、マトウダイ25箱、イトヨリ39箱、イシモチ8箱、コウイカ10箱、ヤリイカ750箱、スルメイカ29箱、アカメダイ10箱、フカ21箱、赤エイ3箱、ヒレナガ27箱、ミズエソ30箱、シロムツ13箱・・・

で総数1,758箱でした。

昨日から心配していたハモ140箱ですが、やはり予想を大幅に下回る価格(1箱/?百円)に!!
会社にもどって網職人の谷中の健ちゃんに価格を伝えたところ、

「オットロッシャノ~、ソゲーナネナラワガラデクウタホウガエエワイ・・」

 ― 字幕スーパー ↓ ―

「何とひどい相場・・、そんな値段だったら自分たちで食べたほうが良いかもね~」

とのことでしたが、仮に1人で1本丸かじり!しても10人でようやく1箱・・
仮に当社の全社員・乗組員で食べ尽くすとしても、1人の割り当てが何と50本!!
毎日食べても50日、1日で食べる量としては優に許容量、いえ致死量をも超えていると思われます。

こんな時こそ自社販路のルートで・・、といきたいところなのですが、今年は全国的に豊漁とのことで、どこの消費地もギブアップとのこと。
漁業者の立場からすれば、同じ手間とコストのかかったハモですが、時季とタイミングでこの通り・・、難しいものです。

今日のハモ140箱が、うまく流通に乗って全国の、世界の消費者に美味しく召し上がっていただけることを祈りつつ・・、
今晩こそは!?早めに休みたいと思います。

太平洋漁業調整委員会リポート

今朝売りのヤリイカ700箱はこんな感じ、着々と成長しております・・、が、漁獲量の方は落ち着いてきてしまいまして、中1日操業での1000箱にはほど遠い状況です。ただし鮮度も良いだけに相場はやや回復、次回の金曜入港に期待したいところです。本日夜は松山の某ホテルにて、事業承継関連のセミナーに参加してまいります。

先日東京にて出席した太平洋広域漁業調整委員会は、日本近海の漁業資源の確保・維持を目的に、各地で取り組まれている魚種別資源回復計画について、意見調整が図られる会合です。北海道から東北地域の近海が対象となる北部部会と、関東以南の南部会に分かれています。
今回、北部会で議題となった魚種は、サメガレイにヤナギムシガレイ、北海道のマダラ、太平洋北部のキンキにキアンコウといった魚種でした。資源の推移はほとんどの魚種で低位横ばいからやや減少、といったところだそうですが、同じ委員の漁業者と話したところ、特にマダラやカレイを対象とした沖合底引きはまずまず活況とのことでした。
理由として、鮮魚の価値が高いこと、そしてこれまで盛んに輸入されてきた海外冷凍品の同一魚種が、国内に入って来なくなったことが挙げられるそうです。逆に白身や青物が漁獲対象の南西地域の漁獲魚種は相場の低迷が響いて、以前苦しい状況とのことでした。やはり西側特有の雑多な魚種の販売不振とコスト高が要因でしょうか?

当面、弊社の海幸丸に大きく関係しているのはヤリイカ太平洋系群資源回復計画、平成16年スタートの計画ですが、主な内容は漁獲圧力を低くするための減船です。その後平成18年、19年と2年続けてヤリイカが豊漁となったことから、国としては実績の見込まれた事例として注目もされているようでした。

ヤリイカ資源回復計画の詳細は → http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=8863

現在、国内で立ち上がっている魚種別資源回復計画は、全部で71計画!うち実施されているものだけで64計画にも上るそうです。対象漁業種類、手法も地域によって異なりますが、将来にわたって長期的に日本の漁業資源を確保していこうという趣旨は同じかと思われます。
国際的には、国別漁獲量の割り当て制度(TAC)へとシフトしている国際漁業、今後日本はどのような産業として位置づけていくのか、昨今の原油高に伴う省エネ関連施策と合わせてこの資源回復計画についても注目したいところです。次回の委員会開催は来春、また情報収集&リポートしたいと思います。

行きはよいよい帰りは・・

ヤリイカのサイズは徐々に大きくなりつつありますが、相場はまだまだ昨年の水準の少し手前・・です。海幸丸は午前2:00過ぎには、古満目沖へ向けて出漁、水曜入港を目指して操業の予定です。今年は予想以上に台風や時化が少なくて、魚は全国的に供給過剰の様子です。時化を願うわけにはいきませんが、せめて早めにグンと冷え込んでほしいものです。

「体育の日」の祝日、だからというわけではないですが、昼すぎからは家族で諏訪崎へハイキングに出かけました。
少し時間もあったので、駐車場から2kmほど離れた魚霊塔の見える高台まで歩いてみました。
行き止まりの高台で、うなぎパイを配布、
どうして「うなぎパイは夜のお菓子なの?」という子供からの質問には、答えられなかったのですが・・

往路は張り切って先頭を歩いていた三男坊の晋作君、

予想どおり帰りは疲れ果ててこの通り、おかげで私は足腰のトレーニングになりましたが・・。

明日からはまた通常業務、たまりにたまった仕事を一つずつ片付けねば・・!!

長旅も無事終了!

浜松アリーナにて第57回全国会員大会記念式典&卒業式、八幡浜JCからも4名の卒業生が参加・登壇されました。とても感動的な演出でした。卒業生の皆さま、長い間本当にお疲れさまでした。浜松での大会も終わって4泊の出張も無事終了、夜に戻ってきましてそのまま深夜の海幸丸荷揚げへ。古満目沖のヤリイカも徐々に成長しつつあるようです。漁はもうひと踏ん張りですが・・。

北の誉さまにてお食事

午前11:00より太平洋広域漁業調整委員会、こちらの詳細は後日リポートします。会議終了後は八幡浜漁協から同行のお二人、そしてたまたま出張中だった未利用魚の販路開拓仕掛け人、㈱プロ・スパーの鈴木社長ほか数名とも合流、お取引き先の“北の誉”さまを訪問しまして、鮮魚流通について熱く語り合いました。東京でいただく海幸丸の直送鮮魚はまた格別、おかげで少々飲みすぎました・・。北の誉さま、たくさんご馳走になりまして、ありがとうございました。

東京に入りました

昨晩は京都からのお客さまと打ち合わせを兼ねてお食事、その後、深夜に海幸丸が入港して荷揚げ、1時半に終了して少し仮眠をとって5時前からセリ準備、同時にお客さまの魚市場案内、その後はお魚臭を香水がわりに?スーツに着替えて上京、午後から営業先訪問というなかなかハードなスケジュールでした。明日は三田にて、我らが石破農林水産大臣任命の“太平洋広域漁業調整委員会”に出席、その後も横浜やら浜松やら・・

こんなに会社と家を留守にしてはたして良いものか、それとも私がいないほうがかえって良いのか・・!?
常に自問自答しながらも、答えは未だ不明・・。

それでも日々の仕事や生活が何とか成り立っていくのは、優秀な社員の皆さん、そして家族のおかげ、ということで、いつも感謝しております。

それにしても今朝のヤリイカの相場には正直ガックリ・・、これも晴天続きの供給過剰が原因か、はたまた米国発の経済恐慌不安の影響か・・?
こちらも不明・・です。

さすがに今日のところは彼女と逢う元気もありませんので・・!?定宿のホテルで本でも読んで早めに休むといたします。

10月操業スタート!

月末休みを終えた海幸丸は、午前10:00に10月の初航海へ出漁、病み上がりの乗組員も今日からようやく一人復帰しました。最盛期に向けて十分な健康管理、よろしくお願いいたします。まずは新たに解禁となった古満目沖のヤリイカに期待・・です。夕方にはトロール市の定例ミーティングも・・。一足先に入手したDVD「ガイアの夜明け“日本の漁業を救え!”」(10月12日南海放送にて放映予定)を見ながら、店づくりや品揃えの方針等も勉強&再確認、夜はJC会合、その後ついでに一杯・・という一日でした。今週末は幼稚園の運動会、日曜は仮装で少し若返り・・?の予定です。あいかわらずバタバタ・・しております。

福来たれ・・!?

9月最後の航海、今朝は4:00の本船入港でした。ヤリイカの成長の遅れから、9月は過去最低の水揚げに・・、何とも厳しい幕開けとなってしまいました。海幸丸は月末休み、ここは心機一転、明日からの10月操業に期待したいところです。まずは体力から・・?ということで夕方は愛宕山まで登ってまいります。(と言いながら、やっぱり汗かいた後のビールの味が一番の理由かな・・?)

昨年末、わが家の蔵を整理した際、山のように出てきた大小さまざまの升(ます)!進水式等に使った比較的新しいものから古いものまで、いろいろとありました。古いもの好きの私は、中でも大きめの升を2,3拝借、ただ今、会社でとある事務作業用に使っております。別にこの升でなければできない、というわけでは全くありませんが、何となく縁起も良さそう、ということで・・。

ちなみに、この升、18cm四方、高さ10cmと巨大で、横には「ギフケン特別製」(大垣)の文字が彫られています。ちなみに裏には「丸仁(弊社の屋号)昭和17年1月13日」とあって、祖父(宮本仁佐夫)の名前も筆で書かれてあります。昭和17年1月といえば、ミッドウェー海戦前で、まだまだ日本の戦局が優勢だった時代、当然、父も生まれていなければ、祖父もまだ30歳そこそこです。その当時、このたくさんの升で何をしてたのか、興味もありますが・・?

何はともあれ、今となってはなかなか貴重な品、愛情を込めて大切に使いたいと思います。

大きな升に福来たれ・・!!

原色魚類大図鑑

未利用魚の販路開拓に取り組む、㈱プロ・スパーの鈴木社長さまに触発されて、ご紹介いただいた「原色魚類大図鑑」(北隆館)を購入しました。送料込みで何と50,800円也!噂どおり、その種類たるや半端ではありませんで、とてもマニアックな魚種もかなりの数、掲載されてあります。また同時に、マイナー魚の販売に取り組むにあたって、産地の呼び名ではなく“正式名称”での情報掲載の必要性も痛感・・、徐々にですが、改善していきたいと思っています。

古き慣習に喝を・・・!?

終日、月末関連の事務等でいろいろと、夜は金融機関の皆さまとご一緒させていただき、八幡浜の漁業や産地市場流通の話題等々・・、改めて既存の八幡浜市場の仕組み・体質の古さを実感した次第です。それにしても一過性の時流に捉われることなく、自社の取り組むべき事業分野と機能、存在意義!を常に持っておきたいものです。もっともっと利用者、消費者の声を反映した漁業を目指さねば・・と感じております。

海幸丸のイカ飯試作中・・!

今日は白浜小学校の秋季大運動会、雨も心配されましたが何とか天気ももって無事に終了しました。今年の私の出番はムカデ競走のみ、残念ながら総合1位を逃しました。さて、2年生の我が家の長男は、“かけっこ”、“借りもの競争”他に出場、注目の結果ですが・・!

・・・! また来年に向けて頑張りましょう!

さて話題は変わってヤリイカ。高い水温のせいで産卵が進んでないのか、サイズ極小の今季出だしのヤリイカ。
9月からはここ2年豊漁中のヤリイカを原料に、“海幸丸のイカ飯”を試作する予定でしたが、若干計画が遅れています。
それでも水揚げの中から、毎回少しずつ適当なサイズのイカを選んでは、目下、試作を進めている段階です。
“研究・試作”と言いながら、ほとんど私の毎晩のビールのあてになっているのでは・・?との声もありますが・・。

それでは皆さま、気を取りなおして大きな声でご一緒に!!


ポ~ニョ ポ~ニョ ポニョ スルメの子♪

かるく洗って♪ もち米つめて♪

しょうゆに みりんに お酒を少し♪

う~ま う~ま うま うまいんだ♪

海幸丸の イカ飯レシピ♪ チャン♪

こんな感じでイカがでしょうか?

お疲れさまでした。今日は早めに休みます・・。

未利用魚に光を!

愛知県から、“マイナー魚、未利用魚の販路開拓”に取り組まれているS社長さまが来社されました。午後から事業内容や経営方針、今後の取り組み等々を、たっぷりとご説明いただきました。そのまま夜もご一緒に・・、こちらでも熱く情報交換させていただきました。当社の流通事業でも見習うべきところが本当に多い、事業の着眼点と研究心、行動力に“脱帽”です。一期一会のご縁に感謝、今後ともよろしくお願いいたします。詳細についてはまた後日リポートします。お楽しみに!

最近のマイブームは・・

9時台の第一便にて上京、赤坂を中心に2件の打ち合わせでした。都心の陽射しもまだまだきつく、少し歩くとじわっと汗が出てくるほどでした。今回の成果のほどは乞うご期待・・!明日も予定があって今回は最終便でトンボ返り、23:00前には帰路につきました。八幡浜魚市場は明日、明後日と連休です。

ところでここ最近のマイブーム・・

“葡萄&焼酎”です。

ワインの原料になるくらいですからアルコールとの相性は良いのでしょうが、焼酎との相性もなかなかのものです。
普段、あまり焼酎党ではないのですが、いただき物などがあるとついつい・・、酒飲みの性です・・。
氷でキンキンに冷えた巨峰を一つ食べては一口飲んで、一口飲んではまた一つ、という感じで。
飲みながらいただくと、焼酎もいっそうフルーティで美味ですよ!

えっ、事故米騒動・・?酔っ払いにはあまり気にならんとです。
ちなみに、三男の最近のマイブームもブドウ(巨峰)のようで、毎日、皮まで食べ尽くしております・・!?

以上、出張レポートでした。お疲れさまでした・・。

真鯛はいかが?

9月3度目の航海、今朝は4時過ぎの入港でした。マタイやカマス、メッキを中心に1500箱の漁でしたが、市況は予想どおり地を這うような記録的底値を更新中・・、おかげで仕事の疲れも倍増です。海幸丸は正午に4度目の航海に向けて出港、次回は15日(月)に入船予定です。こちらは売れ残ってしまったマダイにチコ少々、鮮魚に適正価格が付けられるのはいつの日やら・・?私たち漁業者を含めて、やはり流通機構の改革が急務です・・。今晩は寝不足の老体に鞭打ってソフトボールで憂さ晴らし、明日は日帰り東京出張の予定です!

捨てる神あれば拾う神?

今日はやや涼しい風も吹いて秋を感じさせてくれる1日でした。少しひんやりとしてくれば、魚も売れてくるのですが・・。海幸丸は依然我慢の操業中、10月からが勝負です。私のほうは通常業務、ちなみに夜は、昨日も今日も明日も明後日もJC・・!?週末は急きょ上京の予定です。上は迷子になっていたかわいそうなミキサー、今日ようやく持ち主が判明、スッキリしました。ここまで引っ張ってわが家のじゃなくて、正直ホッとしております・・。

こちらは事務所を大掃除した際に見つかった5段の書類棚、捨てられそうになっていたところを私が発見、手紙入れとして使っています。
書類もA版もB版も入らないという中途半端なサイズ、さすが年代を感じさせます。

ちなみに分類用の金枠には、とても薄い字で「訴訟書」、「契約書」、「雑書類」と書かれてあります。
その昔、何を訴訟して、誰とどんな契約をしてたのやら・・?今となっては不明です・・。
でもよく見れば見るほど味がある、お洒落な棚でなかなか良い感じですね。
大切に使いたいと思います。

漁師版“三種の神器”!

9月からの解禁を機に、トロール市にて打ち鉤(うちかぎ=魚やトロ箱を引っかける道具)や長ぐつ、ゴム手袋を準備してきました。漁師や魚屋にとって、この3点はまさに“三種の神器”!といいながら、ここ3カ月はほとんど使ってない・・!かわりに最近では、パソコンに電卓、印鑑が私にとっての“新三種の神器”となってしまっております。本当はこれではいかんのですが・・。今月からはバンバン魚を選りまっせ!こんな親父(上)を目指して・・!その前にまずは海幸丸、豊漁をたのみます!

水産研究センターへ

日中の陽射しはまだまだきついものの、風はひんやりと気持ちよくずいぶんと秋めいてきました。これから秋にかけての時季が個人的には一番大好きです。コーヒーは美味しいし、今朝はカルストで出会った“京都の女神”からも連絡をもらったし・・!?彼女たちが本当に幸運を運んでくれそうな予感がしてきました!今日は午後から専務同行で宇和島(下波)の愛媛県水産研究センターへ、宇和海の資源状況や漁業者の販路開拓、直販の話題等々について情報交換してきました。明日一日は八幡浜、明後日からは大阪の予定です。

灯篭送り

八幡浜魚市場も今日から開市、夕方は新盆の締めくくり「灯篭送り」を行いました。自宅に飾っていた灯篭をわが家の墓へ。西日が射しこむ暑い中でしたが、10分ほどで燃やし終わって新盆の行事も無事終了、お手伝いいただきました皆さま、ありがとうございました。明日は月曜日、海幸丸の出漁準備もいよいよ佳境に入ります。

北京五輪開幕!

今日は午前中だけ八幡浜、午後からは恒例の診断協会更新研修で松山へ、夜はまた戻ってJC臨時総会という予定です。8月8日、テロや情報統制等々、不安もあるものの北京五輪もいよいよ開幕です!個人的には、日本チームを占う?意味でも柔道の谷、あとは女子マラソンの野口、男子体操あたりに注目しております。もちろん愛媛出身の土佐選手も応援しています!ガンバレ、日本チーム!!

漁業就業支援フェア2008

昨日上京、昨晩は営業関連の商談のため、新橋にて両手に花で!美味しい串焼きとビールをたっぷりとご馳走になりました!(遅くまで本当にお世話になりました!)一夜明けた今日は、有楽町の東京国際フォーラムにて開催された「漁業就業支援フェア2008」に初参加!受け入れ希望企業として、夕方までブースを出展しておりました。資源の減少に魚価低迷、合わせてもう一つの厳しい現実が、実は「漁船への乗組員不足」です。

今日は東京在住の漁業就労希望者が約100名来場、漁業就労希望者だけでなく、全国の漁業者の皆さま、そして仕入希望業者さまとも一期一会、一魚一会のご縁もいただきました。詳細は追ってご報告させていただきます。
夜はせっかくのタイミングなので愛人と隅田川の花火大会に・・と思いましたが却下!(ジョーダンです・・!)営業先でもある銀座の某料理店にて、友人とクエの刺身と浜田直送の鮮魚5尾を完食!おっちゃん二人で思いきり魚食普及に貢献しておりました。明日は書籍とCDを物色して帰郷の予定です。お疲れさまでした。

こんにちは!知事です!

今日は初めて、「こんにちは!知事です」という座談会に出席させていただきました。地方局にて10時より開催されたのですが、「タウンミーティング」の県版?のようなものだそうで、私は八幡浜漁協所属の漁業者という立場での出席でした。20名ほどの参加者が、それぞれの立場から知事に直接意見や提言、質問を行って知事がそれに答える、という対話形式の座談会でした。

私も前半のほうで、漁業者の立場から「漁業振興・行政支援施策のあり方」についてご質問をさせていただきました。立場上、ありきたりの質問ではありましたが、やはり昨今の燃料高騰を踏まえて、県としては国への働きかけを積極的に行っていきたい、また業界団体(漁連)を経由して“具体的な提言”をお願いしたい、との知事のご返答でした。

その他、意見のやり取りについて詳細については触れませんが、帰宅してみると「某地方紙」では、私の質問内容についても掲載されていて読んでみたところ、どういうわけか・・

「・・・行政支援のあり方について、知事のお考えをお伺いしたい」

という質問の語尾が、

「・・・行政支援をお願いしたい」

と、誤って記載(報道)されていて少しだけがっかり・・。

名前入りですし、特に記事の横に“見出し”などもついてしまうと、かなり発言のニュアンスが変わってしまうのですが・・。

まぁ、ある意味“何でもござれ”の地方紙ですので、発言内容の正確な報道などは最初から期待していませんし、業界(漁協)の代表という立場を考えれば、誤報道されてしまった後者の発言のほうが私の役割としては適任?だったのかもしれませんが・・。ただ、一般的に業界環境が厳しいからという理由で、すべての事業所が自らの経営努力に優先して行政支援を要望している・・?と受け取られてしまうのは、少しだけ悔しいなぁ、と感じた次第です。特に全社一丸、努力と工夫で難局に立ち向かおうとする一生産業者の代表という立場からすれば・・。

こうした自らの本意にそぐわないマスコミ報道にいちいち神経質になっていたら、それこそ国会議員や大企業の経営者などやってられないのでしょうね~。特に目立つ文言は、前後が省略されて報道される格好の標的ですね。そういえば、マスコミが飛びついて一時話題になった「三国人」や「神の国」発言などというのもありました・・。書かれてある活字だけが全て!という新聞の世界、いろいろな意味で怖い業界です。

魚市場運営協議会に出席

相変わらず暑い日が続いています。昨日は午後から松山往復、今朝は大洲へ業務上の相談一件、午後には前社長からの引継ぎで、新たに委嘱を受けた「八幡浜魚市場運営協議会」にも出席しました。その他、世間では3連休明けのせいか、お客さまも重なって気がつけば夕方でした。ただし日中は忙しくても、可能な限り夕方のジョギングは続けております。すべてはお客さまの満足・・?いえ食事前のビールの喉ごしを追求するため・・、ただそれだけです。

今日出席した「魚市場運営協議会」、議題の中心は、5年後の稼働を目指す新しい衛生管理型魚市場の建設でしたが、縦割りの予算と業務効率の点から、基本設計からして喧々諤々の議論が・・。今後も減り続けることが予想される漁業者と取扱高を考慮すれば、“厳しい見通し”には変わりないものの、新市場建設は行政にとってもいわば“乗りかかった船”!漁業者、荷受、仲卸業者等、全関係者にとって完璧な市場建設は望めないものの、ある意味、最大公約数的なところで折り合いをつけて前に進むよりほかないのではないでしょうか。
やはりすべての基本原則は、「入荷量の維持・確保(減らさない)」ということのはずです。ちょうど今朝の新聞では、気仙沼での「漁業者への重油代一部補てん」の記事も出ていました。衛生管理のためのハードももちろん大切ですが、荷を減らさない、つまり“魚価下支え”を目指すには、入荷・セリ・出荷へのスムーズな流れも大切だと思います。将来の新しい魚市場が“魚のまち八幡浜”に相応しい拠点施設となるように、これからも議論を重ねたいものです。私も漁業者の代表として、一から勉強したいと思っています。
明日も午前中から会合、明後日からはとあるミッションのため上京します。気がつけば早くも明日は「土用丑の日」!関東も暑そうですが、せめて鰻でスタミナをつけて行きたいものです。トロール市でも取り扱う「山源のウナギ」!楽しみにしています。皆さまもどうぞお楽しみに・・!

幼稚園での日課は・・

今日もとても暑い一日になりました。朝から月報の整理や来客等、午後からは少し込み入った調べ物等々で気がつけばもう4:00過ぎに・・、夕方は一件、金融機関の集まりに参加しておりました。最近つくづく1日が短い!と感じるのは私だけでしょうか。陽は長くなっているはずなのに・・、忙しいのか暇なのか・・?そういえば最近、トレーニングもご無沙汰気味に・・、時間は大切に使いたいものです。

最近、我が家の3男坊が幼稚園にデビューいたしました。
幼稚園といってもまだ3歳!
赤ん坊に毛が生えた程度で、次男に連れられて、引きずられて無理やり登園?という感じです。
普段、夜は不在の多い私ですので、朝くらいは育児の手伝いも!と、時間のある朝はなるべく車で送って行っています。
さてその三男ですが、幼稚園に入るなり、玄関ではなくなぜか教会の、花壇のある方向へダッシュ・・!
私はそれを見届けた後、すぐに仕事に戻っていたのですが、数日たったある朝、先生と話していたところ、

先生:「晋作君はトマトがとっても好きなんですね~」
私:「あ、そうですか~、ありがとうございます」
先生:「昨日は2つ、その前は4つも食べました・・」
私:「・・?・・」

どうやら三男が食べているのはお弁当のものではなくて、幼稚園の花壇のトマトのようでした。
何でも毎朝、花壇に直行しては、赤みがかったトマトをチェック&ゲットして、食すのが日課とのこと・・、
ちなみに今朝食べたトマトは、「2つ・・」(本人談!)とのことでした。
いい訳じゃないですが、我が家で朝食を与えていないわけではないのですけどね~。
どうなることやら・・、

記念に大きなトマトでもアップしておきましょう。

1日も早く、まっとうな幼稚園生活を送ってくれることを願うばかりです・・

来るべき南海地震に備えて・・?

金曜日、今日も午後からはかなり暑くなりそうです。今週もあいかわらず、バタバタ(ジタバタか・・?)としているうちに早くも週末に突入・・。連日、新聞・テレビをにぎわしている漁業者の一斉休漁ですが、私たちの沖合トロール漁は、出漁見合わせの前にそもそも長い長い休漁期の真っただ中。原油価格の先行きに怯えながらも、海幸丸では9月からの解禁に向けて、着々と出漁準備を進めております。こちらは川之石の工場での漁具修繕作業の様子。

築40年という弊社の社屋、さすがに屋根に壁面、床等々・・、あらゆるところにガタがきていて、100年のサイクルでやってくるともいわれる「南海地震」に耐えられるかどうか、少々心配でもあります。かといって、建て替えたり移転したりなどというわけにもいかず・・。せめて少しでも快適な仕事環境を・・と、遅ればせながら床面だけ一部改修(OAフロア化)してみることにしました。(もちろんこの改修、耐震には全く無関係なのですが・・)

ちょうど本日、その工事に入っていて、事務所は今朝8:00にはご覧のとおり“もぬけのから”状態。
今日1日は、事務所裏の社宅の部屋にこもって、かろうじて事務作業・電話応対をしている始末です。
来社される皆さまには、大変なご不便とご迷惑をおかけしております。
明日中には、デスクやパソコンも搬入されて元通りになる予定ですので。

ちなみに10:00現在でこんな感じです。配線の通るパネルを敷き詰めてしまえば、作業も早そうです。
さすがに今日だけは通常業務というわけにもいかず、真昼間からブログの更新をしてしまいました。

午後からは、こんな時しかできない仕事に取り組むとします。ゲッツ!

とうとう自律神経も・・

朝から頭も重いし体もだるい・・、体調不良の一日でした。午前中から来客に昼からはノートPCの納入、夕方も少し長い打ち合わせへと続きましたが、とにかく体が鉛のように重い上に、いつもに増して頭も冴えない、キレもゼロ・・、こんな日はブログもサボろうかと思っていましたが、新しいPCの動きをチェックするついでに、無理やり更新しています。このだるさは普通じゃないです。とうとう自律神経までもやられてしまったのか?それともやっぱり昨晩のアルコールの成果・・、(せいか・・!)あ~、ダジャレもキレないっす・・(ナイス→nice・・!?)おっちゃん、かなりきついですね・・。

こんなときは、最近おぼえた・・・

ゲッツ!

お休みなさいませ!

明日は愛南町へ行ってきます

今日は午前中のみ会社にて業務、日曜ということで閑散とした社内は電話も来客もなし・・、こんな時こそ・・と、少々たまった極秘の書き物(といっても遺書ではありません・・)もしておりました。午後からは少しばかり読書、夕方は子供と散歩に食事前のランニング、と平凡な日曜日でした。
ただ今NHKでは、エリアフ・インバル指揮/東京都響のマーラー「第8番」!何しろ大編成でしかも長すぎ・・、で、私にとっては3番や7番と並んで非常に苦手な一曲です。明日は会議のため愛南町(深浦)を往復予定、車中では苦手なマーラーでも克服するとしましょうか!事故しなければいいのですが・・。

川田さん、今日も元気です!

あっという間の一週間で早くも週末です。海幸丸の整備は順調に進んでおりますが、毎年、休漁シーズン恒例となった、向灘岸壁での仕事合間の「かご漁」も順調の様子です。こちらのボスはお馴染みの川田さん、休漁期でも常に魚を狙いに行くところは、さすが根っからの海の男です。こちらは先日、マダコと一緒に揚がった大物のアナゴをさばきにかかる川田さん。いつまでも元気に頑張りましょう!私は今日夕方から松山、明日は西条の予定です・・。

21世紀は縦軸の時代!

最近どこを向いても暗い話題に悲しいニュース、道理に合わない、筋の通らない話が多すぎです。肉も魚も産地偽装や責任回避・・、そういえば一時期、いろんなビジネスで一世を風靡した、オープンカーを乗り回す創業経営者が立ち上げた大手人材派遣会社も今日で廃業・解散が決まったとのこと。やはり世の中、規模や知識、合理性の、いわゆる横軸の時代から、中身や本質、道徳・精神性の縦軸思想の時代へ、どんどんシフトしていることを感じます。

今日のミーティングでは、当社の理念とビジョンに沿った前向きな話題もチラホラ・・、そのうちの一つとして、いつものワンダーミックス社さんのご協力のもと、新専務・新店長のブログも無事開設となりました。楽しくて有意義な情報発信&コミュニケーションを期待しています。皆さま、どうぞお楽しみに!

トップページからどうぞ! → http://www.uwakai.com/

水を得た魚のように・・!?

昨日は夕方から中小企業診断協会主催の講演会へ。講師はアウトレット家具の業界で急成長を遂げている、ビッグウッド株式会社(本社松山市)の杉浦社長(51歳)でした。幼いときからの生い立ち、創業時の苦労談、業界の流通構造やニーズの変遷、経営の理念や使命、生き残りの戦略等々・・、特に流通改革の話題は水産業界にも相通じる部分が多く、興味深く拝聴いたしました。

印象に残ったのは、事業における「哲学」という話題。今や同社は、全国に直営・FCを合わせて20店舗を有する中堅企業ですが、その昔、4店舗目を出展する際に、ある講師から「君の会社には哲学がない、出店はやめなさい」といわれて、思いとどまったとのこと。それ以来、家業から企業への脱皮を図る中で、哲学(経営理念や企業使命)の大切さを認識して、自社の存在意義を見直す契機になったとのこと。
「経営理念は社長の分身!」とは、よく言われる例えですが、既存事業であれ新規事業であれ、また業務レベルの些細な意思決定にいたるまで、ずべて自社の理念と使命に照らして考えをスタートさせることの大切さを改めて感じた次第です。社長の講演にもありましたが、理念の策定だけではもちろん「絵に描いた餅」、いかに浸透させていくかが経営幹部の大切な役割といえます。
当社の「一魚一会」も「絵に描いた餅」ではなくて、「水を得た魚」!!のように、スイスイ皆さんに浸透して共有できるように!といきたいものです・・。前途は多難!ですが、まずは出来ることから一歩ずつ、というところでしょうか。

ヒラタクワガタ孵る

DSC3752.JPG

昨晩は久しぶりに日本酒、しかも一升びん登場の一触即発の懇親会!?となりました。時間が遅かったこともありまして、私は例によって1次会でギブアップでしたが・・。今日も早朝から来客数件、でしたが、漁撈資材の価格改定(もちろん値上げ・・)のお願い通知も頂戴しました。できることならいただきたくはないものですが・・。原油価格高騰の余波はどこまで広がってしまうのか・・?先行きがとても心配です・・。

先日もご紹介した海幸丸乗組員、U本君の高尚な趣味「昆虫採集」(冬は魚類採集)ですが、
つい最近自宅で飼育していた「ヒラタクワガタ」がサナギから孵ったそうで、見せてもらいました。
かなりのビッグサイズで、記念に写真を撮ってみました。どうです、この大きさ!

このほかにも、「オオクワガタ」を含めて幼虫数十匹を、家庭で研究・飼育しているそうで、
自前の飼育室の空調管理のために、わざわざ新しい冷暖房装備も入れたそうです。

見かけによらずなかなか熱心な研究ぶり!!頭が下がります。
今度は我が家の子供にも見せてくださいな!!

以上、よく分からない「業務日誌」でした。

仕事は“まな板”周りから!

今日もあっという間の1日、気がつけばすでに5:00を回っていました。今日は、これまで落とせなかった難攻不落の書類棚にも手を入れて、ここ1週間続けてきたデスク周りの整理もいったん無事完了!となりました。その昔、「お前のまな板は汚ねえんだ!仕事の出来不出来ってのは、仕込み(事前の段取り)と“まな板”周りの整理・整頓で決まるんだゾォ!」と、刺身包丁を手にした魚職人に一喝(恐喝?)されたことがありますが、今思えば、的を得たありがたいご教示です。“まな板”が“デスク”に変わっても同じこと、ですから・・。いつも気をつけたいものです。

今日から夏の仕事始め

曳きあがって早くも一週間、慰労会も無事終了していよいよ今日からは休漁期の仕事始め、まずは漁具の後片付けです。私のほうはここ3日間、会社に缶詰めで書類整理と大掃除、合間に来客や手続き等々・・。整理や清掃では、元来不精な人間なのですが、一度スイッチが入ると細かいところまで気になる性格でして・・。3日目にして、ようやく先が見えてきた感じです。明日からは2泊で東京出張の予定です。続きはまた来週にでも・・。

今晩は海幸丸慰労会!

台風のため出遅れた今季の最終航海、今朝は5:30の入船でした。大半は高知沖の原材料、丸魚は赤ムツ、レンコダイ、メンタイが少々といったところで総数は1100箱、うち590箱は「白ムツ」でした。海幸丸は7:00から会社前にて漁具の陸揚げ、休漁期を迎える準備を整えて11:00に乗組員解散となりました。18:30からは曳き上がり恒例の「慰労会」を予定しています。

セリが終わって会社に相場情報が送られてくるのが8:00すぎ、4月末まではこの時間に入院中の社長から携帯電話がかかってきて、その日の市況を伝えるのが私たち兄弟の日課でした。

が、今日はさすがに電話はかからず・・・。あたりまえです・・!

かかってきて欲しいような、ちょっと怖いような、少し寂しいような・・。不思議な気分・・です。

こんなミステリアスな話題はさておいて今季の漁!やはり一昨年に引き続いて9月、10月のヤリイカ漁のおかげで総漁獲量は微増、平均単価のほうも原材料系の価格下支えもあってやはり微増でした。市の取りまとめた報告書によれば、魚市場全体の魚価についても、k単位で30円ほどの上昇とのことでした。やはり、世界的な食料高騰の余波(というか源流)は、産地市場にまで及んでいるのは、ここ2、3年は、現場においても感じられます。と、ここまでは私たち漁業者にとってプラス要因!なのですが・・・

やはり今季、そして今後も心配の種は、とどまるところを知らない重油の高騰です。当社の利用するA重油の単価は、数年前のほぼ2倍の水準付近を未だに上昇中・・です。昨年並みの漁獲量が確保できたから良いものの、これが減少となると・・、考えただけでも寒気を覚えます。漁業もこうなってくると、1年1年がまさに正念場です。

重油高騰という外部環境変化に加えて、曳き上がりには、内部環境も激変してしまった当社ですが、明日からの今休漁期には、一刻も早く新体制を含めた内政の充実を図らなければなりません。考え巡らすことは、山ほどあるわけですが、いったん今日のところは海幸丸の慰労会!そろそろ時間も近づいてきましたので、このあたりで失礼いたします。

化けるか?趣味の絵手紙!

亡くなった社長の趣味は、我流の絵葉書や絵手紙でして、先日の社葬の際にも入り口に少しだけ飾らせていただきました。本人はかなり恥ずかしかったでしょうが・・。もともとは魚の絵から始まったようですが、最近では風景や人物、文字入りの絵手紙等も描いておりました。思い出に・・と、親しいお友達にも数点お持ち帰りいただいております。今のところ無名の素人絵師ですが、将来は値打ちが出たりして・・?まずありえませんが・・。

亡くして初めて分かる親のありがたみ、というのはよく聞いてきましたが、同時に自分にとっての存在の大きさ?や、身勝手に生きてきた自分への反省等々も・・、ただ今日増しに、身にしみて感じております。また、ここ数日支えていただいている皆さまへの感謝は、とても言葉や文章で表せるものではありません。
というわけで、ここでは“思いの吐露”はやめにして、いつもどおりブログ「一魚一会」も徐々に再開していきたいと思います。これからも皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

バッハを子守唄に!?

やはり先航海に引き続き高知沖漁場へ、現在のところ「赤」ではなくて「白いムツ」!が豊漁とのことで、明日にはまたいつもの豊後水道沖に漁場を移して操業の予定です。今日は所用で夕方から急きょ松山へ、そのため八幡浜での夜の会合には出席できず、申し訳ありませんでした。今日の愛媛は、昨日とはうって変わって晴れの一日、ただ2日間続いた雨と風のため、桜は半分くらい散ってしまいました。

最近、会社の応接スペースにお目見えした薄型のテレビ、せっかくですのでDVDプレイヤーにも接続してみました。これまでは薄暗くて、まさに無音の事務所でしたが、これでようやく!?CDやFMも聴ける環境に・・、仕事の障害になってはいけませんが、静かなピアノ曲やジャズは、業務の効率を高めると同時に、仕事のやる気や創造力の喚起にも役立つはずだと、勝手に考えております。
それにしても最近のオーディオシステム、もちろん高価なものは青天井!でしょうけど、このような簡易なものであれば安価で手に入る時代になったものです。CDとカセット、一番上にレコードが載せてある高価なミニコンポに憧れた時代が懐かしいものです。
というわけで古びた社屋ですが、静かなクラシックやジャズをBGMに、創造力を湧き立たせて起死回生の新規事業プランでも練るとしましょうか。くれぐれも子守唄とはなりませんように・・!

蔵をリフォーム!?

古い家のため、自宅裏に「蔵」のような物置専用の建物があるのですが、ただ今少し改装中です。まずは古い膨大な不用品の処分が先決のようですが・・。蔵の台所の中には、巨大な炊飯器に古い餅つき機数台、皿や徳利、お猪口にもろぶた等々、かなりの量です。まずは保管するものと捨てるものの分類からボツボツと・・。蔵ですが、個人的には「書斎&図書館」にしたいと思っていますが、はたしてどうなることやら・・?

太平洋広域漁業調整委員会

昨日は霞ヶ関(農林水産省)にて「太平洋広域漁業調整委員会」を傍聴しました。ちなみにこの委員会、水産庁長官も出席される会合でした。私が傍聴した太平洋南海区の委員会では、伊勢湾・三河湾のイカナゴ、太平洋のマサバ、太平洋南部のキンメダイ、そして海幸丸の漁場でもある太平洋南部のヤリイカの資源回復計画について、協議及び意見交換がなされました。

国や県の許認可を経て行われる指定漁業、全国的にもコスト高や後継者不足で稼動漁船数が減少の一途を辿っているようで、それを食い止めるには、漁獲努力量の削減や資源培養、環境保全によって長期的な資源回復策を講じていくべき、というのが国の考えです。ただし、現場サイドからすれば重複する漁場(海域)に、大型船もあれば小型船もある、しかも底引きがあれば巻き網も、また一本釣りもあるということで、漁業の場合、統一的な資源回復への取り組みはなかなか難しい様子でした。
ある委員によれば、魚の資源量は長期的には変わらない、結局、魚群探知機やソナー等、漁撈設備の高度化で一経営体あたりの漁獲能力が高まっていて、それが結果的に漁獲量の増加をもたらすと同時に資源の減少につながっているのではないか、とのお話でした。しかしながら、これについても全国的に一律の現象ではないですし、増加するコストに見合う漁業を行うためには、各社が設備投資を行って漁獲量を上げようとするのは自然の摂理ですし・・。“海は一つ”という漁業の世界で、国が統一的に資源回復計画を進めることの難しさ!を改めて感じさせられた会合でした。

上は1日目の会議終了後、友達と行った割烹でのお刺身盛り合わせ!
ちょうど委員会にて議題にも上っていたキンメダイもいただいてまいりました!

これぞ一期一会!?

上京中ですし今日はブログもお休みを!と思ってましたが、つい先ほど記録しなければならない事態が起こりまして・・!本日は9:40の松山-羽田便にて東京へ、午後からは新橋へお取引先の訪問一件、その後は平河町にて業界の会議一件、夜は学生時代の同級生とお取引先にて食事!という予定でした。19:00くらいでしょうか、定宿としている銀座一丁目から、西銀座を通って同級生と約束していた有楽町駅方面へ歩いていると・・・、日比谷駅方面から、見慣れたスーツ姿の男性が歩いてくるではないですか!?いや~!!今日という今日は少しシビレマシタ・・!。その男性とは、な・な・な・な・なんと・・!!

人口わずか4万人の、わが故郷でお世話になっている八幡浜JCのS水専務!ではないですか・・!?。

信じてもらえないのを承知で告白しますと、実は明後日の八幡浜でのJC委員会の件で、本人さまに電話をしようかと、
携帯電話を手にした瞬間・・だったのです・・!
いや~、こんなこともあるんですね~!本当にビックリしました!最初は人違いかと思いましたが・・!
昨年も上京中に、新橋駅前で大学の同級生にバッタリ出会ったばかりでしたから、まさかこんなことが続くとは・・!?
しかも、地方の駅でも空港でもなくて大東京、しかも銀座のど真ん中ですから、ある意味すごい確率・・!??
S水専務も私と同じく業界の会議のため上京中とのことで、互いにビックリしたついでに、5分ほど立ち話しした後に、
各々の約束場所に向かうために別れた次第です。
いや~、今日という今日はちょっと驚きました・・。
でも、S水専務!同じ東京での一期一会でも、“悪さ!?”をしている最中の遭遇!?でなくて良かったですね~!お互いに・・!
日本広し・・!といえども皆さま、いつ何時同郷の友人に会うかも知れませぬので、どうか十分にご用心を・・!!

サンタと唐獅子!

昨日はクリスマスイブ!子供たちのテンションは上がりっぱなしで、昨夜から今日を迎えています。私のほうはどういうわけか喉の調子が今一つ・・!ここに来て風邪をひくわけにも行かず、今日は仕事の合間に病院にも行ってきました。連休明けの今日は朝から手続きや給与計算等々、事務一色の一日でした!海幸丸は明日入港、トロール市の年末売出しは29日から3日間の予定です。皆さま、お正月用鮮魚のご用命はどうぞお早めによろしくお願いいたします。上は、サンタクロースが届けてくれたお気に入りの唐獅子数点です!ブラックサンタじゃなくて良かったな??!

痛い暮れの3連休!?

今日は休日の土曜、でしたが会社にて不在の間の書類整理やら事務処理、年賀状の整理等で1日を費やしてしまいました。明日の日曜(23日)は“天皇誕生日”のため祝日、で世間では翌24日も振替休日!のようです。しかしこの暮れが迫っての“3連休”は、私たち年末に繁忙期を迎える民間事業者にとっては実に痛い・・!です。行政や金融機関に関係する事務や手続きが、全て休み明けの25日に集中してしまうからです。明日と明後日はそのための準備作業・・の予定です。ハッピーなクリスマスを迎える若者たちには、願ってもない3連休!かもしれませんが・・。豊後水道にて操業中の海幸丸は、時化のため本夜半にいったん入港、明日は5:00より荷揚げをいたします。海幸丸も残り3航海!の予定です。

出藍の誉れ

午後の便で八幡浜駅を出発、岡山経由で大阪へ入りました。八幡浜駅ではちょうど昨日、JC運営の児童合唱団の指導でお世話になった同級生の声楽家、宮本益光氏のご一家にもバッタリ!これからも郷土の誇りとして頑張ってください!ご活躍を心より祈念いたしております!!。私はそのまま、予讃線直通で岡山まで。岡山からは新幹線でしたが、最近、どういうわけか新幹線に異様な興味を持ち始めている子供たちのために、ホームにてスーツ姿で入っていくる車両をデジカメでパチパチと・・。周囲の視線が少々、恥ずかしかったです・・。ちなみに乗ったのは「のぞみ500系・・」でした!

つい先ほどは、ホテルにて“N響アワー”で久しぶりに大好きなブラームス4番、しかも全曲!
ネヴィル・マリナーという巨匠の指揮で堪能させていただきました。
こんな名曲の生演奏もいつか聞いてみたいものです。

ところで、今朝の産経新聞のコラム「産経抄」で、遅ればせながら知ったのが「出藍の誉れ」という言葉。

中国の『荀子』が出典だそうで、青の色は藍(あい)という植物から採るが、その藍よりもっと青くなる。転じて、弟子が業績において師匠を上回るという意味で、学問やスポーツの世界などでよく使われる言葉だそうです。
コラムのテーマは、また最近土俵に戻ってマスコミを賑わしている某横綱なのですが、以前から言われているとおり、こちらの横綱が師匠や部屋を軽視してしまった理由が、師匠が“大関止まり”だったこと、をいわれています。たしかに地位(番付)では師匠を上回った弟子、ですが、この「出藍の誉れ」という言葉には、弟子の努力への賛辞と合わせて、その弟子の能力、成長性を見抜いて育て上げてきた師匠への賛辞の意も含まれている言葉なのだそうですね。
“親子の絆”、“師弟の絆”、良い意味での“タテ社会”を重んじる、日本的な、本当に美しい言葉ではないでしょうか。コラムの最後では、「育ててもらった師に対する感謝があって初めて“出藍の誉れ”なのだ。」とあります。うーん、ごもっとも・・身につまされる言葉です。というわけで、忘れてしまわないためにも、今日の日記に取り上げさせていただいた次第です。
明日は、営業関連で朝から3件、終日大阪です。それでは、お休みなさいませ!

しゃがみこみ

古満目沖にて操業中の海幸丸ですが、昨日、今日と漁は今ひとつ芳しくない様子です。今日は終日会社にて、出張準備や諸々の手続き業務等をアレコレ・・。当サイトの魚種情報(宇和海の幸)ももう少し充実&ブラッシュアップしたほうが良いかなと、ない頭をひねっておりました。夕方は愛宕山へ、夜は久しぶりに自宅にて、サッカー観戦や読書などなど・・。

そういえば今朝ですか、横浜のJR根岸線の車内で、会社員がドア付近でしゃがみこんでおしゃべりしていた17歳の少女を蹴って怪我を負わせた、というニュースを見ました。逮捕された会社員の供述では、「注意をしたが、やめないので頭にきた」とのこと。一方、被害者の少女の話では、「いきなり蹴られた」ということです。都市部の通勤電車の車内は、ラッシュアワーは非常に混雑するためこうしたトラブルは日常茶飯事!最近はラッシュ時にキレル中高年も多い様子です。私が住んでいたころも会社員同士の“とっくみあい”はよく見かけたものです。まぁ、今回の場合は、被害者が少女であったこと、また怪我を負わせて傷害事件となったがために、ニュースで全国配信!となってしまったわけですが・・。
ただ、元山手線限定・ウラ鉄道警備隊(自称!)の私からしますと、被害者に対する同情よりも加害者へのかすかな共感・・?のようなものも少しだけ感じてしまうのです。といいましても、共感を覚えるからといって何も今回の暴力行為を肯定するつもりはありません。もちろん暴力行為は悪(しかも相手は少女!)であり犯罪ですから、裁かれるのは当然です。ですが、公共の場所である電車の車内で、椅子ではなく床に、しかもドア付近にしゃがみこんで注意しても動かない・・というマナーの悪さは、咎められるべき振る舞いであって、少々小突かれたくらいでは言い訳できない迷惑行為だと思うのです。といいましても17歳のころの自分が(今もか?)、人さまに迷惑をかけない品行方正で善良な市民だったかといえば、今もって全く自信がありませんので、他人のことをとやかく言える立場でも身分でもないわけですが・・。
ただ、最近よく見かける、公共のスペースで、集団でしゃがみこんでいる若者の姿は私にとっては何とも異様な光景なのです。特に目に付くのが、バスの停留所や駅のホーム、空港、電車の車内等でしょうか。修学旅行中の小学生が、空港やホテルのロビーに座り込んでいるのも違和感があります。もちろん引率される先生方のご苦労は十分に理解できるのですが、どこでもかしこでも人目を気にせずしゃがんで点呼・・というのはいかがなものかと。こうした風潮が、昨今の電車の床にしゃがみこんで平気でいられる若者をたくさん作ってしまうのではないかなぁと・・。
自分たちが子供のころは、校外の公共の場所でやたらめったにしゃがみこんでいた記憶はないのですが、私の思い違いでしょうか?座るといえば校内のグラウンドか体育館、校外なら写生大会くらいで、もちろん脚三角の体操座り、手は前に!という感じだったかと記憶していますが・・。ただ自分が年とって“オヤジ化”しただけでしょうか。でも、暴力は論外としても、公の場における若者の迷惑行為を正すことが出来るできるおっちゃんはやはり社会には必要です。せっかくなら自分もそんな気概に満ちた、オヤジ狩りにも屈しない?地域社会の役に立つおっちゃん!を目指したいものです。

・・・。

自分でも予想し得ないオチになりましたのでこの辺で。

もう少し本読んでから寝るとします。

産直座談会に出席!

引き続きのどの調子は今ひとつ・・の一日でした。休市の土曜ですが、午前中は毎年恒例の“大洲市お祭り村”へ参加、午後からは、以前お世話になった金融機関の方のご紹介で、地元食材の販路開拓に関するとある座談会に出席させていただきました。一期一会のご縁をいただきまして、どうもありがとうございました。海幸丸は本夜半の入港、荷揚げは明日4:00からの予定です。

地元食材の消費地への売り込み、これは当社も力を入れて取り組んでいる分野で、生産業者の活性化や食材の付加価値販売にはとても大切なことです。しかしながら一方で、生産者の取り組みたい事業内容と消費地、特に最近増えつつある販路開拓のマッチング支援を行う企業との間には、お互いのニーズに若干ズレがあるようにも常々感じています。
例えば、生産者サイドからすれば自社製品への強いこだわりや思い入れがある、これは当然で自らの商品をPRするための材料にもなるわけですが、このこだわりが消費地での商品の競争力の要因となるかといえば、必ずしもそうではない。当社の例で言えば、日本全国、漁業を生業とする漁師は山ほどいるわけで、いくら俺らが獲った、俺らが宇和海だ!といったところで、それだけで消費地での商品の競争力にはならないわけです。一方、消費地のマッチング支援業者からすれば、地方の生産業者は何としてでも消費地へ産品を売り込みたいと四苦八苦しているはずだ、という一律的な見方もあるように感じられます。
地方の食材業者でも、自分たちのノウハウや方向性を確立されている会社であればあるほど、一生懸命作った商品をお届けするお取引先にはこだわりたい、と思っているわけで、当然お互いの価値を認識した上で、信頼関係が生まれて初めて取引が成立するわけです。両者の関係はあくまでフィフティ&フィフティで、売ってやった、買ってやった、紹介してやった・・の関係では、長期的な信頼関係など築けるはずはないと思うのです。
結局は、産地の売り手も消費地の買い手も、またそのマッチングを支援するサポート業者も、自らの存在意義というか、独自の価値や機能を改めて認識したうえで、営業なり仕入先確保、マッチング支援をすべき、と思うのです。上手く言えないのですが、売り手市場や買い手市場といった風潮や、やれメーカーだバイヤーだコンサルだ、といった“色眼鏡”を抜きに、自分たちの商品やお届け先を再度見直してみる必要もあるかなぁと感じた次第です。

平均船齢は18年!

前半はお取引先さまを数件訪問、後半は水産庁の新たな施策「漁船漁業構造改革推進事業」他の情報収集、という出張でした。初日には作成しなければいけない書類もあって、パソコンは持参しましたが、ホテルでのP-イン接続が上手くいったり失敗したりと・・メール送受信にも四苦八苦しておりました。合わせて喉の調子も今ひとつで体調不良・・とういわけでブログ更新までは手が回らず、帰宅後の更新となってしまいました。おまけに、今朝入港しました海幸丸まで“不漁”だった様子です・・・。

先日の「衝撃の未来経済」(藤原直哉氏講演)でも話題に出たのですが、日本の食料自給率の問題、本当に深刻な状況にあるのはご承知の通りです。前述の国が進めている施策「漁船漁業構造改革事業」も、大きな目的は「自給率向上」にあるわけです。漁業を例にとれば、(おそらく農業も同様ですが・・)国内での就労人口の減少は大きな問題です。つまりは後継者がいない、その理由は元を正せば実入りが少ない、将来への先行きが見えない、といったところでしょうか。
漁業の場合、操業海域によって沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業に分かれますが、やはり何れの漁業もちょうど今が過渡期にあるようで、平均船齢も増すばかり、鋼材や機関部品の高騰も全国的に代船建造が進まない大きな要因のようです。底曳船の場合は全国的な平均船齢は18年とのことで、今後も一定量の国内水産物を確保するためには、どこかで将来を見据えた抜本的な対策が急務といえます。
当社の第15・16海幸丸も今年で20年目、老朽化は進む一方です。漁業は水物、見通しがつかない、という中でも最大限、“計画的な漁業経営”へと転換していかなければ・・と改めて感じた出張でした。

愛用のレンズがない・・!

昨日の朝から風邪の引きはじめなのか、喉が痛くて声が出ません。うまく話せないために携帯電話が鳴るのが少々怖い・・くらいです。お聞き苦しいハスキーボイスで大変失礼しております。熱はないようですが・・。というわけでここ数日はジョギングも休止しています。セリ終了後は午前のみ事務仕事や明後日からの東京出張準備等々・・。午後からは久しぶりに村上春樹の短編などを読んで体を休めておりました。それはそうと今朝!昨晩の荷揚げは1:00過ぎに終了しまして、仮眠をとって4:30に顔を洗って準備をしていざ出勤!と思いきや・・

愛用の使い捨てコンタクトレンズがいつもの場所に1枚しかありません・・。当然レンズは2枚で1セット!
40枚単位の新しいケースを取り出そうと思って、眠い目をこすりながら棚に手を伸ばすと・・、
何とそこにもケースがない・・!!つまりは何と在庫切れ!!だったのです。
いつもは、残りが少なくなると予め余裕を持って買いに行くのですが、
うっかり残り枚数のチェックを忘れてしまっていたようです。何とも最悪の朝でした・・。
で、急きょ普段はほとんど利用しない眼鏡を探す、
しかも真っ暗闇の中、眼鏡なしで眼鏡を探す、というのは実に大変でして、ドタバタの1日の始まりとなってしまいました。
慣れない眼鏡に違和感を持ちながら過ごした1日でした。
明後日には出張、ということは明日中には何としてでもレンズを調達しなければ・・
以上、くだらない話題で失礼しました。

本棚の整理整頓・・!

本日ウィークデーですが、八幡浜魚市場は月に一度の火曜定休日でした。会社とトロール市は通常業務でしたが、私のほうはこの機会に会社と自宅の書棚を少し整頓してみました。もう手に取ることはまずないだろうと思える本でも、中には思い入れがあるものもあったりしてなかなかまとめて捨てられず、結局山のように溜まる一方!で一冊ずつ整理してみたのですが・・

全く同じ本が、異なる書棚から山のように出てくるではないですか!!
新書と文庫の違いならまだしも、同じハードカバーの全く同じ書籍も多数出現・・!おまけにCDも一品!
あきれたついでに写真撮影も・・
いかに購入した本を読まずに放置しているか、または読んだ本の内容をすぐ忘れているか!!
の証拠以外の何物でもない気がしています。
また年月が経っても興味の対象が変わっていない、成長していない証拠か・・?
古くて汚い本ばかりなので、売るに売れないはずです。
とりあえず家族には内緒で、そっと棚に戻しておくとします。

海幸丸は本夜半の入港、荷揚げは明日の4:30から行います。

街は地方祭へ!

今日から地元幼稚園の“子供みこし”なども始まって、街も少しずつ“お祭りモード”になってきました。ただし、当方はもちろん普段どおり。午前中は日報・月報の整理等、昼前には同じく家業を継いでいる高校の同級生も来社されました。新分野の事業も考えられているようで、良い方向で協力できるよう工夫したいところです。夕方は久しぶりに権現山へ、夜はJCの理事会を挟みまして深夜は恒例の“ヤリイカリレー”!という1日でした。

ここ最近、陽も短くなって夕日も徐々に南の方角に沈むようになりました。
自宅前から眺める“宇和海”も良い感じになっています。
今日撮った写真から2点のみ掲載します。


大阪ヤリイカ追跡調査!

現在のところ今季も豊漁が続くヤリイカの流通を追跡調査!?するために、一泊で大阪出張に行ってきました。お取引先企業さまの経営されている大型飲食施設や百貨店等々、数ヶ所をご案内いただきました。どのお店でも予想以上の“好評”で、売れ行きも好調!の様子でした。今回お届けしたヤリイカは、体長10??15cm程度のため、手軽に料理できるのがウケの良い理由のようです。

まずはお刺身!小さなヤリイカですが、網元直送で鮮度抜群!のため、「とても美味しい」と評判でした。
ありがとうございます。スタッフの皆さんの手間は少々かかっているようですが・・

次に寿司ネタ!こちらも「特別メニュー」にてご提案いただいておりまして、子供にも人気でした。

お次はヤリイカの照り焼き!こちらはご飯のおかずにも良いですね!

次にヤリイカのボイル!こちらはどちらかといえば“おつまみ”でしょうか?

最後は“イカ飯”!子供も喜びます!

ここまでいろんな用途でご提案いただければ、ヤリイカも本望!ではないでしょうか。
本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今がちょうど漁獲の旬を迎えたヤリイカ!
皆さまも是非価格の安い今のうちに、いろんな料理でお試しくださいませ!

海幸丸夜な夜な入港中!

2日早朝に初水揚げを行った海幸丸ですが、昨日の昼間にもヤリイカの当たりがありまして、昨晩24:00前に入港、真夜中の荷揚げを行いました。ヤリイカ漁の特徴は、昼間の明るい時間帯に多く水揚げされ、夜は“乗り”が悪いことです。そのため、漁の効率を上げるため、入港・荷揚げは連日深夜となります。
私たち陸(おか)の仕事は、翌早朝のセリにも立ち会いますし、昼は昼で仕事がありますから、ヤリイカのシーズンには、深夜に僅かな仮眠をとっての業務が続くわけです。この勤務形態、慣れればさほど苦にはならないのですが、実は私には少々悩みが・・

私は目が悪く、以前はハードコンタクトを愛用していましたが、無精者のため手入れが続かないのです。そのため目も傷つけたようで、最近はもっぱら使い捨ての“ワンデイタイプ”のソフトレンズを使用しています。それ以来、目の調子も良く、充血も治ったわけですが、この商品、睡眠中の着用は適さないのです。そのため、仮眠のたびに取り外して捨てる、そして起きたらまた新しいレンズをつける、という具合で、日々かなりの数のレンズが浪費され、目のための出費がかさむのです。
だったら眼鏡にすれば・・と言われますが、使い慣れていないし、似合わないうえ、鼻も低いため、ずれ落ちる・・という具合で、今のところ夜の読書くらいにしか利用していません。でも漁期中は何か対策を考えなければ・・と思う今日この頃です。どなたか、いいアイディアお教えくださいませ!
いつもに増してくだらない話題、まことに失礼しました。では、また新しいレンズを付けて出勤してまいります!

宿毛安全操業協議会

土佐清水の沿岸漁業者との安全操業協議会のため、早朝から丸一日の高知出張でした。
ちょうど昨日ですが、当社で起こったアクシデントの関係で、地元の警察の方とお話をする機会がありました。せっかくの機会のため、事故が起きてからでは遅いと思いまして、ついでに近隣道路の危険箇所?について、住民の立場から少しだけご提案、というかアナウンスをさせていただきました。

が、部署や管轄、法規や諸規則、・・等々の問題だそうで、提案が提案としてすら取り上げていただけない!ようなのです。決して苦情をいうつもりも、ダダをこねるつもりもなかったのですが。一つの提案に対して、取り上げられない、つまり出来ない理由が理路整然と3パターンほど即答で出てくる、しかも答えなれている・・!「縦割り行政、事なかれ主義とはこんなもの」と言ってしまえば、それまでの話なのですが、住民の声を、一つの声として吸い上げようともしない組織の仕組みに、子供の自分たちは違和感を覚えると同時に、もどかしさを感じたやりとりでした。住民の声は一つの声として、やるやらない、できるできないは別問題として、頑なに吸い上げようとしない姿勢はどうしたものかと・・。(決して楯突いたわけではありません・・)こんなことをアレコレ考えながらの本日の高知往復の道中でしたが・・

私、どうやら罰が当たったようです。(警察の神様の天罰か?)

会議の帰り道、高知と愛媛の県境付近で、スピード違反で警察(ネズミ捕り)に捕らえられてしまいました。
50k規制の国道で67k、17kオーバーだそうで、減点1点、反則金12,000円だそうです。
警察組織のあり方を云々する前に、自分の行いを正せ!とのお達しでしょうか。
それとも昨日の一件から要注意人物として尾行されていた・・?
何はともあれ、規則は規則、違反は違反です。安全操業の前に安全運転!?
警察の神様、本日はすみませんでした。出直しますのでどうかお許しを・・

中小企業診断士更新研修

恒例の中小企業診断士の資格更新研修が、松山の某ホテルで行われまして参加しました。午前の部、午後の部と座学による講義で缶詰状態!でした。午前中は最近の中小企業関連施策の概要や動向について、午後からは「地域ブランド」について学びました。後半の部では、講師より八幡浜市の事例もご紹介いただきまして、思わぬところで、廃れいく!?八幡浜のまちづくりについて、参加者の皆さまのディスカッションもお聞きする機会もありました。夕方は道後温泉某ホテルにて懇親会、新しい出会いもありまして楽しいひと時を過ごさせていただきました。写真は、毎年この時期に八幡浜へやってくる軍艦「くろべ」です。

台風5号接近中!

DSC02635.jpg

今はまだこんな感じです。が、今夜半が何とも心配です。今日は事務所も工場も“早終い”で、皆さん帰宅しました。今朝“時化つなぎ”を終えた海幸丸は、浜田漁労長、そして今回のNHK番組「男たちのトロール漁」で一躍スターに!?登りつめた川田さん他数名で、徹夜のワッチ(監視)となる見込みです。日本海側を北上する型の大型台風だけに、今後の進路が心配です。

DSC02637.jpg

これから、ワッチの皆さん用の食事を買出しに行ってきます。
それでは全国の皆様も、くれぐれもお気をつけくださいませ。

八幡浜漁協総代会

月末のため朝から給与計算、10:00からは、当社の所属する八幡浜漁協の“総代会”にも出席しました。昨年、近隣の漁協と統合されて、今回が合併後初めての総代会でした。組合員は広い意味では「水産業」という同業種に属するものの、漁法や生産魚種によって規模もマチマチ、いろんな要因もあってこれからの漁協運営もかなり難しくなりそうな様子でした。やはり基本的には、行政や漁協の政策に一喜一憂することなく、「主体的な漁業経営」を目指していく大切さを改めて感じた総代会でした。

白浜小2年生見学へ!

今日は、今年から長男も通っている白浜小学校の2年生20数名が、トロール船の見学にやってきました。今は「生活」という授業があるようで、地域の産業や様々な仕事を見学して回っているとのことです。私も事前にインタビューも受けまして、「魚はどうやって獲るのですか?」、「魚は何匹獲れますか?」などなど、答えるのがとても難しい質問に“おっちゃんタジタジ”でした。皆さん、勉強になったかな?たくさん魚を食べて元気に頑張ってください!

魚‐1グランプリ!

昨日の晴天とはうってかわって雨の降り続く一日でした。いい感じです。夕方からは、八幡浜商工会議所青年部(YEG)の例会事業で、メンバーの皆様を対象に“お魚さばき方教室”が開催されました。その名も“魚‐1グランプリ”!講師役は何と、我が社期待のホープ!トロール市の健康オタクS君(31歳彼女募集中!)です。今日ばかりはS先生!でしょうか?こちらは板についた!指導ぶりです。

まずはS先生のタイとカンパチの3枚おろしのデモンストレーションで場内ウオオォォーー・・!その後は、鯵(アジ)の三枚おろしとお刺身の盛り付けを皆さんにも体験していただいて、委員会対抗でグランプリを決めました。私の役目は“審査員”でした。それにしても皆さん、日頃体験しない包丁さばきで、楽しそうに魚屋気分?を味わっていただいたようで、こちらも楽しい経験をさせていただきました。
事業終了後は、皆さんで作った豪華な“刺盛り”を囲んでの懇親会、その後は担当委員長の一花入魂君たちとの反省会にも参加しました。皆様本当にお疲れ様でした。次回はぜひ“寿司‐1グランプリ”でお願いいたします。魚さばきは、基本さえマスターすればどんな魚種にも応用の利く、まさに一生モノの技術です。今回の事業で興味を持ったあなた!今度はお友達をお誘い合わせの上、トロール市の教室にもご参加のほどどうぞよろしくお願いいたします。詳細はこちらです。

■■”トロール市:お魚さばき方教室”開催案内■■

□募集期間 : 随時募集
□応募人数 : 1グループ最大10名まで(1名様から応募可能)
□場所    : 昭和水産トロール市(愛媛県八幡浜市沖新田1582??3)
□日時    : 応募者と相談の上決定
□内容    : 参加者のご希望を最優先します
□料金    : お1人様1,000円(材料代、お土産のお魚込み)
□連絡先   : 昭和水産トロール市(0894??24??7711)
□注意点   : 水に濡れてもかまわない服装でお越しください(包丁、長靴は当店より貸し出します)

上記以外でご不明な点は別途当社(担当宮本)までご連絡ください。
            → お電話 0894??24??7711(昭和水産トロール市)

今季初ビアガーデン!

事務所で月次決算書や月報の整理等々・・。夕方は調べ物もあって久しぶりに図書館にも行きました。夜はJC関連の集まりで今季初“ビアガーデン”!でした。明日の夜は、八幡浜商工会議所青年部の例会にて“お魚さばき方教室”、例によって当社は“材料提供及び講義?”を担当します。明後日からは、仕事と友人の結婚式を兼ねて上京予定です。“父不在!!”の日々はまだまだ続きそうです。こちらは今日諏訪崎から撮った1枚です。

宇和島出張報告

休漁期恒例?の漁労長との出張でした。今日は宇和島へ某水産高校を訪問、その後は愛媛県水産試験場へも行ってきました。水産高校へは、旧知の先生を通じて若手乗組員募集を依頼してきました。進路担当の先生のお話によれば、3割は進学、4割程度が就職ですが、船関連では内航船や運搬船への希望者が大半で、漁船漁業を希望する生徒はごく僅か・・とのことでした。年々、高齢化していくトロール船の乗組員ですが、隻数が減っているだけに地域の漁労技術の伝承には、若手乗組員の採用、育成が急務の課題です。内から見ても外から見ても、“魅力ある仕事”にしていかねば・・と感じています。

水産試験場へは、昨年増えたといわれるヤリイカの資源状況等について、研究者の方といろいろな情報交換をさせていただきました。研究者にとっては、海幸丸の操業ポイントや漁獲量が貴重な研究材料で、私たちにとっては、海域の資源状況の報告書等は、操業の上で参考となる貴重なデータです。今後もお互いに有益な情報交換ができればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
この機関ですが、いろんな魚の増殖(いわゆる養殖や畜養)なども研究対象のようで、こちらについてもいろんなお話を伺いました。ご存知のように今は、マグロやクエなど単価の高い高級魚の養殖が盛んです。養殖の普及拡大、直接に天然漁業と競合する分野だけに、私たちにとっては結構微妙な・・問題です。天然魚と養殖魚、こちらもある程度棲み分けできる消費状況が理想なのですが・・。今後は、ここ数年相場のよい“アマギ”や“マナガツオ”の養殖も検討されているご様子でした。アマギといえば貴重なトロール漁の対象魚種!私と漁労長、2人で口をそろえて”マナガツオ”のほうをおススメ!!しておきました。以上、報告でした。

謎の金庫!?

写真は昨日の倉庫整理の際に運びだした黒い塊(かたまり)。これは何と、大昔に我が社(当時は「宮本漁業社」)で使っていたと思われる金庫!です。当社では、事務所の1階部分が漁網を仕立てるための作業場になっているのですが、その片隅に長年眠っていた代物です。購入時期は定かではありませんが、おそらくは50年、もしかするとそれ以前のものかもしれません。まさにトロール漁の歴史、栄枯盛衰を知る金庫!といえます。鍵もないため簡単に金庫の中を見ることもできなければ、あまりに巨大なため、運びだすこともできない、まさに無用の長物(倉庫の一部?)となっておりました。が、このたび大掃除ついでについに中を見てみることにしました。
50年前といえば、八幡浜のトロール漁も全盛期!昔といえども“金”庫!ですから、中には大量の札束か、ひょっとすると金塊か、はたまた最重要の機密漁場情報が入っているかもしれません。漁労長が無理やりこじ開けて、そっと中を覗いてみたところ、何と・・・!

木のくずが一杯、詰まっておりました・・
ハイ、お疲れ様でした、浜田漁労長!

それにしても、利用することはまず不可能、かといって処分するにも一苦労、捨てればご先祖様のバチがあたりそうで、何か気がひける・・というわけで少しの間、今度は浜に置き去りに・・
何でも鑑定団に出しても売れないでしょうし、ネットオークションで販売しても輸送コストのほうが高そうやし・・というわけでもうしばらくは、我が社のどこかで保管しておきたいと思います。

正面の扉部分をよく見てみれば、“竹内製造”(Manufactured by TAKEUCHI CO.)とロゴマーク、その下には、“BAKUROCYO”の文字も見えます。別の箇所には“Tokyo”の文字も見えますので、東京馬喰町の竹内さんという方(会社?)が製造されたのは確かのようです。
馬喰町の竹内様、今でも鍵は製造できますか?当サイトを見た折には、(見てない!?)ご連絡お待ちしています。
何を入れるかは別にして、使えるものなら使ってみたい、と思わせる謎の金庫のご紹介でした。

全国底曳網漁業連合会総会

午後から、(社)全国底曳網漁業連合会の理事会及び総会でした。沖合トロール漁業というととても珍しい業種のように思われがちですが、全国には厳しいながらも300隻のトロール船(1艘曳きを含む)が操業していまして、その業界組織がこの連合会です。会合は虎ノ門で行われ、私は総会のみに出席、夕方には終了しましていつもの漁協のIさんと食事をご一緒しました。所属している青年会議所(JC)もそうなのですが、「公益法人制度改革」の影響で、この社団法人連合会(全底連)も会計処理規定の改定等の対応が進められているようです。個人的には、同業同士の連携を密にするためにも、もっと漁法や流通に関する研究会のような企画もあってもいいかなぁと感じています。

味の旬と漁獲の旬

明日からの出張準備や商品納品の手配などをしていました。夕方は先日のJC事業“いろは塾”でお世話になった皆様への挨拶回りで、委員長にも同行いたしました。ここのところ連日、夜の会合が続いていまして、今日も夏祭りのスタッフ会合でした。夕方のジョギングもままならない、というわけで先日は昼休みに少し走ってみました。白昼の真昼間からTシャツ・短パン姿で走っていると、失職したニートのようで気がひけるため、裏通りをこっそりと、ですが・・!八幡浜トレイルランニングでの世紀の決闘?は6月17日です!

旬の魚!というと皆様はどんな魚を連想されますか?一般的には、春のサワラや秋の秋刀魚、冬のヒラメやアンコウといったところが有名です。これらは“季節の味覚”という意味で、魚が美味しくなる季節という意味での“旬”です。
魚の産地には、実はもう一つの“旬”がありまして、それが“漁獲の旬”といわれるものです。こちらは味や脂の乗り具合などとは関係なく、水揚げ量の多い魚を指して使われます。たくさん水揚げされる魚は美味しくて旬!と、必ずしも教科書どおりにいかないのが魚の世界です。水揚げと需要のミスマッチも多く、同じ魚でも季節が変われば、値段が10倍(10分の1)!というのも魚市場ではよくある話です。
産地や季節、漁法や保存方法などで、同じ魚でも味も価格も千差万別です。どうか賢い魚の買い方を身につけましょう!

大野ヶ原竜王神社

昨年の漁期スタート前に、安全・大漁祈願にお参りした大野ヶ原の“竜王神社”に行きました。松山から内子IC経由で四国カルストへ登りました。よほど皆の日ごろの行いが良いせいか、幸い天候にも恵まれました。神殿に向って全員で手を合わせて、今季のお礼、そして来漁期からの航海の安全と豊漁を祈願しました。その後は少し牧場散策、夕方に八幡浜に帰ってきました。

神殿前にて集合写真。来季も航海の安全・豊漁!と、明るい年になりますように!

ヤリイカとバウキャップ?

先日のJC例会でのバスケットボールですが、“アクシデントもなく終了して何よりでした”とリポートしましたが、やはり怪我人は出ていた模様です。整骨院よりもまず病院で診てもらったほうがいいと思うのですが・・。M専務、どうか安静にして早く治してくださいませ。
今日夕方は、昨年から今年にかけて、海幸丸で実施した“省エネ事業”でお世話になったI様が長崎より来浜、地元造船所の先輩と一緒に、私も食事をご一緒させていただきました。写真の話題から原油価格や世界の食料需給、バウキャップとヤリイカの奇妙な関係?最後は我が国の教育、外交、憲法!の話まで、楽しく有意義なひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

しもふり商店街

午後から駒込の営業先を1社訪問、お互いWin-Winの関係で新たな展開につながれば・・と期待しています。貴重なお時間をありがとうございました。次回は八幡浜でお待ちしております。豊後水道南沖にて操業中の海幸丸、今回はアマギがまずまず豊漁の様子です。入港とセリは明日25日、私のほうは神田にて大日本水産会主催の“漁船漁業構造改革総合対策事業要綱要領説明会”(長い!!)に出席予定です。

今日の訪問先までは、駒込駅を降りて歩いて向ったのですが、その際に通ったのが“しもふり商店街”!昔の武家庭園“六義園”の近くですが、大通りを少し入れば魚屋、八百屋をはじめ豆腐屋や銭湯まである下町です。時間もあったため、しばらく商店街の買い物の様子を眺めていたのですが、とても活気がありました。まさに日本の古き良き正しい?買い物風景!です。

店主:奥さん毎度、いらっしゃい。今日は何にします?
お客:イワシにしようかなあ。
店主:今日のイワシ、脂の乗りはイマイチだけど、モノはいいので煮るのにはいいよ。
お客:じゃあそうしようかしら。それとこの金目もいただくわ。頭とワタはいつもようにお願いね。
店主:はいよー。ちょっと待ってね。

と、終始どの店もこんな感じでした。やはり商売の基本は専門業種店。飛躍しすぎかもしれませんが、このコンビニにはない魚屋でのやりとりこそが、地域コミュニティの基盤なのだ!と思いながら眺めていました。学校帰りの子供たちも近くで遊んでいましたし、店主もお客もお年寄りもみんなイキイキと元気、地域の“つながり”が生きているなぁと感じさせてくれる商店街でした。またまた飛躍しますが、仮に大震災が起こっても“しもふり商店街”のコミュニティを持ってすれば大丈夫かと・・!はたまたここには非行や少年犯罪もないはずだ・・と勝手に想像を膨らませておりました。実際はもちろん知りませんが・・。
訪問先のマネージャーの話によれば、この“しもふり商店街”には、全国の商工会から研修や視察に訪れる方も多いとのことでした。ここまで活気があれば納得!です。こんな江戸の下町で魚屋の親父になる人生も良かったかなー、と感じた一日でした。全国の商工会ならびに商店街組合幹部の皆様、次回の視察旅行に“しもふり商店街”はいかがでしょうか?

東京1日目

正午前の便で上京、前回は新橋で昔の友人にばったり!でしたが、今日は八幡浜児童合唱団でお世話になっている作曲家、加藤昌則氏と偶然機内でお会いしました。またご一緒できることを楽しみにしております。午後は営業先を2件訪問、3月末にオープンした“Reバブル”の象徴?“東京ミッドタウン”とやらにも行ってきました。見物ではなく仕事ですが。夜は営業先で食事、もちろんお酒付きですが、活ホタルイカ、大蛤(ハマグリ)、鱒(マス)の巻き鮨などなど、愛媛ではあまりお目にかかれないものをいただきました。明日も引き続き営業が続きます。

メヒカリ天日干し大好評!

昨日に引き続き八幡浜ではライオンズクラブの地区大会、普段は静かな港町ですが、今日は1500名ほどの会員の方々が八幡浜を訪れ、市内も一瞬?賑わっていた様子です。スポーツセンターのメインアリーナで式典が行われ、当社はその会場前にて物産市のブースを出店いたしました。商品は“季節の一夜干し”ということで、天日で干したニギスとメヒカリ!試食販売をしたところ、特にメヒカリが大好評で一瞬にして完売でした。八幡浜のトロール船ならではの“深海小魚”が、ライオンズクラブ会員様の肥えた舌とご年齢(失礼?)に見事マッチしたようです。ここまで好評なら早く定番商品化を準備しなければ・・!お買い上げいただきました皆様、どうもありがとうございました。

八幡浜高校放送部取材

DSC0253.jpg

土曜で市場は休みでしたが、午前中に八幡浜高校放送部の皆さんが取材のため来社されました。NHKコンクールに作品を出展するそうで、テーマとして地元の伝統産業であるトロール漁業が取り上げられました。以前に、魚市場での荷揚げやセリ風景は撮影済みで、今日はその不足分のインタビューとのことでした。午後からは、市内で明日まで開催されているライオンズクラブ地区大会の“特別講演会”にも行ってきました。講師は青色発光ダイオードを発明、一躍脚光を浴びた中村修二さん(地元出身、現南カリフォルニア大教授)でした。感想はまたどこかで・・。

で今日は午前中の話題です。
トロール漁業や魚の仕事、流通の仕組みについて、事前に質問項目を整理されていて、私がそれに答えるといった感じの雑談風の取材でした。漁業のことを取り上げるだけあって、皆さん準備も熱心で、当社サイトのコラムや情報等も学習済みでした。
カメラを回すため、なかなか最初は皆さんもかしこまった様子でした。そこで私は女子高生3人を前に終始“オヤジギャグ”を連発!おかげで!?最後は緊張もほぐれ、楽しい会話(取材か?)になったようです。あとは良い作品を作って、全国大会(NHKホール!?)に行ければいいですねー。おっちゃんも一緒に行こうかな?皆さん、今日はお疲れ様でした。作品完成したら是非見せてください!

13日の金曜日の夜・・

午後から隣町の酒販店経営者が来社されました。私と同世代ですが、日本酒(地酒)の普及に力を入れるため、新規サービスとして地元食材との提携販売も企画されています。とても前向きな方で、事業へのポリシーも強く感じられ、お会いするたびにいつも勉強させられます。今後も協力関係を維持して、お互いの事業に役立つ連携ができればと思います。これからもよろしくお願いいたします。詳細はまたご報告いたします。
夕方は、ソフトボール(リーグ戦)の初戦!の予定でしたが、メンバーが揃わず中止に・・ジョギングに出ようかと思いましたが、いろんな?誘惑に負けて止めてしまいました。今日は13日の金曜日。夜、子供も寝静まって自分の部屋で優雅に本を読んでいたところ、突然家内の叫び声が・・・!

とうとう出てしまいました。私の一番恐れるアレが・・

今季初めての百足(ムカデ)です。

デスク横の障子をつたって天井方向へ北上してました。
しかも10cm超のビッグサイズではないですか!!

新聞片手に格闘すること数分・・。ようやく退治完了しました。
暖かくなったため、数日前から昼間に裏の窓を開けていたから忍び込んだのか。
このところ湿気も多かったし、隙間だらけの古い家やしなぁ・・
供養のためにムカデの写真も小さく掲載しておきましょう。

250px-Centipede.jpg

田舎者のくせに実は蛇行系の生き物、特に爬虫類や節足系が大の苦手でして・・
またまた寿命が縮まる思いをしました。
それにしても初ムカデにしては大きくて・・困りました。
今年の夏、どうか蛇(へび)にだけは出会いませんように・・

公務員並み!?

4月10日、今日は月に一度の火曜の“休市”、午後からは一件松山の加工業者さんまで配達に行ってきました。八幡浜魚市場は基本的に毎週土曜が休みですが、大阪、築地といった消費地市場は公務員並みに!何と日曜・祭日に加えて、第2・第4水曜までが定休となっています。消費地市場の休みが増えると、その前日は産地で出荷が出来ないわけで、仕方なく休市前後の入港・出荷となり、量も増えるため相場もダブつくという悪循環に陥ります。市場流通のシステムの中で、消費地市場の増え続ける休みは、産地市場と漁業者泣かせ以外の何物でもない気がします。安定供給が市場の使命であるはずなのに・・。関係者の皆様、どう思われますでしょうか?

海幸丸船員、不在者投票へ!

4:30に海幸丸入港でした。今回の漁場は高知沖ということで、赤、青、白、黒・・と久しぶりに色とりどりの豊富な魚種構成でした。総数は1500箱、チダイなど丸魚の相場はまずまず、白ムツ、ニギスなど原材料(ツブシ物)は普段どおりですが、こちらは価格よりも量重視ですのでこんなものかと・・。荷揚げ後は乗組員の投票を済ませて10:00に出港しました。今日はまた、NHKのディレクターとカメラマンの計3名が、取材のため乗船しました。先般の“四国羅針盤”(2006年9月22日放映)に続いての取材ですが、今回は50分ほどの番組となるそうです。詳細についてはまたお知らせします。はたして今度はどんな番組になることやら・・。

来る8日(日曜日)は県議会議員選挙の投票日、ということで出港前に気の進まない、ほろ酔い気分の海幸丸乗組員を連れて、恒例の?不在者投票にも行ってきました。いつも数台の車で市役所を往復するのですが、漁師にとっては投票手続きも慣れない大仕事でして、なかなかの“珍道中”となります!で、いつも私が保護者役を務めています。
大声で候補者の名前を言って確認、暗記?する者、漢字の書き方を心配する者、自分の名前や社長の名前を書こうとする者!?等々・・。いろんな方がおられます。が、何はともあれ投票行動は国民の義務!これからも面倒くさがらずにどうかよろしくお願いします。

ニギスの天日干し

4:30に海幸丸入港、今回は不調でした。まとまった魚はコウイカの100、ニギス(オキギス)の290のみ、他はマダイやアマギ、モンダイ、ヒメチが少量ずつでした。今朝は早朝から八幡浜高校放送部の皆さんがトロール船の取材に来られまして、市場案内から荷揚げや魚の説明などもさせていただきました。番組を製作して放送コンクールに出品?するそうです。是非良い作品を作って全国大会まで進んでください!海幸丸はすぐに出漁、次回は金曜の入港予定です。

ニギスだけが豊漁!しかも格安(トロ箱1ケースで1000円あまり!)というわけで、会社の屋上で天日干しをつくりました。冷たい風で美味しい干物ができればいいのですが。キスに似るためニギス(似ギス)といいますが、オキギスともよばれます。特に天日干しや南蛮漬けが美味しい魚で、高知沖で水揚げされるため、メヒカリと並んで高知ではよく土産物で売られています。こちら社長命令で借り出され、“ニギス干し”を手伝う息子たち。なかなか楽しそうにやってました。はたして味のほうは・・?乞うご期待!


省エネ普及説明会

13:00から省エネルギー技術導入促進事業の普及説明会に出席しました。銀座一丁目から会場のある西新橋へ歩いて向ったのですが、六丁目付近で大学の同級生にばったり!ビックリしました。同じゼミの友人で、彼の結婚式に出席して以来、実に約9年ぶりの偶然の再会でした。正午前だったため、昼食も一緒にいただきまして、いろいろと昔話やお互いの近況報告も。大手飲料メーカーの洋酒担当主任で、ソムリエ?にもなって頑張っている様子でした。楽しいひと時をありがとうございました。子供はやっぱり一姫二太郎!?、頑張ってください!

今回の省エネルギー技術導入促進事業は、全国から省エネに資する取り組みを公募して、採択されればば実証試験経費の助成(50%)を受けて着手、という事業です。そのため、事業実施主体には、様々な報告書の提出も義務付けられています。今回の説明会は、事業の成果を全国に普及させるために、全国の漁業者を対象に事業概要の説明を行うものでした。当社以外には、漁業運搬船での省エネ改造事例、抵抗低減漁具(網)の利用による省エネへの取り組みの2事例も同時に紹介されました。今回の説明会で、省エネ事業関連の業務は全て終了です。地元造船所のNさんをはじめ、ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
説明会後は、全国底曳網漁業連合会(トロール漁業の全国組織です)の理事会及び総会も行われました。燃油の高騰や漁船の老朽化で、依然として厳しい経営環境ですが、水産物の安定供給のために国が進めている“漁船漁業構造改革”に関する事業の説明等もありました。企業としての自助努力がベースとなるのは当然ですが、トロール漁業自体が国の許可事業であるだけに、政策や事業の方向性については今後も注視していく必要性を感じた会合でした。また戻って整理してみたいと思います。
夕方は、出席していた漁協の皆様と食事、明日昼の便にて帰省いたします。

省エネ実証試験報告

img_tennai01.jpg

午前中は昨日取りまとめた資料の準備、西新橋にある底引き網(トロール)業界の組合事務所を利用させていただきました。その後は赤坂の会場へ移動、昨年から進めてきた“省エネルギー技術導入促進事業”について、事業評価委員会にて最終報告が10:00より行われました。今回は、専門家十数名を前にした技術面中心のプレゼンでした。いつもお世話になっている造船所のN先輩、データ不足の中での資料作成と発表報告、本当にお疲れさまでした。会議終了後は、実施主体の漁協のIさんと3名で原宿にて昼食、長年お取引をいただいているレストランにて名物ランチをいただきました。さてそのランチとは・・?

フォアグラと煮穴子の丼 1,600円 (税込1,680円)! です。

day_photo3.jpg

ぜひ召し上がってみてください!

こちらマスコミ等にもよく登場する、いつも満席の隠れた名店です。
海幸丸の天然魚を使ったディナーもどうぞよろしくお願いいたします!
お店の詳細は、当ブログ「直送レストラン」でもご紹介していますので、こちらもご覧くださいませ。

新和食 ルチアさま

〒150-0001 渋谷区神宮前1-10-9 オンデンフラットビルB1
お問い合わせ:03-5413-2733
ファクシミリ:03-3405-2832
http://www.lucia.co.jp/

出張1日目

14日に行われる“省エネルギー技術導入促進事業”の評価委員会に出席するため、今日から2泊の予定で東京へ。午後からは魚のお得意様を1件訪問、夜は旧友と新宿で食事してきました。美人の奥様にもどうぞよろしくお伝えくださいませ。明日は14日のための最終資料作りと打合せ、久しぶりに国会図書館で作業の予定です。

船員給与計算

明日から沖は時化模様のため、海幸丸は一足先に月末の”給料休み”をとることとなりました。入港は明日早朝というわけで、今日の昼間は急きょ、船員給与の計算と準備に追われました。
夕方からは、青年会議所の公式訪問例会!?に参加するために、愛媛県を西から東へ横断、伊予三島(現四国中央市)まで行ってまいりました。先輩メンバーの車に便乗させていただきましたが、車種はフォルクスワーゲンのビートルカブリオレ!お洒落な車ですが、乗っているのは30代の男4名です。せっかくですので私も50kほど運転させていただきました。ありがとうございました。21:00までの会合のみの出席でしたが、帰宅は午前様でした。皆様、お疲れ様でした。

給与の話題ですが、当社では船員給与は全て“現金”です。今のところは、漁獲物の現物払い!は何とか免れております。振込みではなく現金という意味での“現金支払い”です。会社としては振込みのほうが手間もかからず良いわけですが、陸での月に一度の休みを豪快に遊びたい船員さんたちには、現金でないと給料の意味がないのです。いろんな意味で・・。給料休みというくらいですから。というわけで、船員給与に限ってはこの仕組みを未だに続けているわけです。
今では現金払いの形をとる会社はかなり少ないはずです。父が給料を持ち帰って玄関で出迎える家族に渡す、母はそのお給料を仏様や神棚にお供えする、という習慣は、日本のお父さんの威厳を家族全員に示すための、古き良き伝統の儀式!だったはずなのですが・・。残念ながら今では、その絶好の機会がなくなってしまっています。自分も含めて・・。ちなみに我が家も銀行振り込みです。

こんなことを考えていると、2年ほど前の”サラリーマン川柳”に、

父見捨て 子どもプレステ 母エステ

という、笑えそうで笑えない傑作があったことを思い出しました。

“父性の復権”、そして”教育の再生”を図るためには、企業にこの現金支払いを義務付ける、というのはいかがでしょうか。我が社の船員給与のように・・!!
といいましても当社の場合は、父親の尊厳誇示のためではなく、乗組員の遊び、具体的には酒やパチ○コのための軍資金、または鬼嫁からの財の保全が目的の現金払いですから、父性もヘチマもありはしませんが・・。

川柳と一緒に、数年前に読んだこんな本も思い出しましたので、ついでにご紹介させていただきます。

412101300.jpg

「父性の復権」林道義著(中央公論社)

海幸丸乗組員の皆様、明日から1日の“月末給料休み”!大切なお給料をくれぐれも使い果たしてしまいませんように・・。

省エネ現地調査2日目

今日の八幡浜は風が強くてとても寒い一日となりました。午前中は昨日に引き続き、“省エネルギー導入促進事業”の現地調査。当社にて、専門家の先生方から浜田漁労長への聞き取り調査が行われました。その後は実船の改造箇所(バルバスバウ)や操舵室等を見ていただいて、今回の現地調査は無事終了となりました。今後は3月に東京で“評価委員会”が開かれ、今回の実証試験報告を行う予定です。
調査終了後は、予定通り海幸丸は正午に出漁。今回は久しぶりに高知沖漁場での操業を計画しております。順調に操業できれば次回の入港は18日(日)となります。

省エネルギー事業現地調査

DSC02420.jpg

本日“バレンタインデー”、というわけで朝出社してみると、私の執務室のデスクには若い女子社員からもらったGodivaの包装紙がズラリ・・・。失礼しました、妄想でした。当社には、執務室もなければ洒落たデスクも、若い女子社員すら一人もいませんでした。
そんなことより昨日から八幡浜は大荒れの天候で、海幸丸も操業続行が不可能となり、本日昼には急きょ帰港いたしております。とてもバレンタインデーどころではありませんでした。漁獲物700箱のセリは明日の朝、出漁は正午の予定です。ちなみに今日も夕方からは、秘密の権現山高地トレーニングに出発!本日のBGMは、クナッパーツブッシュ指揮ブルックナー5番でした。上は今日唯一いただいた大好物のトリフチョコレートとワインです。

DSC02422.jpg

本日午後からは、“省エネルギー導入促進事業”の現地調査と会合が行われました。出席者は水産庁や水産研究所からの来客5名、残りは所属する漁協の役員及び担当者、また本事業を企画段階からサポートいただいた地元造船所の方、そして当社から3名の計13名でした。
今回の事業は、原油価格の高騰に伴い、全国の漁船へ技術・ノウハウの転用を図るために国が推進している事業です。概要としては、燃費効率向上のために企業・団体が取り組む革新的な研究開発に対して、国(水産庁)が研究費・設備投資額の一部を助成するもので、当社が造船所の支援を得て応募、採択されて進められている事業です。
具体的には、昨年の夏に海幸丸の燃料コストの削減を図るために、大型水槽にて模型実験を行い、それに基づいて船体2箇所に一部改造を加えるというものでした。漁期解禁前の昨年8月のドックイン時に改造を施し、今季は操業実績と燃油使用量の観点から様々な効果を測定しています。今日の現地調査では、造船所から事業の“中間報告”という形で、水産庁に対する実績報告が行われました。
当社の調べでは、現時点で例年に比較して1割程度の削減効果が確認されており、実施して良かったというのが今のところの私の率直な感想です。ただしその成果を報告書として取りまとめ、全国の漁船漁業への普及を促すためには、より具体的かつ説得力のある資料が必要とのことで、その点に関しては作成者の腕の見せどころといえます。今日の会合の意見を踏まえ、より一層ブラッシュアップした上で最終報告書として取りまとめ、3月中旬に東京にて研究報告・成果発表が行われる予定です。今回は、私も営業活動を兼ねて上京の予定です。
造船所はじめ所属漁協の皆様、今後とも引き続きご協力をよろしくお願いいたします。ちなみに明日は、現地調査2日目ということで、研究者による実船の見学及び漁労長からの聞き取り調査が行われます。“中休み”中の浜田漁労長、今夜のお酒はほどほどに・・!明日の聞き取り調査はどうかよろしく頼みます!

営業社員研修

早めに休みをとりましたので、まだ少し熱っぽいものの昨日のような体の“だるさ”はない様子です。今日は、地元の先輩から依頼を受けた業務で午後から松山へ。介護関連の某ベンチャー企業の営業社員研修の1コマを担当させていただきました。診断士に関連する経営戦略や事業計画の話題、日々の業務である水産物流通(営業)に関することを中心に、約1時間お話をさせていただきました。驚いたのは、営業社員の皆様の意識の高さと熱心さ!!私の話す拙い異業種の話題にも数々のご質問をいただきました。ちなみに、本日出席の約20名の営業社員の平均年齢は30歳とのこと!やはり伸びる会社は違います。私のほうが勉強させられた1日でした。

トロール市新年親睦会

海幸丸は早朝4:00に入港、中2日の航海でした。今回は一時、鹿児島沖まで出かけたものの漁模様が不調で、昨日にはいつもの豊後水道南海域に漁場変更して操業しました。今朝の水揚総数は1200箱。まとまった魚種ではがアマギ750とカマス130のみ、あとはマダイやメッキ、エソ等が少しずつ・・といったところです。普段は高値で取引されるアマギですが、今回は一度に“大乗り”してしまい、品質が若干落ちていました。そのために、相場も“上々”とまではいきませんでした。それでもまとまった水揚げがあっただけも、漁の神様に“感謝”しなければいけません。

本日ですが、直売店“トロール市”の新年会(レクレーション?)を行いました。当社の場合、年末は海幸丸、直売店ともに繁忙期でして、31日まで息つく暇がない状態なのです。そのため毎年、漁労部も流通部も“忘年会”を行うことができません。というわけで、例年直売店のほうはこの時季に親睦会を行っています。今日は普段より早めに“店じまい”しまして、平日の昼間からおっちゃん5人でボーリング!(ちょっとあやしいか!?)私も約半年ぶりにボーリングを楽しみました。

2ゲーム行いまして結果は・・・不調!でした。
2ゲームのアベレージで150少々、という自分としては散々のスコア!
ベストスコアは240アップの私、普段はアベレージでも170??180程度は楽に出せるのですが・・。
次回、頑張ります!

DSC02325.jpg

ボーリングの後は、毎朝当店に魚を買いに来ていただく居酒屋“味わいダイニング敬”へ。
約3時間の交流親睦会でした。写真はお店のカウンターと大将!

DSC02323.jpg

こちらは、昨年8月入社のS君(30歳独身・・・)
仕事も性格もまじめ一筋、健康マニアで抜群の脚力を誇るスポーツマンですが、
若干オタクっぽい趣味があるようです。
現在、彼女募集中です!どなたか、、よろしくお願いいたします!

海幸丸のざこてん

海幸丸は4:00に入港、まとまった魚種はヤリイカ、アマギのみで総数は800箱程度でした。中1日の操業ですので、今の相場からすれば“まずまず”といった感じでしょうか。昨晩も委員会でけっきょく遅い帰宅でしたが、今朝も3時起床!のはずが“2度寝”して気がつけば3時50分!何れにしても睡眠不足です。明日からは1泊で京都へ!毎年恒例の“JC京都会議”です。夜はお店巡り!?昼はお寺巡り・・の予定です。

トロール船で水揚げされる魚種ですが、水産研究所の専門家によると、その種類は実に130種類にも及ぶそうです。市場で取引される魚種はそのうち3分の1程度。中でも小魚が豊富なのが底曳き漁の特徴です。
この豊富な原材料を背景に発展したのが、地場産業の中核ともいえる水産加工業(蒲鉾・天ぷら)です。八幡浜でも30を越える蒲鉾業者があって、それぞれに味の違いやこだわり、特徴があって食べ比べてみるのも楽しいものです。八幡浜の特徴を生かした古くからの名産品ですので、ご家庭用、ご進物にぜひご利用くださいませ!
下の写真は“じゃこてん”(天ぷら)の原材料となる“小魚たち”です。今回は八幡浜の代表的な小魚2種類をご紹介します。

ヒメチです。ヒメジともいわれて、一航海平均20??30箱程度水揚げされる底魚です。大きいサイズは鮮魚としても取引されています。フランス料理でよく利用される魚に“オキヒメチ”というのもありますが、この魚とは若干種類が違います。ヒメチの特徴は、身が柔らかくて甘いこと!サイズが大きければ塩焼きが抜群に美味です。色も赤で奇麗ですので、一品料理にはうってつけです。見た目とは違って若干骨が硬いのが難点ですが・・。この魚を原料に作った“じゃこてん”も柔らかくてとても美味しいです。

こちらはトラハゼ!見ての通りトラのような茶色の紋様があるので、この名前がついたのだと思われます。こちらもヒメチ同様の水揚げ量ですが、ヒメチよりは身がしっかりしています。地元では塩焼きよりも天婦羅・フライでいただくことが多い魚です。
ちなみに下は同じハゼですが、色が赤いので“赤ハゼ”と呼ばれます。こちらの魚は鮮魚として流通されることはほとんど無くて、もっぱら天ぷらの原材料のようです。

ちなみにこれらの小魚を総称して“雑魚”(ざこ)といいます。昔は、口げんかをする時によく使った(使われた?)ものですが、今の子供も使うのでしょうか?よく分かりませんが・・。そもそも“じゃこてん”の“じゃこ”の語源はこの“ざこ”から来ているのです。ですから本来なら“ざこてん”です!今や“じゃこてん”は都会でも大人気ですので、この“ざこてん”のネーミングで売り出してみるのも面白いかもしれません。
原料は100%自社トロール船“海幸丸”で獲れた宇和海もの!網元漁師がトロール漁生き残りをかけて開発する起死回生の新製品“ざこてん”・・!
いかがなものでしょうか?

地域中小企業支援センター

朝は会社で通常業務、午後からは大洲商工会議所で中小企業支援センターの会合、夜はJC委員会に出席しました。終了後は、委員会メンバーの皆様で新年の懇親会をかるく!行いました。
大洲商工会議所で行われている地域中小企業支援センター、私も中小企業診断士として週に一日、経営の窓口相談業務を始めて丸3年が経ちます。この制度ですが今回、国の政策転換で(早い話が予算の削減ですが・・)来年度以降はなくなってしまう模様です。もちろん県(松山)や国(高松)の支援拠点は残りますが。八幡浜や大洲市のように、中核都市が比較的遠い地域の事業者にとっては、診断士や社会保険労務士、税理士などの専門家の相談が気軽に受けられる、身近な支援拠点だっただけに残念です。地方の事業者も有益な情報は自ら中央に取りにいく時代!当然といえば当然なのですが・・。
海幸丸は明日早朝入港予定です!

2006年大晦日

トロール市の年末の売り出しも大きなトラブルもなく、無事終了しました。今年はノロウィルス騒ぎもあって、お刺身物の需要がどうかと心配していましたが、港町のお正月にはあまり関係ないようで、ハマチ、タイともに例年並みの売れ行きだったようです。ご来店ならびにお買い上げいただきました皆さま、どうもありがとうございました。
毎年のことですが、大晦日には今年1年の反省をして来年の豊富をゆっくりと整理したい・・と思ってはいるのですが、3日間の慣れない?ハマチとの格闘で疲れてしまい、計画・反省はいつも新年に持ち越しです。というわけで、お正月にゆっくりと考えます。何はともあれ、来るべき年も実りある、良い年としたいものです。写真は会社前の海幸丸と今年最後の夕日。

ハマチと格闘!

年末売り出しの3日間は、私も朝からハマチやタイと格闘!です。2枚卸し、3枚卸し、お刺身調理・・・何でも無料でお任せください!というわけでキーをたたくのも痛いくらい手が腫れていますのでこの辺で。写真は売り出し終了後の店頭。

第6回お魚さばき方教室開催

消費の影響か、好天が続きすぎるためか、蒲鉾の原材料“水エソ”の相場がパッとしない状況です。相場も先週をピークに、本日の価格もやや低調気味でした。相場だけは会社の努力ではどうしようもないだけに、まさに“神頼み”です。今日の午前中は、好評の“お魚さばき方教室”!通算6回目の開催で、奥様4名が参加されました。焼き魚のエラ・お腹だし、2枚卸し、3枚卸しと魚の基本的な調理の仕方を、勉強していただいていますがなかなか好評で、幼稚園の奥様方を中心に口コミで広がっています。ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。ご興味のある方は、当店までお気軽にお問い合わせください!

昭和水産トロール市
0894??24??7711(担当宮本まで)

小型冷凍ショーケース

DSC01929.jpg

忘年会シーズン真っ只中です!今日も夜は愛媛新聞主催の“愛媛経済研究会”の忘年会に出席しました。いろんな方面の先輩方とお話をさせていただきました。八幡浜はご存知“みかんと魚のまち”ですが、今年はみかんの相場も”上々”のようで、珍しく?明るい話題で花が咲いておりました。異業種の方からも私たち生産者を気にかけていただけることは、とてもありがたいことでまさに感謝!です。皆様、楽しいお酒をありがとうございました。海幸丸は明日早朝に入港します。

今季は豊後水道南沖で車エビが豊漁です。例年ですと多いときでも一航海で10??20ケース前後の水揚げですが、今季は50ケースを越えることもあるほどです。“近海、天然、特大、生鮮”!と三拍子も四拍子も揃った高級品ですが、水揚げが多いため現在“相場安”になっている状況です。そこでお正月には是非、この高級車エビを皆様に召し上がっていただきたいと、現在年末売り出し用のレンタル可能な“小型冷凍ショーケース”を物色中です。今日も友人が少し前まで(ある目的に!?)使っていた、現在未利用のショーケースを3人がかりで持ち運んで調べてみたところ、すでに“使用不能”!とのことでした。残念でした。どなたか美味しい車えびのために貸していただけないでしょうか。情報お待ちいたしますので、どうぞよろしくお願いします!

事業承継シンポジウムin愛媛

hyoushi_bic.gif

海幸丸は豊後水道南沖でヤリイカ、水エソを中心に操業中です。次回入港は明後日(水)の予定です。
今日は午後から、松山の全日空ホテルで行われた“事業承継シンポジウムin愛媛”というセミナーに参加してきました。国(中小企業基盤整備機構)では、中小企業における円滑な事業承継を進めるために、事業承継についての支援施策も講じているようです。団塊世代がまとめて退職を迎える“2007年問題”は、何も役所や大企業、サラリーマン社会だけの問題ではないようです。

シンポジウムによれば、中小企業における経営者引退の平均年齢は67歳、以前は9割を占めた親族内承継も、今では6割まで減っていて、代わりにM&A(合併・買収)による事業存続が増えているようです。創業者がせっかく一代で築いた優良企業も、事業承継の失敗で経営が困難になる事例も多いようです。その原因としては、営業や現場で時間を労するあまり後継者が会社の財務内容を把握していないケースがとても多いとのこと。また、しかるべき時期に経営上の大きな転換点があればスムーズに進む事業承継ですが、転換期がない比較的安定した経営環境下では、なかなか世代交代が進まないというお話もされておりました。
あと興味を持って聞いたのが、“経営戦略と税金対策”の関係について。特に地域(田舎の?)の中小企業の場合、経営戦略よりもついつい税金面の対策を重視しがちで、そこに落とし穴があるかもしれないと・・。あくまで、優先すべきは経営の理念やビジョン、つまりは戦略であり事業計画!そこは全く同感です。人の仕事の寿命はせいぜい50年ですが、理想の企業体はやはり“ゴーイングコンサーン”(永続企業体)であるべき!久しぶりにこの用語を聞きました!関係者全員がハッピーになる事業承継を常に考えたいものです。

さーて、ではわが社は・・・!!?立ちくらみがしてきました。
セミナーの資料に“事業承継ガイドライン20問20答”という手引書をいただきましたので、早速読んでみることにします。
ご興味のある方は下記からどうぞ。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/shoukei20/index.htm

モビリオスパイク

午前中から松山へ加工品の納入に行ってきました。通常は、専門の物流会社のクール便で配送していますが、今回は量も多いため自走しました。お供は営業用のわが愛車“Honda モビリオスパイク”です。普段は市内を移動するのに使う程度のため、今回は久しぶりの遠出でした。最近CDも聞けるようになって、より快適になりました。もちろん弊社のロゴとアドレスで会社のPRもしています。なかなかいい感じです。記念にブログデビュー!?させておきましょう。海幸丸は明日早朝の入港予定です。

オイルヒーター

DSC02137.jpg

金曜の今日は“中小企業支援センター”の当番日でした。中小企業診断士としての数少ない?業務の一つです。12:00からは八幡浜に戻って昼食時間を利用したJCの次年度委員会に出席、その後は大洲市のK小学校へ、小学5年生の行っている“お菓子作りコンテスト”の審査員として参加してきました。小学生のアイディアと発想、着眼点は本当に面白いものです。

夜は今年一発目の忘年会、今日は八幡浜商工会議所青年部の忘年懇親会に、JCより来賓?として出席させていただきました。来賓といいましても、私の所属する人間力開発委員会が担当している“八幡浜青年協議会”の事務局としての参加です。ところが若輩者にもかかわらず・・、余興のクイズで正解して豪華な景品を当ててしまいました。デロンギ社のオイルヒーターです!電化製品にも疎い私は知りませんでしたが、家内いわくかなり重宝する製品らしいですね。ありがたく使わせていただきます。ラッキーな一日で、嬉しくなってついつい3次会までフル出席!久しぶりの“午前さま”でした。飲みすぎには要注意!!以後気をつけます!

PIQUADRO NIKOLAI

今日で11月も終わり、明日からはとうとう師走です!海幸丸は予定通り今朝10:00に八幡浜港を出航しました。シーズン本番だけに、怪我や故障には十分に注意してほしいものです。次回の入港は3日(日曜)の予定です。

毎年この時期は、手帳の入れ替えでどうしようか?と悩む季節です。私のお気に入りは大きくて余白スペースが広いデスクノートタイプのものです。ここ2,3年はB5版の“マーケティングダイアリー(日本法令発行)”という製品を使っていました。胸のポケットに入るような小型サイズも便利なのですが、いろいろな秘策?やマル秘アイディアをたくさん書き込みたい自分には向かないようです。また常に鞄を持ち歩かないと落ち着かないタイプのため、どうせ鞄に入れるなら手帳も大きいものでも良いかと・・。
以前は、本皮製のお洒落な?システム手帳を使っていて、もちろん今でも持っているのですが、重い、かさばる、仕事柄、魚の鱗(ウロコ)にまみれる・・等々の理由で最近は市販のものに変えていました。つまり実用性や利便性で選べばデスクダイアリー、希少性やオリジナリティを重視すれば、“my本皮システム手帳”となるわけです。

で来年なのですが・・久しぶりに復活することにしました!お洒落な!?my本皮手帳を。6年ほど前にウィーン旅行中に購入したイタリア製品で、“PIQUADRO NIKOLAI”というメーカーのものです。

前と後にはお洒落な刺繍のデザインも施されている上、ポケットも多いため、いろんなカードや書類、名刺の収納には優れています。ただとにかく重い、、特にハードカバーの書籍数冊と一緒に持ち歩くと、結構きついのです。はたして今度は何年続くことやら・・。あとはこのシステム手帳に負けないだけの仕事をするだけ・・でしょうか!?

多摩川の蝙蝠

午前中に日本橋の営業先を一件訪問、昼は久しぶりに淳久堂書店でゆっくりと調べ物と本探し、少々まとめ買いをしてしまいました。夜は、お取引いただいている池尻大橋のイタリア料理店へ食事に行きました。とても気さくな名物シェフNさんもお元気そうでしたし、お店も満席のご様子でした!美味しい料理とワインをご馳走様でした。上は夕刻の多摩川。土曜ということもあってサッカーやミニコンサート、バーベキューなどなど、河川敷も賑わっていました。うっすらと写るのは蝙蝠(こうもり)!です。東京出張最終日でした。

魚の数え方

海幸丸は豊後水道南沖、古満目沖で順調に操業中です。今日は1日、事務所で出張準備や書類の作成などをしておりました。今日お客様からブログ経由で面白いご質問をいただきました。「どうして魚は1匹、2匹なのにイカやカニは1杯、2杯と数えるのか?」というものです。皆さんはご存知でしたか?実は私もこれまで理由を知らずに何気なく使ってきたのですが、よい機会なのでちょっとインターネットで調べてみました。ちなみに写真は”1匹のワタリガニ”!

http://www.mosimo-pocket.com/report/0023
によれば、イカの胴体は逆さまにすると水を入れる器、お椀のような形をしているため、そう呼ぶようになったらしい?のです。
同じようにタコやカニも1杯、2杯と数えますが、たしかにタコも何となく器っぽいですし、頭には間違いなく水がたまりそうですね。

カニも甲羅があるため、水が、いや酒もたまります。カニの種類によっては“甲羅酒”などもありますし・・。
同じ甲殻類でも水のたまりそうにない車えびなどは1杯、2杯とは数えません。
このサイトを読みながら、実はもう一つ感心したことがあります。それは、“死んだイカやカニしか1杯、2杯とは数えない”というものです。
生きているイカは1匹、2匹なのです。たしかに水族館でみるイカを1杯、2杯とは数えないですし、釣り人にしても、「今日はアオリを3杯釣った!」とはいわないですね。やっぱり「3匹釣った!」です。

つまりこちらは“2杯のコウイカ”ではなくて“2匹のコウイカ”。

でもこちらの写真はどうみても“4匹のヤリイカ”ではなく“ヤリイカ4杯”です。

同じことは魚でもいえそうです。店頭に並んだ丸魚は普通1尾、2尾と数えますが、生きている魚や泳いでいる魚は、1尾、2尾とは数えません。
1尾といえば、感覚的に店頭に尾を揃えて並べられている丸魚をイメージしてしまいます。
日本語は面白いですね!得した気分になった1日でした。
コメントをいただきましたお客様、どうもありがとうございました!

地域ブランド講演会

13:30から市役所で行われた“地域ブランド”についての講演会に出席しました。講師は、私も以前からお世話になっている松山の経営コンサルタント、東矢憲二先生でした。現在、国(経済産業省、特許庁)は、地域再生の一環として“地域商標”の登録を奨励しており、今回は地域ブランドの意義や役割、ブランド戦略の構築手法などをご講演いただきました。地域ブランドの成功事例や企業経営の視点からもお話をいただき、とても分かりやすく意義ある内容でした。貴重なご講演をどうもありがとうございました!
海幸丸は豊後水道南沖で操業中です。明日早朝の入港予定です。

ブランドの語源は古代ノルウェーで、放牧している牛や羊に施した“焼印”を意味する言葉とのこと。最近は、地域の異業種の事業者が協力して、地域の独自イメージをもとに“統一ブランド”を作る動きが盛んになっています。講演では、地域ブランド成功への鍵として、“存在感、信頼性、一体感、物語性、第3者評価”という5つの要因が挙げられていました。八幡浜は、柑橘、魚、蒲鉾(かまぼこ、じゃこてん)、和菓子、地酒と地場産品が豊富です。八幡浜で新たな地域ブランドを作るなら、これらの業種横断的なブランド構築が良いのではないかとのお話でした。
全国に浸透する地域ブランドの構築には一定の規模が必要です。そのためにはブランド認証の対象範囲を広げ、様々な業種からの参加を募ることも大切ですが、あまりむやみに対象を広げハードルを低くしてしまうと、信頼性と付加価値が下がることになってしまいます。逆に狭い範囲に限定してハードルを高くすれば、認証数が少なくなり、統一ブランド本来のメリットが生かされないという難しさもあるようです。特に八幡浜の場合、柑橘や水産練り製品を中心に、すでに全国ブランドとして評価されている産業も多いだけに、新しい地域ブランドをどう位置づけるか、コンセプトメイクが大事だと感じました。そういう意味では、異業種の連携や共同化なども認証の用件にしても良いのではないかとも思います。
民間事業者と行政が連携するのはもちろんですが、ブランド構築から評価の仕組み、ブランドの管理や維持にいたるまで、適切な“仕組みづくり”が成功の絶対条件!ではないかと講演を聞きながら考えておりました。今、八幡浜商工会議所青年部では、“八幡浜ちゃんぽん”を全国に売り出すプロジェクトが進行中とのことです。これなどはまさに“地域ブランド化”ですね。成功事例で取り上げられていた“横須賀海軍カレー”に負けないように頑張ってください!応援しております!

豊予市で海鮮バーベキュー

今日は、豊予社が毎年行っているイベント”豊予市”に参加しました。当社の担当は”海鮮バーベキュー”。ウチワエビやイカ、アジの一夜干しなど天然素材を使った海幸丸ならではのコーナーです!炭をおこして焼いたのですが、熱がこもってとても暑い、いや熱かったです。他にも焼きそばやじゃこてん、生ビールのコーナーもあって大盛況でした。それにしても、地域に根ざしたイベントを10年も続けてていらっしゃる豊予社さまはすばらしいです。私たちも見習いたいものです。写真は、バーベキューをお手伝いいただいた豊予社の皆さんと当社の社員です。

航海安全・大漁を祈る

昨日からの修理は今朝7:00に無事終了。今日7:30より毎年恒例の船員記念撮影と“出漁式”を終え、海幸丸は予定通り午前8:00に八幡浜港を出航いたしました。今年は整備が遅れたものの、無事出漁の日を迎えることができたのは関係者の皆様方のご支援の賜物です。感謝申し上げます。また今日は早朝にもかかわらず、多くの皆様に出漁のお見送りをいただき本当にありがとうございました。

初航海の目的地は鹿児島沖です。現在の予定では3日に鹿児島で漁獲物を転載して、4日の八幡浜市場で初セリの予定です。今期、解禁日である9月1日から出漁したのは、当社の海幸丸一統のみでした。燃油高騰の中ですが、八幡浜のトロール漁業を守っていくためにも、乗組員と会社が一丸となって頑張っていきたいものです。

今回の航海に放送局のディレクターとカメラマン2名も乗船して出航しました。トロール漁業の経営、生き残りへの取り組みを漁業の現場からリポートする・・という25分番組で当社が取り上げられます。果たしてどんな番組に仕上がっているのでしょうか?放送予定、番組名は下記のとおりです。

□放送予定 9月15日 19:30??(25分)
□番組名  「四国羅針盤」(NHK)

下は見送られて出漁する海幸丸。「祈・航海安全!大漁!」

航海安全・大漁祈願

今日は、四国カルスト(大野ヶ原)へ海幸丸の「航海安全・大漁祈願」に行きました。参加者は乗組員の幹部7名と社長と私。早朝6:00前に会社を出発しました。毎年、この時期に「祈願」へ行きますが、大野ヶ原での大漁祈願は昨年に引き続き2回目です。

DSC01206.jpg

神社の名前は「竜王神社」で、船神様を祭っている神社です。愛媛県内には、同じ「竜王神社」がたくさんありますが、ここ大野ヶ原の神社が本山?のようです。昨年はここにお参りにきて、若干水揚げが上向いたため、同じ場所を訪れました。

「竜王神社」は愛媛県と高知県の県境の高地「四国カルスト」に近い場所にあって、八幡浜からは約2時間かかりました。四国カルストは、日本3大カルストの一つで、標高1,000mを超える場所にあるため、かなり涼しく、景色も抜群でした。放牧も盛んでいたるところに牛の群れを見ることができます。

本来であれば、神主様を訪ねて「ご祈祷」をあげていただくところですが、残念ながら少し前にお亡くなりになられたそうで、神社はどなたも不在とのことでした。みんなで神社の前で手を合わせ、お神酒を奉納して、今年の「安全・大漁祈願」とさせていただきました。今年も海幸丸をどうぞよろしくお願いいたします。神主様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

DSC01221.jpg

ここ大野ヶ原は美味しい「大根」の産地として有名です。例年のことですが、生産者から掘りたての新鮮な大根40本を購入、乗組員と会社へのお土産としました。

途中、竜馬脱藩の途中の休息地として案内されている「男水」(滝)にも立ち寄りました。山、谷か?の上から水が湧いて落ちてくる景色はとても雄大でした。本来であれば、ゆっくりと観光や温泉でも楽しみながら帰りたいところですが、午後からは昨日のトラブル対応が待っているため、あわただしく正午前には八幡浜へ帰り通常業務へ戻りました。参加された皆様、お疲れ様でした!

安全操業協議会出席

またまた高知県へ出張です。今回は宿毛市の漁業指導センターへ行きました。9月からのトロール解禁を前に、土佐清水地区の沿岸漁業者との安全操業に関する協議会が開催されました。毎年私一人が出席しておりましたが、今年は別案件もあって、社長と漁労長も出席しました。

海幸丸の許可操業海域は、愛媛県沖だけでなく、大分、宮崎、鹿児島、高知、徳島と、複数の県にまたがっています。そのため、各県同士で操業に関する様々な取り決めがあって、お互いに遵守することが義務付けられています。漁業といっても、トロール船のような大きな漁船から、立縄や籠網、巻き網、釣り船・・といろんな漁法があって、それぞれに許可海域や操業期間が決められているのです。
そのため、一つの海域に複数の形態の漁業が同時に行われることもあるため、トラブル防止のために一定のルール作りが行われているわけです。通常は、国(水産庁)の指導の下、県や漁協が仲介となって取り決められることが多いです。今回も、例年の協議事項の確認や漁業者同士の意見交換などが行われました。今は携帯電話がありますから、昔のように暗号や無線を使わなくても沖での漁師同士の連絡がとれるため、随分と便利になっているようです。

ただし、海の上で漁師同士が簡単に連絡しあえるのも、海幸丸の操業海域が日本国内に限られるからですね。中国や韓国、ロシアの国境に隣接する日本海側の操業では、こちら以上にシビアな協定遵守が求められているといえます。先日も北海道(北方領土付近)では、日本漁船がロシアに銃撃を受ける悲惨な事件があったばかりです。これに関しては、島国の日本と大陸諸国では、そもそも領土に関する意識レベルがあまりにも違いすぎると思いますが・・。
国や県は複数あっても海洋資源のある海は一つです。そのため、資源確保をめぐっては国益、県益(レベルは違いますが・・)の絡む話のため、県同士の調整ですら長年苦労しているのが現状のようです。ただ、より多くの人が将来にわたって海からの恩恵を享受できるように、各自最低限のマナーは守っていきたいものです。まずは我が身から・・ということで、今年は海幸丸社員全員の「ゴミのポイ捨て禁止運動」から始めないといけないかもしれません!

八幡浜海鮮朝市に参加

午後から「八幡浜海鮮朝市」の関連で、市役所の方と打ち合わせなどしておりました。八幡浜では、毎月第2日曜日に大規模な朝市を開催しております。朝市に合わせていろんなイベント(ブース?)もやっていて、市外からのお客さんで結構にぎわいます。朝市には、地元の仲卸業者さんが獲れたて鮮魚の販売をしております。当社は”仲卸”でなく”生産者”のため、これまで朝市には出店していませんでした。ところがこのたび9月から、当社も”あるサービス”?を介して、海鮮朝市に参加協力することとなりました。詳細が決まりましたら、このブログでもお知らせいたします!

夜は、幼なじみの同級生と飲みに。今度東京から八幡浜に帰省して、自営業を継ぐそうです。田舎暮らしも良いものですよ!おたがいに頑張りましょう!2人で活アジのフルコース(刺身、たたき、塩焼き、鯵飯)をいただきましたが、美味しかったです。特にニンニクの効いたアジのたたきは、焼酎に良く合いますね。料理とお酒に夢中で写真を撮りそこねてしまいました。写真はまたの機会に。

診断士更新研修

kousin.jpg

松山の某ホテルで行われた中小企業診断士資格の更新研修に参加しました。どんな国家資格にも維持や更新の規定がありますが、診断士の更新には、今回の研修が必須です。昨年までは、理論研修と実務政策研修に分かれて実施されていましたが、制度の改正で今年からは、2部門が統合されて1日で開催されました。

kousin2.jpg

研修では、近年の中小企業施策の動向や個別の支援策、コンサルティングに必要な実務的知識の演習講義等が行われました。私が普段からお世話になっている先輩診断士も講師として、登壇されました。貴重な講演をありがとうございました。

研修は17時に終了しましたので、その後は友人3名と食事を兼ねた飲み会に参加しました。久しぶりに松山の夜を愉しみました。Kさん、Fさん、Yさん、遅くまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

写真のお店は2次会で行った一番町の「酒独楽」(さけこま)さんです。
蔵元から直送された全国の地酒が豊富です。お酒好きの方、是非行ってみてください!

蔵元万流吟醸館 酒独楽(さけこま)
住所 松山市一番町2丁目8??5 TEL(089)943??7781

地域活性化懇話会

今日は「南予地域活性化懇話会」の3回目の会合の日。私は青年会議所として提案する、「地域通貨TEYA」の担当委員長として出席しました。討議内容は、委員を構成する各団体の提案事項の協議でしたが、分野は水産、農業、商店街イベント、ブランド育成・開発・・と様々でした。
8月末を目途に協議内容を取りまとめて県へ提案する計画のため、次回の第4回懇話会では地域通貨TEYAの提案書も提出する予定となっています。また、魚市場整備や産地ブランド化に関する意見交換もあったため、オブザーバとしてですが私も魚市場の再編について、少し意見を述べさせていただきました。

長崎へ出張

DSC01022.jpg

早朝に長崎へ向けて出発しました。”早朝に出発して早朝に帰る”丸々一日の日帰り出張です!
漁業で利用する燃料費(重油)が急激に高騰していて、全国の漁船漁業の経営を直撃しています。今、海幸丸では、燃費効率を高めてコスト削減を図るために、各方面の皆様のご協力をいただきながら、試験研究に取り組んでいます。燃油価格が下がる見込みがない中、長い目で見れば漁業形態の抜本的な変革が必要なのですが、まずは短期の対策として今回の研究成果に期待しています。
詳しくはまたレポートいたします!

非公式の親睦会

DSC00989.jpg

車で約2時間程度かけて津島町に行きました。今日も本当に暑い一日でした。上はちょっと立ち寄った庭園の風景です!

DSC01002.jpg

夜は、会社の船員さんたちとの親睦会(飲み会)に参加しました。狭い場所に大柄の男だらけ!テーブルの上は酒と料理だらけ!ちょっとすごい映像です!漁期が始まる前には公式の飲み会「仕卸ろし」を行いますが、今回は希望者のみの非公式の集まりでした!

「IT経営普及セミナー」

今日は午後から、えひめ産業振興財団主宰の「IT経営普及セミナー」に参加しました。今回のセミナーは、主に建設業者を対象としたものでしたが、私も以前から仕事のつながりがあり、参加させていただきました。第一部では、「IT経営百選企業」にも選ばれた岩手県の建設会社「O組」社長O氏の講演を拝聴しました。自ら経営者で、ITを使ってユニークな取組みをされている方だけあって、内容の濃い、とてもためになるお話を聞くことができました。

O氏は従業員数40名規模の建設会社の2代目。今は公共投資が減少する中で、新規の個人顧客の獲得を進めていて、順調に受注を伸ばしているとのことでした。同社では、インターネットや携帯、グループウェア、ボイスメールなどを使って社内の情報共有システムを作って業務を進めています。また、建設現場の写真や地理、進捗状況等の情報を全社で共有するシステムを自社開発し、そのシステムの全国展開も目指しているそうです。
講演で印象に残ったことは、O氏の目指す経営とは「利益を上げる会社」ではなく、「つぶれない会社」だという点。そして、売上や利益を一義的な目的にするのではなく、従業員満足(ES)と顧客の満足(CS)の結果として利潤がついてくるという考え方でした。いわゆる「利潤最大化」ではなく「利潤最適化」、「貢献利潤」という考え方でしょうか?
それからIT活用の話題では、「大切なことはITに詳しいことではなく、ITで何をするかという点」といった話が印象に残りました。「ツールとしてのIT」というのは言い古されていますが、全ての業務にITが関わってくる今の状況では、つい「目的」が見過ごされてしまうような気がします。注意しなくてはならない点です。
最後に、「ITとアナログの相乗効果」というお話も印象的でした。インフォーメーションの共有という点ではITを活用できても、従業員同士のふれあいや顧客との信頼関係構築のためには、ITではなく、電話や訪問といった「アナログ」こそ大切!というお話でした。業種は違いますが、自分たちの仕事や考え方に生かすことができる、興味深いお話を聞けてとても勉強になった講演でした。

”宇和海一夜干し”出荷ピーク!

今日は、午前中いつもの佐田岬半島へ魚貝の買い付け、午後からはトロール市で、“助っ人”として一夜干し作りを手伝いました。四国はちょうど今日、「梅雨明け」が発表されて、久しぶりの上天気で蒸し暑い一日となりました。今、当社では「お中元」(贈答用一夜干し)の出荷がピークを迎えていますが、今年は素材の単価が若干上昇したこともあって、魚種によっては“品切れ”も出てしまっている状態です。トロール漁船の休漁期となる夏(6月??8月)は、特に安価な加工物の素材が不足する試練の季節です。9月の漁期解禁が今から待ち遠しいです!上は今日行った佐田岬半島(大成)の湾の風景です!

マスコミ取材依頼

今日は、午前中に急きょ某放送局より、トロール漁業に関する取材依頼があって、午後からディレクターの方が来社されました。毎年、トロール漁が解禁間近となるこの時期は、いろんな方面から取材依頼があるのですが、年々漁業会社が減っているため、最近は当社へ依頼が集中しているのが現状です。

今日のお話ではどのような取材内容になるかは未定ですが、当社社長よりトロール漁業の生い立ちやこれまでの歴史、近年の動向、原油高騰の影響、流通事業への取組み等、様々な話をさせていただきました。いつも感じるのですが、私たちが他の業界の内部事情を知らないのと同じく、世間一般では漁業や魚の流通のことについて、あまりにも知られていないことが多いんですね。当然のことですが・・。折角ですので様々な取材やこのインターネットなどを通じて、少しでも消費者の皆さんに、漁業が身近に感じていただけるようになればと願っております。

実はこれまでにも、当社の所有船「海幸丸」には、いろんな方々が実際に乗り込んで取材や研究を兼ねた漁業体験?をしております。古くは全国紙A新聞の記者、最近では地元のE新聞の記者やE大学大学院生、水産分野の研究者、居酒屋の大将等々・・中には1ヶ月以上乗船し、漁師の世界にどっぷりと浸かってしまった大学院生もいました。もちろん乗船目的を確認して、必要手続きを行った上でのことですが、当社では業務に支障にない限り、基本的には「来るもの拒まず」で受入れしております。最近では、レストランや料理店のシェフの方々からも、乗ってみたいといった声を聞くことも多いです。

トロール船は通常2日から4日程度で港に帰港しますが、陸上勤務の身にとっては、見るもの全てが非日常でとても楽しい体験です。食事(もちろん魚!)も美味しいですし、晴れていれば景色も綺麗ですし、日々の仕事の人間関係に煩わされることもありませんし、インターネットも繋がりませんので、メールに対応する煩わしさからも開放される上、頭やお金を使う必要も一切ありません。漁師さんたちは、沖での仕事に慣れてしまうとなかなか陸上勤務に戻れないと口々に言いますが、一度でも体験すると何となく分かる気もします。

何はともあれ、放送局と視聴者の皆様にとって良い取材となりますよう、できる限り協力させていただきたいと思います。トロール漁業の操業映像は下記アドレスからもご覧いただけますのでどうぞ!

http://www.uwakai.com/#

涼しくなる写真を1枚!

DSC0911.jpg

出張途中ですが、あまりに暑いので涼しげな写真を掲載します!
先週末に行った宇和町観音水「ソーメン流し」の一枚です!

「天地旬菜八吉」道玄坂店!

DSC00920.jpg

中野、世田谷にある取引先のスーパーを2件訪問、デパート鮮魚売場を2件ほど見学(調査?)してきました。それにしても今日の東京の暑さは異常でした!!とても我慢できるレベルではありませんでした!夜は、先月宇和町で行われた「南予フードビジネス活性化フォーラム」で知った「八吉」という海鮮居酒屋を訪問。これがなかなかのお店でした!

DSC00921.jpg

経営するのは「一六堂」という急成長中の飲食チェーンです。この海鮮居酒屋以外でもラーメンや焼肉など5つほどの業態を展開しているようです。
今回友人と訪れたのは、渋谷の道玄坂にある「八吉」。噂どおりなかなかのお店でした。まず、繁華街にありながら個室やボックス席など、ゆっくりとくつろげること。そして鮮魚のディスプレイがすばらしい!カウンター横の陳列ケースに色とりどりの魚がずらり!お客さん個々の料理のご要望にも丁寧に応対していました。そしてなによりすごいのが、「従業員教育」です。商品知識(魚のウンチク)が、末端の接客要員にまで伝達されていることです!

たまたまディスプレイにアカムツが見えましたので、「煮付け」を注文したところ、「今は底引き網が禁漁期間なのでアカムツは全国的にも貴重なんです!」との説明。底引き網漁業に携わる者としては、素材の特徴や、漁業の現状までお客に説明してくれれば本当に嬉しいですね。漁師さんたちも貴重なアカムツも、本望ではないでしょうか!上の写真はお刺身の6点盛り!こちらも魚の名前が分かるように、ひとつづつ小さな手板に魚の名前が書かれてありました。お魚好きの男性が、1人でゆっくりと来てもくつろげる雰囲気のお店でした。
というわけで、(どういうわけか!?)美味しい日本酒も豊富にありましたので、1杯、2杯・・ついつい飲みすぎてしまいました。

南予地域活性化懇話会

昨日、「南予地域活性化懇話会」という市役所で行われた会合に出席してきました。私はその会の委員ではないのですが、昨年「地域通貨」事業に取り組んだJCメンバーとして理事長に随行(オブザーバ参加)してきました。今、愛媛県では地域間の経済格差をなくすという目標のもと、特に衰退の著しいこの南予地域(八幡浜・宇和島圏域)の活性化対策に力を入れているようです。

愛媛県南予地域の産業の特徴は、特に一次産業の割合が高いことです。柑橘や真珠を含めた魚類養殖、漁業などは全国的にも有名な産地です。しかし、いろんな理由で一次産業の衰退が著しく、地域経済全体が疲弊している状況です。
今回の懇話会の目的は、商工会議所や漁協、農協、JCなど各団体から、活性化へ向けた意見や現在の取組みを集約することでした。JCからは、昨年流通実験に取り組んだ経済活性化型の地域通貨の取組みをご紹介しました。
八幡浜は土地に制約があり、モータリゼーションに対応できる大規模な商業集積の建設や企業誘致は困難です。かといって今さら、観光の目玉や拠点となるハード作りは難しいのが現状です。それなら、地域内の経済循環を促進して活性化を図ろうとするのが、今回の地域通貨への取組みの趣旨でした。地域通貨はその名の通り、地域のビジョンや抱える課題、産業の特色など地域性に応じた通貨流通がデザインされ、各地で取り組まれている事例もあります。
懇話会では今後4回の会合を経て8月中に意見集約を行い、県に対して最終報告を行う予定です。どんな形の報告になるかは未定ですが、JCの昨年の活動成果をPRする絶好の機会だと思っています。

「うみたまご」見学

tati.jpg

2004年にオープンした水族館「うみたまご」に行きました。場所は大分市山下海岸で、猿で有名な観光地「高崎山」のすぐ近くです。「海の中に飛び込んだような!体感ができる水族館」というコンセプトどおり、海のあらゆる生き物が大集合!興味深く観察させていただきました。

(上の写真は立って泳ぐタチウオ(太刀魚)!塩焼きにするのがもったいないほど神秘的!でした)

写真のみ数枚ご紹介します!

先日、このブログで紹介した「タカアシガニ」!かなり大きなサイズでした。(となりは「晋作」君です)

aji.jpg

こちらは泳ぐアジとサバ!綺麗ですね!本場大分だけあってサイズも十分!不謹慎ですが、刺身にして食べたいほどでした。

DSC00868.jpg

同じような系統の生き物がたくさんおりまして、名前を忘れました。顔が面白いので掲載します。

他にも食用の生物を中心に写真を撮ってきましたので、「一日一魚」でもご紹介します!お楽しみに!


八幡浜から別府に渡りました!

八幡浜港からフェリーに乗船、宇和海を眺めながら別府に渡りました。八幡浜市は「四国の西の玄関口」といわれて、四国と九州を結ぶ「中継点」です。そのため、休日は長期休暇時には、港界隈には、他県から訪れた観光客で少しばかり賑わいます。でも問題なのは、くつろぐ場所があまりない・・八幡浜に滞留しない・・→「八幡浜にお金が落ちない!」のです!

八幡浜は小さな港町ですので、1時間程度もあれば市内観光も十分に楽しめます。当社の網元直売店「トロール市」もフェリー乗り場からすぐの場所で営業しています。八幡浜を経由する旅行者の皆様、時には八幡浜で市内観光を楽しんでください!綺麗な景色や美味しい海の幸、山の幸、地酒も豊富です。

よろしくお願いいたします!

裸の漁師を訪問!

今日は午前中、伊方町大成(おおなる)という小さな港(漁村?)に、サザエとアワビの買い付けに行きました。今日の八幡浜は昨日までの大雨とはうって変わって「快晴」!気持ちも良いので仕事を兼ねて、「日本一細長い半島」佐田岬半島をドライブしてきました。

四国の最西端(地図でいうと左上)の半島を「佐田岬半島」といいます。その半島の付け根に位置するのが「八幡浜市」で、半島の突先にあるのが、「岬(はな)アジ」、「岬(はな)サバ」ブランドで有名な三崎町です。三崎町は八幡浜から車で約50分、半島の先の灯台(本当の四国最西端!)まではそこからまた30分ほどかかります。八幡浜から三崎町へ向かう道路は「メロディライン」と呼ばれています。右に「瀬戸内海」、左に「宇和海」、前に「九州」を見渡せる、とにかく景色の良い道路です。晴れた日は絶好のドライブコースで、東京からの友人やお客様はよくお連れするコースです。

今日行った「大成」は、その半島を右側に下りて行った海岸にあります。本当に小さな集落で、のどかで静かな漁村!というイメージです。

漁師.jpg

写真は当社の仕入にご協力いただいている地元の漁師です。(どこから見ても漁師!ですね)
特大サイズのアワビやサザエ、ナマコを得意とする生粋の漁師で、当社とはもう4年ほどのお付き合いがあります。ちなみに彼のお父さんも漁師で、こちらはメイタカレイやサヨリ、キスなどを獲っておられます。このサザエとアワビなのですが、鮮度、サイズともに実に申し分なく、当社のお客様や取引先のシェフ、バイヤーからも大変ご好評をいただいております。ときどき我が家でもおこぼれを頂戴しますが、大きくて身もギッシリつまって本当に美味しいです!

これから夏にかけてバーベキューの季節です!皆様もアワビやサザエを使った豪華バーベキューなど企画されてはいかがでしょうか。

裸の漁師さん、いつもありがとうございます。これからも明るく元気に頑張ってください!
以上、午前中の仕入業務報告でした。

土佐魚料理&高知市場見学

sma.jpg

昨日に引き続き、営業主任、海幸丸漁労長と高知県にて営業!真面目に?15:00までには業務を完遂しました。今回の出張成果については、実はまだ分かりません。現段階では、先方の明るい、色よい回答を期待しているところです。
業務終了後、夕刻から高知市中心部の料理店を物色!なるべく普段味わえない海の幸を出してくれそうなお店を探しました。入ったお店は創作料理店風居酒屋の雰囲気!当社の酒好き3名が思い思いのメニューを注文、高知の夜を愉しみ・・もとい!「土佐の魚食文化」の研究を!しました。

mhs.jpg

まず美味しかったのが「メヒカリ」の丸干し!この魚、実は海幸丸でも高知沖漁場で水揚げされるのですが、あまり愛媛では消費されない(市場でも売れない!)魚なのです。ただこの料理は絶品でした!脂の乗り具合、骨離れ、食べやすさ、酒との相性!どれも最高でした!今漁期は是非「海幸丸のメヒカリ一夜干し」として商品化してみよう!との話で3人で盛り上りました。

cbg.jpg

次に印象に残ったのが「チャンバラ貝」。名前もさることながら、酒、焼酎との相性が良い!酒好きにはたまらない「酒の肴」でした。

他にもいろんな料理をいただきましたが、やっぱり八幡浜にないものは「鰹・鮪」(カツオ・マグロ)!特に鰹(カツオ)はとても美味しいものをいただきました。でも青物(釣アジ、釣サバ)に関しては、やっぱり豊後水道産(八幡浜もの)のほうが美味!ということで意見が一致しました。我々漁師が好むのは、身の硬さ・・よりも「柔らかさ」、脂の乗り具合、魚そのもの味!なのです。それでいうと青物に関しては、八幡浜のほうが勝ち!ということになったわけです。
いろんな意見があって、この飲み会(研修?)でも、仕事についていろんな議論を戦わせましたが、最後は「八幡浜のトロール船を残そう!維持しなくては!そのためには・・・」という話題でもちきりでした。

mg1.jpg

次の日は、高知中央卸売市場を見学しました。やっぱりさすが高知県!カツオとマグロに関しては、品物も、取り扱う業者も多いようでした。ただ、魚種に関しては八幡浜ほどの品揃えがなく、どの仲卸業者も「一定かつ均等な品揃え」、という印象受けました。
改めて八幡浜の「魚種」における供給量のすごさを実感した次第です。今の消費地の動向は「単品大量」ではなく「多品種(魚種)少量!」なのです。八幡浜の産地市場としての「特徴と強み」を活かしたマーケティングがとても大切だ!と感じました。

今回の高知出張報告これで終わりです。次の機会では、土佐の料理(ウツボorクジラ?)も新たに紹介したいと思います。


只今高知へ出張中!

DSC00698.jpg

今日は朝の8時に八幡浜を出発、高知県へ車で営業活動?に行きました。
高知市内の漁港(魚市場)で午後からミーティング、その後久しぶりに桂浜で「坂本竜馬」像の見学をしました。今日の四国、日中は何と30℃の気温!特に南国高知は愛媛に比べてとても暑かったです。

業務は13:00から2時間程度、一泊の予定で来ていましたので、その後高知港から桂浜へ直行、久しぶりに竜馬像の見学へと向かいました。桂浜には太平洋を仰ぐ竜馬の像だけでなく、竜馬の記念館、闘犬場、観光施設などもあります。同行の2名と暫しの観光と相成りました。

DSC00701.jpg

上の写真は同行の営業主任(弟洋平氏)と浜田海幸丸漁労長です。格好だけ見るとかなり観光モード!?ですが、ちゃんと3人で仕事をしてきましたのであしからず。
明日は、早朝5:00から高知中央魚市場の見学です。船の責任者と消費地市場をゆっくり見学する機会があるのは、トロール船の休漁期である夏場ならでは。ふだん産地市場の八幡浜では見られない中央市場の雰囲気を味わって、勉強してきたいと思います。

折角なので、その後3人で、八幡浜では味わえない土佐の海の幸&お酒も堪能してきました。これも食文化の勉強の一環(社員研修!)でしょうか!?本日の食文化視察の詳細については、明日の市場見学とあわせてまた後日ご報告いたします。

このページの先頭へ