一魚一会

ホーム > 一魚一会 > Ⅳ 海幸丸日誌 アーカイブ

Ⅳ 海幸丸日誌 アーカイブ

ヤリイカ豊漁です!

DSC_0220.JPG

9月1日から始まった愛媛沖トロールですが、今季は昨年不漁だったヤリイカ漁が好調です。鮮度保持と操業効率アップのため連日、深夜の入船が続いています。例年に比べて太りの早いものも多く、10月からの本格シーズン到来も楽しみです!

あっという間に出漁間近!

DSC_0161.JPG

あっという間に8月も中旬にさしかかって、今年もトロールのシーズンまじかとなりました。例年通り、下関は8月15日、八幡浜は8月31日の出漁です。昨年は水揚げ減も燃油価格の下落に助けられた一年でしたが、今年は昨年を上回る成績を期待したいところです。特に下関基地の第1・2海幸丸は、夏の大規模改修(リシップ)事業を終えての1年目!まずは順調なスタートを祈るのみです。

時化~中休みへ

DSC_0730.jpg

今季もいよいよ残り一月。宇和海は時化も続いて思う操業ができない模様です。操業船も少ないため、八幡浜市場の魚もわずかな量の日が続いています。その分、相場は丸物、原材料ともに良好ですが。海幸丸は月の中休みをとって、明日再び漁場に戻ります。

続くヤリイカ漁

DSC_0347.jpg

シーズンが始まって約二月、10月操業も大詰めを迎えています。今季は9月中ほどから、例年にないペースでヤリイカが水揚げされています。獲れるヤリイカの量に比べて、人員が不足気味で大変ですが、何とか頑張ってほしいところです。11月から年末にかけては、サイズもどんどん大きく成長する見込みです!

第1・第2海幸丸いよいよ船出!

DSC_0262.jpg

8月16日の解禁に合わせて、下関基地よりトロール船出港。今季(平成26年)より、新たに弊社所属船「第1・第2海幸丸」が下関基地から出港の運びとなりました。18日にはさっそく入港・荷揚げ。仁洋丸は今晩の入船予定です。まだまだ始まったばかりですが、シーズン中の乗組員の皆さんの健康と航海安全、豊漁を祈りたいと思います。

海幸丸造船所へ!

DSC_0240.jpg

海幸丸は今朝から造船所へ。これからお盆を挟んで一週間の整備に入ります!

ヤリイカ豊漁中です!

DSC_0176.jpg

海幸丸は、11月に入って3回目の入船でした。今年は約4年ぶりに豊後水道南沖でもヤリイカが豊漁で、10月はほぼ毎日の入船となりました。水温のせいか太りも早く、この時季にしては立ヤリ(写真)の割合が多いのも今季の特徴です。その分早くシーズンが終わってしまう可能性も高いようですが、何とか水揚げ良好のうちに荷を確保したいところです。通年並みの漁獲を見込んで最少人員でスタートを切ったため、人手不足状態の海幸丸ですが、今こそ正念場!何とか頑張ってほしいところです。

4月後半の漁模様

4月後半の海幸丸は、例年に比べてアマギの水揚げが好調でした。天候不順のため入荷量が少ないせいと"みなっと"オープンの影響もあって、曳きあがり間近の春とは思えないほどの高相場が続きました。例年通り5月の高知沖操業は2から3航海を予定しています!

アマギ豊漁でした!

20130422_071932.bmp

海幸丸、中2日の操業でした。久しぶりにアマギ(エボダイ)が豊漁で500箱ほど。その他は、マダイ、ハモ、コウイカ、白ムツといつもの豊後水道南沖の魚種でした。今日も引き続き、全般的に相場は良好でした。今季の漁期もいよいよ残すところ2週間、最後の追い込みの時期に入っています。GWを前に、入港予定の選択が難しいところですが、ひとまずこの調子で安全操業に努めたいところです!

今朝の売れ残り

20130417_074827.bmp

海幸丸、4月6度目の入船でした。八幡浜みなっとのオープン以来、直売施設の仲買さんと中央向けの出荷仲買さんが競い合って仕入れる状況が続いて、この季節にしては相場上向きの傾向が続いています。流通の各段階で適正な競争が行われれば、業界自体も活気を帯びて力が増してくることを実感しています。業界入り乱れての切磋琢磨が何より大切です。

明日海幸丸入船です!

20130324.jpg

お隣の元船主さんから、海幸丸の竣工祝賀会の配席表をいただきました。平成元年ですから、四半世紀前!のことです。懐かしい方も多いです。貴重な資料をありがとうございました!
海幸丸は明日入船です。ちょうど北海道、長崎の船主さんたちの来客があるため、何とかタイミングよく入港できそうです。

3月漁模様

ブログであまり公開できていませんが、3月中旬まで業務は通常通り。温かくなって例年魚の売れ行きが鈍る時期ですが、八幡浜はアマギ、下関はタイ主体の漁が続いています。今年は両基地ともにまずまず順調な漁模様で、船員の皆さんの頑張りに感謝!です。残す漁期も安全航海に努めてほしいものです。

2月前半の漁模様

20130217.jpg

2月前半は豊後水道南海域にて、引き続きアマギ中心の操業です。合わせて多いのは、ハモ、スルメイカ、ヤリイカといったところでしょうか。先週より時化続きのため、普段に増して貴重な海幸丸の入港魚種です。シーズンもあっという間に残り3ヶ月、残りの漁期も安全操業に努めてほしいところです。

成人の日

時化のため、海幸丸は昨晩1:00入船、5時より荷揚げを行いました。年明けから、芳しくなかったアマギの漁ですが、今回はやや回復して600箱ほど。ただし、市場連休の関係で、入荷はダブつき相場は全般低調でした。今航海は久しぶりのヤリイカも揚がっていました。この時期になると2段、3段の立てヤリが増えてきます。海幸丸は一時停船して今晩出港予定です!

2013年乗り初め

新年あけましておめでとうございます!

海幸丸は例年通り、3日10:00に乗り初め式を終えて、今年の初航海に出漁しました。開市の6日(日)に合わせて入港し、初売りの予定です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

クリスマス寒波!

予報通りのクリスマス寒波到来!時化のなか操業中の海幸丸は未明に入船、まだ年末売り出しには数日ありますが、魚はどこまで確保できるやら・・!?やや気がかりです。トロール市の年末売出しは、29日から3日間です。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

アマギ豊漁でした!

早朝はおそらく今季一番の冷え込み、車のガラスもガチガチに凍っていました。海幸丸は4時半入船、アマギ、水エソを中心に2100箱の豊漁で、相場も良好でした。水エソもいよいよシーズン到来!気を引き締めて、まずは安全操業でいきたいところです。

12月2航海目!

海幸丸は12月操業2航海目。前回は高知沖でしたが、今回は近場の漁場で、エボダイ、ハモ、ヤリイカ、カマスといったところが主な魚種でした。ここ数日時化が続いて入荷が少なく、丸魚の相場は良いものの練り製品の原料は供給過剰のせいか、今のところサッパリです。後半戦に期待します!

12月操業はじまりました!

海幸丸は昨日、月末休みを終えていよいよ12月操業に入りました。というわけで、明日からまた出張のため、最盛期を前に墓参りをして仏頼み!左側に見えるのがほぼ完成目前の新魚市場、右側はただ今、整備が進められている観光・交流拠点施設のエリアです。

立ヤリ増え始めました!

中休み明け後もすでに3航海目、今朝は海幸丸入船でした。魚種は相変わらず、ヤリイカとアマギが中心ですが、徐々にサイズは大きくなってきました。数年前の豊漁だったシーズンには到底及びませんが、12月も引き続きヤリイカの成長が楽しみです!

今日は三瀬君の結婚式です。おめでとう!!

海幸丸中休みです!

宮崎沖を中心に、土曜、日曜と引き続きアマギが豊漁でした。相変わらずサイズが小さいものが多いのですが、中一日で1000箱あまりですので、量が確保できるだけ他の魚種にはない魅力あります。今日は4時半入船で、明日まで月の中休み!最盛期12月を前に、ゆっくり休んでもうひと踏ん張り!といきたいところです。

アマギ豊漁でした!

海幸丸は久しぶりにアマギの当たりがあって、昨夜の入船でした。総数1600箱。まだまだサイズが小さいものが多いですが、うち1200箱あまりがアマギ(エボダイ)でした。荷揚げ後は、金曜入船を目指して早々と出漁!また次航海を期待したいところです。

11月初航海

11月航海、初水揚げでした。今回は高知沖から古満目沖という漁場でしたが、漁獲が安定しない今年のヤリイカ漁です。5時半入船、7時半出港。次回に期待しましょう!

引き続きヤリイカ漁!

海幸丸は10月11回目の入船、当初期待されたヤリイカ漁ですが水揚げにバラツキがあって、ヤリイカ中心の10月航海とはなりませんでした。それでも、後半はサイズが徐々に大きくなっていますので、引き続き年の後半に期待したいところです。今月最終入港は31日の予定です。

10月漁模様

今日は今月9回目の入船でした。10月前半戦はまずまず好調だったヤリイカ漁ですが、日が経つにつれ尻つぼみ・・。おまけにエボダイも芳しくなく、連日厳しい漁模様が続いております。後半に期待しています!

深夜入船続きます!

古満目沖ヤリイカは、日によって量はマチマチですが、ほぼ安定して水揚げされています。早く太ってほしいものです!近場の漁場での副産物はこちらの車エビ。今年は例年に増してサイズ良好のものが多いようです。今日はこれより急きょ山口・福岡方面へ出張予定、今回は週末までやや長期ロードです。

古満目ヤリイカ漁!

海幸丸は久しぶりに3晩連続の入港でした。ここ数年、不調だった古満目沖のヤリイカ漁ですが、今季は今のところ順調に獲れています。まだまだサイズは小さいですが、魚体の成長とともに相場もついてきてくれればと期待しています!

愛媛沖解禁です!

海幸丸は今朝8時半、鹿児島沖漁場に向けて無事出漁、トロールもいよいよ明日から解禁です。今年も早朝から、多くの皆さまに見送りをいただきましてありがとうございました。初航海は恒例の・・!?エンジントラブルがないことを祈るばかりです。取材を受けているのは、早くも今年3シーズン目の川瀬くん(19歳)です。

海幸丸あす出漁です!

今朝、トロ箱と氷・水等の最後の積み込みを終えて、海幸丸の出漁準備もほぼ完了!出港のための手続き業務も今日がピークでした。皆さん、お疲れさまでした。明日8時30分より出漁式です。

海幸丸は今日試運転です!

昨日は高知県沿岸漁業者との安全操業協議会、今日午後からは海幸丸の検査を兼ねた試運転です。今年はマグロ曳航事業に参加したこともあって、例年よりも出漁準備がやや遅れて進んでおります。出漁時間は31日の午前8時半で決定しました。取り急ぎご報告まで。

大野ヶ原大漁祈願

今日は恒例の四国カルスト“龍王神社”での、航海安全・大漁祈願でした。今年は若干少なめですが7名が参加、もちろんポニー牧場での朝食、八幡浜へ戻っての魚松チャンポンと、お決まりのコースを例年通りこなしました。28日、漁具積み込み&仕卸、30日に箱・氷積み込み、31日が出漁の予定です。今漁期もどうぞよろしくお願いいたします!

海幸丸帰港しました

マグロ曳航事業に出ていた海幸丸は、28日早朝、約50日ぶりに八幡浜港へ無事帰港しました。ひとまず皆さま、お疲れさまでした。漁期が1年の中で8カ月という沖底漁業者にとって、休漁期中の仕事は、船員雇用・確保と会社運営の両方にとって大変貴重です。8月は、例年よりやや遅れての船体整備・ドックに入ります。

海幸丸ツーショット!

下関港にて、トロール船の海幸丸と巻き網船の海幸丸が仲良くツーショット!

魚本船長、尾道へ!

昨晩は、今日から2週間、海技免許取得のため尾道へ旅立つ魚本船長の壮行会を盛大に行いました。といっても私と二人だけですけど。熱い話題で少々飲みすぎました・・。2週間、頑張って勉強に励んでください!不合格だけは勘弁してネ!

夏季陸上作業

先週末から始まったマグロ曳航事業で約10名の乗組員が洋上のため、陸上の漁具修繕作業はベテラン川田さんを筆頭に4名です。10代、20代の若手2名も参加しています。陸上業務も、技術を習って一人前に成長してほしいものです!!

ヨコワ確保事業へ向け出港!

久しぶりに海幸丸出動!明日から日本海にて、巻き網ヨコワ確保作戦?に参加する予定です。無事の任務遂行・帰港を待ちたいと思います。その前に今夜、下関の夜の街で行方不明者が出ないことを、ただただ祈るばかりです・・。

菊地機関長帰浜!

週明け月曜の定期お支払日ということで慌ただしく過ごしております。昨日は仁洋丸に乗船していた菊地機関長が、八幡浜に戻ってきました。夜にはさっそく有志で慰労会が開かれまして・・。病みあがりの私は3次会(いつの間にか自宅!)のみ参加。ひとしきり飲んだ後、また夜の街に消えて行きました。皆さん、夜遊びはほどほどに。菊地機関長さん、お疲れさまでした!!

いよいよ大詰めです!

5月恒例の高知沖試験操業2航海目、今朝は4時の入船でした。漁獲の大半はゼンゴ(小アジ)、ニギス、シロムツ(670箱)といった原材料ですが、なかにはアマダイ、アカムツ、メンタイといった高級魚が混ざるのが高知沖漁場の特徴です。今回はアカムツ110箱という水揚げもあり、5月にしてはまずまずの漁模様でした。当初は本航海で曳き上がりの予定でしたが、水揚げ・魚種ともにまずまずということで、もうひと踏ん張り!ということになりまして、明日朝に再度集合、今季最後の操業に出る予定です。

愛媛沖本操業終了!

海幸丸の本操業(愛媛沖)は4月末をもって終了、今朝が最終水揚げでした。あとは5月中までの高知沖の試験操業(1~2航海)を残すのみとなりました。今季は9月からの前半3カ月の不漁、そしてシーズンを通じて高止まり!してしまった重油価格に悩まされた厳しい一年でした。安価な魚を材料に、こんな時こそ流通事業部が頑張らねば・・ですネ。明日は連休中のイベントを前に、トロール市決起集会を行います!

昭和の日

4月29日、昭和の日です。海幸丸は本漁期最後の出漁中!トロール市もイベント盛りだくさんです。気を引き締めていきましょう!

上りダイ豊漁でした!

4月も後半ですが、またまた大時化です。海幸丸は今朝入港、今夜半に風が治まるのを待って再度出漁します。今日の荷揚げは総数1500箱。うち300箱ほどがマダイでした。宇和海、底曳きの漁場では珍しいタイの豊漁でした。ただし、この時季は岩場に隠れていたタイが一斉に上ってくるようで、全国的にどこもかも多い様子で、相場のほうは・・・!?

とりあえず今日から数日、我が家もタイ祭りです。
今日は日曜日ということで、朝早くからお世話になっているご家族がトロール船の荷揚げ見学。ついでに船内も案内いたしました。身近なようで以外に知られていない魚市場の実態ですが、どんどん市場にも足を運んでもらって、魚に親しんでもらえればうれしいですネ。

散る桜 残る桜も 散る桜

海幸丸は今朝入港、相場良好のエボダイ漁が芳しくなく総数800あまりでした。今日午後はまた強風・時化のため、この天候を利用して船は4月の中休みをとっています。早いもので4月も半ば、いよいよ締めくくりの時季に入っています。この雨風で桜もこのとおり↑。季節はまた巡ります!

一時帰港中・・

昨日の悪天候から操業も踏んだり蹴ったりです。昨日は時化のため早朝入港して停泊、深夜12時出港予定でしたが、時化もおさまらず早朝3時に変更、出港したものの今度は2号船故障で帰港しております。修理後、再度出港の予定です。

エボダイ好漁です!

海幸丸は5時入港、3月操業4回目の航海でした。あいかわらず太りはよくありませんが、エボダイ600箱を含む総数1500箱の水揚げでした。安定して水揚げされるだけでも良しとせねば・・。次回入港は14日を予定しています。

2月4度目の入船でした!

海幸丸4時半入船でした。マダイ、エボダイが好漁、いつもの豊後水道南海域のコウイカ、ハモ漁は不調でしたが総数は中2日で1200箱ですので、まずまずでしょうか。昨晩は地元の友人からトロール船の荷揚げ・セリ見学の申し出があり、ハイ喜んで!というわけで、4時半から魚市場にきていただきました。二人とも“釣り吉”で、魚にかなり詳しいのにはビックリしました。漁業に興味を持ってもらえるのは嬉しい限りです!というわけで、セリ前に仕事で居あわせた先輩、マコリクスYEG会長と記念写真!お約束どおりブログにアップいたします。

昼からは恒例の八幡浜駅伝カーニバル!愛媛マラソンから一週間でしたが、私も老体にムチ打って出走、治りかけていた筋肉痛がまたぶり返しました。夕方からアルコールマッサージに行きたいと思います。皆さま、お疲れさまでした!

20120212-2.jpg

恵みがありますように!

今日も4時半入船、今朝の八幡浜は久しぶりのエボダイ(アマギ)好漁でした!続いてくれれば良いのですが、ただ今、海幸丸は故障のため修理停泊中。夕方出港の見込みです。今晩の夕食は、恵方巻きに試作品のイカハンバーグ、つまみは1匹だけ揚がったトロサゴシです。

海の中へ!

海幸丸は5:00入船、恒例の十日恵比寿でした。当日朝はきまって急に寒風が吹き込むのはどうしてでしょう?こちら↑は飛び込む前、緊張につつまれた二人の雄姿。朝からきれいな赤フン写真(あえて上半身のみ)でスミマセン。この直後の迫力ある映像は昼と夕方のニュースでどうぞ!私は今晩の仁洋丸1月最終入船のため、今度は下関に向かっています。スタッドレスにはきかえたものの明日の天気がやや心配です・・。

海幸丸明日入船です!

寒波到来、期待された海幸丸入港ですが、不漁のため帰港できず・・。明日に期待です!先航海に引き続き、立ヤリが少しずつ獲れています。産卵は2月くらいでしょうか。来季に向けて産卵の成功と“子だくさん”を祈ります!!

成人の日

今朝は4時過ぎ入港、新年2度目の入船でした。中3日航海で、ハモにコウイカ、エボダイ、エソ類と総数1700箱でしたが、相場はなかなかパッとせず・・。次回は12日あたりの入船を予定しています。↑こちらは、3日の乗り初めの様子。お菓子やお年玉、お餅撒いたりと、昔は派手でしたネ~。明日から下関出張予定です!

恒例の大漁祈願へ!

新年2日目、昨日の元日は家族で歩いて八幡神社へ。今日は箱根の往路観戦を終えて、午後から恵比寿さまを祭ってある大洲神社へ今年の大漁・航海安全祈願に行ってきました。夕方は明日の出漁準備諸々。あとは明日の乗り初め、出漁を待つのみです。それにしても、まったく例年と変わらん!2日の過ごし方です。海幸丸は明日10:00に出漁いたします!

またそろそろ飲み始めましょうか・・

海幸丸最終航海へ!

毎年恒例ですが、早朝から宇和島までハマチ仕入れに行ってきました。海幸丸は最後の最後にこのとおり機械故障で帰港・・、大急ぎで修理した後、たった今、最終航海に出たところです。明日朝に最終入船、そしていよいよトロール市は“年末売り出し”に入ります!

冬型天候に期待!

今朝は5:00入船、10:00出港でした。豊後水道南海域でのコウイカ、水エソ、ハモ中心の操業です。しばらくはこのパターンの操業が続きそうです。↑こちらは出漁時の様子。相場はパッとしませんが、BARBAR海幸丸はこの通り盛況です!

2年目の18歳、今日も元気です!

太鼓に釘付け!

地元CATVで放映された秋祭りの唐獅子映像を録画したところ、四男は朝から晩までTVの前で太鼓をたたいて特訓中!何でもこれくらい打ち込んでくれれば、ものになるやろうなぁ。

本日、定期のお支払日です。海幸丸は今朝入船、豊後水道海域のコウイカ、ハモ、エソ主体の漁です。次回は水・木あたりの入港を予定しています。

明日は良い夫婦の日ですネ~!別に他意はありません・・。

ミニ展示会?

我が家の車が、このところ故障&トラブル続きで困りはてております。この2ヶ月間で2度もレッカーのお世話に・・。代車としてお借りしたのが、私の仕事車とまったく同じ車種&カラー!ただ今、駐車場には2台揃って並んでいまして、少々間抜けです。修理中の愛車は6年で12万km、少し酷使しすぎでしょうか?

今日は八日市でした。多くの皆さまのご来店、ありがとうございました!

海幸丸日曜売りです

我が家のお隣さんが新築されるそうで、取り壊しも終わってただ今、さら地の状態です。倉も横から眺められるのはこんなときくらいでしょうか。この際、外壁もきれいに掃除したほうが良いのかも・・。

海幸丸は山川経由で日曜売り予定です!

明日海幸丸入港です!

松山産業祭も無事に終了、お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!
海幸丸は、明日本船入港予定です。

引き続き鹿児島へ

海幸丸中休みの晩、船番をしている川瀬幸輝くん、今年2年目のシーズンを迎えた18歳です。10月後半戦も引き続き鹿児島での操業が続きます!

初売りでした!

昨日、山川港にて荷揚げした漁獲物1100箱ですが、陸送にて持ち帰って今朝、初売りでした。引き続き、鹿児島・種子島沖にて操業中です。辛抱の9月操業が続きますが、何とか踏ん張ってほしいところです。先日の花火大会の振動で倒壊の危機!?にあった築40年超の本社事務所の外壁↑ですが、このほどようやく応急処置が完了して、この通り見た目だけは、かなりきれいになりました。何とか数年でも持ってくれればいいのですが・・??

八幡浜青年会議所60周年式典・祝賀会までいよいよあと3日となりました!!


魚だっていろいろ♪

台風12号の思わぬ進路急変のため、狙った漁場へは到達せず・・。本早朝に一時帰港、寂しい初水揚げとなりました。天候に注意しつつ、明日再度漁場へ向かう予定です。こちら↑は、今年から取り組んでいる、とある販路へのセット!魚いろいろ、売り方いろいろ、人生もいろいろですネ。流通の変化に乗り遅れないよう、外に意識と目を向けねば、と思う今日この頃です。

海幸丸豊漁・安全祈願

早朝より大野ヶ原、龍王神社への安全・豊漁祈願に行ってきました。いつもと同じく珍道中でした!祈願の後は、“もみの木”で朝食&ポニー牧場見学~お土産の大根購入~八幡浜に戻って魚松チャンポンと、こちらもお決まりのコースでした。

海幸丸出漁式は31日8時の予定です!

朝のカルストは気温19度の晴天!なかなかの眺めで、気分もスッキリ。あとは準備を整えて豊漁を待つのみです。

シェパード買おうかな?

会社前の船着き場に魚函を置いているのですが、ここ数年は浜からの突風でパレットごと飛んでしまうこともしばしば・・。今年は9月からの解禁に向けて、魚函が飛ばないように、柵を設置してただ今健ちゃんが網で囲っております。ここから見ると、まるで猛獣を入れる檻(お)みたいですネ。箱が入っていないときは、ゴルフやソフトボールの練習にも良いかも。

出漁準備は今週がヤマ場です!

海幸丸積み込み作業中

今朝から海幸丸の“積み込み”が始まりました。漁具を一気に積み込んでいよいよ出漁待ちです。
水分補給をしっかり行って、熱中症に気をつけましょう!

母港

大阪でいつもお世話になっている知人に写真を送っていただきました。八幡浜に来られた時に、市場から撮影してもらった帰港時の海幸丸です。この画像では良く分かりませんが、陰影の効いた実に良い絵です。さっそく会社に飾らせていただきます。ありがとうございました!急きょですが、明日より一泊で下関出張です。

そして今

午前中、とある用事で県議会の議員会館まで行ってきました。中央の混迷は続きますが、政治に関心の持てる社会にならなければ・・とつくづく感じます。はい。昨日の古写真に続いて、今日は今の海幸丸アルバムから少しだけご紹介!


昔の写真に比べると、何と趣のない軽々しい写真の数々・・、被写体の私たちがイマイチなのか!?

これも今昔物語ということで。

写真はすべて公開させていただきますので、もしご興味おありの方、お気軽にお問い合わせくださいませ。

本日、JCの7月例会、私は明日より一泊で上京予定です。

昔と今

以前から気になっていたのですが、会社の父の部屋に残っていた古い写真をまとめて整理してみました。昭和20年代頃からの白黒写真が大半で、時代を感じさせる木船のトロール船も写真も多くあります。船型の変化も見ていて楽しいですが、ここ30年くらいはほとんど変わっていないのも良く分かります。

カメラ自体が貴重だった当時の写真は、それなりに立派なものが多いです。

左側(下)は、海難事故にあった場所に慰霊に訪れたときの写真です。(昭和39年)

見慣れた向灘の岸壁と、出漁見送りの風景だけは今も昔も変わりません。

来漁期へ

あっという間に6月です。長かった雨も上がって海幸丸の整備も少しずつ進んでおります。会社では昨日から、乗組員の皆さんとの来漁期に向けた契約(船員さんはプロ野球方式の年間契約!)も始まって、いよいよ夏らしくなってきました。昨日は会社的にまた一つの節目も。日々改善、ということで、また問題意識を高めていければと思っています。本日、夜はJC三役会です。

海幸丸慰安・研修旅行

昨日から毎年恒例となっている海幸丸の慰労&研修!旅行に行ってまいりました。今回は道後小湧園にて一泊、男のみ22名の珍道中・・でした。皆さま、ひとまず平成22年度漁期はお疲れさまでした。週明けからは、少しずつ来季に向けた準備に入りますが、暑さに負けず頑張っていきましょう!!

海幸丸今漁期終了!

昨日までの高知沖操業・売りをもって、海幸丸は今漁期を終えました。シーズン明けの魚価安、再びの燃油高騰と厳しいシーズンとなりましたが、何とか無事に曳きあがりを迎えて、ただ今、漁具揚げ中です。乗組員の皆さま、ひとまずお疲れさまでした!!

BARBER海幸丸

第15海幸丸は昨晩入船、今朝の売りでひとまず無事に本操業を終えました。明日より高知沖の試験操業に向かいます。今日は時化続きによる供給不足と連休前需要のためか、鮮魚・原材料ともに相場良好!流れの良い活気あるセリでした。乗組員の皆さんは本日給料休み、皆さま、お疲れさまでした。こちらはいつものP店?への出勤前の一コマ。今月は漁も振るわず、軍資金にも限りがあるはず!ですので、皆さまくれぐれも程々に、ヨロシクお願いします。

明日4航海目です!

4月1日より始めたトロール市の朝礼も続いております。何となくメリハリも出てきて良い感じで、もっと早くから取り組むべきだったと反省・・、今後は工夫を凝らして、よりスピーディかつ楽しいものに改善していければと思います。今日夕方には、既存店舗のデッドスペースを生かしていくための意見集約のために少しだけ集まっていただきました。朝礼と合わせて、またいろんなアイディアもよろしくお願いします!明日は海幸丸入船です!

141年カレンダー

海幸丸は今朝4:30に入港して3月最終売り、月末休みに入っております。月初と月末では、日本の世の中様変わりという3月でしたが、厳しい環境ながらも仕事が続けられることに感謝して臨まねば、とつくづく感じております。こちらの基地は残る漁期1月半、仁洋丸も明日入船後、月末休みに入る予定です。

古くから会社の階段上に貼ってあった“100年カレンダー”ですが、昨年末でとうとう終わりを迎えてしまいました。昨日、宇和島運輸さまより、続きの新しいカレンダーが完成したとのことで届けていただきました。貴重な品物をありがとうございました。今度はよりパワーアップして“141年カレンダー”となっています。掲載期間は実に1940年から2080年!このカレンダーが終わるころ、私は107歳・・の予定です。世の中は、日本の漁業はどうなっているのでしょう??

明日からいよいよ新年度、心を新たに進んでまいりたいと思います!

2月操業無事終了!

今朝は4時半本船入港、豊後水道南沖の漁場で、コウイカ、ハモ、ホウボウ、ヤリイカと底曳らしい魚種構成で総数1300箱でした。近年安値の続いていたホウボウが、型の良いサイズを中心に先日より相場上昇!豊後水道では、漁獲量もまずまず安定しているだけに今後にやや期待が持てそうです。色つや良く獲れれば、ですが・・。海幸丸は明日まで月末休みです。

明日両船売り予定です!

昨日は地元で長年お世話になっている先輩の結婚式でした。久しぶりの披露宴でしたが、やっぱり結婚式はおめでたくて良いものですネ。日ごろはあまり気にとめない、“夫婦”や“家庭”についてもあらためて考えされたり気づかされたりもして・・。何はともあれすばらしい披露宴で、こちらも幸せをいただいた気がしました。渾身の余興の映像がお届けできないのが残念です。昨日の宴を皮切りに、今年は私の周りでは、前半の半年だけでも7組のカップルが誕生します!!皆さま、おめでとうございます!!

今日は入船なし、午前中は地元のイベント旬彩市でした。午後からは明日入港予定の海幸丸の食料買い出しのためスーパーへ。普段は取引のある野菜屋さんが配達してくれるのですが、日曜は休みのため、月曜入船時は前日に買い出しに行って対応することもあります。

17名の食料ですので、このとおりなかなかの量になります。
「なすび10本」!と、毎回こだわりコックさんからの季節外れの注文もあるようですけど・・。

明日は下関の仁洋丸も入船・売り予定、引き続きアマギの漁と相場に期待しております!

アマギ漁

海幸丸は4:00過ぎ入船、総数1300箱うちエボダイがまとまって約600という漁模様でした。入荷量が少ないせいか、今朝は久しぶりに全般通してまずまずの売れ行きでした。私が出張から帰ってきたにも関わらず・・。次回は月曜入港予定です!

ふねをつくるぜ、かっこいいぜ!

世の中には本当にいろんな仕事があるものですネ。先日の産経新聞には、“造船番長”をイメージキャラクターに採用募集を行って、話題を集めている岡山の造船会社の記事が出ていました。そういえば、今日は八日市にて楽しみな出会いもありました。海幸丸でも、“トロール番長”のキャラクターをつくって乗組員募集をしようかな?

節分

今日は節分、毎年ですがこの日ばかりはイワシが売れて、競合するカマスやエボダイは販売不振です。かくいう私もイワシを一匹食べてしまいましたが・・。海幸丸は2航海目に入っております。今回も宮崎・鹿児島沖まで遠征です!

1月最終水揚げでした

大阪~松山と昨日まで2泊の出張でした。大阪ではまたいろんなご縁をいただき、ありがとうございました。ご期待に添える良い商品をお届けできるよう努めてまいります。海幸丸は今朝4:00の入船で月末休み、スルメイカ、ハモ、カマス、エボダイ等1600箱の水揚げでしたが、売れる魚種売れない魚種クッキリ・・といった感じですが、この大時化のなかの相場としてはやはり全般低調気味です。

気がつけば、エントリーした(してしまった!)愛媛マラソンの出走まで一週間を切りました。秘密裏に申し込んだのであれば、棄権も出来るのですが、ここにきて辞退では恰好悪いですし、応募に間に合わなかった皆さまにも申し訳がないので、怪我しない程度に頑張ってきたいと思います。翌日からの仕事予定、そしてその一週間後の駅伝カーニバル(こちらも出走予定!)を考えると、正直気が滅入りそうではありますが・・。

今年は昨年の初マラソン(4時間20分)の失敗の教訓を生かして、寒さと消耗するエネルギー(糖分)対策だけは万全!ですが、寒さのせいか(それとも年齢?)両膝が痛いです。言い訳ですけど・・。出走される皆さま、完走目指して頑張りましょう!!

御守り刀に向かって礼!

子供たちにせがまれて、我が家の守り刀(ということになっている・・)鑑賞会を行いました。悪いことをしでかしたら、代々伝わるこの日本刀で切られるということになっています。普段は見ることも許されない特別なものでございます。実は居合練習用の模造刀ですけど・・。

明日、海幸丸本船入港です!喝!!

吹雪のなか出漁!

列島大荒れの天候、八幡浜も近年稀にみる吹雪と冷え込み、道路も凍っています。今朝はエボダイ、ハモ、コウイカ等を中心に1100箱あまりでしたが、天候が悪過ぎて相場安・・、この吹雪ですから消費地小売も芳しくないのでしょうね~。難しいものです。海幸丸は吹雪のなか7時過ぎには高知沖目指して出漁!私は明日より上京予定ですが、便がやや心配です。センター試験の受験生も大変ですが、気合で頑張ってください!!

手巻きのコツ

海幸丸はやや足を伸ばして宮崎沖の漁場へ、今朝は新年2度目の入船でした。エボダイ、カマス、ハモ、アカムツ、レンコダイ、スルメイカ等を中心に1200箱の水揚げでした。お客さまを市場案内する予定でしたが、あえなく取りやめに・・。残念でしたが、魚や市場に興味を持っていただくことはうれしいものです。相場のほうは魚種によってまちまち、それでも量の確保できたエボダイにやや助けられた航海となりました。

今日は成人式、いろんな地域で催しも行われているようです。初々しくて良いものですネ!
新成人の皆さま、おめでとうございます&よろしくお願いいたします!!

今夜は久しぶりに家での食事、海幸丸の魚を使って手巻きをいただきました!イモソジ、ヤリイカ、ウチワエビ、タコ、アナゴといろいろな魚や野菜、そしてお酒も楽しめるのですが、自分で手巻きを作るのがいつまでたっても苦手な私・・

家内に上手く手巻きを作るコツを聞いたところ、

「赤ちゃんをくるむようにすれば上手く巻けるよ」

とのことでしたが、赤ちゃんをまともに包んだことのない私には、理解不能でいまだに上達せず・・

イクメン失格でございます・・

海幸丸乗り初め

今日3日は恒例の海幸丸乗り初め!出漁前に各船の神前で手を合わせて今年の航海安全を祈りました。式の後は、こちらも恒例のお年玉と餅(お金?)撒きを行って、家族の皆さんに見送られて無事に出港しました。正月休みで飲みすぎ、負けすぎ?の方も若干名いたようですが・・。ひとまず5日の開市・初競りでの入港を目指して操業いたします。新年を境に今漁期もいよいよ後半戦に突入です!

師走の漁も大詰めに!

クリスマスシーズンに入りましたが、海幸丸は時化の中、昨日より連日入船しております。今年の12月は原料・鮮魚ともに、かなり低調な水準での取引で終わってしまいそうです。全国的なものではありますが、厳しい今シーズンを象徴するような最盛期の市況です。今朝の売りで水エソ漁もほぼ終了しました。残り2航海は、お正月用の刺身用鮮魚を中心に水揚げして、年末休みに入る予定です。もうひと踏ん張り、頑張りましょう!

仕事と忘年会他諸々で、12月は朝、昼、夜とかなり忙しいのですが、暇を見つけては来年2月の愛媛マラソンに向けてボツボツと走り始めております。(遅いですけど・・)正直、昨年のしんどさを想像すると、今からでも棄権したいくらいなのですが、走り始めたら最後まで走るしかない、ということで“年に一度の罰ゲーム”のつもりで、楽しんできたいと思います。

出走される皆さま、どうぞよろしくお願いします!4時間10分台での完走がいちおう目安です・・

貼るカイロ

先航海後は思わぬトラブルで出遅れた海幸丸でしたが、一昨日夕方にようやく出漁、まずまず順調にエソ漁を終えて昨夜入船して、今朝の売りを終えました。蒲鉾製造のピークに合わせてのエソ漁ですが、今年は何日まで続くのか・・!?週明けからの天気の動きと合わせて注目!です。

最近、寒さのせいか少し運動すると腰と膝が微妙に痛い・・、何か劣化しているような痛みです。だからというわけではないのですが、先日、仲買人のおばちゃんにもらって、腰につけてみたところ、思った以上に長持ちするのがこちら!

最近、早朝の仕事には手放せなくなりつつあります。

とりとめもない話題で恐縮ですが、そろそろ“日露開戦”ですので失礼させていただきます。

パレスチナより

全国的な寒波到来!こんな時こそ八幡浜トロールの出番です。今日は水エソ、エボダイ、ハモ等を中心に900箱の荷揚げ、ようやく12月らしい相場とセリの雰囲気になってきました。こうでないと気合も入らんですね。いよいよシーズン中のシーズンへ、来週一週間が山場です!

高校時代によく遊んだ同級生K君が、今仕事でパレスチナにいるとのこと。エルサレムの隣で世界最古の町ジェリコ市というところに潜伏、いえ滞在しているそうです。まさかヒットマンにでもなったのか・・!?純日本人の私にはよく分からない難しい仕事をしているようです。

魚の注文と一緒に、こんな写真も送ってくれました。まさに事典の世界、一頭でいいので飼ってみたいですね。

気をつけて帰ってきてください!!

引き続きエソ漁です

師走もいよいよ第3週です。今日昼は諸々の計画業務の総仕上げ、少しずつ改良をは加えていますが、同一フォーマット(自前)の経営計画書を作り始めてもう5年目になります。なかなか先の読めない世界ではありますが、予め準備可能なことへは出来る限り対処したいものです。目標は一つの目安になりますし、1年の総仕上げの時期でもありますので・・。海幸丸はエソ漁で夜にピストン入船、明日の相場に期待です。

魚種も年末モードに

海幸丸は連日入船、対象魚種も徐々にですが水エソ主体の年末仕様になってきました。トロール市ではお歳暮の出荷もほぼピークに!皆さまのご愛顧、まことにありがとうございます。今日は連夜のアルコールを抜きに!?走り始めたものの、途中でウォーキングに・・。最近は一週間分の体力のペース配分を考えてしまうのも年のせいでしょうか?こちら散歩しながら1枚、この季節の宇和海の夕日はとてもきれいです。

今季のジンクス

朝から大雨が降ったり吹雪いたり、はたまた晴れたり・・と激しい天候の週末です。今シーズンは、私が出張に出て、市場の入港・セリに立ち会わなかったときに限って相場が上昇、出張から帰って市場に出るとガクンと相場が下がる・・!?というのがお決まりコースのようです。最近、ジンクスを重んじる船(乗組員)からは、「社長はもうどっかに行って帰ってくるな、市場に出んといてくれ!」と言われております。

だから、というわけではないのですが、明日からまた1泊で大阪へ出張予定!日曜の相場↑に期待・・です。最盛期ですし、この際、放浪の旅にでも出ようかな?

いよいよ師走!

昨日早朝入港した海幸丸は今朝まで月末の給料休み、今日10:00に出漁して12月操業に入りました。なかなか気温も高くて12月らしくない天気が続いていますが、この月ばかりは私たちの仕事、天候に“一喜一憂”です。毎年皆さまにご愛顧いただいているお歳暮の一夜干しも、そろそろ出荷のピークを迎えています。いつもありがとうございます。あわせて年賀状等々、年明けの準備も少しずつ・・。良い新年が迎えられるよう、体調とスケジュール管理をバッチリと行いたいものです。

良い夫婦の日!

今日は良い夫婦の日!会社は定期のお支払日でした。昨日は量としては今季最高の2400箱!主には、太ってきたこちらのヤリイカですが、鮮魚、原材料ともに最盛期らしからぬ相場に沖も陸もグッタリ・・、需給バランスとかデフレとか、そういう単純な原因でなく、もっと根の深いところに根本的な構造的問題、欠陥?があるように感じる近年の市況です。今晩も夜半入船です。風邪には気をつけましょう!!

16歳と61歳

今朝は4:00入船、ヤリイカ、レンコダイ、シロムツ等を中心に約2000箱の荷揚げを行いました。漁は良い出来なのですが、相場はやはり厳しく・・、全国的なものですので如何ともしがたいのですが、沖で奮闘する乗組員の皆さんにとっては、今年ばかりは本当に正念場です。全国の漁師の皆さん、頑張りましょう!!!

16歳で公認会計士試験に合格した少年が最近、よくTVに出ています。すごいことで少年の優秀さにはただただ驚くばかりですが、新聞では「ちなみに合格者の最高齢は61歳・・」との記事も発見しました!!

マスコミではあまり取り上げられていないようですが、天の邪鬼な私は、この61歳のお父さんの方に少年の5倍くらいのエールを送りたい気持ちです。30代を過ぎると一気に合格率が低くなるといわれる公認会計士試験で、隠れた快挙だと思います。毎年の合格者最高齢が何歳かは知りませんが・・。

これぞ、人生何事も始めるのに遅すぎることはない!という好例ではないでしょうか。
こんな感想を持ってしまう私は、16歳よりも61歳のほうが感覚的に近いのか!?自分もそんな年になったということでしょうかね~。
皆さんは個人賞(MVP)を一人に送るとすれば、どちらを選ばれますでしょうか?

ヨシキリザメ探しに・・

今朝はヤリイカ1200箱の売りでしたが、先々週の時化から一転、凪が続いたせいで全国的にも供給量も多いようで、相場は落ち込みました。次回はいったんヤリイカ漁を見合わせ、高知沖での操業を予定しています。今日は日曜のため、魚好きの子供たちを連れて市場を一周、この子たちが大人になる頃には八幡浜魚市場はどうなっていることやら・・?見てみたい気もしますが興味半分、怖さ半分ですね~。明日は朝に本船入港を予定しています。

早く走るコツ

一気に冬がやってきた!というような寒い一日でした。いろいろと予定も多く濃い一日でしたが、夕方には慌ただしくなる年末を前に、トロール市のミーティングも行いました。海幸丸は今夜23時すぎに入船、ヤリイカの荷揚げ後は週末の売りを目指して再度漁場へ向かいます。ここ数日、時化のため魚も切れていますので、相場にもやや期待・・、私は明日から一泊で大阪出張です。こんな時こそ風邪には気をつけたいものです。皆さまもご用心くださいませ!

今読んでいる本に、陸上(ハードル)の為末大選手が語ったこんな話が出ていました。曰く、早く走るには体を思い切って前のめりにするのがコツだそうで、そうすれば転ばないために早く足を動かしてバランスをとるため、自然に早く走れるとのこと。

「社長のノート②」の著者、長谷川和廣さんは、この話は仕事の心構えにも通じること、として説明されています。仕事の重心を思い切ってぐっと前にとる、つまり自分が決めている限界点を超えたところにあえて目標を定めてみることで、いっそうのハードワークが必要となって、結果としてそれまで以上に仕事力を高め、不可能を可能にしてくれるのだそうです。

仕事に限らず、勉強でもスポーツでも恋愛でも・・?応用できるすばらしい考え方ですネ!!

アカムツ好漁でした!

本日土曜、八幡浜は休市でしたが下関では第21仁洋丸が入船して、久しぶりにアカムツが450箱と豊漁でした。海幸丸のほうは今夜半入港、明日4:00より荷揚げの予定です。函数は1800箱とまずまずのようですが、売りのほうは果たして・・!?少しだけ期待しつつ休みたいと思います。

今日は青年会議所の2011年度の会員会議所もありまして終日松山でした。長年の懸案でもある公益法人制度改革に向けたセミナーもありまして、メンバーの皆さまと拝聴してきました。今日のセミナーを終えて、やや方向性も見えつつあって一歩前進、というところでしょうか?明日日曜は、いよいよ「JCファーム収穫編」も開催されます。こちらもどうぞよろしくお願いいたします!!

10月中休みへ

海幸丸は、鹿児島沖~古満目沖へのかけての中3日航海を終えて5時入船、中休みに入っております。今日から地元は秋祭り!ですが、祭り需要で魚の相場が上がったのは大昔の話で、今朝の相場も予想通り地を這うような価格でした・・。近年にない状況で、明らかに対消費地向け市場流通の限界を感じていまして、流通・加工に目を向けない漁業者、出荷業者には明日がないことを確信しております。こんな時こそ消費を見据えて、課題やアイディアを具体化するチャンス到来、ということで流通事業部の出番ですね。引き続き知恵を出し合いましょう!今晩は新居浜太鼓に負けないように、張り切って踊ってきます!!

ピンチこそチャンス!

海幸丸は今朝5時過ぎ本船入港、鹿児島沖航海で3日ぶりの荷揚げでした。今回は成長途上のヤリイカ漁場は経由せず。マダイ、レンコダイ、カイワリ、イシダイ、イシガキダイ、エボダイ、ヤガラ、カマス、フカ、カワハギ等が主な魚種でした。10月も半ばですが値がつかない売れ残りの多い今季、試練の操業が続きますが、加工流通の面では新しい素材開発や作り込みのチャンス!会社の協力体制の見せどころですネ!

明日入港です!

今日もあわただしくあっという間の一日でした。夕方はかなり久しぶりに少しだけジョギング、夜は、またとある飲み会でした。飲み会前には、八幡浜の進めている“新港湾ビジョン”をテーマにした話し合いも持たれまして、皆さんで熱い意見交換も行いました。世代を超えた、気兼ねのない飲み会は良いものですネ!明日は海幸丸入港、ということで今日も一次会のみで早めに帰宅しました。引き続きヤリイカの成長に期待です・・!

魔法の真珠

海幸丸は9月最後の航海を終えて今朝5:00に入港しました。明日まで月末休みです。9月はヤリイカの成長遅れに、デフレ下の魚価安の影響も重なってかなり厳しい滑り出しとなりましたが、月も変わって心機一転!新しいヤリイカ漁場、古満目沖も解禁となりますので、気を取り直して参りましょう!こんな時こそと、会社にも運気を呼び込むために、植物に魔法の真珠を敷き詰めてみました!効果のほどや如何に??

期待の新人、幸輝君もこのとおり元気いっぱいです。
明日までには船員手帳も作成して、10月からは正規乗組員として乗船します。
17歳の若者ですので、まわりはみんなお父さん、いえお祖父ちゃん(よりも年上!?)世代です。
今のところ、うまく溶け込んでいるようで感心しています。お母様、どうかご安心ください!

面白きことも無き世を

今朝は5:30入船、中心はヤリイカでしたが、まだまだ成長途上ということで、9月最後の航海は宮崎沖まで足を伸ばしております。上は下関の魚市場で出会ったムンド君、インドネシアからの研修生で、21仁洋丸に乗船しています。現在、手を負傷中とのことで一時下船中ですが、セリ前には元気に荷揚げを手伝っておりました。

「龍馬伝」もいよいよ熱いシーンに突入していますネ。

映画やTVは集中して観たいほうで、今日は食事が終わって子供たちに、

「パパは8時から大事な仕事があるから早く上に上がって寝ろ」と伝えたところ、三男から、

「どうせ龍馬伝でしょ」と一言、父親の行動パターンはすべてお見通し!?

ちなみに三男の名前は晋作でございます・・


炎の海幸丸!?

中一日の航海で今朝入港しましたが、ヤリイカもまだまだ成長途中で小さい上に、鮮魚・原材料ともにベッタリ・・の相場でした。ひきつづき我慢の操業が続いています。次の航海は再び宮崎方面まで。入港は20日(敬老の日)を予定しております。こちらは真珠湾の、いえ、今年の八幡浜みなと花火大会の模様です。会社の屋上から撮影していた友人からいただきました。ありがとうございました!

山川入港予定です!

新しい期も始まったため、昨晩は決起&ミーティングを兼ねたトロール市の飲み会を開催しました。それにしてもリンダ君の食べっぷりには脱帽・・、健康な証拠でしょうか?また明日から皆さん、頑張りましょう!鹿児島航海中の海幸丸は、今日午後に山川港に入港、トラック便で陸送後、明日の八幡浜売りを予定しています。

3日は初水揚げでした!

3日は今季の初水揚げ!ヤリイカの量はまずまず確保できたのですが、2年前のようにサイズ極小で価格は過去最安値でした。それにしてもここまで値がつかないとは・・!?9月前半はやや遠めの漁場、宮崎・鹿児島沖から豊後水道を移動しての操業となりそうです。

愛媛マラソン2011のエントリーが始まりました。物好きの(反省できない?)私は昨年に引き続き2回目のエントリー!ろくにトレーニングもしていませんが、無理やり申し込んでしまえば、あとは走るだけですので。前回より15分くらい縮めるのが、ひとまずの目標です。

来年は大雪でも降らんかなぁ。皆さん、一緒にいかがですか。

http://ehimemarathon.jp/entry/index.html

箱と氷も積み込み完了!

出港前日の今日は、朝から魚箱約3,000箱と氷約30トンの積み込みを行いました。第15海幸丸のみ昼前に試運転も行ってほぼ出漁準備も完了です。明日は夕方に出漁式の乾杯を行って17:00出港の予定です。まずは豊後水道南沖のヤリイカに期待したいところですが、資源調査船の予報では今年も資源量は今一つとのこと・・。9月第一週目には、ある程度の状況はご報告出来るかと思います。どうぞお楽しみに!

これから8ヶ月半の長い漁期に入る海幸丸ですが、毎年、“船用金”というものを準備しております。船の食料品や沖の作業に必要な物品は、母港八幡浜に帰港した際に準備するのですが、天候や万一のアクシデント等で、八幡浜以外の港に入港する際に必要となる場合に備えての現金です。使途は主に他港に寄港した際に調達する食料品や、緊急に必要となった備品や作業賃ですが、使用する機会がないのが一番です。といいますのも、この船用金を使わないで済むということは、トラブルも起こらず、比較的近い漁場で安定した漁があることの証明でもあるからです。

大臣許可の沖底船の陸揚げ港(漁獲物の荷揚げが可能な港)としては、5港までの登録申請が認められていて、海幸丸の場合は、八幡浜、宇和島、深浦、そして鹿児島県の山川港の4港が認められています。他の陸揚げ港で水揚げされた鮮魚は、トラックで八幡浜港まで陸送してセリにかけるのですが、本船入港の魚種に比べて氷の解けも早いため、若干相場が安くなるのが通例です。今年も本船入港を基本に操業できれば・・と祈るのみです。

乗組員の皆さんは、今日はゆっくり休んで明日からの出漁に備えてください!

海幸丸仕卸でした!

昨日は海幸丸の出漁を前にしての恒例の仕卸でした。今季乗船予定の16名をはじめ、お世話になっている八幡浜魚市の皆さま、そして会社のスタッフも含めて25名での宴会でした。いつものように2次会、3次会・・、今年はやや若返りを図って元気いっぱいの面々でした。盛り上がる宴会もパワーの源ですね!今季も船と会社の協力関係を基盤に、豊漁目指して張り切っていきましょう!

プレオープン前にも関わらず、お世話になりました“こけけ”様、ありがとうございました!

今日はちょっと用事があって、仕事の合間に地元の和菓子屋さんへ行ってきました。

甘い和菓子が有名な老舗ですが、暑い毎日が続きますし、お届けしたい方が少し年輩の方だったため、夏らしくゼリーのギフトセットを注文しました。までは良かったのですが、店頭のお姉さんに、「ゼリーの詰め合わせ」を一つください、と言うべきところを・・

「ゼリーの盛り合わせを一つください」と言ってしまいました・・

店員さん苦笑、私赤面・・、これも夏バテか、それとも飲み過ぎか!??
詰め合わせと盛り合わせ、似てるようで似てないような。日本語は難しいですね~。

乗組員の皆さんは出漁前の体力充電期間ですが、会社での事務手続きは、週明けに向けてピークを迎えます。

夏の終わりもすぐそこでまで来ています。皆さまも夏バテ、熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ!!

龍王神社にて豊漁祈願


今年も航海安全・大漁祈願は大野ヶ原の“龍王神社”でした。いつもどおり朝の6時に出発して8時過ぎに到着して祈祷、“ポニー牧場”で朝食、お土産には大きな大根を30本買って、締め(といっても昼食ですが・・)は五反田の魚松さんでチャンポン!毎年お決まりのコースです。午後からは月末に迫った決算事務を進めまして、明日晩はいよいよ仕卸宴会です。

夜は子供たちのお絵かきに付きあって私も一枚、昔はもう少し上手かったはずなんですが・・
次はもう少しうまく描きます!!

いたちごっこ

海幸丸の積み込み作業も無事に終了、今日は土曜でしたが機関部と甲板部のみ最後の準備作業を行いました。何事もなく・・といきたいところでしたが、トラブルも少々ありまして、結局夕方まで復旧作業に追われてしまいました。来週は出漁前の最後の準備に入りますが、念には念を入れて9月の解禁に備えたいところです。

私事ですが、猛暑のせいで!?ビールの摂取量ばかりが増えていまして、最近、腹部のたるみが気になっています。知り合いにも指摘されると、なおさら気になってしまって。夕方、時間のあるときはジョギングするようにしていますが、何せこの暑さ!大汗をかきますので、その分またビールが進んで、まさに“いたちごっこ”でございます。

軽いジョギングくらいでは、到底追いつきそうにもありませんので、TVショッピングのトレーニングマシーンでも使ってみようかなと思っている今日この頃です。我が家の大蔵省(今は財務省か!?)の許可はまだ得ておりませんけど・・

今夜はひとまず音楽でも聴きながら、ハンドパワーとマッサージで肉を削ぎたいと思います。

充電中です・・

昨年はこの時期、日本海のクラゲ駆除に出かけた第15・16海幸丸ですが、今年は漁業被害が出るほどの量は確認されていないようで、現在のところ国からの出動の要請は来ず・・。例年よりも早い7月中に修繕も済ませてスタンバイはOKだったのですが、甲板作業も終わってやや“夏枯れ気味”!?の乗組員(会社もですけど・・)もチラホラ見られる時季です。意気込んでいた分、肩すかしを食らった感もありますが、その分残り一月、鋭気を十分に養って9月からの解禁に備えましょう!

九重大吊り橋

昨日、無事に研修・慰安旅行から戻ってきました。途中、行方不明になりかけた人もいたようですが、何とかフェリーで全員帰還!皆さま、お疲れさまでした。トロール市は今日から通常営業ですが、乗組員チームは今週は休んで、来週から仕事再開の予定です。

こちら宴会時の集合写真、コンパニオンの皆さん、お世話になりました!

新人の中尾君もこのとおり元気いっぱい!
「リンダリンダ」を熱唱したので、愛称が「リンダ」になりました。

朝もガッツリ食欲も満点、育ち盛りの子供のようです。

でも2日目に行った九重大吊橋では、先輩のNAS1号ともども腰を抜かしていました・・

こちらの吊り橋は平成18年にできた観光地ということで、なぜか「白蛇館」もありまして、安全・豊漁祈願!

乗組員の皆さんは、当面の切実な課題でもあるパチンコ必勝祈願・・!

皆さま、ひとまずお疲れさまでした。

迷子にはご用心!

休市で静かな八幡浜です。商店街では恒例の八日市ですが、今回は弊社の出店はお休みをいただいております。また来月からよろしくお願いいたします。今日より一泊で、海幸丸の慰労・研修旅行に行ってきます。ここ2年は松山(道後)でしたが、皆さんの要望もあって今年は海をわたって九州(別府)へ!ひとまずはゆっくりと温泉に浸かって一年間の慰労を、そして来季へ向けた鋭気を養ってください!“珍道中”はまたご報告させていただきます。

今年ももちろん流通事業部のスタッフも全員参加、年に一度の旅行で、沖と陸の絆をより一層深めてまいりたいと思います。

今回はトロール市に新しく入社した“NAS2号”こと、中尾君も初めて参加します。職人肌で寡黙な新人ですが、海幸丸の猛者に交じった宴会でどんな一面を見せてくれるか、今から楽しみです。皆さん、以後お見知りおきを!!

海幸丸曳きあがり

最終航海に入っていた海幸丸は、シロムツ、ゼンゴをため込んで箱切れ・・、今朝早朝に帰港しました。今日は休市のため、明日の朝4:00より漁獲物2000箱の荷揚げと最終売りを行う予定です。ただ今、漁具の陸揚げと船体清掃中です。今季も今日をもって無事に曳きあがり!乗組員の皆さま、ひとまずお疲れさまでした!

憲法記念日ですが・・

ゴールデンウィーク真っただ中ですが、昨日我が家には妹夫婦が帰ってきたり、親戚が訪ねてきたりで、子供たちのテンションは上がりっぱなしです。土曜、日曜と連休だった魚市場は今日より開市、試験操業中の海幸丸は中央市場の関係から明後日(5日)の入港予定です。今日はこれより父の三回忌法要です。

本操業ひとまず終了!

30日入船で一まず今漁期の本操業が終了、4月最後の売りは連休前のかけこみ需要か、丸魚・原材料ともに若干“上げ”での取引となりました。5月は通年通り15日まで、高知沖の試験操業を3航海ほど予定しています。出漁は5月1日15:00の予定です。最後まで安全操業でまいりましょう!!

本操業も残り一航海!

昨日は、恒例になったマウンテンバイク(MTB)の八幡浜大会が双岩のスポーツパークにて開催されました。私は午後からの“男子エリート”の部(↑)に出場したいところでしたが・・?残念ながら、1日中“駐車場整理”でした。昨日は天候に恵まれ、陽射しも強かったため、気がつけば顔面のみ真っ赤に日焼け・・。まるで“万年二日酔い”のような顔になっております。ボランティアスタッフとしてご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!それにしても上級者の迫力は見ものでしたヨ!

海幸丸は今朝5時過ぎに入港、1000箱の荷揚げを終えました。4月も終盤を迎えて海幸丸の本操業も残り一航海、あとは5月15日までの高知沖試験操業を残すのみとなりました。今回は、宮崎から鹿児島にかけての漁場だったため、ハモやレンコダイ、カマスが主体でした。次回も同漁場にて中3日の航海を予定しております。今日は午後から松山の予定だったのですが、若干イレギュラーもあって仕事がずれ込み、予定変更となりました。

今年の4月は例年になく多い時化やら相場の落ち込み等で、今のところ昨年を下回る水準になっています。しかもここにきて重油単価もどんどん高騰しているうえに、これまでになかった新しい問題も少々出ていまして、来期からの不安材料も山積の状態です。ひとまずシーズンもほぼ終了、という時季ですが、最後まで気を引き締めていきたいところです。今年の夏は昨年に増して忙しく・・、後ろ向きではなくて前に向いた仕事で忙しくありたいと願っています。

新ムンクのさけび

ここのところPCの前に座る時間もめっきり減って、ブログもサボリ気味・・、継続は大切ですが難しいものですね~。次男が夢中になっている名画の旅!ムンクも徐々にレベルアップしてきまして、こんな感じです。海幸丸は明日入港、夜はJCの公式訪問例会で、明後日よりまた上京予定です。皆さん、睡眠不足には気をつけましょうネ!

KYバンザイ!

いよいよ年度末の31日、海幸丸も今朝の入港で無事3月操業を終えて月末休みに入りました。ハモは先航海を上回る480箱!かなり相場は下げましたが、獲れるだけ良しとしなくては・・。今朝の入港魚種の中にはこんなアカムツも!少々傷入りですが、まん丸の体型からして味は上々でしょうね~。原宿の創作和食“ルチア様”へ直送と相成りました。

昨日から産経新聞で連載されている「オピニオン 話の肖像画」というコーナーに、医師の鎌田實さんが登場されています。ベストセラー「がんばらない」の著者ですが、昔からベストセラー読まない派?の私は、まだ本を読んだこともないのですが、とても面白いことを言われています。
いわく、元気のない今の日本は「空気に負けている」と。今の不景気の半分は「空気が作っている」というのが鎌田さんの持論だそうで、人の顔色ばかりうかがっている(空気を読みすぎる)社会では、どんどんつまらない国になってしまうとのこと。そうならないためには、人がそれぞれ様々な主張をして、「空気をかき回したり」、「空気を変える」若者が出てくることが、社会に活気を出す源なのだそうです。
人間には、「人と人、体と人、人と自然」の3つのつながりが大切だそうで、この3つのバランスを総合的につなぎ直す作業が日本を元気にするためには必要なのだと。また資本主義国家としての経済を上半身、子育て支援や医療、教育を下半身に例えて、温かく血を通わせて「分厚い中流」を作るという「ウェットな資本主義」も提唱されているのも、医師ならではの視点で興味深いです。
今の日本に何よりも大切なことは、リーダーである政治家が確固たる国家観をメッセージとして国民に語ることだそうで、「友愛」では何が何だかサッパリ分からんと・・。特にこの部分は大いに共感を覚えましたので、さっそく最新作「空気は読まない」を購入してみようと思っています。いろんなところでKYという評価をいただいている私にとっては、朝から実に元気が出るコラムでしたので、少しだけご紹介させていただきました。

KYバンザイ!!逆ギレです。

ハモいかがですか?

週明けです。海幸丸は昨日の4:00に入港して荷揚げ、目下3月最後の航海に出ております。年度替わりで何かと忙しい最中ですが、4月はイベントも盛りだくさんですね。特に週末は平日よりも・・、いえ平日と同じくらい過密なスケジュールです。子どもたちはわずかな「春休み」ですので、少しは出かけなければ、と思う今日この頃です。

さすがに暖かくなったせいか、ここ2,3航海は魚種に変化もみられていまして、昨日はざっとこんな感じでした。

マダイ25、レンコダイ50、エボダイ95、カマス190、アカムツ25、クロカマス40、イトヨリ55、カイワリ50、マトウダイ25、フカ20、アカエイ25、アンコウ10、バラヤリイカ10、スルメイカ35、ヒレナガエソ60、ミズエソ26、シロムツ20、アカメダイ180・・

そして最後に・・

ハモ320箱!

で計1400箱の水揚げでした。

春の珍事・・というほどでもないのですが、海幸丸でハモが300箱を超えて水揚げされるのはおそらく初めてではないでしょうか。昨年も100程度水揚げはあったのですが・・。

今ほどの漁労長の報告では、今航海でもハモが同じく豊漁とのこと。1匹でも1箱でも100箱でも・・、ご注文承ります。ハモを使った加工品も考えねば・・、企画担当のNAS1号さん、アイディアよろしく!

さすがに入港魚種がハモだけでは寂しいため、明日は漁場を変えて操業予定、次回は明後日に入船する見込みです。

アマギ豊漁です!

早いもので「海の男のお魚さばき方教室」もすでに開始から10カ月、八幡浜市の魚食普及推進協議会主催ということで、おかげで参加者も多く好評のようです。これまでは、焼き物、開き、3枚卸しと比較的オーソドックスな内容でしたが、最近は受講者のニーズも千差万別のようで・・、2年目からは、刺身盛り合わせコースや薄造りコースなど、クラス別の運営も良いのではないでしょうか。あわせて弊社の指導技術も高めていかなければ、と思っております。魚の技術は一度覚えれば一生もの!ご家族、ご友人もお誘いあわせのうえ、ぜひお気軽に参加いただければと思います。

海幸丸は明日早朝入港予定です。今日夕方の網ではアマギの漁がまずまず好調とのこと、相場に期待したいところです。明日は売りを終えて上京、相模原を経由して都内泊の予定です。

アラフォー期待の星

今朝は4:00入船、1000箱の荷揚げ・売りを終えて、海幸丸は2月の中休みに入りました。昨年同時期はアマギ漁が好調だったのですが、今年はサッパリ・・。ここ3航海は豊後水道南沖のコウイカ、ハモ等で、何とか凌いでいる状態です。明日は10:00に後半戦へ向けて出漁予定です。今漁期も残り3カ月となりました。

昨日の駅伝カーニバル、私もJCチームのアンカーとして出走しました!!

最初はこんなにハッスルしてスタートしたものの(M専務、写真拝借しました・・)最後はヨレヨレクタクタ、年々踏ん張りも効かなくなるものですね~。いや、毎度ですが疲れ果てました。何はともあれ、無事5区間タスキを繋いで完走、出走された皆さま、お疲れさまでした。応援&サポートいただいた皆さま、ありがとうございました!

もうこうなったら、バンクーバーのアラフォー希望の星、岡崎選手に期待するしかないですね!
試合は明後日くらいでしょうか?今大会こそメダル目指して頑張ってください。

ついでに国母クンの指導(補導?)もよろしくお願いします!!

話題あれこれ

当初は宮崎沖にて中3日航海を予定していましたが、天候の影響で漁場へ向かえず、豊後水道南沖での操業となりました。そのため今日は、明日の休市を前に調整のため入港、600箱のみ荷揚げを行いました。次回は金曜入船の予定です。今日は気温も17度と、この季節にしてはありえない暖かさの八幡浜です。恒例の「十日恵比寿」も控えていますが、この時季らしい冷え込みを!もう一度期待したいところです。

今朝の興味深い話題といえば、サントリーとキリンの統合交渉決裂というニュース。ともに日本を代表する巨大企業ながら、経営者の思想をはじめ企業文化に経営形態と、全ての点で正反対の2社でしたが、最後は“企業統治”の根本的な考え方において、折り合いがつかなかったようです。株主との関係を重視する、どちらかといえばアメリカ型の手法をとるキリンに対して、創業者一族の発言権を譲らなかった和製のサントリーという構図でしたが、私たち中小・零細企業の考えや視点からすれば、大手でありながら独自路線を貫くサントリーのような会社に頑張ってほしいと思います。ただし、食品・飲料メーカーの世界的な規模の競争環境、シェア争いからすれば、単体での生き残りというのも大きなリスクを伴う路線・・、ということで、今回の交渉決裂が、今後の両社の行く末にどんな影響を及ぼすのか、注目したいところです。

その他の話題では、やはり朝青龍・・。電撃の引退会見から2日後には、ハワイに飛んでゴルフ三昧!というのは、あらゆる意味でタダものじゃないですね。肝っ玉が常人ではないというか・・。横綱ですから普通と違うのは明らかですが、伝統ある相撲史においても、場所中に野球観戦に行ったことがきっかけで引退したという郷土の英雄、前田山(八幡浜市保内町出身)とともに、名(迷)横綱として歴史に名を残していくものと思われます。リング上での朝青龍も楽しみですね!

極め付けは、「頑張ってください」と言われたとか、言ってないとかいう総理と幹事長のやりとりの話題。「このまま続けていいですか」といわれて、「はい」と言ったんだったら、言われたほうからすれば「頑張ってください」の意味に受け取れるわけで・・。お墨付きをもらったとばかりに、公言する幹事長もさることながら、総理が記者に向かって、「頑張ってくれとは言ってません」と弁解している図(それがNHKの正午のニュース!)は何とも滑稽でした。個人的には、総理が「辞めてください」と言ったら(言えたら?)暴君、いえ幹事長はどう答えたのかに興味がありますが・・。

以上、とりとめのない話題への雑感でした。今日夜は一件会合、明日は松山の予定です。

海幸丸2月操業へ

海幸丸は10:00出漁、2月操業が始まりました。魚価安のため1月は昨年比1割の落ち込みでのスタートとなりましたので、今月は挽回!と行きたいところです。本日これより「ふるさとCM大賞」とのこと。皆さま、お見逃しなく!

愛媛マラソンは明日号砲!私も未知の世界へチャレンジいたします。我ながら物好きです・・
今朝はのどが痛かったため、大事をとって午前中は耳鼻科にも行ってきました。
先生に「明日までに治りますか?」と聞いたら笑われました。

今日午後からはJC会員会議所のため宇和島へ、その後夜は松山に入って一泊の予定です。
目標はズバリ、“時間内完走”です!

カマスにタチウオ!

4:00本船入港、10:00の出漁でした。鮮度、サイズともにまずまずのカマスが豊漁でした。価格は芳しくないものの、漁があったのは霊山護国神社の御利益でしょうか?と思いきや、お隣の巻き網船では、タチウオがカマス以上に豊漁でした!単品中心ではありますが、久しぶりに大型船の活躍で荷の多い八幡浜魚市場でした。海幸丸は次の漁場も同じく宮崎沖、入船は29日を予定しています。今週は昼夜と慌ただしい一週間ですが、来週は出稼ぎ!?にも出たいと思っております。

自主、自律、自立!

昨日は年明け以来の最安値、丸魚を中心に実に厳しい相場となりました。相場の乱高下に一喜一憂しなくても良いだけの仕組みをいかに作っていくかが、私たち漁業者の永遠の課題!ということを再確認しました。それでも魚市場にはまだまだ宝の山はあるわけで・・、いろんな人脈や経験・ノウハウ、販路等々、活用の仕方を考えていかねば、とあらためて強く感じております。

国会は今日から荒れ模様ですね~。つい先日まで圧倒的な支持率を誇った民主党がこの有り様ですから、世の中本当に分からないものです。さすが小沢さんは相変わらず元祖暴君!ですね。いろいろと書くのは控えます(といっても暴君の報復人事を恐れている議員ではありません・・)が、企業であれ生活者であれ、自らの身は自分で守るという意識を持つ大切さを、つくづく痛感させられている今日この頃です。また今夜のニュースも注視したいと思います。

こちらは、今漁期から未利用魚の活用のため取り組んでいる作業(マツイカ冷凍保管)の風景です。単価は・・??ここではお伝えできません。これも一つの貴重な取り組みではありますが、この前段階で流通・処理できる方策を社内で少しずつでも考えていきたいと思います。

成人の日

土日は恒例の八幡浜児童合唱団の定期演奏会でした。今年は踊りや唐獅子など郷土色濃いプログラムも充実され、変化に富んだすばらしい内容でした。今年で37年目を迎える伝統ある合唱団ですが、こうした取り組みが継続できるのもの指導者の先生方のご支援あってこそ!私たちJCメンバーも総力を挙げてサポートして繋げていかなければ、とあらためて感じた2日間でした。委員長さまはじめ、皆さま、お疲れさまでした。

定演終了後は打ち上げもありましたが、私は今朝の入船もあって1次会のみで失礼させていただきました。今回の操業ですが、当初はアマギ(エボダイ)の狙いでしたが、なかなか思うような水揚げがないようで、途中よりハモとコウイカに魚種変更、総数1100箱の水揚げでした。

今日は「成人の日」ですね。先日、1月3日は、JCの役職の関係で八幡浜市の成人式に出席してきました。スーツ姿で新成人の集団をかき分けて足早に会場に入っていったのですが、「あの人、ホントに二十歳??」的な視線もやや感じて、隠れたくなるような気分も味わいました・・。

今年の市内の新成人は507名とのこと。市長のご挨拶に始まり、来賓祝辞と続いたのですが、ライオンみたいな髪をした10名くらいのヤンチャそうな集団が少しいるくらいで、一頃騒がれたような式の進行を妨げるような“不良成人”は皆無で、安心しました。同時に、きらびやかな振袖姿を目の当たりにして、おっちゃんは新年早々、得した気分になったのでした。

そんなことより、「誓いの挨拶」なども聞きながら思ったのですが、厳しい時代背景のせいなのか、自分たちの頃よりも学生の職業意識や技能の習得意欲も高いように感じました。自分たちの頃は、皆が“とりあえず大学生”みたいなノンポリ気分が大半だったように思うのですが・・。時代の移り変わりと自分の年齢!を、あらためて感じた成人式でした。

何はともあれ、今日は「成人の日」ということで、平成生まれの新成人のご活躍を祈っております。

私も、新成人に「おやじ狩り」に合わないように精進したいと思います!!

我が家では昨年より旗日の“国旗掲揚の義務付け制度”!?を復活してみました。
当番を決めて子供たちに徹底させたいと思います。

本年最終入港でした!

今朝は海幸丸の今年最後の入船&売り出し初日、ですがまだ金融機関等も営業していて、陸まわりに接客にご挨拶回りと、朝から慌ただしい1日でした。オマケに夜は海幸丸有志の忘年会にも少しだけ参加してきました。明日も4時起床ですので、さすがに今日は1次会だけでお暇させてもらいましたが・・。
初日の売り出しも、皆さんのご協力のおかげでほぼ例年並みの状況でした。明日からは海幸丸からの助っ人2人も加わっていよいよ本番突入です。乗組員の皆さんも年末・年始はゆっくり休んで、年明けの航海に備えてくださいませ!皆さん、明日もよろしくお願いします!

基本は何処に・・!?

正午過ぎの便にて松山へ、そのまま車を走らせて会社に出ておりました。実感が湧きませんがクリスマス・イブなんですね~。ようやく子供たちも寝床についたようなので、仕事までの合間を縫ってブログを更新中です。海幸丸は今夜も夜入船、これより荷揚げです!!

あらためて・・ではありますが、弊社は漁業が主体の会社!当然ですが、あらゆる事業、収入の大半は24時間体制での沖での操業(言うなれば船員さんたちの頑張り!)から得ているわけで、陸での商売が成り立つのも沖での漁労があればこそ!当然、社内にあっては役員・社員を問わず、いかなる仕事に従事するにせよ、その仕組みだけは忘れてはならないことです。深夜でもいつでも、船の入出港には私たち役員が必ず立ち会うのはそのためでもあるわけですが、ある程度分業が進んで、陸で仕事があるのが当たり前、という形になってしまうと、ついつい忘れがちな視点ではないでしょうか。

今日、つくづくそれを感じさせられる出来事もありました。あくまで沖底漁業が主体(生命線!?)の小規模な会社ですので、全社員がそういう意識を共有しながら持ち場同士でも助け合えるようになっていければ一番ですね!その点では、考え方や方針の不徹底という意味で私も少々反省させられた次第です。時間がありませんので、詳しくは割愛しますが・・

何はともあれ今年の操業も残りわずかです。引き続きの航海安全を祈ります!!

ようやく寒波到来!

昨日からようやく寒波が到来して、今朝は今季一番の冷え込みでした。海幸丸は12月恒例の水エソ漁で昨晩入船、さすがに今朝は高値を更新しました!その他、コウイカ、ハモ、フグなども最近にはない上々の売れ行きでした。こちら八幡浜は、昼間も雪が降ったり強風が吹いたり、いきなり晴れたり・・と妙な天気が続いています。毎年ですが、海風で車は潮をかぶっております。新車の方は錆にご用心を!

それにしても今使っている八幡浜市の仮設魚市場、もともと“出島”と呼ばれていた埋立地に仮設として建てられた市場なのですが、風が吹くとものすごい寒さです。以前の旧魚市場のように風を遮る建物もなければ、シャッターもない・・、何せ海上に浮かぶ孤島のような場所ですので、突風が吹くとトロ箱やパレットが吹き飛ぶほどの勢いです。もちろん雪やあられも横殴りで舞い込んできますので、時には魚の上に雪が積もって、魚種の判別すらできなくなることもあるほどです。

もちろんそんな中での荷揚げやセリは厳しいものがありますが、冷え込めば冷え込むほど、魚の需要は増えて相場は跳ね上がりますので、漁師にとってみればこの冷え込みはありがたいのですが・・。といっても、あまりもの大時化になれば、船も出せませんし、トラックも走りませんので、安全に漁ができて相場が上がる“程よい時化”(まことに勝手すぎ!?)が一番です。

何はともあれ、この最盛期には安全操業への万全の注意が何よりも大切!というわけで、今年も残りわずか2週間ですが、沖、陸ともに気を引き締めなおしてまいりたいと思います。

お座り成功!

海幸丸の漁模様は芳しくないようで、今朝は入船なし。今日は出張の間に溜まった雑務整理に半日かかりまして、昼からは久しぶりに「海の男のお魚さばき方教室」にも行ってきました。ここ3,4回覗いていなかったのですが、受講者の反応も概ね良いようで、知らない間に旧知の方にもリピーターになっていただき、感謝しております。進め方もレベルアップしていきますので、これからもどうかよろしくお願いいたします!

3泊4日の山口出張から帰ってみますと、4男坊がこの通り、しっかりと座れるようになっていました!
まだフラフラしていて見ているのも怖いのですが、今のところこんな感じです。
せっかくなら笑顔の写真を撮りたかったのですが、カメラを向けると真剣な目つきになるもので・・ 

海幸丸は明日早朝に入船予定、漁のほうは明日からヤマ場の12月後半戦に突入です!!
「坂の上の雲」を観て早めに休みたいと思います。            終わり。。

仕切りなおし

12月に入って豊後水道のヤリイカ漁も残念ながら一段落、漁獲対象も水エソ主体へと移ってきています。それにしてもいろんな原因がありますが、これほど丸物の相場が低調な12月は初めてです。全国的な傾向ですので、如何ともしがたいのですが・・。海幸丸は今夜にいったん入船、漁場変更の予定です。

我が家では新聞を4紙(産経、日経、流通+愛媛)取っているのですが、最近なかなか読めない状態が続いています。でも昔からこの4紙を読んでいるため、このうち1紙でもなければ寂しい・・というわけで、いまだにとり続けています。実は記事の論調によって好き嫌いもあるのですが、また右寄りだと言われそうですので、それについてはまた後日。

今夜はまとめ読みをしてましたが、そろそろ出勤ですのでこの辺で失礼します。  終わり。。

今夜は揚げ出し

今朝は入港なくほぼ終日デスクワークの一日でした。手をつけておきたいことは山ほどあるのですが、すでに年末もすぐそこに・・、ただし、一歩も進まないまま年末を迎えるのも癪!というわけで、少しでも手をつけるべく、今年やり残していることを整理してみようかなと感じております。海幸丸は現在のところ今週末の入港をもって11月の給料休みに入る予定です。そのため今晩は夜入港、荷揚げ後は即出漁の予定です。

沖合底曳き網漁業では、港へ帰港して荷揚げを行う際、休みの時間をとらず、箱と氷だけを積みこんで即出漁することもしばしばです。乗組員さんたちは港から漁場への航海時間を利用して束の間の休息をとるわけですが、このような出漁形態を、沖底業界では“揚げ出し”と言っています。特にヤリイカ漁のように、夜の操業では日中ほどの漁獲が期待できない場合には、昼間の稼働率(網数)を増やすために、なるべく夜の時間を利用して移動・荷揚げを行うことが多いのです。その場合、多くは揚げ出しとなります。

揚げ出し=本船入港・荷揚げ後すぐに出漁すること、です。皆さんもどこかで使ってみてください。

皆さん良いですか、「海幸、昨晩は揚げ出しやったんか?」と聞かれても、お豆腐のことではないですから~。
くだらんと思いつつ、書かんていいのに書いてしまった・・、やっぱり今夜も自分に乾杯です!

ヤリイカ徐々に成長中!

昨日は、大洲青少年交流の家にて開催された「科学体験フェスティバル」で午前中のみ家族サービス、夕方はJCの集まりで宇和島往復でした。今朝は4時本船入港で約2300箱の荷揚げとなりました。ここ3航海は、ヤリイカの成長も進んで“立ヤリ”の割合も増えてきています。水曜休市の関係で、明日には再度入船を目指して操業中です。今日もまた午後から松山往複、ということで、取り急ぎ漁獲状況のご報告のみ・・。

安全操業再確認!

一昨日は深夜に出港したものの、第16海幸丸にて少々トラブルが起こって早朝に一度帰港しておりました。幸い大事には至らず、翌朝再び出漁して、今朝ヤリイカ800箱の荷揚げを終えました。休み明けの深夜、わずかな気の緩みから起きた事故でした。今回の事故を教訓に、再度注意を徹底したいと思います。何よりも沖は安全操業が第一ですので・・。関係者の皆さまにはご心配をおかけいたしました。

ようやく明日入港!

海幸丸は中3日の操業で明日ようやく入船!大型台風と中央の休市で、いつの間にか10月も中盤へ、時間だけが過ぎてしまっております・・。明日のヤリイカのサイズと鮮度に期待です。現在のところ荷揚げ・選別は4:00からの予定です。

みかんラブ魚、夢の共演!

昨日広島から戻って、夜は一件会合でした。明けて今日は、出張後のいつもの残務整理に追われております。結局今季9月の航海は実に15回!小型船並みの操業形態ですが、相場は厳しく月末には最安値を更新しました。早く秋が深まってくれることを願いたいものです。

月末休みをとった海幸丸は、予定通り今朝10:00に出漁!とその前に・・

本日、第15・16海幸丸が待望のCMデビューを果たしました。

しかも地元のおばちゃん、いえ奥さま方で組織された「みかん応援隊」(フレッシュレンジ)との夢の共演です。今回、フレッシュレンジの皆さんが「ふるさとCM大賞」に応募されたそうで、海幸丸にも出演依頼があって、出漁前の30分程度を利用して収録されたのでした。

テーマは「みかんラブさかな」!

弊社からの出演は、海幸丸の8名と私と専務、そして歌声だけの声優(映像なし・・)としてトロール市のM氏の計11名でした。私もキャラからは外れているはずですが、率先垂範!ということで、魚のかぶり物(帽子)を付けて出演・・、浜田漁労長に川田のおっちゃん、愛大のスーパー仁君らいつもの面々も張り切って出演しておりました。

予選を通過すれば本選へと進むそうで・・、進みたいような進みたくないような・・。
せっかくですので大賞と大漁を祈りたいと思います。
フレッシュレンジの皆さま、CATVの皆さま、今日はお疲れさまでした!!

最後に、36歳の肉体美にご興味おありの方は、こちらもどうぞ!

9月操業無事終了!

私のほうは同業者との集まりがあって、昨日から広島に来ています。海幸丸は予定を早めて今朝9月最後の入港、明日までの月末休みに入りました。10月からは新しいヤリイカ漁場(古満目沖)も解禁となります。乗組員の皆さんは10月操業に向けて、ゆっくり休息をとってください。くれぐれもパチンコ、お酒は程々に!!

鮨ネタにイカが?

今朝は本船4:00過ぎの入港、ヤリイカはやや小ぶりでした。ここ一週間は、潮目のせいでサイズが大きくなったり小さくなったり・・を繰り返しています。夏は過ぎたとはいえまだまだ気温も高く、魚価向上も望めないだけにこの漁だけでも大変貴重です。

ヤリイカはサイズ以上に“色つや”が命!ということで、ただ今、魚槽で保管処理する際にかぶせる板を加工中です。これまでは使っていませんでしたが、次の航海から試しに使って見比べてみたいと思います。

沖と陸の連係プレーですが、もう一歩進めたいのがヤリイカの“自社販路”です。通常の底物の鮮魚とは違って、11月までは比較的安定した供給が見込めるだけに販路開拓は課題です・・。

来週は松山、広島、大阪へと情報収集してきたいと思います。

脱官僚依存!?

新政権誕生&引き継ぎ儀式にノリピー保釈・・、何かと話題の多い1日でした。私のほうは終日、とあるパソコンの設定に四苦八苦、やっぱり自分は根っからのアナログ人間!少々反省しました・・。夜は来社いただいた中央水産研究所の“ヤリイカ博士”と食事、貴重なお話をありがとうございました!

明日は早くも金曜、海幸丸は本船入港予定です。

瞬足ゲッツ!

こちらは今朝のセリの様子!当初は少し大きいかと思っていたヤリイカですが、ここにきてやや小ぶりのものが目立っています。それでも今日は1500箱、10月にかけて“立ヤリ”が増えることを期待しています。今週の目安は4航海、来週は大型連休も控えていますので、前半で順調な操業が続いてくれれば良いのですが・・

今日午後からは、来るべき運動会に向けて“瞬足”を買いに行ってきます。
聞くところによれば、運動会前の小学生の大半は“瞬足”を履いているそうで!?
結局は靴ではなくて“脚力”というか運動神経なのでしょうが・・

ついでに夕方は練習もしようと思います!

初のヤリイカ漁!

今季初めてのヤリイカのアタリがありまして昨晩は深夜に入船、今朝2度目の売りを終えました。今年は水温の関係なのか、太り(成長度合い)は良いようで体長10~15cmのヤリイカが中心でした。ただし相場のほうは今一つ・・、踏ん張りどころの9月操業ですが、ヤリイカのさらなる成長に期待して張り切っていきましょう!

2009年漁期解禁!

海幸丸は予定通り今朝8:00に出漁しました。今日は早朝から多くの皆さまにお見送りをいただきまして、ありがとうございました。ヤリイカ情報は昨年に引き続き、“不明”のようですが、9,10月は相場の低迷を漁でカバーできるくらいに頑張ってほしいと思っています。今季も皆さまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

衆院選の話題!?今日は、体力&時間切れのため、また後日・・。

こちらはサプライズで!?出漁式に突如現れた噂のお魚博士、椎名クンです。

皆さま、今日はありがとうございました!

出漁準備もほぼ完了!

いよいよ今日は最後の出漁準備、魚函約4000箱と氷の積み込みを行いました。あとは待望の出漁を待つのみです。午後からは準備の最終確認、夕方は選挙に行ってきます。今夜はどんな審判が下るのか・・?こちらもハラハラドキドキです。

海幸丸の出漁は明日の午前8:00です。

今年も大野ヶ原でした!

今朝は早朝より、恒例の安全・豊漁祈願に大野ヶ原の竜王様まで行ってきました。今年は昨年の“女神の女子大生”には出会えませんでしたが、今日は宮司さんもいらっしゃいまして、特別にご祈祷もいただきました。あとはポニーで朝食、昼は戻ってチャンポンというお決まりコースでした。

人相の良い人たちばかり!?なので、今年は小さめに掲載しておきます・・

今年は引き続き今晩が仕卸の宴会です。

クラゲ駆除、後半戦へ!

はるばる日本海でクラゲ駆除中の海幸丸は、今朝9:30に兵庫県柴山港に入港、燃油と食料を補給して午後には出港しまして、無事に後半戦に突入しました。下関で漁具を降ろして八幡浜へ戻ってくるのは23日の予定です。そこからは一気に、積込み~安全・豊漁祈願~仕卸~出漁へと続きます。

お盆も過ぎて朝晩はかなり涼しくなって何となく気持ちいい、個人的にも好きな季節です。この時季、深夜・早朝の読書や音楽鑑賞には“もってこい”なのですが、最近夜にめっきり弱い・・、少し活字を読むとすぐに睡魔に襲われて深夜か早朝に目が覚めてしまいます。夏バテのせいか、ただ年をとっただけなのか・・?よく分かりませんが、学校が夏休みの我が家にとって一人の時間はなかなか貴重ですので、大切に使いたいものです。

もう一つの体の変化、それはなぜかコーヒーが美味しくないこと!以前は、夏でも冬でもコーヒーが欠かせなかったのですが、最近はなぜか苦い・・、あれだけ好きだったエスプレッソどころか、普通のブレンドですら受け付けない、近ごろの飲み物といえばもっぱらお茶です。これも年のせいか、それとも胃でも悪いのか??まぁ、ビールは相変わらず美味しいですので、問題はないかと思われますが!

いずれにしても、体調管理は社会人の基本的な務め!常にトップコンディションを目指したいものですね~。

以上、どうでもいい日記でした。  おわり。。。

第11・12仁洋丸、クラゲ駆除へ!

昨日下関に入った専務、漁労長、甲板長とクラゲ駆除のための漁具積み込みを見学しました。今日から一週間駆除作業にあたるのは、弊社の第11・12仁洋丸と、同じく八幡浜に本社を置く第15・16福寿丸です。海幸丸は8月10日から23日にかけて、対馬海域にて駆除活動を行う予定です。海幸丸にとっては慣れない海域に加え、韓国領海との境界線にも近いポイントのため、トラブルは一大事!?準備万端で臨みたいと思います。

海の日はいつの間にか・・

世間では連休3日目、昨日は午後から私用で松山でしたが、私の行く先々でトラブル発生・・!!高速道路での衝突事故現場にも遭遇しました。幸い大事には至らなかったようで、まずはホッとしています。
今日の八幡浜は午前中から大雨&雷雨、早朝はマジメに仕事をしていた乗組員の皆さんですが・・

朝だけでサッサと切り上げたようで、いつの間にかこの通り。
毎度のことながら、宴会時の食材調達&準備の手際良さと協力体制には脱帽です・・。
普段の仕事もこのくらいの段取りでお願いしたいものですが・・!?

土用丑の日には、昨年に引き続きたくさんのご注文を賜りまして、ありがとうございました。
秘伝のタレのお味はいかがだったでしょうか?

かくいう私は昨日は帰りが遅く、まだいただいておりません。
今日、明日中にはいただきたいと思っています。

皆さま、ありがとうございました!

さよならマイケル!

今日は久しぶりに終日八幡浜でした。会社では来季へ向けて書類の整理整頓や準備、船では、“心臓部”ともいえる機関の修繕に入りましたが予想通り心配な個所も発覚・・、予定を前倒ししてチェック(投資!?)する運びとなりました。今年は7月末を目途にドックを終えるスケジュールで進めています。

昨日のこと、空港での待ち時間に喫茶店に入って時間調整したのですが・・

コーヒーを運びながら、つい何気なく口笛でリズムをとってしまったのが「We are the world」!

朝のニュースでマイケルの追悼コンサートが流れっぱなしだったもので、つい無意識に・・
自分としては、いたって自然体、二日酔いでもありませんでした。たぶん・・
しかもお客さんも少なくて周囲は完全ノーマーク!だったのですが、
~We are the children~♪までいったあたりで、近くのお姉ちゃんにふり向かれてしまいました。

目が合った時はかなり恥ずかしかったです。朝からゴメンネ、お姉ちゃん。

時間調整どころか、ゆっくりとくつろぐことすらできなかった私なのでした。  終わり。。。

中トロ船、謎のミッション!?

早くも金曜日でした・・。今日は八幡浜市主催の第3回目の「お魚さばき方教室」も開催されました。おかげさまで応募者も多いようで、今回が初めての平日開催となりました。3回目とあって少しずつ慣れてきた私たちスタッフですが、段取り・進め方等、回を重ねるごとに反省~改善を繰り返して、さらなるレベルアップにつなげていきましょう!

今のところ順調に出漁準備中の第15・16海幸丸ですが、ここにきて待望の休漁期中の活用策(仕事)をいただけそうな見込みが出てきました。下関基地の2統4隻(第11・12、21・22仁洋丸)も同様で、どうやらシーズン前に活躍の機会がありそうです。

また詳細が決まり次第、お知らせしたいと思います。
明日は土曜ですが、調べ物やら準備等々で午前中は出勤の予定です。

仕事ください!!

週明けの月曜、当社では定期のお支払日でした。終日、湿気が多くて蒸し暑い1日、会社では冷房も稼働し始めました。夕方からはかなり激しい雨も降り出して・・、かろうじて続いているジョギングは、今日は中止でした。

現在、海幸丸は会社の前につなぎっ放しで修理中です。私たちにとっては、見慣れた光景で、夏はトロの休漁期!というのは、八幡浜にとっては当たり前のことですが、普通の会社経営を考えれば、1年のうちに3か月間も“収入を生む仕事がない状態”!というのはあり得ないことのはず・・!?
先日も訪問先の方から、「夏は何をしているの?」と聞かれて、「船を修理しています」というと、「修理しても金にはならんやろう?」と言われました。当然です・・。が、漁期が決められている沖合トロールではこれが現実です。もちろんこの状態を打破するために取り組んでいるのが、流通事業(加工・販売)でもあるわけですが、できれば船舶の有効活用(→乗組員の安定雇用)も考えたいところです。
目下、アレコレと模索中です・・。漁場清掃、海底清掃、落下物(沈下物)引き揚げ、資源調査、不審船監視に偵察等々、ご入用の方(国か・・?)、ご連絡をお待ちいたしております!!

海幸丸慰労&研修旅行

昨日の午後過ぎにマイクロバスにて松山へ出発!海幸丸乗組員の皆さんの慰労をかねた、一泊での研修旅行でした。皆さんにとっては、かなりハードな夜!?だったようですが、慰労と研修の成果はいかがだったでしょうか?いつもの珍道中でしたが、年に一回くらいは賑やかな旅行も良いものです。来年こそは、陸との連携で目標達成へ向けて頑張りましょう!

こちら道後小湧園での宴会の一コマ、ここまではかろうじて掲載OKのようです。

ここから先は・・

まちがいなくNGです。

S石店長、ヤケドなおりましたか?

海幸丸一足先に曳き上がり

試験操業を終えた海幸丸は、今朝5時入港。荷揚げ後は、漁具の引き揚げに幹部船員との来季へ向けた打ち合わせ、トロール市はいつもの出荷業務、事務所は給与計算・支給と、例年のことながら慌ただしい朝でした。船員給料は完全出来高制!の当社では、セリ後の売上が確定しないと給与計算ができないのです。ようやく漁期を終えて浮足立っている皆さんからは、ずいぶんとせかれましたが・・。

海幸丸乗組員の皆さん、ひとまずお疲れさまでした。
パチンコはほどほどに、今日くらいはゆっくりと休んでくださいませ!

今季の感想ですが、やはり乗り出し9月のヤリイカが期待に添わず不調、水温のせいかサイズがかなり小さく、売れるサイズには程遠い状況でした。翌10月はやや成長したものの、昨年の水揚げ量の3割程度で、ヤリイカはシーズン通して芳しくない漁模様でした。そうこうするうちに年末の最盛に入って、漁の中心はエソに。今季は時化も少なく、相場の上昇がかなり遅れましたが、市場側ともうまく情報交換できたのが良かったと思います。年明けからは今度はアマギ漁、好不調の波の激しい魚種で、一喜一憂しながらの3か月でした。冬を越えて3月、4月は、消費不況→相場安の影響もかなり受けましたが、要所では漁の踏ん張りで、何とか乗り切ったというシーズンでした。

わずかな明るい材料としては、昨年9月の恐ろしいほど高騰した燃油価格がずいぶんと下がったこと。この相場だけは、私たちにとっては魚価以上にどうしようもない要因で、今後も悩みの種となりそうな気配です・・。

それでも今季は大きな事故や故障もなく、無事に曳き上がりを迎えられたのは、乗組員の皆さんの頑張りと関係者のご支援のおかげです。本当に皆さま、お世話になりました。

以上、今漁期の雑感でした。

週明けからは来季へ向けた船体整備、の前に大後片付けです!!

走るドライバーの日常

本日、5月2度目の入船、相変わらず“箱数勝負”の高知沖試験操業ですが、いよいよ次の最終航海を経て15日に“曳き上がり”となります。今回は少し時間をとって今晩22:00に出港予定です。終わり良ければすべて良し!最後の最後まで、安全操業をよろしくお願いします!

昨日のことですが、どうしても昨日中に引き取りたい荷物がありまして、夕方、隣町の宅急便センターまで車を走らせました。配送伝票の番号を伝えて、荷物の受け取りを待っていた時のこと、センターでは荷物の集荷の配車・手配業務にかなり忙しそうなご様子でした。土曜でも案外荷物の出入りはあるものなんですね~。ちなみにこちらの会社、ドライバーが走ってお届け!で有名な大手宅配会社です。

以下、その仕事場での電話応対の一コマ。


ドライバーへの1本目

配車担当者:急で悪いんですが、ちょっとモジアミ回ってもらえませんかね~?・・そうそう穴井のモジ・・。あ~、今内子ですかぁ、じゃ無理ですね~。うん、またヨロシク!

ドライバーへの2本目

配送担当者:今、どちらですか?モジアミ行けませんかね~。そうそうモジ、穴井のね。今日中に来てくれって連絡があって・・、そうなんですよ~。あ~、やっぱ無理ですか。遠いですしね~。時間かかりますもんね~。11号車かけてみますわ~。

(・・中略・・立て続けに断られてようやく5回目くらいの電話にて・・ )

配送担当者:○○さん、いや~、○○さんだけが頼みの綱なんですよ~。他、みんなダメみたいで~。行って戻って一時間くらいかな~。そこから右曲がってチャーと、急ぎでモジアミ・・、頼みますよ~。お願い!(中略)あ、ホント?良かった、助かる~、いや~ありがとう、やっぱ○○さんすね~。感謝しますよ~、うん、じゃ~気をつけて!!ありがとね!

ざっと、こんな感じの仕事風景でした。

私のほうは、目当ての荷物の引き取りに15分ほど待つはめになりまして、その間、S川急便宅配センターの日常業務をつぶさに研究?させていただきました。ドライバーの応対も常に体育会系!という感じの同社、さすがに機敏な動きと電話対応はセンターも同様でした。

わずかな時間でしたが、センターの集荷作業、そして件のモジアミ工場の日々の発送業務の苦労を垣間見た気がしました。

ちなみにモジアミとは、綟子網といいまして、ナイロン製の漁網のことです。

それにしても、モジアミの集荷と納品ははたして間に合ったのかどうか・・とても気になります。

今度、mojiami君に聞いてみたいと思います。

本操業ひとまず無事終了!

海幸丸は4:00入港、ひとまず今季の本操業を無事に終了しました。愛媛沖許可の本漁期終了ということで、今朝の市場にはマスコミ各社も来られていました。まだ2週間の高知沖試験操業(5月1日~5月15日)を残していますので、今季の反省・雑感はまたの機会といたしまして・・、私は午後から広島出張、ただ今、久しぶりに松山―広島間のスーパージェットに乗っています。海幸丸は明日まで給料休み、明日からはいよいよ“お魚博士”が乗船です!

船頭さんの言うことをよく聞いて・・、ガンバレ!椎名クン!!

ついでに、やりひげ ヨロシク!!

べっぴん280箱!

中3日の操業、本船入港で総数は1000箱でした。ここ数日の時化のため、相場は全般上向きでした。今日はかなり久しぶりにマダイ280箱!大昔の漁師は、“べっぴん”と呼んで、必死に追い求めた魚種ですが、近年は天然ダイといえども低調気味・・、それでも今日は供給量が少ないため、相場もどうにか持ちこたえた、という感じです。4月本操業もいよいよ残すところ一航海、次は5月1日に入港予定です!

椎名クンのブログ

海幸丸は5時過ぎに入港、中2日の操業でした。ここ半月、水揚げの芳しくないアマギですが、この相場では他の魚種狙いというわけにもいかず・・。懸命に集めたアマギは何とか180箱!でした。4月も後半へ、いよいよ本操業も残りわずかとなりました。次回入船は、26日、もしくは27日を予定しています。

昨日、来社いただきました、歩く、いえ動く魚類大図鑑、椎名クン!
今日には保険手続きの準備も終わり、5月初旬に海幸丸乗船がほぼ決定いたしました。

それにしても・・、いやはやです!!

ご興味のある方、どうぞ!
http://pub.ne.jp/fishcollection/

終わり良ければ全て!

今朝は4時半に入船、ゼンゴに白ムツ、タイにニギス、エソ・・全水揚げの8割を木箱が占める、中トロらしい漁となりました。相場は相変わらず底値ですが・・。荷揚げ後はすぐに出漁したものの、2号船に負傷者が出ていったん帰港、19:00に出直しました。幸い大きな怪我ではなさそうですが、何よりも早期の完治を祈りたいところです。

毎年、曳きあがりの近い4月は暖かくなって相場も低迷、ついつい沖も陸も緊張感が緩むせいか、トラブルの多い季節です。今季曳きあがりは5月15日、最後の最後まで気を引き締めて行きましょう!

昨日の八幡浜市長選では、新人候補が初当選!!
県内では最年少、という新市長の行動力と手腕に大いに期待したいと思います!

ニギス豊漁です!

本航海は久しぶりに高知沖へ。カマス狙いとのことでしたが、まとめて獲れたのはニギス・・、高知特有の原材料ではありますが、足の速い魚種のため、明日にはいったん入港・荷揚げの予定です。今朝には漁場を豊後水道南沖へ変更、丸魚の数量確保に期待したいところです。

明日はいよいよ八幡浜市長選挙!まずは投票率に注目したいと思います。

甲板長、深夜の緊急会議!

海幸丸は昨日入港して中休み、私のほうは夜、JCの三役会に参加していまして終了は9時過ぎ、まずまず早目の帰宅、と思いきや一本の電話が・・。

将来の海幸丸について語る緊急会議!?に招聘されまして、また街に戻ることになったのでした。

こちらはその会議の様子、魚本甲板長の独壇場ですね!?なぜか愛大の新人、スーパー仁君も一緒でした。
どうやら浜田漁労長との選手交代だったようです。

甲板長の緊急会議はもちろん深夜まで・・、毒舌トークもありましたが、沖と陸の絆を深める良い飲み会でした。
前を向いた、腹を割った話し合いは良いものです!!またぜひ呼んでください!

こちら翌朝、出漁時の魚本甲板長!昨晩ほどの元気はないようですが・・

最後まで気を引き締めて頑張ってください。これからも頼みまっせ!!

3月中休みへ

昨日からまた列島大時化、海幸丸は幸いにもアマギの漁が久しぶりに好調で、今朝は4:00過ぎに入船、まずまずの相場で中一日操業の取引を終えました。只今、時化を利用して“中休み”に入っています。あいかわらず浮き沈みの多いアマギ漁ですが、3月後半も漁が持ってくれることを祈っています。明日は10:00に出漁予定です!

引き続きアマギ漁!

朝は荷揚げとセリ、夕方からはJCの例会で宇和島まで行ってきました。今年5月に八幡浜で行われる会員大会のPRが主たる目的なのですが、例会アワーでは「後継者塾」なる経営セミナーも拝聴、内容の濃い、学びの多い有意義なお話でした。また時間のある折に復習したいと思います。

今朝出漁の海幸丸ですが、やはりアマギ漁は続いている様子、久しぶりの連日入船の見込みです!

明日入船で中休みです

肝心のアマギは不調の様子、今年は漁の出来の浮き沈みがとても激しいシーズンです。
明日早朝入港でいったん中休み、今季も残すところ2月半です。

今日は左利きの日!?

今朝の日経新聞の「春秋」によれば、今日2月10日は世界的な“左利きの日”(0210:レフト!)だとか・・。
語呂からしても、何となく日本だけのような気もしていますが、ご存じの方はぜひ教えてください。(ついでによろしければ“右の日”も・・!)海幸丸は明日4:00確定入船、鮮度と漁に期待!です。こちら↑は、日々、漁労長が夜な夜なにらめっこしている海図とノート、会社と船、双方にとって貴重なデータです。

スルメイカ豊漁です!

昨日はJCの会合で久しぶりに高知まで。往復5時間の運転でしたが、同乗の先輩よりいろいろと有益な情報もいただき、終始快適なドライブでした。帰宅後は、BSにて柔道家、山下泰裕氏の特集番組にド感動・・、あらためて道を究める、求道の精神と思想の崇高さ、行動の潔さを思い知らされました。過去の栄光や記録ではなく、人生“今から”が勝負とのこと、金メダリストの謙虚な姿勢には心から勇気づけられます。

今日は午前中のみ事務仕事、午後からは読書や愛媛マラソン観戦(今年はテレビで・・)に音楽鑑賞等々、予定していた九州方面の出張予定も延びましたので、明日以降も八幡浜の予定です。
ここのところ、全国的に温暖な天候と凪続きで、八幡浜、下関ともに相場は今一つ、ですが、海幸丸は明日にはいったん入港予定です。狙いのアマギは不調ですが、マツイカ(スルメイカ)は予想外に豊漁とのこと・・。
イカリングフライの作り置きには絶好のチャンス、ぜひお早めにご用命くださいませ!

ちなみに我が家は、先日10杯ほど完食・・、さすがに食べすぎました・・。

権現山へハイキング

風は強いものの今日は天気が良かったため、家族で久しぶりに権現山の中腹まで登ってみました。トレーニングではなくハイキングですが・・。山から見た魚市場はこんな感じです。右の屋根付きの施設が現在の仮設魚市場、左の埋め立て途中の広大なスペースが、新しい魚市場の建設予定地です。港の景色もガラリと変わるはず・・、何とか魚(入荷量)を減らさない策を皆さんで考えたいものです。

そもそもは子供たちのリクエストで敢行した真冬の権現山ハイキング、ところが、クネクネと長い農道は子供の足には予想以上に堪えたらしく、途中何度か三男坊のストライキに遭いながらも、何とか無事に自宅まで辿り着きました。おかげで今はグッスリです。

海幸丸は中2日で明日早朝入船、水揚げは1000箱程度の模様です。
魚種と相場にやや期待・・、2月操業も張り切っていきましょう!

海幸丸急きょ月末休み

昨晩は23:30に帰港、水揚げ350箱は今朝5:00より荷揚げを行いました。突然の修理に入ったため、乗組員は急きょ明日まで月末休みとなりました。会社では、一息ついて手持無沙汰な?乗組員に煽られながら、大急ぎで給与計算・支給となりました。完全出来高制の当社では、月末まで算定額が確定しないのです・・。お待たせしましたが、ただ今支給中です。皆さま、どうか浪費にご注意を!私は、本日JC新年総会・懇親会に参加します。

晴れのち曇り、次は晴れ!

昨日入港のアマギ漁は不調に終わりました。好調も続かなければ、不調ばかりも続かないというところでしょうか。次に期待しています。今日の八幡浜は終日雨模様、列島はまた週末にかけて時化の見込みです。私は明日より2泊で京都の予定です。

天候もさることながら国内経済もかなり大荒れ、もちろん地域の冷え込みぶりもハンパではありません。これでもまだまだ序の口!と言いますから、やはり前評判通り未曾有の危機なのか・・?明るい話題といえば、オバマ大統領の誕生くらいですが、こちらも国内の財政再建、復活をかけての、まさにマイナスからの前途多難の船出です。
新しい日米関係にも注目が集まりますが、一方の国では、国会という神聖な場で多額の国税を使って「漢字クイズ」などをやって批判が続出しています。公の場で人の弱点をあげつらって見せて、国民の支持が得られると本気で思っているとすれば、国民も舐められたもの、というかセンスが悪いというか。どこかの学校対抗のディベート大会やトークショーではありませんので・・。こんな党が保守二大政党の一翼を担えると自負!?して、政権交代を目指す・・、不況の中、経営苦・生活苦に耐える国民との間にどうしても温度差を感じてしまう今日この頃です。この状況では、しんぶん「赤旗」(私の趣味ではありませんが・・)が購読者数を増やすのもある意味納得!かなと・・。

こんな私こそ独り言の愚痴を書いたところで屁の突っ張りにもなりません。
というより、これぞまさに仕事の妨げ!以外の何物でもない・・、というわけで業務に戻ります。
失礼しました。

思わぬプレゼント!?

今航海は総数1400箱と久しぶりの豊漁、アマギの鮮度もこの通り“キンキン”で相場もまずまずでした。八幡浜、下関ともに、時化相場の余韻がまだまだ残っている様子です。年明けからは順調に操業中・・ですが、くれぐれも皆さま、体調管理と安全管理には気をつけましょう!

今日は仕事から帰ってみると、家内がこんなものをプレゼントしてくれました。

こちらがその品、ちゃんちゃんこ!

極寒の魚市場から帰って来た旦那に何と心あたたまる贈り物!感謝感激雨あられ・・・、

と思いきや、私へのものではなくて小学校の学芸会の衣装とか・・!
何でも長男は、「竹取物語」のお爺さん役になったのだそうで、お爺さんっぽいのを探し求めた挙句の買い物とのこと・・。
着心地を確認済みの私は、せっかくなので学芸会が終わったら再度ゲットしようかな、と企んでいます。

はたして似合うかどうか、それは今夜のお楽しみ・・??

明日のアマギに期待!

昨晩は一件新年会、今日は私用で松山往復でした。我が家にとっては少し大事なお買い物と、合わせて探していた書籍、CDも数点購入・・、明日の早朝入船に備えて早めに帰宅しました。海幸丸はアマギの漁がまずまず好調とのこと、明日の鮮度と相場に期待しています。1月もいよいよ後半戦へ、今漁期も残すところわずか3か月、あ~、光陰矢の如し・・です。

明日本船入港です!

午前中は恒例のJC(青年会議所)の市内新年挨拶回り、午後からは、会社にて短期の計画更新業務、その後来客、打ち合わせ他諸々・・という1日でした。目下、100年に一度といわれる未曾有(ミゾウユゥ~)の経済危機の真っ只中ですが、大間のマグロは1本900万円、下関ではアンコウ一箱が、5万2千円の値を付けたとのこと・・!?相場・需要とは何とも手に負えんものです・・。明日は早朝本船入港です!

初入港&初セリ

今日は新年の開市・初セリ。エボダイ(アマギ)の漁がまずまずで、海幸丸も無事入港、今朝が初売りとなりました。12月までは、ヤリイカ、水エソ中心の漁でしたが、年明けからは赤ムツ(ノドグロ)、メンタイ、白カマス等々、丸魚も増えてくる見込みです。何といってもまずはアマギの漁が鍵、幸先良い1月操業となりますように・・!

今朝は売りを済ませて、(社)八幡浜青年会議所主催の2009年新年祝賀会に参加しました。私は拙い司会・進行役でしたが、皆さまのご協力のおかげで無事終了しました。それにしても頭も硬い上に、舌も硬い私・・!?あらためて 筈舌の悪さを実感した次第です・・。

午後からは会社に戻って書類業務やら、年末売り出しの整理等々、明日もまだまだ続きそうです。

2009年乗り初め

今朝は9:30より“乗り初め”。会社、第15・16海幸丸の各々の神棚にお神酒を捧げて、今年の航海安全と豊漁を祈願しました。その後は、恒例の船上からのお年玉撒き、といっても小銭が中心ですが・・。まずは今年も無事に出漁、入港・初セリは5日早朝の予定です。今日は盛大なお見送りをありがとうございました。

私の方は乗り初めを終えて、昼前のフェリーで臼杵を経由して別府へ。今日、明日とささやかですが家族サービスです。
フェリーからは、豊後水道を南下して真珠湾、いえ漁場へ向かう海幸丸も確認できました。まずはエソ漁、続いてアマギ(エボダイ)の水揚げに期待したいところです。

海幸丸、本年最終入港!

ダシ曳きを終えて5:30に本年の最終入港、乗組員の皆さんも思い思いの正月用の魚を持ってひとまず帰路へ・・、ゆっくり休んで新年に備えましょう!トロール市の年末売り出しは今日が初日でした。皆さんの頑張りの甲斐あって、昨年をわずかに上回る水準の売れ行きでした。明日30日がいよいよピーク、引き続き張り切ってまいりましょう。今晩の“一人論語講座”は休講!とさせていただきます・・。

アマギ豊漁です!

祝日明けで諸々の業務集中、午後からは2015年4月に稼働予定の新魚市場の整備実行委員会も開催されました。なかなか先行きの見通せない水産業界ではありますが、八幡浜市場の産地市場としての機能が少しでも高められるように、年齢や立場の枠をこえて議論を進めたいものです。海幸丸は目下アマギ(エボダイ)、水エソのポイントで操業中、明日早朝に一度入港予定です。

夕方のニュースではミッチーの息子がいよいよ謀反!?世の中動いているようです・・。
今夜はクルシマス、いえクリスマス・イブのようですが、ただ今、「日米開戦と東条英機」なる映画を観ております。

20081224.jpg

それにしても東条閣下、実物よりややメタボ入っているようですが、なかなか良い味出してますね~。

今夜は我が家にサンタさんが来ますように・・。

実質残り2航海です

12月に入って実に11回目の入船、今朝は早朝に松山より帰浜しました。前半は苦戦が続いていましたが、後半は皆さまも買い支えもあってやや回復傾向にあります。ただし今日で原材料需要もほぼ終息、あとは相場をみながらの実質2航海を残すのみです。上は昨日、今年最後の忘年懇親会の2次会で行った老舗バー「露口」さんの記念コースター、隠れた名店です。

「バー露口」 愛媛県松山市二番町2-1-4 

エソ漁で連日入船へ!

久しぶりの連日入船、今季初めての本格的なエソ主体の操業でした。ここにきてようやく相場もやや上向きに・・。例年に比べて需要のピークが10日ほど遅めのようです。皆さま、ご進物(かまぼこ)のご注文はどうぞお早めに・・。私はこれより上京、午後より2件打ち合わせ、夜は営業先訪問の予定です。

風邪にはご用心を・・!

あいかわらず試練の12月操業が続いています。今回も相場の厳しい原材料は早々にあきらめて、先航海に引き続きエボダイの漁場へ、漁模様に応じて明日、もしくは明後日の入船を予定しています。今日も旧知のご縁から松山より一件来客、夕方は年末売り出しに向けて定例ミーティングも行いました。私の方は、明後日から今年最後の東京出張です。師走です、皆さん、体調管理を十分に、繁忙期を元気に乗り切りましょう!

といいながら最近、深夜、早朝の入港と各種忘年会が重なって体もやや危険信号・・のようです。
今夜はさすがに・・?自宅にいますので、少し活字を読んで早めに休みたいと思います。

動あれば反動あり!

昨晩は某地方紙主催の異業種交流会の忘年会でした。いろんな業種の方から聞かれるのは、この先行き不透明な暗い景気の話題ばかり・・、そんな中でも仕事の糧、ヒントにもなる貴重なお話もたくさん頂戴しました。もうすぐやってくるクリスマス、何でも今年ばかりは、企業にとってはメリー・クリスマスどころかクライシス、はたまたクルシマスとか!?何れにしても、一方的な側面ばかりを強調するマスコミ報道は、かえって消費者の財布のひもを締めるばかり、いかがかと思うのですが・・

私たち漁業・水産業界の産地市場でも、今回の景気低迷の影響はかなりのもの・・、特に年始に需要のあるはずの加工用小鯛(キダイ、チダイ)の価格も今年は低調ぎみ、おまけに韓国のウォン安で、輸出向け需要もかなり落ち込んでいる様子です。こちら八幡浜の原材料相場も、蒲鉾の需要に比べて供給量が多いせいか、主力の水エソは昨年同時期の半値以下の水準です。もひとつおまけに、今年は全国的に時化が少ない上に、12月だというのにポカポカ陽気・・、魚が売れない理由を挙げていけば、箇条書きでいくつ出るか・・、恐ろしくなるほどです。

でも「動あれば反動あり」で、こんな時こそ耐え忍んで、時局が好転するのを待つしかないのかな、と思います。せめて気持ちの面で負のバイオリズムに陥らないように、緊張感を維持しつつも、明るく陽気に、いきたいものです。(京都の市場のおっちゃんのように・・)海幸丸は今朝4:00過ぎにいったん入港、ヤリイカ500箱のみをセリにかけたのち、10時まで時間をとった後、12月後半戦を占う・・?勝負の航海に出ております。

ブログを2日間サボっている間に、S店長にも、「私が彼に勝てないワケ」を公開されてしまいましたので、今日は疲労体ですが、夕方より体力作りに励みたいと思います。

家族対抗忘年会

地元造船会社さまのご協力のもと、第16海幸丸の応急処置も何とか終了、夕方6:00前にようやく漁場へ向けて出漁しました。週末からは全国的にも一気に冷え込む様子、“型は古いが~時化には~強い~”(ついでにこぶし固めて・・)兄弟舟、いえ、トロール漁の本領発揮といきたいところです・・、が、その前にくれぐれも安全確認・注意の徹底をあらためてよろしくお願いします!

今晩は、ようやく前々からの念願がかなった「家族対抗忘年会」でした。
運動会ではなくて忘年会・・、対抗するのはお互いの「飲みっぷり」といったところでしょうか?
今日は悪天候の中、お越しいただきありがとうございました。またゆっくりと飲みましょう!!

水カマス350箱!

明日入港予定だった海幸丸ですが、カマスと小さなヤリイカ(通称白イカ)のまとまった水揚げがあって、急きょ今朝6:00に入港しました。カマスといって今回は白カマスに比べて価格の安い、黒いほうの水カマス!それでも貴重な原材料、水エソの相場に支えられて、中一日としてはまずまずの仕切りに・・。いよいよ最盛期、師走もすぐそこに。気を引き絞め直していきたいところです。

一気に冬へ・・!?

海幸丸は昨日早朝に入船、荷揚げ後“中休み”をとって、今朝10:00に再度出漁しました。今朝から一段と冷え込んできた八幡浜ですが、このまま一気に冬本番!といきたいところです。郷土の逸品“モンダイの薄造り”も美味しくなってきました。

上は第15海幸丸内でのスキ焼の様子、皆さん、食べ過ぎ&飲み過ぎにはくれぐれもご用心を・・!
私は明日より、下関・浜田方面へ出張(出かせぎ?)です。

明日金曜入港です!

資料作りに事務に来客数件という一日、午後からは幻の足裏診断士、いえ易師の大先生にも来社いただきました。貴重なご意見、ありがとうございました。今夜は久しぶりに自宅でゆっくり、と思いましたが、急きょ思い立ってスポーツセンターに行ってしまいました。寝不足のはず!でしたがまだまだ元気のようです・・。海幸丸は予定通り明日入港、量は少ないもののヤリイカの鮮度に期待しています。

11月中盤戦へ!

火曜の休市のせいか、いつもに増してもの静かな八幡浜でした。冷え込み厳しい地域経済ですが、海幸丸も同じく耐え時、正念場です。気持ちだけでも写真のように!明るく行きたいものですが・・。今回も豊後水道南沖にてヤリイカ中心の操業、本夜半の入港、12日朝売りの予定です。

11月2度目の入港!

今朝は4:30入港でした。総数は1,100程度あったものの、ヤリイカも少なめで魚種構成も今一つでした。師走も近づいていますが、丸物の相場は依然厳しく、価格の付かない売れ残りも多く出ました。売れ残りの量に比例して、直売店の年末向け加工と冷凍在庫は増加の一途・・、お届け先の確保と受注も急務です。こちら一本だけ揚がったニベ、男前です。切り身食材にいかがでしょうか?

秋サバ ゲッツ!

昨日は4:00過ぎに入港、今季初めての高知沖魚種の水揚げでした。アジやゼンゴ、シロムツといった原材料から、マタイや赤ムツ、メンタイ、イトヨリといった高級魚まで、種類も豊富なのが漁場の特徴です。次回も同じく高知沖を一昼夜操業予定、少し冷え込んで丸魚の相場に期待したいところですが・・。上は久しぶりにまとめて水揚げのあったフレンチの高級食材、アカザエビです!

昨晩は、セリ人のIさんにいただいた“サバ”とS石店長の包丁さばきによる“アンコウ”を鍋でいただきました。おかげで筋肉痛の体に程よくお酒も回って、ぐっすり眠れました・・。
関連会社の拠点でもある下関では、毎年この時季からアンコウの水揚げが盛んで、業界を挙げたブランド化にも力を入れていますが、八幡浜での近年の水揚げ、売行きは今一つ・・、調理加工は手間ですが、何といってもフグと並んで冬の高級食材です。出荷先の魚食文化や地域の加工特性なども考慮した販売が急務です・・。


高級食材・・でちょっと思い出したのが、最近取り上げられることの多い麻生総理のホテルのバー問題!?皆さんはどう思われますか?

マスコミいわく「1本数万円のスコッチのボトルキープは庶民感覚とかけ離れて過ぎている」とか・・??
いつから日本の総理大臣が庶民と比べられる存在になってしまったのか・・?私にはまったく理解不能・・です。
麻生総理だって時々は新橋の赤ちょうちんで、人目を気にせず“生中”片手におでんやもつ鍋を(ちょっと似合わんけど・・)つつきたいこともあるでしょうに、それが出来ない立場にあることを考えないで、こんなしょうもないネタでお茶の間の受けを狙って視聴率をかせごうとする、芸能ニュースはやっぱり国民愚民化策の最たるものです。
一国の総理が居酒屋に出入りする姿など誰も見たくないですし、そんな環境を作るには、一杯2,3千円のスコッチなんかよりもはるかに高いコストがかかるのは、誰が考えても分かるはずです。麻生さんだって、総理就任後はこれまでより安くすむホテルのバーを選んで仕事をしているというのに・・。

こんなことが騒がれる日本はまだまだ豊かな国なのか、それとも2代連続で“逆切れ辞任”をしたために、総理の座が庶民と比べられる地位にまで堕ちてしまったのか・・、こちらも不明です。

今日は午後から一件商談で松山へ、夜はもどってJC例会です。予定では今週だけで4回松山・・、出てばっかりです。私こそ、会社での貴重な時間をこんなブログ投稿でつぶしているゆとりもないようですが・・(-反省-)。

ラフランス ゲッツ!

月末休みを終えた海幸丸は予定通り10:00に出漁、いよいよ10月も終わって11月の初航海です。病欠で丸一月を棒に振ったU本甲板長もようやく復帰、張り切って漁場へ向かいました。初回の水揚げは3日(文化の日)、最盛期を前に前半戦が勝負・・!ピッチを上げていきたいところです。上は昨日、乗組員タカハシ君が自宅用に確保・・!した特大のウチワエビに車エビ、美味しそうですね~。

話題は変わって、地元八幡浜では明後日から早生温州ミカンの初出荷!みかんと魚の町が一気に慌ただしくなる季節です。自宅裏の権現山もみかん色に色づき始めました。昨日はジョギング途中にいつもお世話になっている農家のHさんからミカンを一箱、今日の昼にはお取引いただいているSさんから、たくさんの立派な梨も頂戴しました。ありがとうございました。

加えて自宅には、リンゴに柿、キウイにバナナにラフランス・・、子供の多い我が家には果物はいくらあっても重宝します・・。季節の果物はいつでも美味しいものですが、今日は食後にラフランスを一つ。子供のころに食べそめていない果物だけに、何ともいえないジューシーな、新鮮な食感が大好きです。別に歯がないわけではありませんが、顎ですりつぶすだけでもそのまま溶けていくような瑞々しい感じ・・、美味しい果物ですね~。

別に魚屋から果物屋に商売替えしたわけではありませんが、今日はこれといったネタもなく、また訳の分からない日記になってしまいました。明日は土曜の休市、久しぶりに小説で夜更かしでもして休むとします。

SYUNSOKU ゲッツ!

海幸丸は今朝の水揚げで明日まで給料休み、今日は給与の支給も終わってホッと一息、昨日には第40期の決算も確定してこちらもようやく一区切りがつきました。最近、朝晩はかなり涼しくなってジョギングや読書に絶好の良い季節、宇和海の夕日もかなりきれいに沈むようになりました。今日は少しのタイミングで写真を撮り損ねましたので、また後日載せたいと思います。

こちらは先日、家内が小2と年長の二人に買い与えてやった「SYUNSOKU」(俊足??)という運動靴、学校や幼稚園で流行っているのか何なのか・・、よく分かりませんが、長男などは「“SYUNSOKU”があれば、柴犬はいらない・・?」などと、よく分からないことまで言うほどのはしゃぎよう・・。
さっそく今朝から大喜びで履いていきました。何でも「SYUNSOKU」を履くと足が速くなる・・?と、本気で信じているようで、今日も夕方、帰るなり二人とも「すごく速く走れた!!」と自慢、納得しておりました。
自分の実力と努力を棚に上げて、持ち物にこだわるのはさすが親譲りか、そんな教え方はしてないつもりなのですが・・。こんな子供たちを見ながら、マラソンシーズンを目の前に、私もむしょうに「SYUNSOKU」が欲しくなってきました。

先日に引き続き、よく分からない「海幸丸日誌」でした。海幸丸は明日10:00出漁予定です!

ハモ豊漁です!

今日も引き続き書類作成、午後からは一件、会議所関連のセミナーへ。講師の先生より一期一会のご縁もいただきまして、夕方は急きょ松山の水産会社の社長さまに来社いただきました。短い時間でしたが、濃い内容の有意義な話し合いを・・、やはり消費者のニーズは本物回帰、近海天然魚は明らかに時流に乗っていることを感じます。ただし、魚が獲れてくれれば(これがいちばん難しい!)ですが・・!?

宮崎沖から漁場を北に変更して操業中の海幸丸は、明日早朝入港予定です。今回は乗り具合の芳しくないヤリイカ漁場を離れたこともあって、赤ムツ、カマスにホウボウ、カイワリ、ハモにヤガラ等々、量は今一つですが、明日は久しぶりに豊富な魚種が並びそうです。特にハモは久しぶりに100単位の水揚げがあるようで、“季節外れ”ということもあって今から相場が心配です。

あとは入港までに、型の良いヤリイカが増えることを祈りつつ眠りに・・、いえ今晩も飲み会の予定が入っておりました。

どうかお手柔らかに・・!!

古満目ヤリイカも小ぶり・・!

200810003.jpg

朝は事務関連、午後からは松山往復、夕方はトラック運転、その後来客、という不思議な・・?一日でした。漁労長からの連絡では、古満目沖のヤリイカも現在のところ、やや“小ぶり”のようです。残念・・。次回の売り予定は5日(日曜日)、それまでに上のような色艶の良いイカがたくさん揚がってくれれば良いのですが・・。
明日は幼稚園の運動会、私も張り切って騎馬戦に出場してまいります。今夜はこれからウォーキング、あとは本でも読んで早めに休みたいと思います。

2度目の山川入港です

鹿児島・種子島沖にて操業中の海幸丸は、今日の午後山川港での2回目の荷揚げを行います。荷はトラック便にて八幡浜へ陸送、24日朝売りの予定です。水揚げは依然厳しいのですが、明日は丸魚の相場に少しだけ期待したいところです。上は昨日の千代田橋からの眺め、夕日の季節がいよいよ到来です!

私事ですが、最近ようやく次男が補助なし自転車に乗れるようになりました。
こちらはうちの庭での!?練習風景(ということにしておきましょう・・?)
得意満面の笑み、気づけば1人でどこまででも行きそうな気配があります。
調子に乗ったら事故のもと!気をつけさせねば・・!

ベテランと新人!

20080916.JPG

今日は終日八幡浜、決算関連の打合わせや支払い事務等々、台風の行方も心配ですが、豊後水道で操業中の海幸丸は明後日(18日)にいったん入港予定です。写真は当社、というよりトロール業界初の“平成生まれ”の期待の新人、優希君!今季から第15海幸丸に乗船して、張り切って仕事をしています。お隣はいつもの超ベテラン、川田さんです。将来の漁労長を目指して頑張れ!!

明日本船入港です!

昨日に引き続いて私のデスク周りの備品パートⅡ!今日は船名「第15海幸丸」の額に登場いただきました。平成元年の海幸丸建造の際に、地元の位の高い、とある和尚様に依頼して書いていただいたものです。いろんなパンフレット(このサイトも・・!)にもこの字を使わせていただいております。手前味噌ですが良い字に良い名前・・!あとは名前に恥じない漁模様を期待するのみか・・?海幸丸は明日11日早朝、本船入港の予定です!

山川入港を計画中!

昨晩は友人の会社の慰労会(バーベキュー)にご招待をいただきました。美味しいお肉にビールにワイン・・、盛り上がってきたところに、親しくさせていただいている某銀行の若手(中堅か?)集団もぞくぞく登場、けっきょく合流して2次会まで参加、ブログ更新はサボってしまいました。今日は、午後から急きょ松山を往復、いろんなご縁をいただきまして、ただただ皆さまに感謝・・です。

9月2航海目に入っている海幸丸、サイズが小さすぎるヤリイカ漁場には見切りをつけて、目下、操業海域では最南端の種子島沖まで遠征操業しています。それにしても温暖化の影響で、全国的に漁獲魚種にも変化が見られるようです。
今朝の産経新聞では、これまで西の海域で水揚げ・消費されていた鰆(さわら)が、東北地方で大量に水揚げ、地元では見たことも食べたこともないサワラの水揚げに戸惑いながらも、需要のある首都圏や関西方面へ出荷しているとのこと。こちらでいえば、トロール船でハタハタやニシンがバンバン揚がる、といった感覚でしょうか?そういえば、九州の巻き網サバ漁でも、高い水温の影響で太りが遅れている様子・・、やはりこれも、先日の海幸丸の極小ヤリイカと同じ現象なのか・・?技術の進歩や情報の力をもってしても、自然の変化には及びもつかないものですが、生かせる情報はフルに集めて漁業や流通、(もちろん経営にも・・?)も役立てたいものです。

海幸丸は約2年ぶりに鹿児島(山川港)での荷揚げを計画中、売りは八幡浜にて、7日(日曜)朝の予定です。

これよりJC例会・懇親会、連チャンです・・。

明日初水揚げです!

遅かれ早かれで、予想していたとはいえ福田さんには正直ガッカリ・・、前の安倍さんに続いて連続の政権投げ出し劇とは・・、脱帽、いえ脱力です。ますます蔓延する政治不信、リーダー不在がとても心配です。もはや自らの身は自分で守れ、ということでしょうか?海幸丸は今日深夜に初入港、明日が解禁後の初セリです。

坊主がいもたきを・・

昨晩の仕卸宴会も無事に終了しました、たぶん・・。海幸丸出漁を前に、浜田漁労長以下数名の乗組員が順番に頭を丸めたようでこの通り!こんな坊主軍団が居酒屋に集結して、いっせいに“いもたき”をつつく姿は、なかなか見応えがあるというか何というか・・。えーーと、うちの商売なんでしたっけ・・??とりあえずお店は“貸し切り”で正解!だったようです。

ちなみに2次会はこんな感じで、パーッといきました。

ついでに坊主3人衆も登場・・!

これ以後の写真は倫理道徳上?掲載不可・・でございます。

今日は明日の出漁のための最終準備、夕方には一汗かきたいところです。

海幸丸出漁は、明日31日の夕方6時!

いよいよです!。

これより仕卸宴会!

今日はいよいよ海幸丸の最終積み込み、魚箱と氷、そして重油を目いっぱい積みこんで準備万端、9月からの燃料単価もとうとう決定してしまったようです。思わず目を覆いたくなる価格で、卒倒寸前ですが・・。
私のほうは、急用で午前中は宇和島往復、午後からは決算期限の最終事務手続き等に追われておりました。本日は大安、出漁祝いをいただきました皆さま、誠にありがとうございました。ただ今から、今漁期の航海安全と豊漁を祈っての仕卸宴会です!

終わり良ければすべて良し!

今季のトロール漁の本操業終了(曳き上がり)は4月30日でした。当初は5月15日までの試験操業を続ける予定でしたが、3日以降は急きょ通夜から社葬へ・・。5日に帰港した海幸丸は、半旗を掲げて出漁見合わせ、その後は台風の影響もあって、ようやく昨晩(13日)20:00に出漁いたしました。試験操業のリミットは15日24:00まで。入港は16日(金)早朝の予定です。

終わり良ければすべて良し・・!?

そういえば社長もよくそんなことを言っておりました。
何よりも「安全操業」を第一に、良い流れを持って今季最終操業を終えてほしいものです。
16日には無事、全員で慰労会(今年は地味にですが・・)ができますように・・。

豊後水道にてアマギ!

豊後水道にてアマギのあたりが少々、明後日の祝日(中央休市)の関係もあって今朝6:00に入港しました。漁獲量は少ないものの、稀少で貴重なアマギ!のおかげで平均単価はまずまず、でした。次も乗ってくれれば良いのですが・・。

と、たった今漁労長から連絡がありまして、夕方の網は不漁だった様子・・、また明日より、宮崎沖へ漁場変更の予定です。

冬は魚類、夏はクワガタ?

予定通り今朝5:30の入港、まとまったところでは、コウイカ、ホウボウ、マトウダイ(モンダイ)、フカ、エソ等々でした。特に丸魚の需要がパッとしない様子でしたが、すでに4月ですし、魚種・価格ともに例年並みかと思われます。荷揚げ後は10:30に出漁、次回は中3日の航海を予定しています。上は、最年少乗組員U本くんのコレクション?珍しいカニ(名称不明・・)です。

こちらはそのU本君が趣味にしている「魚類採集」?だそうです。

仕事の合間に網にかかった獲物の中から、見覚えのない珍しい魚やカニを見つけては、水槽で生かして持ち帰って標本を製作しているようです。獲れた漁場や水深等も細かく記載、ケースや針も自前でまとめて購入しているといいますから、なかなかの念の入用ですね。何でも、冬場の漁期中は海の生き物、休漁期の夏はカブトムシやクワガタなどの標本作りに熱中しているそうです。

浜田漁労長の話では、小さいものや珍しいものがU本君の興味の対象とのこと。人は見かけによらないものです・・ネ。また、コレクションを見せてもらってご紹介したいと思います。

4月も残り2航海!

今朝は5:00入港、総数は1200箱、400が白ムツ、350がコウイカ、ヤリイカ類でした。ホウボウ、レンコ、赤ムツなど高知沖の丸魚は少々・・でした。荷揚げ後は25日(金)の入港を目指して7:30には出漁、4月も残すところ2航海となりました。以上、漁獲情報のみ簡単にご報告いたします。

魚との出会いを大切に・・

海幸丸は昨日入港、今朝まで“中休み”をとって、先ほど10:00に4月後半の操業に向けて出漁しました。やはり当面の狙いはアマギですが、同じ漁場で数量が確保できるかどうか・・、まずは今晩までの航海に期待したいところです。海幸丸の今期「曳き上がり」は5月15日、残すところわずか一月を切りました!

上ですが、お世話になっている知人のご紹介でいただいた「一魚一会」の看板です。
迫力と勢いがある「一魚一会」、ありがとうございました。
さっそく、直売店トロール市の店頭に飾らせていただきました。

製作主は、大阪にてさまざまな創作活動を展開中の「ことば絵書家」、神島純さんです。
漢字の魅力から新感覚の書を描き、全国の企画・デザイン会社からの依頼も多く多忙な方です。
現在、弊社もお取引をいただいている某大手鮮魚流通チェーンの店内にて、大壁画を製作展開中!とのこと、こちらも楽しみです。

「一魚一会」、魚との出会いを大切に・・!私たちの大切な理念であり、拠りどころです。
といいながら、最近このブログでも魚のご紹介が少ない・・ですね。申し訳ありません。
これから夏にかけて、季節の宇和海の幸もどんどんご紹介していきたいと思います。

中3日の高知沖操業!

昨晩は時化のため22:00に帰港、荷揚げは朝4:00から行いました。今回は高知沖操業で中3日、白カマスとチダイがまずまずの豊漁で総数は2000箱少々、ただずいぶんと暖かくなったため、鍋物・加工モノの相場はベタベタ・・でした。平均単価と漁獲量、どちらに重きを置くか・・、次回の漁場選定も悩みどころです。海幸丸は先ほど15:00に出漁いたしました。

仕切りなおして17:00出漁!

時化のため予定通りの操業ができず5:30にいったん入船、漁獲物600箱を荷揚げした後、昼は少々時間をとって17:00に再度出漁しました。週末から週明けにかけても時化模様、引き続き魚の入荷は少ない見込みです。昼前には神奈川県は小田原より、とある元気な若者の来社!突然でしたが漁業や魚、流通の話題で意気投合、一期一会の出会いとなりそうです。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

久しぶりの中3日操業に!

今日は一転、冷え込みも厳しい雨模様の一日でした。昨日、車に積もった大量の黄砂を洗い落としてくれればいいのですが・・。今日は一件納品のため松山往復、夕方は事務所にて雑務、夜は西条へ行く予定もあったのですが、諸事情で今回は取りやめさせていただきました。申し訳ありませんでした・・。宮崎沖で操業中の海幸丸ですが、次回入港は6日(木)で決定、かなり久しぶりの“中3日”の航海となります。

それにしても今日は寒い一日、気温もずいぶん下がったようです。
冷たい大粒の雨はポツポツと降ってるし・・、こんな雨を「氷雨」というんでしょうねぇ~。

「氷雨」・・「氷雨」といえば・・歌いましょうか?
アンタの「氷雨」は聴き飽きた・・!??
ハイ、スミマセンでした。また次回にします!

そんなことより、さすがに今日はジョギングもサボってしまいました。
こんな日は暖かい部屋で熱燗でも飲みながら、読書でも・・、あ~、至福のひととき・・!
ではありますが、最近、我が家ではアルコール制限が少々厳格化されておりまして・・。
今日は、せめて真面目に本読んで、ストレッチでもして休むとします。

3月操業波乱の幕開け!?

今日から3月操業に入った海幸丸、ですが諸々の事情により、普段よりも2名少ない14名体制での出漁となりました。しかも今回は漁労長も不在・・!ピンチヒッターで第15海幸丸の船長(舵交代)が漁撈の指揮を執ります。休み明け早々、日ごろのチームワークと組織力!?が試される航海となりそうです。出漁は予定通り今朝10:00、次回の入船は2日(日)の予定です。こちらは松山の帰り道、長浜から眺めた夕日です。

海幸丸を送り出してた後、午後からは一件来客、その後は所用で松山でした。業務のついでに、以前から物色していた仕事用のバッグも決定・購入してきました。日常業務での利用が主たる目的ですが、パソコンと書類・書籍の持ち運び、1泊程度の出張にも対応可能な収納スペースを必須条件として、探しておりました。が、なかなか先代の“愛用バッグ”に勝る機能とデザインのものを見つけるのに一苦労・・、結局、デパート内のショップを7,8店舗巡りめぐって、ようやく選んだのがこちらのバッグです。

今回は日常での利用ということで、ブランドや価格、デザインよりも機能と使い勝手を重視、現場を含めて、夜な夜な?あらゆる場所に持ち運ぶため酷使もするはずですので・・。帰宅後、さっそくパソコンに書類、システム手帳などを一式詰め込んで持ってみたところ、なかなかのフィット感!あとは、小物類の収納場所を決めて、一日も早く慣れ親しみたいところです。
何はともあれ、これから少なくとも5年くらいは私と行動をともにする鞄!この鞄といっしょに、日々、“良き仕事”に励んでいきたいものです。不束者(ふつつかもの)の私ですが、どうか幾久しく、末永きお付き合いをよろしくお頼みいたします!って、ちょっと聞いてますか・・?聞いてない・・?やっぱ今日も冴えない・・、というか眠いです。少しだけ本でも読んで今日も早めに休むとします。

宮崎沖にてハモ200箱!

海幸丸は4:00過ぎに入港、アマギ、カマス、マダイ、ハモを中心に総数1400箱の漁でした。今日で2月の操業も無事終了、今季のトロール漁も実質2ヶ月を残すのみとなりました。乗組員は今日で月末の給料休み、明日は10:00に出漁の予定です。上は珍しく200箱の水揚げがあったハモのセリ風景です。

今日夕方は、とある“任務”?の打ち合わせのため母校(八幡浜高校)を訪問、進路担当の先生方とお話をさせていただきました。が、私たちの時代とは進学・就職の進路環境ともに、ずいぶんと様変わりしている様子でした。それにしても自分にとって少々重い任務・・、これも機会か、それとも修練、奉仕・・、はたまた試練!?詳細はまた後日・・。今日は眠いです。

明日いったん入港です!

本日休市の土曜、でしたが、JCのとある会合で終日松山でした。行きは高速経由か一般道の海岸線か、迷ったあげく海岸線を選択、これが案の定“大失敗”でした!強風波浪のため波は道路まで打ち寄せて、こんな感じ(上)でした。おかげで、愛車も大量の波しぶきを浴びる羽目に・・。高速料金ケチるとこんなものでしょうか。会議もただただ長かった・・です。委員長さま、今日はお疲れさまでした。海幸丸はアマギ漁が不調ですが、明日早朝にはいったん入港、仕切りなおしの予定です。

兵どもが夢の跡!?

今朝は4:30の入港でした。今回は高知沖のみを3日間操業、久しぶりに“中トロ”らしい豊富な魚種構成でした。白ムツ420、ゼンゴ240、チダイ220を中心に、マダイ、レンコダイ、カマス、イトヨリ等々・・、八幡浜の冬の味覚“モンダイ”も久しぶりに50箱程度水揚げされました。荷揚げ後は第16海幸丸のエンジン不具合のため、大事をとって修理と検査、乗組員はそれに合わせて少し早い“中休み”をとっています。ちなみに上は海幸丸の機関室、今朝の点検の様子です。一般には公開されることがほとんどない場所ですが、船の心臓部をつかさどる重要ポイントでもあります。

突然ですが、長年使ったり、身に付けたりしたものを捨ててしまうのは、なかなか勇気がいるものです。私の場合、特に靴(くつ)や鞄(かばん)、財布や手帳といった持ち物には、体の一部のような強い愛着を感じます。いくら古くなって利用不可能となってもなかなか思い切って捨てられない・・、よくあることです。

が今回、あまりの“みすぼらしさ”に、たまりかねて廃棄処分を決めたのがこちらの鞄です。

かれこれ7年ほどは使ったでしょうか。ナイロン製ですが、分厚いファイルや書籍の収納スペースも十分で、頑丈な作りが売りの鞄です。小物類を入れる口数も多く、財布や手帳、名刺入れにペンケース、パソコンや書籍等を入れる場所を決めておけば実に使いやすく、どこに行くにも落ち着ける優れものでした。

私の場合、市内・市外、現場・事務を問わず全ての日常業務に夜の活動、また一泊程度の出張であれば、使い慣れたこの鞄で済ましておりました。購入以来、常に行動をともにしてきた鞄、まさに血と汗と涙の結晶・・は少し大げさ!?ですが、日々雨に打たれ、陽に照らされ、時には海水や鱗(うろこ)にもまみれ、また時には夜な夜な多量のアルコールも浴びてきたであろう愛用の鞄!今では、日焼けのせいで黒いナイロンは黄色にくすみ、肩充て部分の革は剥げはじめ、汗と雨で持ち手部分の革は伸びて破れ・・、戦地から引き揚げてきたような様相?すら感じられます。同じメーカーの新製品と並べてみると、さすがにみすぼらしさが目立ってしまい何とも見るに忍びない・・。

今回、財布を新調したのと合わせて鞄も廃棄、感謝の意を込めてきちんと供養もしないといけないかな、と思っております。ちなみに鞄についてはまだ代替品を購入していません。今度の鞄も10年は使えるくらい、利便性と機能性の高い製品を選びたいと思っております。

愛用の鞄に合掌・・!次も良い鞄に出会えますように・・!

海幸丸明日入船です!

早くも1月も終わり、今日は松山まで車を走らせて一件納品、ついでに書店にて調べ物やら衝動買い等々。夕方には八幡浜の会社に戻りました。夜はジョギングをはさんでJCの委員会へ出席しました。いよいよ体のモードは10日の駅伝カーニバル、“一花入魂”君との決戦に向けて、走行距離はまずまず伸びているのですが、はたして中距離でのスピードがどうか?という感じでしょうか。
あ、失礼しました、本業を忘れてました。海幸丸は明日4:00すぎの入船予定です。ヤリイカの相場に期待!です。今日は早めに休みます・・。

1月操業も無事終了!

今朝は4:30の入港でした。昨日のヤリイカ漁はまずまずで、総数は1100箱でした。乗組員は今朝の入船で“月末休み”、明日は10:00に出航予定です。早いもので今季も残すところ3ヶ月あまり、引き続き航海の安全と豊漁を祈りたいものです。写真は今朝獲れたカサゴ、年々漁獲の減っている高級魚ですが、特にイタリアン、フレンチのシェフから人気の魚です。ちなみに左の2尾は(本)カサゴ、その右の1尾はユメカサゴ、その奥の2尾はオニカサゴという別種です。この違い、お分かりいただけますでしょうか?またゆっくりとご紹介させていただきます!

赤エイ100箱・・!

一昨日、昨日は、八幡浜児童合唱団の定期演奏発表会の準備・お手伝いでした。指導者の先生方はじめ、メンバーの皆さまのご協力のおかげで発表会も無事に終了、メインプログラムのオペレッタも大成功でした。子供たちと一緒に歌う「千の風になって」では、私も自慢のテノールを披露する予定でしたが、今回は残念ながら選考からもれてしまったようで・・。来年は頑張りたいと思います。次年度委員長さま、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は「成人の日」(祝日)ですが、明日は消費地市場の開市ということもあって、海幸丸は4:00入港でした。ヤリイカのほうは、大半が成長して「立ヤリ」に、中でも体長30cmを超える大きいサイズが中心になってきました。この時期になると、ヤリイカもほぼ産卵を終えて魚体もいくらかスリムになってきます。今年も無事に、元気に産卵してくれて、来漁期も続けて水揚げがあれば良いのですが・・。
今朝は、主力のアマギ、ヤリイカに加えて、赤エイ、フカ(サメ)、アンコウ、水ブクといった変り種も少々水揚げされていました。季節や全国の入荷量によっては、よく売れることもあるのですが、さすがに今朝は相場のほうもパッとしませんでした。上は珍しく100ケース水揚げされたアカエイのセリ風景です。今日は午後から私用で松山へ行ってきます。夕方は駅伝練習、夜はJC委員会と、あわただしい「成人の日」の予定となっています・・。

フィンランドの教育改革

古満目沖から豊後水道へ漁場を移して操業中の海幸丸は、明日6日早朝の入船予定です。明日はいよいよ八幡浜魚市場も開市、これまた恒例の“鏡開き”の神事も執り行なわれます。もちろん海幸丸も初水揚げに初セリです。大昔の初セリには“ご祝儀相場”などという風習もあったようですが、こちらも今や死語!でしょうか?新年早々、原油価格は100ドル超え!続いて昨日は日米ともに株価急落!という波乱の幕開けでしたが、はたして魚の相場はいかに・・?不安半分、期待半分・・です。

話は大幅に?変わって北欧の教育についての話題を少し。人口わずか550万人という北欧の福祉国家フィンランド、森と湖にかこまれた自然豊かな、私も一度は行ってみたい国ですが、今朝、NHKの「未来への提言」で、この国の教育改革についての興味深い番組を見ました。90年代後半から、この国の教育改革を推進したのは、元教育担当大臣オッリペッカ・ヘイノネンさん(42)。
ヘイノネンさんによれば、フィンランドの教育改革の理念は、“教育現場における機会の均等”、つまり全ての国民が平等に同水準の教育を受けられる仕組みを作り、一人の落伍者も出さないことを目標・使命として掲げているそうです。また、この全国民を対象とした、いわば“底上げ教育”を、国の競争力を高めるための長期的な“投資”と位置づけて改革を推進しました。その結果、今では世界No.1の学力を持つ国として認められ、小国ながら携帯電話等の特定分野で、世界有数の競争力を持つ産業を保有するにいたっています。番組のテーマは、その成功した教育改革の中身を探るというものでした。改革の大きな特徴としては、下記の3点でした。

1.教育現場への自主裁量権拡大

国民全体の平均学力向上を目的とする一方で、教育現場においては、国による画一的な教育よりも現場の自治権・裁量権を重視した授業内容となっているようです。“教育権の独立”?ではないですが、国と教育現場の間にある確固とした“信頼関係”に上に、この国の教育システムが成り立っているということを強く感じました。もちろん、教員を対象とした大学教育も充実されていて、教員資格を得るのも難しく、学生にとって教師は最も人気の高い職種の一つになっています。国家、国民ともに、教育に対する意識が非常に高い、ということのようです。

2.リテラシーの向上

いわゆる知識つめ込み型の教育ではなく、“リテラシー”(読み解く力)を重視する教育への転換です。当然、数学的なものから読解力を身につけるもの、論理的な思考を試すもの等、いろんな切り口でリテラシー教育が行われ、その成果が世界No.1の学力につながっているそうです。これなどは、入学試験を目的とした暗記型偏差値教育が今だに重きをなす某先進国?などは大いに参考にすべきでは・・などと感じながら見ておりました。

3.教育インフラの充実

前述の教育システムと合わせて、教育現場内外におけるインフラが整備されています。例えば小学校におけるコンピュータの配備、地域における充実した図書館制度などです。特に図書館の数は、他の先進国の平均水準の4倍だそうで、国民の読書量向上や識字率の高さにつながっているとのことでした。ちなみにGDPに占める教育予算も日本の1.6倍だそうで、高額な税に支えられて、義務教育から大学にいたるまでの教育費が全て無料!という、日本では考えられないような教育の仕組みが作られています。

まとめに、教育改革のポイントとしてヘイノネンさんが挙げていたのが、国民全員が学ぶことへのモチベーションを生涯持ち続けることができるような仕組みづくり、という点でした。そのために今後カリキュラムを通じて強化すべき能力として、他人を慮る“洞察力”を挙げていました。このあたりは、近隣を大国に囲まれ、20世紀にいたるまで統治され続けたという国家の歴史・背景からもコミュニケーション力を高める必要性があったとのことでした。また今後も、教育における機会均等という理念については、地域間や学力間の格差を徹底して排除していく、とのお話でした。教育は国の基本政策であるのは当然としても、フィンランドにおける教育の位置づけ、プライオリティの高さには感心させられました。
リテラシー、どころかデリカシーに欠け、ついでにキャパシティも!?劣る自分などには、国の教育を云々する権利も資格もないわけですが、久しぶりに良い番組をゆっくり見ましのたで、少しだけメモしてみました。

海幸丸乗り初め

9:30より恒例の海幸丸の「乗り初め」でした。操舵室の神棚に全員で手を合わして、航海の安全と豊漁を祈って、お神酒を交わした後、お餅(小銭)まきをして10:00に出漁しました。今年は、例年に増して多くの皆さまにお見送りをいただきました。ありがとうございました。今年の初セリは6日(日曜)、中2日の操業ですが、まずは昨年に引き続きヤリイカの漁場へ向かう予定です。

海幸丸本年最終入港!

海幸丸は今朝、無事に本年の最終操業を終えました。荷揚げ後は会社前に錨をおろして年越しの準備、そしてお目当ての乗組員の“ダシ”の荷造り!でした。目にも止まらぬスピードで荷造りされる高級魚の数々・・。まぁ、“ダシ曳き”ですからこんなものです。何はともあれお疲れ様でした。新年は3日に恒例の出初式、そして初漁となります。私のほうは今日からハマチと格闘!の予定でしたが、新年準備や挨拶回りで、今日は包丁を持てず・・。対戦は明日に延期に!明日は朝4:00から、待ったなしの格闘です。ちなみに今朝の乗組員のダシ荷造りはこんな感じでした。皆さん、ゆっくり休んでください!

相場は最安値・・!

漁も不調で今朝は総数850箱あまり、連休の中日で売れ行きはどうかと思いましたが、案の定、丸魚・原材料ともに“底値”・・!12月、しかもクリスマス前ですからもう少し鮮魚の需要があってもいいかと思うのですが、他産地の供給量もずいぶんと多い様子でした。出漁後は、午前中、会社にて京都“都大路”を走る“八幡浜高校女子陸上部”の応援をしながら、一人のんびりと事務仕事をしておりました。横着な勤務態度ですが、日曜ですのでお許しを・・!ちなみにこんな感じでした。TV画面の隅で襷リレーを終えたオレンジと青のユニフォームが八高チームです!何せ“みかんと魚のまち”ですから、チームカラーにオレンジと青は欠かせません・・。小さすぎて見えないでしょうか?

夕方は徳間書店の「現代人の古典」シリーズから、少しばかり「甲陽軍鑑」を読んでみました。武田家に伝わる軍学を、家来が編纂した“武士道の原典”ともいわれる古典です。武田家の歴史は、一族の栄枯盛衰が一度に学べるため、現代の企業社会にも通じるところがあってなかなか面白いです。こうした類の本は、原書ですと自分のような若輩者には手が出にくいのですが、この徳間書店のシリーズは訳と解説が豊富で、尚且つ現代での活用・応用という視点から書かれているため、かなり読みやすい内容となっています。同じシリーズで、「葉隠」、「養生訓」、「貞観政要」などもあります。ちなみにしっかりとしたハードカバーで分厚いケースもあるため、繰り返し読んでも、子供に引っ張り出されたり踏まれたりしても痛まない!?優れた書籍です。
何も私は徳間書店の回し者ではないのですが、こんなシリーズなら長きにわたって買い足していっても良いかな・・と思っております。肝心の「甲陽軍鑑」の内容ですが、まだ冒頭部分しか読んでおりませんので、じっくりと読みまして、また後日ご紹介させていただきます。カバーと装丁はこんな感じです。

漁師の体重

今朝は5:20に入港でした。水エソやヤリイカを中心に1200余りでしたが、原材料の相場のほうはかなり“下げ”となってしまいました。水エソは蒲鉾の高級原料なのですが、魚体のサイズが小さいために、一定量を加工するためには手間と人手が必要のようで、師走の繁忙期は、手間がよりかからない大きな原料のほうにシフトするようです。水エソだけで作った蒲鉾は本当に美味!!なのですが・・。荷揚げ後は少し時間をとって11:00に出漁しました。上は、今日久しぶりに水揚げされたアマギ150箱のセリ風景。

こちらは今日の出漁を前にした第15海幸丸の船内食堂の様子。
おなじみの浜田漁労長と川田さんが、焼肉で盛り上がっていました。
沖での生活は、当然魚はふんだんにあるわけですが、やはり肉が恋しくなるようで、
陸へ上がった際には、肉屋へ買出しにいっては焼肉で盛り上がっているようです。

トロール船の漁期は、9月1日から5月中旬まで。
乗組員は夏の休漁期は、各自別の仕事に就くわけですが、
9月のシーズンになるとまた船へ戻ってくるというのが、乗組員の1年のサイクルです。
さてそこで今日は乗組員の体重の話題!
ハードな沖の仕事、漁期中はさぞかし体も締まってスリムになるかと思いきや、
実は皆さん漁期中のほうが顔色も良くなって、なぜか体重も増えていきます。
普通の人は体を動かすとスリムになるはずなのですが、海幸丸乗組員の場合は、
仕事をした分体重が増えていくようです。
つまり海幸丸では、9月の漁期が始まると皆みるみると肥えていくのです。

理由は様々でしょうが、私個人的には、

?? 体を使った労働が筋力を維持するのに良い
?? 食事回数も多い上、体を動かす分だけたくさん食べる
?? 漁期中は、沖で美味しい魚(たんぱく質)をたくさん食べて(摂取)いる
?? 夏の休漁期には漁期中よりも質素な食生活をしている(余儀なくされている!?)
?? 漁期中は陸にいるときほどストレスや考え事がない・・?

くらいが理由のベスト5だと思っているのですがいかがでしょうか?
まぁ、このくらいでないと漁師も続かない、ということかもしれませんが・・。

そういえば今日、乗組員が一人“痛風(ツウフウ)”のため、一航海のみ“戦線離脱”してしまいました。
美味しい魚の食べすぎ・・!ではないと思うのですが、早く直して復活してください。
何はともあれ12月操業も残すところ4航海あまり、最後まで体に気をつけて頑張りましょう!

師走もついに折り返し!

今朝は5:30の入港でした。ここ数日の時化の影響で、小型底曳き船、巻き網船ともに入荷量はごく僅か、今日ばかりは、“入荷量確保”という点では、“中トロ漁”の出番到来!?いう感じでした。今日のような日は、丸魚の需要もかなり見込めるのですが、やはり操業効率の点から、今回も漁の中心はヤリイカと水エソでした。12月もいよいよ折り返し地点を過ぎて後半戦へ、海上・陸上ともに繁忙期が続きますが、気を引き締めて年末を迎えたいものです。こちらは最盛期12月の主力製品“水エソ”のセリ風景。他の買付け人に自分の手(価格)が見えないように、ジャンパーで手を隠して、セリ子に価格(値段)を提示しているのがお分かりいただけますでしょうか?

八幡浜市場開店休業!?

昨夕大阪より帰省、お取引先の皆さま、某異業種交流会の皆さまには、大変お世話になりました。今回いただいたご縁を大切に、これからもどうぞよろしくお願いいたします。出張中にも海幸丸は連日の入港、今朝は4:50の入港でした。今日は早朝から某テレビ局の取材も・・。でもこんな日に限って、時化のため魚市場は“開店休業”?状態・・。比較的まとまった荷といえば、海幸丸のヤリイカ800箱のみ、という寂しい状況でした。ブログの更新も2日間怠っていた間に、師走もはや5日が過ぎました。年末まで気を引き締めていきたいものです。取り急ぎ今朝の入港報告でした!

10月操業も終了!

昨日出漁した海幸丸ですが、航海中の予期せぬ漁具の故障でいったん操業を休止しました。昨晩夜中の1:30に帰港しまして、荷揚げは5:00より行いました。本来なら明日に月末休みをとる予定でしたが、修繕等の関係で一日早めて、今日で10月操業を終えました。そのため会社では朝から給与計算・支給等々・・。出漁は明日の10:00の予定です。11月は“ヤリイカの成長と丸魚の相場上昇”に期待したいところです。私は明日から2泊で出張です。

一仕事終えてようやく今、かかりつけの眼科にてコンタクトレンズを入手してきました。
やはり一度慣れてしまうと眼鏡にはなかなか戻れません。
私の場合、慣れないために、肩は凝るし、視界は狭いし、手元はぶれるし、走れんし・・
ハードレンズで目が傷ついている方、私も以前そうでした。
レンズの手入れが億劫で面倒くさいという方、私がまさにそれなのです。
ワンデータイプのコンタクトレンズはいかがですか?ハードレンズのあの異物感がなくてお薦めですヨ!

3.jpg

以下は、http://acuvue.jnj.co.jp/index.htmより

<目の健康を支える4つの「C」>

■毎日取り換えるから、いつも清潔

長く使い続けるほど、蓄積するレンズの汚れ。汚れの蓄積は、目のトラブルの原因のひとつです。目の健康を考えた「ワンデー アキュビュー」なら、毎日、滅菌された新しいレンズなので、清潔さが違います。

■均一なレンズだから、視界はクリア

ひとつひとつを均一に仕上げた高品質なレンズで、視界はクリア。仕事に、ファッションに、スポーツに、自由な毎日を楽しめます。

■快適なつけ心地

新品レンズならではのみずみずしさと、目の呼吸に大切な酸素をたくさん通すことで瞳に心地よい装用感を実現しています。

■レンズケア不要だから、朝付けて夜捨てるだけ

めんどうなレンズケアもかさばるケア用品も、いっさい不要。万一なく しても、スペアがあるから慌てることはありません。

だそうです。

以上、弊社のお薦め新製品のご案内!?でした。(ショーダンです。私、ジョンソン社の回し者でもありませんので・・)

こんなことより今晩はJCの三役会、いよいよ来年度の年間事業計画の協議!です。
滞りなく無事に終了しますように・・。
次はどんな目玉事業が飛び出すか・・!?楽しみです。

古満目沖漁場解禁!

今朝から通常業務、午後には「経営力を高める」と題した会計セミナーにも参加してきました。30日夜に入港して“月末休み”をとっていた海幸丸ですが、本早朝には再び出漁、10月1日より解禁となった“古満目沖”という漁場にて、やはりヤリイカ狙いで操業中しております。週の半ばにかかるということもあって、今晩も夜中24:00過ぎの入港・荷揚げの予定です。漁場も変わればサイズや色も異なるヤリイカ、今年の古満目ヤリイカはどんなものか・・見ものです。古満目沖漁場の詳細は、下記のページをご参照くださいませ!

<海幸丸の主な操業ポイントと漁獲魚種> → http://www.uwakai.com/location.html

9月も残り2航海!

午前中に大阪市内の百貨店を数ヶ所見て回った後、新幹線&在来線で夕方に八幡浜に戻ってきました。今回の出張のおかげで、わずかながら読書も進みました。またついでに数冊買い込んでしまいましたが・・。海幸丸は本日夜22:00過ぎの入港、未明に出漁しまして、今後の入港は週末の金曜日、そして次の日曜日と、9月も残り2回の航海を残すのみとなりました。

空飛ぶ珍客Part??!?

配達業務等々・・で午後から松山を往復、夕方はご縁があって大阪よりお客様が来社されました。鮮魚流通や消費の話題等々、たくさんの貴重なお話をありがとうございました。夜はJCチームのソフトボールもありまして、今季2勝目を挙げました。最終戦も勝って今季こそ“勝ち越し”!といきたいものです。さて、操業中の海幸丸ですが、ジンベイザメ騒動から一夜明けて、恒例となりました今日の漁のオマケ!今回は何と・・

photo.jpg

特大の“海亀(うみがめ)”でした。

ジンベイザメの寿命が100年なら、こちらの寿命は桁外れ!
まさに「敬老の日」の主賓!ですね。

こちらは漁労長からメールで送ってもらった画像です。
ちょうど網から揚げたところか、空中を飛んでいる(落ちている?)上に裏面なのでよく分かりませんが・・
でも「鶴は千年、亀は万年」というくらいですから、まさに縁起もの!ですね。
海幸丸では昔から、網にかかった海亀は蒸して食べています・・・というのは冗談で、
豊漁を祈願して、お酒をかけて海へ返してやるのが慣わしとなっています。
今回も海へ返したようです。ジンベイザメともども、どうか長生きしてください。
この海亀にあやかって、豊漁!といきたいものです。

「敬老の日」の珍客!

070915_112535.jpg

今日は「敬老の日」で祝日、世間では3連休!ですが、八幡浜魚市場は今日から開市でした。引き続き出漁中だった海幸丸は、台風の影響で波の高さ3??4メートル!という時化の中の操業となりました。入港は昨晩の21:00過ぎ、今朝は5:00前から荷揚げを行い、箱と氷の積み込み後8:00過ぎに再度漁場へ向いました。先般の“人食いメジロザメ”から始まった今季の漁のオマケ、先日は特大の“クエ”も捕獲して、今度は何かな?と楽しみにしていましたら・・・。どうやら“本命”が当たった模様です。

070916_094017.jpg

何と“ジンベイザメ”(Whale Shark)でした。

昨日朝の網に揚がったようで、漁労長の目測ではありますが、全長10メートルに近かった様子です。
ベテラン乗組員に聞いても、このサイズのジンベイザメが揚がったことは初めて!のことだそうで、
早速、携帯のカメラで写真を撮って、送ってもらいました。
インターネットで調べてみたところ、ジンベイザメは「世界最大の魚類」!だそうで、
体長は5.5??11m(平均7.6m)で、体重は約7??10トンとのことです。

070916_094355.jpg

写真を見たところ、おそらく平均サイズか、やや大きめのものだと思われますが、それでもかなりの巨体!引き揚げるのにも相当苦労した様子です。
一時は捕獲、市場での販売も検討しましたが、前例もないため買い手が付かなかった場合のことを考えて海へ戻すことに・・。
幸い他の漁獲物を揚げた後に、生きたまま海へ返すことにも成功、まずは一安心でした。
一説では、ジンベイザメの寿命は100年から150年といわれ、長寿の動物の一つに数えられています。
まさに「敬老の日」を前にした珍事!でした。

宇和海で、特に自家用ボートで!優雅にアジ釣りやヤズ釣りを楽しまれている皆さま、
ジンベイザメの出没にはどうか十分にご注意くださいませ。

070916_093952.jpg

こちらは、NHK番組「男たちのトロール漁」で一躍スターの座に登りつめた川田さんとジンベイザメの2ショット!
40年近いトロール人生で、お互いに初めての出会い?だったようです。2人とも満面の笑み!?良かったですね!
宇和海でも今日は「敬老の日」でしょうか。ジンベイ君の歳は不明ですが、いつまでも長生きしてほしものです。
以上、「敬老の日」の珍客、“10m級ジンベイザメ”のキャッチ&リリース日記でした。

ヤリイカも成長してます!

9月初旬には、やや小さめだったヤリイカもこの2週間で少しずつ成長しています。今は平均サイズで15cm弱といったところでしょうか。今朝は、中一日の操業で1600箱!と質・量ともにまずまずではありましたが、残念ながら相場のほうは“今ひとつ”・・。台風の影響もあって沖はかなりの時化模様!ですが、今日は少し時間をとって11:00に出漁しました。次回は17日の入船を予定しております。

海幸丸漁場変更!

今朝は久しぶりに“朝帰り”でした。といいましても、私ではなくて海幸丸!です。4:50の入港で総数はヤリイカを中心に1600箱でした。ここ1週間揚がり続けたヤリイカですが、昨日の操業から漁獲量が減っているようです。台風の影響か潮流の変化か・・。次回はヤリイカの漁場からいったん移動、ポイントを変更して操業の予定です。次回の入港魚種は、トロールならではの丸魚も多いはず、皆さまご期待くださいませ!

深夜のヤリイカリレー!

やはり今日も連続入港記録を更新!でした。ヤリイカのサイズも、ここ一週間で日増しに大きくなっているように感じられます。9月の解禁とともに、弊社のお取引先には豊富な海の幸をお届けする予定でしたが、現在のヤリイカの漁場では、マダイやメッキが数箱水揚げされるのみ、海幸丸の水揚げ鮮魚では魚種のご要望にはお応えできない状況です。皆さま、この際是非ヤリイカの新メニュー、新製品の企画をよろしくお願いいたします。夜はJCの三役会を挟んでまた魚市場へ直行、深夜の“ヤリイカリレー”は今日も未明まで続きました。海幸丸は明日午前はいったん小休止、10:00に出漁予定です。

今日のおまけは・・

一昨日、昨日に引き続き、今夜も夜間入港(写真)でした。ヤリイカ漁も一定量がコンスタントに水揚げされれば、仕事もはかどるのですが、自然相手でなかなかそう上手くはいきません。本日の漁も時間帯によってかなりのバラツキがあって、最後は船内での選別作業と並行しながらの荷揚げとなりました。一昨日の漁のおまけは“人食いメジロザメ3匹”でしたが、昨晩のおまけはトロール漁ではまず揚がることのない“トビウオ”1匹でした。さて3日目の今日は・・!?

巨大な丸大棒(巨木)2本・・だった模様です。

トロール船は海底(水深約200m)を曳く漁ですが、時に考えられないものが網にかかります。
私の知る限りでも、ジョーズやマンボウ、海亀、海蛇(へび)等の生き物や、事典に出てくる化石類、
生物以外ではテレビ、冷蔵庫、洗濯機の三種の神器!?を皮切りにタンス、バイク、はたまた軽トラックまで・・!
誰がいつどこから捨てるのかは全く謎なのですが・・
戦後間もないころは、戦争中の機関銃や戦闘機の破片、不発弾!なども揚がって、よくマスコミも賑わせていたようです。
海の底は全く未知の世界・・!ではありますが、私たち人間が末永く資源を享受できるよう、きれいな海を守りたいものです。

まずはおたくの会社から・・!?はい、すみませんでした。海幸丸乗組員もゴミのポイ捨てには気をつけましょう!

海幸丸今季初水揚げ!

今日は海幸丸の初水揚げ!でした。昨晩「目覚めよ!後継者たち!」などという過激な題名!の熱いセミナーを聞いたせいか、午前3:00過ぎには文字通り“目覚めて”しまいました・・。その後、ピアノ・ソナタ「悲愴」と「月光」を聴きながら何度か睡眠を試みましたが結局失敗、そのまま吉田松陰先生とともに朝を迎えました。今朝の初入港は5:00過ぎ、総数はちょうど1000箱でした。

注目の魚種ですが、今季初水揚げ記念!に全て掲載しておきましょう!

<9月2日 海幸丸の魚種明細>

車エビ 1ケース
マダイ 8ケース
レンコダイ 20ケース
ハモ 1ケース
ホウボウ 20ケース
メッキ 5ケース
モンダイ 3ケース
アマタカレイ 4ケース
メイタカレイ 5ケース
スルメイカ 15ケース
立ヤリイカ 14ケース
バラヤリイカ 853ケース
マツイカ 7ケース
タコ 2ケース
水ブク 4ケース
水エソ 6ケース
ヒメチ 8ケース
白アナゴ 6ケース
ザツ(原材料の小魚) 23ケース

おまけに、

4m超級ジョーズ(特大メジロザメ) 3匹!

以上でした。

昨年と同じ、豊後水道の漁場(大島沖ではありません・・)ではあったのですが、やはり予想通り9割はバラヤリイカ!
その他の鮮魚がかなり少なく、魚種的には若干寂しい気もしますが、中1日の操業ですので今回はまずまずかと・・
ただし、ヤリイカのサイズはまだかなり小さいようですので、10月、11月に向けて、大きく成長してくれることを期待しています。
ジョーズ3匹ですが、獲物であるヤリイカの群れを追いかけているため、一緒に網にかかった模様です。
こちらは、これ以上大きくならないことを、また大切なヤリイカを食べ尽くしてしまわないことを、心より祈っております。

当面は解禁明け操業のため、いろんなポイントに投網して資源の状況を探るのが浜田漁労長の考えのようです。
海幸丸は荷揚げ後、すぐに出漁いたしました。

以上、今季初水揚げのリポートでした。

関係者の皆さま、今季もどうぞよろしくお願いいたします。

祈・航海安全と豊漁!!

海幸丸は予定通り17:30に出漁式、18:00に漁場に向けて出航しました。例年ですと初航海は鹿児島沖の操業となるため、午前の出航が通例でしたが、今回の目的地は豊後水道南沖、基地から近い漁場のため、夕方の出漁となりました。今年も関係者をはじめ、大勢の皆さまにお見送りをいただきました。どうもありがとうございました。初水揚げは早ければ明後日2日となる見込みです。今漁期もこれまでと変わらぬご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

今年も八幡浜からのトロールの出航は弊社の海幸丸1統2隻のみ、昨年に引き続き寂しい船出となりました。
今季もまずは昨年豊漁だったヤリイカ漁、そして年明けのアマギの漁に期待したいところです。
また、昨年末に起こってしまったアクシデントも教訓に、まずは安全操業、そして本船と陸の連携と協力のもと、
「一魚一会」をモットーに、力を合わせて漁獲魚種の付加価値向上に努めていきたいと思います。

最後に、海幸丸の網元鮮魚をご愛顧いただいている皆さま、休漁期中は品不足でご不便をおかけしておりました。
9月からは本船操業となりますので、目一杯、そして手一杯・・!お取引をいただきますよう、切にお願い申し上げます。
今季もご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

今漁期の航海安全と豊漁を祈ります!!

31日出漁式は17:30です!

午前中は月報の整理や出漁のための書類準備等々、31日の出漁まで、いよいよわずか2日を残すのみ!となりました。シーズンものの仕事のせいか、最近つくづく1年が早い・・と感じます。出漁したかと思いきや、年明けを挟んで春には“引きあがり”、そうこうするうちに来漁期到来!と・・。1年1年、綱渡り!?のような感覚ですが、こうして続けていけるのも支えていただく皆様方のおかげです。
海幸丸は30日に魚箱と氷の積み込み、翌31日は、17:30より会社前にて出漁式、18:00に出航の予定です。どうぞ今季もよろしくお願いいたします。

夜は“皆既月食ショー”を眺めながらソフトボールの後期リーグ3戦目!でした。
目の覚める特大アーチあり、ファインプレーありでかなり善戦しましたが、結果は“引き分け”でした。
また次も頑張りましょう!!

航海安全・大漁祈願

早朝6時より恒例の「航海安全・大漁祈願」に出発しました。目的地はいつもの四国カルスト、大野ヶ原竜王神社でした。船神様を祭る神社で、一面蓮の葉に埋め尽くされた池の中央には浮島、境内横には古い木船も祭られています。残念ながら神主様の祈祷は適いませんでしたが、お神酒を奉納して皆でお参り、今季の大漁と安全をお祈りしてきました。

その後は喫茶店にてパンとミルク、そしていつもの牧場でポニーとヤギを見学した後、八幡浜へ戻りました。
夜は、乗組員全員が再度集合して、そのまま「仕卸し宴会」でした。

皆さま、遅くまで・・お疲れ様でした。
ちゃんと家まで辿りつけたかどうか、少々心配ですが・・

どうか今季もご利益がありますように・・

海幸丸仕事始め!

週の初めの月曜日、日も良く海幸丸では“仕事始め”、会社は20日で月に一度の支払日!と何かと慌ただしい1日でした。こんな日に限って、案の定ちょっとしたトラブルも・・。改めて気を引き締め直したいものです。早朝から始まった炎天下の積み込み作業は昼過ぎには終了、乗組員は31日まで、しばしの休息に入って出漁を待ちます。

海幸丸試験航行!

土曜日ですが、5年に一度の定期検査の関係で海幸丸の試験走行(試運転)を行いました。1時間程度、船を走らせるだけの検査、せっかくの夏休みのため、子供連れで私も乗船!してきました。陸はかなりの気温ですが、今日の沖はべた凪、涼しい風も程よく吹いて気持ちよかったです。子供たちは魚を獲りに来たもの、と勘違いしていましたが・・

ついでに浜田漁労長の指導の下、操船も体験しました!
将来のために、早速、船員手帳でも作るとしましょうか。


海幸丸整備完了!

imagef_02.jpg

三連休だった八幡浜魚市場も今日から開市、合わせてトロール市も開店しました。お盆は祭りがあって人の出入りも多いため、魚が売れる!?はずですが、毎年この時期は、品揃え、入荷量ともに少なく、需要はあるけれど物がない・・実は魚屋さん泣かせの季節でもあります。市場も漁師さんたちもお盆休み!ですから、仕方がないといえばそれまでですが・・。やっぱり海幸丸の豊富な魚種が恋しくなってきました。9月1日の解禁まで、皆さまどうかしばらくお待ちくださいませ!海幸丸は今日、沖から・・いえ修理工場から!整備を終えて帰ってきました。明日には走行試験も実施する予定です

海幸丸出漁スケジュール

朝から海幸丸の出漁までのスケジュール確認等々。今年もいよいよ水揚げ目標を決める時期がやってきました。昨年はヤリイカのおかげで、解禁前の目標設定が功を奏した形となりましたが、果たして今季は・・。高止まりの燃料代の関係もあって設定が難しいところです。が、昨年に引き続き今季も作成する予定です。“必達”を目指して!!頑張りたいものです。下記が今季出漁までのスケジュールです。

8月17日(金) ドック(船体修理)完了
8月20日(月) 7:00?? 仕事始め(漁具積み込み)
8月25日(土) 6:00?? 航海安全・大漁祈願(大野ヶ原・竜王神社)
8月25日(土) 18:30?? 仕卸し宴会
8月30日(木) 7:30?? 魚箱・氷の積み込み
8月31日(金) 17:30?? 出漁式・出港

消えた海幸丸!?

会社前(市内向灘)から突然姿を消した第15・16海幸丸。巷では“密漁に出ている”!?との情報も流れていますが、決して沖には出ておりませんのでお許しを・・。只今、こんな感じ(上)で整備・点検途中でして、お盆前には完了、向灘に戻ってくる予定です。漁具の積み込み作業は20日(月)、安全・大漁祈願、仕卸会が25日(土)、出漁は31日(金)午後の予定です。

海幸丸本日ドックイン!

DSC02638.jpg

海幸丸は今朝、地元の造船所に入りました。これから約1週間かけて船体の最終整備を行い、8月31日の出漁に備えます。例年ですと初航海は鹿児島沖!のため、朝に出漁して漁場に移動、24:00の解禁を待つのが恒例でした。が、昨年のヤリイカ漁の関係で、今季の初航海は豊後水道南沖にて操業予定です。そのため、今回は漁場までの航行時間が短いため、夕方に出漁する見込みです。今後のスケジュールが決まり次第、またご報告させていただきます!

62回目の「原爆の日」でした。毎年、特にこの日から「終戦記念日」までは、日本国にとっては、つらいつらい鎮魂の日々が続きます。今年は閣僚の「しょうがない」発言もあって、各報道番組でも関連ニュースが詳細に取り上げられています。たしかにいろんな意見や考えのある難しい問題、ではありますが、個人的には大量の非戦闘員(民間人)を対象として利用された兵器だったという点で、「原爆反対→核反対→戦争反対」というような簡単な図式で捉えるべき問題ではないのではないか、と思っています。そういう意味では、戦争後の国際情勢も見据えた米国の戦略の犠牲になってしまった側面が大いにあるように感じます。当の米国では、より多くの犠牲を回避するためには致し方なかった・・というような、原爆使用に対する肯定的な教育や世論が大勢を占めるようですが、こうした見解、認識には国を挙げて抗議すべきではないか、と思います。
すみません。またまた長くなりそうなのでこの辺りで失礼します。意見は様々でしょうが、これまでの戦争の犠牲の上に今日がある、という気持ちは常に持っておくべきだと、自分は思っています。昨今は昭和史や近現代史ブーム?だそうで、現代に一番身近に連なる歴史だけに、個人的にも興味の尽きない分野です。もっと学習しなければ・・と毎年この季節になると感じています。また古い本でも漁ってみるとしましょうか。以上、とりとめもない?(分け分からん!?)「海幸丸日誌」でした。

今日の釣果は・・

休漁期中の海幸丸、漁労長以下乗組員は9月からのトロール解禁に向けて、陸での準備を進めています。が、やはり漁師の血が騒ぐのか、仕事の合間に会社前の桟橋付近で、かごや網を仕掛けては、いろんな魚を捕獲しています。よく獲れるのは、アナゴを筆頭にタコ、キス、ベラといったところでしょうか。毎夕、海幸丸本船から桟橋にかけて仕掛けを準備して、翌朝揚げるのが近ごろの日課?となっているようです。さて本日の釣果は・・

DSC02615.jpg

中サイズのアジ2匹とベラが1匹、大きなカニが1匹のみ・・でした。お疲れ様でした。
水揚げ金額は占めて300円??400円!といったところでしょうか。
さすがの海幸丸も今回ばかりは“豊漁”とはいかなかったようです。
漁具費用の投資回収が出来る日はいつになることやら・・
くれぐれもトロール解禁前に“漁の運”を使いきってしまいませんように・・

漁具修繕スタート!

今日から、本格的に来漁期に向けた漁具の修繕も始まりました。こちらは資材を置いている保内町川之石の工場で奮闘中の漁労長です。明日には長崎にて修繕していた機関部品も入荷予定となっています。9月1日の来漁期スタートに向けて、準備万端!といきたいものです。

今日の夜は、8月12日に行われる八幡浜の夏祭り“テヤテヤウェーブ”の準備会が行われました。「設営」や「踊り」、「イベント」、「警備」といった担当ごとに分科会が設けられていて、本年はいろんな巡り会わせで私が一つの分科会の座長!を任されることになりました。何分経験も浅く、祭りの企画段階から役付きスタッフとして参画するのは初めてのことで、分科会の司会進行等にも四苦八苦の状況!!です。経験豊かな部会長、副部会長、そして先輩スタッフの皆様方に支えられながらの運営となります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

船内食堂リニューアル!?

平成元年進水の第15・16海幸丸、来漁期で何と20年目!を迎えます。人間なら二十歳(はたち)といえば若々しい「成人式」ですが、トロール船の場合はかなりの高齢です。そのため台所などにもずいぶん痛みが出ている様子で、今朝はその修繕のために建築屋さんと打合せもしていました。食堂のテーブルに鉄板焼きを常設してほしい!はたまたビールサーバーを置け!などなど、乗組員からのとんでもない要望もありましたが、交渉前にしてすぐさま却下!!あくまで修繕ですので・・。食堂リニューアルオープンの暁には、またレポートいたしましょう!

海幸丸、本年は定期検査

今年の休漁期は、登録許可(漁業権)の“一斉更新”や“定期検査”で何かと慌ただしい上に、かなり出費もかさむ年回りとなりそうです。今日もエンジンメーカーの技術者や機関長、漁労長らを交えて朝から打合せ、来週には機関部位の点検修理のため、かなり重い部品を長崎県の諫早!?にまでトラック輸送する予定となりました。車と同じく船でもエンジンまわりは最重要部でして、ちょっとした部品でも桁を見まちがえるほど?の価格なのです。元来メカに弱い私などには、何でこんなものが・・!という感覚です。本当に。何はともあれ、休漁期・漁期中を問わず、故障前に対応可能なチェックはぬかりなく行いたいものです。

金曜はバーべキュー!?

来季への出漁準備を開始した海幸丸、乗組員のうち約半分にあたる8名が準備作業を進めています。漁期中、沖ではもちろん昼夜を問わず不規則な勤務形態ですが、休漁期の陸での仕事は漁師といえども定時勤務。しかも毎週金曜は倉庫の下でバーベキュー!という何ともお気楽な職場と化しているようです。今日も定時のずいぶん前から!手分けして肉の買出しやら、自ら獲った魚の用意などなど、準備に一寸の余念もありません。こういう時の段取りとチームワーク、スピードだけは、まさに天下一品です。出漁準備ももこのくらい計画的に進めてくれれば何の問題もないのですが・・。困ったものです。漁労長!よろしくお願いします。

海幸丸来漁期へ向け始動!

今週から海幸丸では、本格的に来漁期に向けて準備をスタートしました。まずはこれまで使ってきた漁具の後片付けや資材置き場の整理から。その後船体の整備・修繕や漁具の準備をして、8月のドックインに備えます。沖合トロール漁業は、国(農林水産大臣)の許可漁業です。特に今年は5年に一度の“許可一斉更新”の年にあたるため、検査や船舶工事、申請書類等の準備が例年以上に増える見込みです。段取り良く進めて来漁期に備えたいものです。

海幸丸曳きあがり

海幸丸は予定通り4:00の入港でした。昨日朝、網の巻き取り機械の一部が故障、結局万全の操業はできず、総数は原材料を中心に1200のみでした。“終わり良ければ・・”とはいかなかった模様です。本航海を最後に“曳きあがり”となるため、船は漁労長指揮のもと昼前まで漁具の後始末、事務所では5月半月の乗組員の給与計算でした。また今朝は、新居浜から取引先のご一行様が八幡浜に来られ、水揚げ鮮魚やセリもご案内させていただきました。同時に、7月放映予定のNHK番組の取材グループも乗組員への最終取材!と全てが重なる慌ただしい“曳きあがり”となりました。

昨年9月1日からスタートした今季のトロール漁ですが、八幡浜の中トロ漁始まって以来、1社(1統2隻)のみの寂しい出漁となりました。これを話すと皆さん驚かれますが、全盛期の昭和30年前後には、27統54隻ものトロール船が操業していた時代もありました。それが今や通年操業は当社の海幸丸のみ、以前ですと毎朝、何れかのトロール船が魚市場に入港していましたが、今では海幸丸の入船がなければトロールの入港はゼロ、(当たり前ですが・・)これまで、“豊富な魚種”が強みであった八幡浜魚市場にとってもトロール漁の低迷は大きな痛手と思われます。
海幸丸漁労長にとっても、一統のみの操業では広い漁場での漁獲情報が一切入手できないため、ヤリイカやアマギ、コウイカといった主要魚種の各ポイントに実際に投網するまで魚の出来具合(漁模様)が分からない、手探りの状態が続いたようです。幸い今季は9月、10月に15年ぶりにヤリイカの豊漁が続き、例年、“不漁”と“魚価安”に悩まされる秋(9月、10月)を無事に乗り切ることができました。ヤリイカが獲れなくなった年明けからはアマギ漁にうまくつながって、操業の面では、ほぼ順調に今季を終了することができました。
会社としては、原油高騰の影響で、A重油をはじめ関連の漁労資材費等も軒並みコスト増!となったために、めったにない?収益をそっくり吸収される形となりましたが・・!ただ漁が順調に行っただけでも、“海の神様”に感謝しなければ・・と思っています。何はともあれ今季も無事に終了、これもひとえに市場をはじめとした関係者の皆様方のご支援のお陰です。どうもありがとうございました。
これから3ヶ月は、漁模様の話題も一休み!というわけで、漁以外の仕事も紹介してみたいと思います。近日中に、漁師や漁業者の獲った魚の販売を一手に引き受ける“魚市場のセリ人”をご紹介いたします!どうぞお楽しみに!

魔の季節到来!?

今漁期も本日(5月15日24:00)をもってとうとう終了です。沖合底曳網漁業(トロール漁業)の漁期は、毎年9月1日から5月15日までの実質8ヶ月間です。会社的には、主な売上を構成する“漁業”ができる期間は、1年間のうち3分の2のみ、残りの3ヵ月半は、船体の修理や来季に向けた漁具の準備に充てられます。普通の会社の感覚ですと、8ヶ月で1年分の売上を確保する?という感じでしょうか。禁漁期間の夏は、漁業のまとまった売上がない!にもかかわらず、支出は休みなく続けられる・・・中トロ会社にとってはまさに魔の季節の到来!?です。このブログを通じて禁漁期間の仕事風景もレポートいたしましょう!

海幸丸今季最終航海へ

海幸丸は予定通り今朝4:00に入港、白ムツ、ニギス、エソ等の原材料を中心に総数は1800箱でした。今日は第2日曜日、“八幡浜海鮮朝市”の日でもありました。現在八幡浜では、魚市場を中心に大規模な港湾整備を計画、実施していて、その関係でこれまで続けてきた“八幡浜海鮮朝市”も、年末には一時中断することも検討されているようです。しかしながら朝市に来られるお客様には市外からの来街者も多いはず、イベント定着のためにも、関係者には形はどうあれ、何とか継続できる方向性も模索していただきたいものです。
海幸丸は荷揚げ後、時間をとって夕方18:00に出漁、今季最後の航海へ向かいました。様々な変化やアクシデントもあった今季ですが、“終わりよければ全て良し”!?最後まで気を引き締めていきたいところです。今季最終入港(引きあがり)は16日(水)を予定しております。

高知沖試験操業初航海

今朝は5:00前より荷揚げ開始、結局総数はちょうど1800箱でした。量はまずまずですが、ニギスや白ムツといった原材料が中心のためケース単価はそれほど良くないのですが・・。ただ高知沖漁場の明るい兆しとして、例年に増してアカムツが若干増えている様子です。今朝は木箱とスチロール箱合わせて約90あまり。相場の良い高級魚の水揚げとしては上出来です。全国的な“ノドグロ(アカムツ)ブーム”で需要も高まっている魚種だけに、下関ともども今後の漁模様に期待しています。海幸丸は時化の影響で本日昼間は小休止、19:00に2度目の試験操業へ向けて出漁しました。写真は今朝の白ムツ500箱のセリ風景です。

打合せ短縮化のポイント!?

海幸丸は予定通り今朝10:00に高知沖へ向けて出漁しました。明日3日のみ八幡浜は開市で、4日、5日は連休、そのため次は6日の入港予定です。漁場までの航行時間が長いため、高知沖漁場の場合は、通常“中3日”の航海となります。主な魚種は、丸魚ではマダイ、チダイ、レンコダイ等のタイ類、カマスやハモ等の焼き魚、アマダイやイトヨリ、アカムツ等の高級魚も豊富です。原材料関連では、ゼンゴ(小アジ)白ムツ、ニギス等が中心となります。天候にもかなり左右される漁場ですが、5月15日までの間、順調に行けば4回の航海を予定しています。

昨晩、NHKで“仕事の流儀”という番組を見ていました。
とある著名建築家(お名前忘れました、すみません)の仕事術で、ついメモしましたのでご紹介します。
仕事上の打合せや会合を短縮化するために、その方が実践されている3つのポイントとは・・

1.今決める
2.相手に任せる
3.今度考える

だそうです。

つまり、話合いにおいて、大小に限らず議論の“テーマ”を上の3つに分類していくことが、その日の打合せを短縮化するポイントなのだそうです。
短い会合が全て良いのか、という話題は別ですが、なかなか面白いポイントではないでしょうか。
いろんな会合で、長い時間をかけてあれこれは議論したものの、結局何も決まっていなかった・・というのは誰しも経験のあることではないでしょうか。
打合せの途中で、ついつい目的やテーマとかけ離れた方向に議論が進み、時間ばかりが過ぎてしまうことはよくあることです。
多忙な経営者やビジネスマンの皆様、是非試してみてはいかがでしょうか?
私も肝に銘じたいと思います。残念ながら、私の場合さほど忙しくはないのですが・・!

身近な地方新聞!?

海幸丸は早朝4:00の入港でした。今回の漁模様は芳しくなく、中3日の操業で1000箱がやっと!連休中の蒲鉾製造もピークを過ぎたようで、今朝は丸魚、原材料ともに相場は低調気味でした。今朝の八幡浜、朝はかなりの豪雨でしたが昼前には一転快晴へ。日中の気温はかなり上昇しました。夕方は明後日の“朝霧湖マラソン”に向けて少しだけジョギング、夜はJC三役会に出席しました。海幸丸は明日10:00に出漁、2週間の高知沖試験操業に入る予定です。

明後日5月3日は、日本国にとって憲法施行60年という節目の年です。この日を前に、新聞紙上でも憲法関連の特集記事を目にすることが多くなりました。特に先日衆議院で可決された“国民投票法案”以来、マスコミの議論も一斉に活発化、各新聞社の紙面の論調も様々です。で、今日は普段感じていることを少しばかり。
私たちが日ごろ目にする機会の多いテレビや新聞といったマスコミは、“客観的な立場で事実を伝えること”が使命であるのは、建前としては当然です。が、憲法であれ外交、その他の問題であれ、どうしてもマスコミ各社の主義や主張には独自の“色”が出てきます。そもそも新聞社やテレビ局の設立経緯やバックボーンも様々ですから、当然“主張”が十人(十社?)十色なのもうなずけます。そのこと自体が問題だとは全く思いません。特に有力全国紙の場合などは、“主義・主張”も、良い悪いは別にして“棲み分け”されていて、その“論調の色”はある程度、公にも認知されています。ちょうど大手家電メーカーや自動車メーカーの製品ポジショニング・マップのようなイメージ?でしょうか。ですから、読者は自らの意思で判断して新聞を選び、それらの色を考慮した読み方をすればいいわけです。
が、こと地方新聞となるといかがなものでしょうか?地方においては、有力全国紙よりも地方紙のほうが圧倒的に発行部数は多いのが現状です。読者の年齢層もお年寄りから子供まで幅広いでしょうし、一般的に目に触れる機会も多く、私たちにとっては一番身近な新聞!でもあるわけです。もちろん地方新聞を購読する場合(全国紙は別)は、選択肢はほぼないに等しいため、全国紙のような“新聞の色”を考慮した読まれ方はあまりされない、といってもいいのではないでしょうか。何が言いたいかといいますと、“身近な新聞を標榜し、実際にそうであるからこそ、世論に忠実、つまり客観的でニュートラルな立場をもっと大切にすべきでないか”と思うのです。
例えば今回の、世論を二分するようなテーマでもある憲法を例にとれば、一方の主義主張のみをむやみに強調するのは慎むべきです。今朝の某地方紙がまさにそうなのですが、明らかに世論を一つの方向に誘導しようとする記事や見出しが多すぎるのです。(この新聞の場合、今朝に限ったことでないのがとても深刻なのですが!)特集記事に必ず登場するいわゆる“識者”と呼ばれる方も、いつも決まった主張を持つ方ばかりです。また、明らかに少数派であるはずの思想を喧伝する集会やデモを再三にわたって大きく取り上げ、あたかもその組織や運動が、世論の大勢を占めるかのような見出しをつける記事も一度や二度ではありません。逆に反対意見を持つ会合は、いくら規模が大きくとも取り上げられることは稀です。加えて、“読者の声”(広場?)の投書欄には同じような意見が毎回のように掲載されて、社の主張PRを全面的に後押しして(させて?)います。
新聞社として主義・主張を持つこと自体には、全く異論はありません。ただし、新聞社としての主張は、きちんとコラムなり社説なりで展開すればいいわけで、客観性、公明性を持たせるべき記事とははっきりと区別すべきです。ましてや“読者の広場”まで利用(乱用?)して、全紙面を使って世論を導こうとする姿勢はどう考えても行き過ぎではないかと思うのです。新聞社の内部で最終的にどのような記事のチェック機能を持っているかは知りません。ただ、地方の有力新聞は、まだ自らの考えが定まっていない純粋な学生、若者も手に取る唯一の身近な新聞だけに、公平性、客観性をもった紙面づくりをしてほしいものです。

と、ここまで、好き勝手なことばかり書いて、ふと昨日からかなりの“睡眠不足”だということに気付きました。明日は通常業務、明後日はいよいよマラソン大会です。今日はアルコール控えめに、早めに休むことにします。お休みなさいませ!

潮干狩りへ

振替休日ですが、魚市場は開いているため会社もほぼ通常業務です。海幸丸は4月の最終航海、昨日宮崎沖から豊後水道南沖へ漁場変更して操業中です。入港は明日、いったん月末休みをとって5月2日に再び出漁、次々回の入港は連休明けの6日を予定しています。昼にちょっと思い立って、近くの海岸に“潮干狩り”に出かけてみました。大きなアサリの大漁を目指して自宅から車で15分、はたして結果は・・!

シジミかと見間違えるくらいの!?アサリが少々・・。後は私のつまみとなるニナが少し。残念、大漁とはいきませんでした。
4??5人程度の家族がようやく1人前づつ食べられるくらいでしょうか。
天候はまずまずだったのですが、時間に余裕もなく、風も強くなってきたため、早々に引き上げて帰ってきました。

夕方は、先日子供たちが庭で捕まえた“イモリ”を近くの川へ逃がしにいきました。
ヤモリは時々出没しますが、淡水に住むはずの“イモリ”(腹部の赤いもの)は珍しいため、金魚鉢に入れてしばらく鑑賞しておりました。
が、餌もなくこのままでは“かわいそう”ということで親元へ帰してやることに。
いざ逃がす段になって、“自分が逃がす”と、兄弟で金魚鉢の取り合いが始まりまして・・両者譲らないため、結局2人で金魚鉢を運んで、2人で鉢をもって同時に逃がすことに。私はもちろん号令と写真撮影の係です。何かの式典の鯉の放流のようなおかしな映像でした。全くやれやれです。イモリちゃんが無事親元へたどり着きますように・・


いよいよ漁期も大詰め!

いよいよ今季のトロール漁も大詰めです。一般的な沖合底曳網漁業(トロール漁業)の漁期は、4月30日までですが、関係県との協定の中で、5月は半月の試験操業のみ許可されています。ただし漁場は“高知沖”のみ。そのため海幸丸では、毎年5月15日をもって1年の漁期終了(引きあがり)となります。今回は明日27日入港後、今月の最終航海を経て“月末休み”、その後5月の試験操業に入る見込みです。

目標に一歩でも・・

海幸丸は少し早めで4:00入港でした。総数は1300箱、アマギが若干少なめで原材料が中心ではありましたが・・。4月も下旬、毎年この5月の連休前には、蒲鉾(かまぼこ)の土産物需要が高まるためか、原材料価格が若干上向きます。今朝も原材料、特にエソ(水エソ、ヒレナガ等)の相場は、この時期にしては“まずまず”でした。海幸丸の4月目標ですが、前半の凪と不調続きもあって、かなり厳しい見込みです。少しでも目標に近づくように、頑張ってほしいところです。次回は水曜か木曜の入港を予定しています。
明日から2泊で出張、運動不足解消のため夕方はスポーツセンターへ行きました。5月3日に迫った“朝霧湖10kロードレース”!まずは完走を目指して頑張ります。

海幸丸22:00入港!

昨日に引き続き、人気No.1の新商品?”メヒカリ一夜干し”の製造を手伝っておりました。先日のライオンズクラブの売り出し以来、県外会員の皆様から、メヒカリのご注文とお問い合わせをいただいております。まことにありがとうございます。夕方からはまたまた!JC関連で訪問一件、夜は委員会にも出席しました。豊後水道南沖で操業中の海幸丸は、天候の影響もあって22:00入港、久しぶりに夜間の荷揚げを行いました。荷揚げ後はすぐに出漁、次回は漁場を変更して、宮崎沖にて操業予定です。

久しぶりの鹿児島沖操業

海幸丸は4:00入港、今回は中3日の鹿児島沖操業でした。主な漁獲魚種はメッキ(カイワリ)で木箱に500箱、他はマダイやアマギ、フカ等で総数1500箱でした。早くも4月ということで相場は安いのですが、今回は久しぶりに漁が順調でまずまずの航海でした。海幸丸は明日まで月の“中休み”、17日10:00に八幡浜を出港の予定です。写真はメッキ500箱のセリ風景です。

立場変われば・・

豊後水道で操業中の海幸丸は明日早朝に入港します。今回も前回に引き続き芳しくない漁模様のようです。全国的に好天続きのため魚の入荷量も多い様子で丸魚、原魚ともに相場もガタガタ!皆様、魚を買って食べるなら“今”がお得です。消費する側としては値段が安いのは喜ばしいことですが、獲る立場としては喜んでばかりもいられません。明日の入港までに、何とか唯一相場の高いアマギの数が増えればなぁ・・と願っています。

諏訪崎(すわざき)の桜

海幸丸は予定通り今朝10:00に出漁、今漁期最後の4月操業に入りました。今年の3月は例年に比べて時化が多く、漁も天候に左右されることが多い月でした。漁模様は芳しくなかったのですが、相場に助けられた航海も数回あって、ギリギリのところで月の目標もクリアできました。通常のトロール漁の漁期は4月末で終了ですが、5月は半月だけ高知沖の試験操業に出るため、今季も5月15日で“引き上がり”となります。

近くに諏訪崎という桜の名所がありまして、今日行ってみました。紅葉も良いのですが“春の山”もいい感じです。今日は土曜ということもあって花見客で駐車場もいっぱいでした。子供たちがテレビで“遠山の金さん”を見たらしく、肩の“桜吹雪”に夢中です。今日も桜の樹の下で長らく花びら集め、結局帰りの車の中で散々撒き散らしてくれました。

ザ・定盤

title_teiban.jpg

午前中は書店で用事を済ませて、昼は取引先を一件訪問、15:45の便で松山へ戻りました。昨日入港、荷揚げ後はすぐに出漁していた海幸丸ですが、アマギを中心に約400箱の水揚げがあり、天候の関係もあって連日入港となりました。今朝の水揚げで3月操業も終了、月末の給料休みに入ります。出漁は明日31日の10:00の予定です。今季のトロール漁も残すところ1月少々・・、最後まで気を引き締めていきたいものです。

今回も寄ってきたのですが、銀座4丁目の山野楽器店に“ザ・定盤”というシリーズがあります。ロック、ポップス、ジャズ等々、ジャンルを問わず、同店がお薦めする名盤セレクションだそうで、特に同じ曲でも星の数ほど演奏のあるクラシックCDの選択には重宝しています。通の方には受けないかもしれませんが、自分のような初心者には、ハズシがないため結構役に立っています。また数点購入してきましたので、またおってご紹介させていただきます。

海幸丸時化のため一時帰港

DSC0163.jpg

豊後水道南沖で操業中の海幸丸、本来なら明日早朝の入港予定でしたが、今日の宇和海は大時化で波の高さも4m!時化にはまずまず強いトロール船もさすがに操業続行不可能!というわけで今日の正午過ぎにやむを得ず八幡浜へ帰港しました。乗組員はしばしの休息、明日の朝4:30に集合して、5:00より漁獲物約1100箱の荷揚げを行う予定です。写真は帰港接岸する海幸丸です。

私事で恐縮ですが、今日は私の三十?回目の誕生日でした。全国からたくさんのお祝いメール、そして数々の花束、本当にありがとうございました。
エイプリルフールにはまだ早かったですね。またまた冗談でした!!
誰も覚えてはいないでしょうし、この年になればかえって覚えてくれていないほうが好都合かなと・・?
おめでとう!自分!
というわけで、こちらは唯一、作ってもらった大好物の生クリームのケーキとワインです。
明日は早起きして魚市場、そして6:00過ぎには姫路へ出発です。
ケーキとワインでもいただいて、早めに休みます!

本日”彼岸入り”

明日19日(月)に入港予定の海幸丸でしたが、時化の関係で高知沖・宮崎沖の操業ができず、急きょ今朝早朝に入港となりました。結局いつもの豊後水道沖の中1日操業で、総数は550箱。まとまった魚種は、マダイ、アマギ、コウイカ、ヤリイカ、メッキ等々でした。漁は芳しくありませんが、時化続きのため全体的に相場は良好で、またまた相場に助けられた航海でした。次回入船は21日(水)の予定です。上は、買い物途中に川で遊ぶ長男。

今日18日は“彼岸入り”ということで、午後からは家族でお墓参りにも行きました。我が家の墓は自宅裏の権現山にありますが、ここからも八幡浜が一望できてなかなか良い眺めです。ちなみに上はまじめにお墓掃除に勤しむ子供たち。対岸に見える白い屋根の施設は、移転して2年目の仮設八幡浜魚市場です。
胸骨炎症?の痛みも少しずつ回復しているため、夕方には実に2週間ぶりにジョギングを再開しました。今日は時間もあったため保内一周コース(10k)でした。ここのところ出張や夜の会合、寒さを理由にサボっていましたので、結構きつく感じました。でも汗をかいた後のビールはまた格別でした。暇を見つけては続けていかなければ・・!
たった今“N響アワー”を見ておりました。先々週のマーラー4番、先週のブラームス4番などなど、大好きな名曲目白押しです。やはり映像ですと、CDにはない迫力と楽しさがあります。目と耳両方で楽しめるという感じで・・。今日のテーマは“ベストソリスト2006”。ちょうど最近じっくりと聴きはじめたモーツァルトのピアノ20番、ブラームスのバイオリンなども演っていました。圧巻はベスト1のベートーヴェンのバイオリン協奏曲、庄司さんですか?すごい迫力でしたねー。BOSS先生、いかがなものでしょうか?
明日は、何と長男の幼稚園の卒園式!ということは当然4月からは小学校入学!?時が経つのは本当に早いものです。では、また今日も寝不足ですので、本でも眺めながら早めに休みます。お休みなさいませ。

鱧(ハモ)150箱!

DSC02469.jpg

海幸丸は今朝6:00に入港しました。先航海に引き続き漁も不調気味で、やや遅れての入港でした。水揚総数は800箱あまり、今回は珍しく宮崎沖でハモ150箱の漁獲がありました。ハモ(鱧)といえば食の旬は夏、ですが、この時季もそこそこ売れ行きが良いようで、まずまずの相場でした。ここ最近続いていた時化の影響か、全般的には原材料の相場が良好で、またまた漁の不調を相場に助けられた格好の航海でした。水揚げ後は11:00に出漁、今回は久しぶりに高知沖漁場での操業となります。上は今朝のハモのセリ風景。

相場に助けられ・・

朝6:00に海幸丸入港。このところ時化のため入荷量が少なかっただけに、量に期待していたのですが今回は不調ぎみで総数900箱程度でした。それでも丸魚を中心に価格は概ね良好で、相場に助けられた形の航海となりました。今朝は八幡浜商店街の“八日市”にも出店、午後からはインターネットを見ていただいた東京のレストラン経営者がはるばる来浜、打合せも兼ねて食事を共にしました。その後はJC三役会にも出席しました。“ネット万能!?”の時代ではありますが、こんな世の中こそフェイスツーフェイスの信頼関係の大切さを改めて感じさせられた1日でした。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

啓蟄(けいちつ)

昨日に引き続き、今日の四国地方もかなりの冷え込みでした。全国的にも魚が切れていて、こんな時こそ時化に強い八幡浜の中トロ船の出番!のはずなのですが、どうやら海幸丸の漁模様は“今一つ”のようです。時化の影響で相場は上々!のはずなのですが・・。残念でした。明日早朝には入港、一度仕切りなおしの予定です。

暦の上では昨日が“啓蟄(けいちつ)”。いよいよ冬眠中の生き物が地上に這い出てくる時季!とのことです。実は私、“蛇行系”の生き物が大の苦手で困っています。中でも私にとって絶対的な“NGナンバー1”が蛇(ヘビ)、続いて百足(ムカデ)です。田舎物のくせに、と思われるでしょうがだめなものはだめなのです。特に蛇は・・。動きはもちろん意味もなく時々出す舌、そしてあの皮(ウロコ?)の模様!・・見ただけで卒倒ものです。蛇には申し訳ないですが、全くいただけません。
八幡浜、特に私の住む地域は山も海も近いせいか、マムシ(ハメ)も多いのです。今年は何匹に遭遇することやら・・。というわけで、せっかく日課になっているジョギングコースの権現山も夏季だけはコース変更の予定です。ちなみに同じ“蛇行系”生物でも、穴子(アナゴ)や鰻(ウナギ)、ハモはもちろんどれもOK!獲るのも見るのも食べるのも大好き!です。人間は何と勝手な生き物でしょうか。念のために付け加えておきます。それでは、お休みなさいませ。

シズとクラゲ

image_02.jpg

かなりの時化の中ですが、海幸丸は予程どおり10:00に出漁しました。次回は木曜前後の入港予定です。今日も一日、モールの出店準備や出張の準備等をしていました。夜はかなり久しぶりにソフトボールの練習にも参加しました。普段の守備はキャッチャーですが、今日は練習のためサードにも入りまして、現八幡浜高校野球部コーチの“特別ノック”も受けました。どうもありがとうございました。また鍛えてくださいませ!

アマギが全国的に豊漁のようです。下関を拠点に東シナ海で操業する当社の“仁洋丸”でも、多く獲れていまして、今日は中5日の漁で1000箱あまり。“大乗り”する分、相場は安くなりますが・・。ちなみに下関では、シズ(シス)と読んでいますが、関東ではエボダイ(イボダイ)、八幡浜ではなぜかアマギ、時々バケラとも呼ばれます。魚の呼び名は面白いものです。この魚の生態ですが、クラゲと関係があるらしく、漁獲量はクラゲの発生量?にも比例するそうです。こちらは是非専門家の方に聞いてみたい分野です。

ちなみに下関のトロール漁業は、八幡浜ほどは廃れておりませんで、全体で12統24隻の船が操業中です。当社が所有するのはそのうち第11・12仁洋丸と第21・22仁洋丸という4隻です。こちら漁法はもちろん同じトロールですが、操業海域や航海日数、漁獲物の形状等も八幡浜とは幾分異なります。詳しくは、現地に行った折にご報告させていただきます。上の写真が“仁洋丸”(75トン)。こちらの海幸丸とは違って、操業海域は東シナ海の国境にも近いため、船体にも“日の丸”が見えます。是非こちらも応援よろしくお願いいたします!

時化のため中休み

海幸丸は早朝4:30に入港しました。4:00過ぎに市場へ出ましたが、普段と違ってかなり生暖かく、全国的に日中の気温もかなり上昇したようです。漁模様ですが、アマギ300、ヤリイカ350、コウイカ60、マダイ30、メッキ(カイワリ)60が主な魚種で、総数は1100箱あまりでした。中2日の漁でしたが、アマギの乗り具合が若干悪かったようです。本来ならば、すぐに出漁するところですが、“春二番”が吹いたようで!?強風高波警報も出ていて、沖はかなりの時化模様。というわけでこの時化の間で、月の“中休み”をとることにしました。休みが早い分、3月の後半戦がとても苦しくなりますが、休み明けから気合を入れて乗り切ってほしいものです。海幸丸は明日10:00に出漁します。

出漁出遅れ16:30

10:00出航予定の海幸丸でしたが、15海幸丸の機関部故障で出漁が大幅に遅れました。結局昼も過ぎてしまい16:30に無事出航。最近、月初めの出漁時の機関故障が続いていて困ったものです。私のほうは、午前中JC関連でお手伝い、出航後、夕方は久しぶりに山走りにも出かけました。重い体に力強い曲を、ということで、今日はモントゥー指揮シカゴ響のフランク交響曲「ニ短調」を聴きながら走りました。(今回は軍歌ではありません)上は家のベランダから海幸丸出漁を見送る晋作君!

久しぶりのヤリイカ漁!

海幸丸は4:00に入港、またまた3:00起床のため少しの仮眠をとっての出動となりました。今回は久しぶりのヤリイカ漁でした。この時期になると産卵期を終えるため、ずいぶんスリムな体形のヤリイカとなります。今回はヤリイカ800を含む総数1200箱の水揚げでした。荷揚げ終了後、海幸丸は“給料休み”。私のほうは、午前中は地元造船所で省エネ事業の打合せ、午後からは謎の営業活動?(変な仕事ではありません)で広見町(現鬼北町)へ、夜は青年会議所の委員会に出席しました。なかなか長くて濃い1日(2日か?)でした。

アマギが豊漁!

朝4:00に海幸丸入港ということで3:00に起床。今回はまずまずの豊漁でした。漁獲の中心はエボダイ(アマギ)で、約1000箱、荷揚げのために早朝から程よいトレーニングをさせていただきました。残りはヤリイカ150、スルメイカ(マツイカ)80、アカムツ20、アカエイ30、エソ・ザツ類が100ほどで総数1700箱あまりの水揚げでした。今回のアマギですが、サイズが比較的大きなものが多く、入荷量の割には安定した価格が保たれました。昼過ぎからは松山の加工会社へ一件配達、夕方には八幡浜へ戻りました。海幸丸は朝10:00に出漁、次回は早ければ金曜の入港予定です。写真は、いつもの権現山からみた宇和海。

白ムツ450箱!

海幸丸は予定通り今朝の4:00に入港。今回は久しぶりの高知沖操業でした。水揚総数は1300箱あまりで、白ムツ、ニギスといった原材料を中心に、チダイ、エボダイ、ハモ、マトウダイ、メンタイといった高知沖の丸魚も少しずつ水揚げされました。水揚げ後はすぐに出漁、次回は21日(水)の入港を予定しています。

今回の高知沖操業ですが、漁獲量No.1は“白ムツ”!何と459箱水揚げされました。海幸丸では、赤ムツ、黒ムツ、白ムツと3種類の“ムツ”が獲れますが、超高級魚で高値取引されるのは赤ムツのみ、黒ムツは大きいサイズは鮮魚として使われますが、大半は原材料、白ムツにいたってはほぼ100%練り製品や加工品の原材料なのです。したがって価格も安価です。写真は今回の白ムツのセリ風景!これが“赤色”だったらお祭り騒ぎなのですが・・!残念でした。南蛮漬けでいただくと美味しい魚なのですが・・またご紹介しますのでお楽しみに!

輸入車ショー見学

海幸丸は予定通り早朝に入港しました。今回は実質2日半の操業でしたが、水揚げはやや不調で総数は1300箱余り、うち430箱がアマギでした。ただし時化の影響もあってか、全体の入荷量も少なく、相場、箱単価ともにまずまずでした。荷揚げ後は、10:00に八幡浜を出航、次回の入港は15日早朝の予定です。

本日、世間は振り替え休日。たまには家族サービスということで、仕事は朝で切り上げまして、午後から長男が楽しみにしていたアイテム愛媛の“輸入車ショー”に行ってきました。即商談!とはならずもちろん“見学のみ”でして、記念に購入したのはメルセデスベンツのミニカー(735円×2個)でした。特に車好きというわけではありませんが、いろんなメーカーの展示車をみていると、デザインや機能の流行が分かって楽しいものです。今回は男のみ3人の珍道中でしたので、見学後はすぐに八幡浜にトンボ帰りでした。

昨日の駅伝の敗戦から一夜明けまして、足のほうも程よいハリがありますが、早速今日夕方から”打倒一花入魂”のために極秘トレーニングを開始いたしました。(言ってしまえば全く極秘になりませんが・・)ちなみに今日のジョギングコースは権現山一周コース約7k、お供はツィマーマンのショパン・ピアノ協奏曲第1番でした。

恵方は北北西!

DSC01303.jpg

今日はJCの“愛媛ブロック協議会”参加のため、午後から松山でした。会合は18:30まででしたが、明日は“愛媛マラソン10kロードレース”に参加するため、大事をとって?懇親会は欠席、本日は松山泊となりました。今月初航海中の海幸丸ですが、ヤリイカ、アマギを中心に操業しており、明日早朝に入港する予定です。夜も順調に操業できれば、明日は2000箱近くの水揚げになる見込みです。
本日は節分!ということで、我が家でも恒例の“豆まき”を行い鬼退治!子供たちは大喜びでした。もちろん“恵方巻き”もいただきました。海鮮巻きではありませんが・・。今年の恵方は北北西、明日は無事に10k完走できますように!

冬は冬らしく・・

4:50に海幸丸入港。今日の水揚げ総数は約1100箱余りでした。魚種は、チダイ70、レンコダイ100、アマギ60、カマス50、メンタイ20、モンダイ40、ヤリイカ400、ハモ50・・といったところでした。ただし好天続きで相場は“ガタガタ”!特にレンコやチダイなど焼き魚、モンダイ、ホウボウ等“鍋もの”の価格がサッパリでした。昨年に比べてヤリイカの水揚げはかなり減りましたが、この相場ですと、近い漁場でのヤリイカ中心の操業のほうが効率も良い感じです。冬は冬らしく!大時化は困りますが少し雪でもちらついてくれれば、相場も少しは回復するのですが・・。次回入港は明後日19日(金)の予定です。上は今回まとまって水揚げされたレンコダイのセリ風景。

海幸丸は明日入港予定

今回の宮崎沖操業、中3日操業のため、総数約2000箱となる見込みです。主な魚種は、アマギ800、カマス300、ヤリイカ200、メンタイ30、白ムツ80といったところです。相場の良い丸魚が少ないため、平均単価は低そうですが・・。海幸丸は明日早朝入港予定です。本日土曜で休市ですが、朝から明日開催予定の“八幡浜児童合唱団定期演奏会”の準備に参加しておりました。夕方は所用もあって松山へ。明日は早朝から入船、定期演奏会もありますので早めに帰宅しました。

7k超のマダイ兜煮!

早朝4:30に本船入港、今年2回目の水揚げを行いました。今季は解禁以来、豊後水道南沖での操業が中心だったため、水エソやヤリイカなど単一魚種の水揚げが続いていました。今回は高知沖の操業、久しぶりに魚市場に、赤、青、黄、白、黒!?と色とりどりの魚が並びました。主な魚種は、ハモ100箱、ヤリイカ80、カマス180、フカ(サメ)80、チダイ500、エソ他120・・といったところで総数は1600箱余りでした。マダイ、メンタイ、アカムツ、イトヨリといった”トロ物高級魚”も少しずつですが獲れていました。全国的な時化のため、相場も丸魚、原材料ともに“まずまず”でした。海幸丸はすぐに出漁、次回も高知沖での操業を予定しています。写真はフカのセリ風景。

我が家のお正月用に・・と思って、年末に特大のマダイ(約7k超)を料理しておりました。天然マダイの味は、1.5??2k前後が最も美味といわれています。さすがにお正月にいただいた刺身はいわゆる“大味”で、“湯引き”やフライにして先日ようやく完食!本日その残りの“兜煮”をいただきました。大皿に一杯になるほどの大きさですが、こちらはとても美味しかったです。これで全て制覇!と思いましたが、頭は真っ二つに割られてますので、”B面”もありました。こちらは鍋にでも入れましょうか!

海幸丸本年最終水揚げ

海幸丸は早朝4:00入港。今年最後の水揚げを行いました。今年は暖冬で大きな時化もなく・・と思っていたところ、年末の最後の最後になって全国的に荒れ模様!大時化となりました。もちろん市場にも魚はほとんどなく、今朝のセリはまさに”買い合い、奪い合い”の状態で、多くの魚種で今季最高値を記録しました。ただし、いかんせんこの水揚げ数量ではどうしようもありません。時化るのが遅すぎ!です。海幸丸は今日から3日までお正月休み、直売店トロール市では、今日から”年末売り出し”です。残り2日、頑張りましょう!写真は正月支度を済ませた海幸丸。

待望の学習机

鹿児島沖での操業は当初順調でしたが、途中より時化のため操業できなくなり、昨晩にはいつもの豊後水道南沖漁場に戻ってきました。結局お目当てのマダイは、木箱・スチロール合わせて100箱程度と、芳しくない漁模様でした。次回の最終入港予定の関係から、本夜半23:00に帰港、夜中にかけて荷揚げを行いました。その後はすぐに出漁、明日か明後日が今年最後のセリとなります。

本日“大安”ということで、来年から小学校に通う長男の待望の“学習机”が我が家に納入となりました。帰宅すると、早速日記帳やドリルを取り出して、何やら?落書きして遊んでおりました。昔は、いろんな飾りや機能付きのタイプが流行っていたような気がしますが、今はシンプルなものも増えているようです。私も座ってみましたが、なかなか良い座り心地でした。ちなみに、お隣は次男の簡易デスク。ちゃんと勉強してくれればいいのですが・・。“子供は親の背中を見て・・・”。はい。僕も頑張ります。

本日クリスマスイブ

海幸丸は4:00に入港。水揚総数は1400箱でまずまずでしたが、例年のこの時季に比べるとやはり相場は“今ひとつ”でした。今月も残り2航海、海幸丸は一部船体の修理後11:00に出航しました。本年最後の水揚げは、現在のところ28日か29日を予定しています。

今日は12月24日、世間では“クリスマスイブ”でした。午後から用事で不覚にも松山大街道商店街を歩いてしまいましたが、土曜ということもあってか若いカップルだらけ・・でした。今日ばかりはみんな勝負服!?でしょうか?いくら暖冬といってもそこまでセクシーな格好しなくても・・と思うのは私だけでしょうか。田舎育ちのおっちゃんは、目のやり場に困るほどでした。
でも、子育てをする親からすれば、サンタクロースの威力、魔力か?はすごいですね。この一週間は子供に言うことを聞かせるには、サンタに登場してもらうと効果倍増!でした。あまり利用しすぎるのもよろしくはないのでしょうが。幼稚園児の間では、悪い子には“ブラックサンタ”が来るという噂が流れているらしく、うちの子も少々ビビッている様子です。さーて、ちゃんと赤いサンタが来るのでしょうか?はたして靴下の中身は・・・?

原因はノロウィルスか!?

連日の夜入港が続いています。海幸丸は、操業効率の点から本日も22:40に入港しました。本来であれば、例年この時季には水エソが漁獲の中心になるはずですが、今年は売れ行きが今ひとつのため、ヤリイカ、アマギの漁と平行して操業しています。それにしても12月も終盤に入りましたが、丸魚の魚価安が続いています。これも“ノロウイルス”の影響でしょうか?
今回の内訳は、ヤリイカ500箱、アマギ70箱、水エソ70箱を含む総計1000箱でした。海幸丸は水揚げ後、箱と氷を積み込んで1:00前には出漁しました。次回の入港は24日(日)の予定です。上は、荷揚げ後の箱積み込み作業の様子。

魔よけに牛鬼!

海幸丸は22:00に入港。次の操業と入港予定の関係から、今回は久しぶりの“夜入港”でした。漁船は朝に入港するものと思われがちですが、実は夜(夜中?)の入港も頻繁にあります。特にヤリイカ漁の場合、夜間の漁獲量は極端に少ないため、操業効率の悪い夜の時間を使って船を走らせ、入港・荷揚げを行うことが多いのです。通常22:00前後に入港して、未明にかけて荷揚げや出漁準備、その後1:00前後に出漁となります。当然セリは早朝から始まりますので、準備のために私たちは仮眠をとって市場へ出ることになります。例年ですと10月はこのパターンが多いのですが、今季のヤリイカは夜間も比較的安定して水揚げがあったため、例年に比べて夜入港は少ないほうでした。今回は、水エソを中心に400箱のみ水揚げ、その後一部故障を修理して3:00過ぎに出漁しました。次回入港は21日(木)の予定です。

今日は次男の4歳の誕生日でした。長男は車好きですが、次男は鬼や唐獅子、刀剣に目がなく、将来の夢はなぜか“牛鬼”か“唐獅子”です!というわけで、プレゼントは“牛鬼”のお面となりました。先日、とある骨董品屋で見つけたものですが、手作りだけになかなかの出来栄え!“魔よけ”にもなるそうなので、一通り遊ばせて、壊されないうちに子供たちの部屋に飾る予定です。誕生日記念に得意の“獅子舞”いや”牛鬼舞”?を掲載します!

八幡浜では初あられ!

海幸丸は今朝4:50に入港しました。総数は1200箱あまりで内220箱が“水エソ”、400箱がヤリイカでした。水エソの相場はまずまずですが、気温が高いため、丸魚、モンダイや水ブク等鍋用鮮魚の相場がかなり安めでした。これから年末にかけては、ヤリイカやアマギの漁よりも、本命魚種は水エソになります。今日は今年初めての冷え込みで、八幡浜では午後から少しですが“あられ”も降りました。海幸丸は水揚げ後11:00に出航、次回の入港は明後日19日を予定しています。

改正教育基本法成立

土曜で魚市場は休みです。先週のアクシデントから早くも一週間が経ちました。その後は何とか順調に操業を続けています。12月も半ばを過ぎていよいよ魚価、特に蒲鉾の原材料(水エソ)がピークとなる時期のはずですが・・。例年に比べてやはり“暖冬”の影響か、見込みは今ひとつのようです。昨年の今頃は大雪だったのですが。それでも明日から2,3日は時化模様。来週の相場に期待したいところです。海幸丸は明日早朝入港予定です。

昨日金曜、ようやく改正教育基本法が可決・成立にいたりました。今回は同時に防衛「省」昇格関連法も無事成立となりました。どちらの法案も「戦後体制」の脱却に一歩、歩を進めたという点でとても評価できる改正ではないでしょか。特に教育基本法は、昭和22年、GHQの影響下で制定されて以来、実に59年目にして初めての改正です。今回の改正のポイントは、公共の精神や伝統・文化の尊重、情操と道徳心を培う、国と郷土を愛する・・等々の5項目の文言が明記された点です。焦点となっていた愛国心をめぐる表現については、“態度”!?に変わってしまい、若干微妙で曖昧なニュアンスではありますが、改正できたことそれ自体は、純粋に喜ばしいことだと思います。
今後、教育現場で具体的にどう生かされるかが問題ですが、報道等によれば、日本の伝統芸能や郷土の歴史や偉人等についての学習時間が増加することなどが見込まれているようです。また先般、入学式・卒業式での、国旗掲揚・国歌斉唱の徹底を求めた通達が、東京地裁により“違憲”とされた例などもありましたが、このような司法判断にも今後影響が出るか否かも注目したい点です。ただ、今回の改正教育基本法の成立で、教育現場での国旗・国歌が正常化に近づいたことは間違いないようです。
それでも、安倍首相の掲げる“戦後レジームの脱却”という点からは、“本丸”はやはり日本国憲法です。憲法改正の機運にもどう影響が出るものか、こちらも注目したいところです。
以上、海幸丸とはほとんど、全くか!?関係のない”海幸丸日誌”でした。皆様はどう思われますか?

トラブルで一時帰港

土曜で休日!の予定でしたが、海幸丸は船体の故障と思わぬアクシデントで昼過ぎに一旦深浦港に入港しました。トラブル対応のため私も夕方から車で深浦(愛南町)を往復してきました。本船海幸丸も漁獲物を水揚げするため、22:00には八幡浜港へ入港しました。良い感じの流れで操業していた矢先の予期せぬアクシデントでした。漁獲物400箱あまりは明日早朝の競りにかけられます。海幸丸は明日まで八幡浜に停泊、明日から仕切りなおしの出漁となる予定です。

漁業もマーケティング!?

早朝4:00に海幸丸は入港。12月最初の水揚げを行いました。今回の数量は計1700箱あまり。ヤリイカが“立”、“バラ”合わせて1000箱、アマギが150箱、水エソが150箱、車エビが30箱と、なかなかバランスの良い魚種で相場もまずまず。幸先の良い12月操業の滑り出しでした。一気に冷え込んできたせいか、乗組員の中にも風邪が流行っているようで、通院のため少し時間をとって今朝10:00に出航しました。次回は6日(水)の入港予定です。写真は昭和20年代のトロール船“若宮丸”です。

漁業の効率は、水揚げ数量と漁獲物の単価で決まります。ただし、同じ魚を大量に獲りすぎてしまうと“値崩れ”してしまい、単価下落につながります。需要の見込まれるいろんな魚の、バランス良い漁獲がとても難しく、そこが船頭(漁労長)の腕の見せ所といえます。もちろんそのためには、船主(会社)と漁労長が常に連携しながら、操業ポイント(漁場)や漁獲数量、入港日等を決めていくわけです。以前のように「何箱獲れた、何ぼで売れた」で商売が終わっていた時代はとうの昔に終わっています。漁業といえども顧客志向の考え方、“マーケティング”が必要な時代です。どんな業種も同じでしょうが、難しい、悩める時代?になったものです。

11月最終水揚げ

海幸丸は本早朝4:00に入港、11月最後の水揚げを行いました。総数は1600箱でうち約1000箱がヤリイカでした。1000箱のヤリイカのうち、8割がサイズの大きめの“立ヤリ”でした。数が多いだけに高値は“今ひとつ”でしたが、安値は“まずまず”といったところでした。11月も無事に水揚げ目標をクリア、“完全出来高制給与”のため、給料を受け取った乗組員は“ホクホク”です。会社には高コストの燃料費や人件費などの漁労経費を差し引けば、さほど残らないのが問題ですが・・!!海幸丸は今日の入港で明日まで“月末休み”に入ります。明日30日の10:00の出漁で最盛期12月の操業が始まります。12月も気を引き締めていきたいものです。写真は夕方に撮影した宇和海の夕日。

アマギ豊漁750箱

海幸丸は早朝4:00に入港しました。水揚げ総数は1500箱、中2日の操業にしてはまずまずでした。今回の漁獲物の大半はアマギ(エボダイ)です。これまでヤリイカが水揚げされていたポイントで、アマギのまとまった水揚げがあったようです。アマギは総計750箱、残りはヤリイカ、水エソがともに150箱、残りは車エビ、マツイカ、マトウダイ(モンダイ)といったところでした。漁労長は、大乗りした獲物がヤリイカではなくアマギだったことを悔しがっていましたが、水揚げがあっただけ“良し”として“漁の神様”に感謝しなければいけません。荷揚げ後はすぐに出漁、次回は23日(勤労感謝の日)に入港の予定です。写真は、アマギの競り(セリ)の様子です。

こちらは水エソのセリ風景。水エソは古くからトロール船で水揚げされてきた底魚で、蒲鉾(かまぼこ)の原料となる魚です。これから年末に向けて、八幡浜、宇和島の蒲鉾業者さんの製造がピークを迎える時季に、相場が高騰します。昨年は近年漁獲量が少なくなった水エソの相場のおかげで、12月のエソ漁で9月、10月の不調をカバーすることができました。今年は9月の解禁以降、好調な操業が続いているだけに、うまく12月の水エソ漁につながっていければ!と期待しています。

日本国憲法公布60年

DSC01801.jpg

今日は11月3日、“文化の日”です。世間では今日から3連休の様子?です。昨日出漁した海幸丸は高知沖漁場へ直行、同漁場では今期初めての漁を始めましたが、突如、1号船(第15海幸丸)の機関(エンジン部)にトラブルが発生しました。結局漁場での修理はできず、部品等の交換も必要となったため、2号船に曳航されながら八幡浜へ帰港しました。昨日まで休みをとり、本船もドックインしていただけに、実にタイミングの悪い故障でした。気を引き締めないと・・と話していた矢先のトラブル発生でした。修理は19:00に終了、すぐに出漁いたしました。明日は豊後水道南沖でヤリイカ中心に漁を行い、予定通り明後日には入港の予定です。上は曳航されて入港する海幸丸。

今年の“文化の日”は、実は“節目”となる祝日?のようです。といいますのも、この祝日の由来はもともと“日本国憲法”が公布された日で、今年でちょうど60年目を迎えるためです。憲法の公布日が“文化の日”となったのは昭和23年のことだそうで、ご承知のとおり“戦争放棄”を謳う日本国憲法の理念は平和的、かつ文化的な色彩が濃いとの理由で、この名称(文化の日)となったようです。
それにしても戦後占領下の混乱の中で、アメリカ側に“押しいただいた”日本国憲法ですが、この環境変化の激しい時代に、60年間、一点の改正も加えることなく守り続けてきたことは、ある意味、相当の労力が払われてきました。特に政権交代や与党交代のたびに繰り返される憲法解釈論議も、かなり苦し紛れのように見えますし、国際情勢の変化に合わせて“解釈そのもの”をも変化させて、乗り切ってきた状況にはかなりの無理を感じてしまいます。そういう意味では、戦後60年間もタブー視されてきた憲法論議が、ここにきて活発になっていることはとても喜ばしいことではないでしょうか。
安倍新総裁の誕生で、最近にわかに脚光を浴びているのが、憲法改正論の元祖、岸信介元総理です。日米安保条約の改定を強力に推し進め、全国的な盛り上がりを見せた反対運動の中で、「いつか評価される時代がくる、声なき声に耳を傾ける」という名言を残して、その実現とともに退陣したのが岸内閣でした。条約改定によって強化された日米のパートナーシップが、その後の日本経済繁栄の礎になったという点で、その功績は高く評価されて当然といえます。皮肉なことに首相在任中は、全国的な反対デモの中で、“安保反対”がそのまま“打倒岸”のスローガンとなって、学生運動の格好の餌食となってしまいました。加えて“元A級戦犯”としての老獪なイメージも重なり、当時の世論の支持率は必ずしも高くなかったようです。
今となってみれば、片務的な色彩を改めた条約改定の功績に異論の余地はないのですが、実は岸氏の最大の政治信念が“自主憲法の制定”(憲法改正)でした。先日テレビで、老いた岸元総理がインタビューに答えて、「私の目の黒い内に憲法は改正されないのか・・」と嘆くように訴えていた古い映像がとても印象的でした。戦後占領下の吉田内閣では、国体護持のために占領軍主導で創案された憲法を受け入れざるを得なかったわけです。その後、“保守合同”が実現し、鳩山一郎、岸信介と改憲派の内閣が続き、一時的に改憲の機運も高まりをみせた時代もありました。しかし岸内閣以降は、池田勇人、佐藤栄作と経済重視路線の内閣が続き、憲法改正の論議は下火となってしまいます。結果、憲法論議はタブー視されたまま今日を迎えました。
先日ある会合で、“戦後日本は経済至上主義を掲げたか否か”について、少し考えさせられたことがありました。“経済至上”か否かは分かりませんが、教育や憲法、軍事といった国の根本政策に優先して、経済が重視された面はあるように思います。そうだとすればターニングポイントとなったのは岸内閣以降、“所得倍増”を掲げた池田内閣あたり?となるのでしょうか。もちろん経済成長路線の政策が今日の豊かな日本を築いているわけですが、一方で軽視された重要政策は後回しとなって、そのつけが今日の日本の大きな課題となっている面は否定できないと思います。一度も手を加えられなかった日本国憲法もその一つではないでしょうか。政権は吉田、岸両氏の孫の世代に移りました。安倍政権はまさに祖父の“悲願”を引き継ぐ内閣です。憲法改正の世論の高まりに注目したいと思います。

海幸丸第2次改良実施

DSC01749.jpg

上は地元造船所にて、2点目の船体改良を行う海幸丸(船尾)です。昨日から続いた作業も14:00には終了し、17:00には漁場へ向けて出漁しました。11月からは新たに高知沖漁場が解禁となるため、今回は複数ポイントでの操業も計画しています。魚の需要が増え、魚価が上向く11月から年末にかけてのシーズンは、トロール漁業にとっては漁期中でもっとも大切な時季です。漁のシーズン到来に合わせて、目安となる“水揚げ目標”も当然上がってきます。11月も気を引き締めなおしていきたいものです。次回入港は11月5日(日)の予定です。

漁業は文化

写真は昭和20年代のトロール船「第一天神丸」です。現社長の父が経営していた??天神水産(当社の前身)の所有船です。当時は現在のような鋼船ではなく、なんと木船、漁網も今のような自動巻上げ式ではなく手作業の時代でした。漁労技術発展の歴史は、まさに魚を基幹とするこの地域の特色ある文化であり、大切な資源です。“技術を継承すること”はすなわち“文化を守ること”です。多方面の知恵を結集して、この漁業の危機を乗り越えたいものです。海幸丸は明日1日早朝の入港予定です。乗組員は明後日まで休みとなります。

海幸丸第2次走行試験

海幸丸は朝4:00に入港しました。今回は”中2日”の航海で水揚げ総数は約2000箱。前半の1日は10月から解禁となった”古満目沖”漁場、後半1日は”豊後水道南沖”での操業でした。例によって漁獲物の大半はヤリイカですが、先日ご紹介した高級魚”アカムツ”の大型サイズも少々水揚げされていました。
今日は月の中日で、本来であれば乗組員は”中休み”をとってつかの間の休息なのですが、第15海幸丸は、午前中に予定されていた2回目の”走行試験”を実施。造船所からは調査担当者3名、海幸丸からは漁労長はじめ5名が乗船しました。

今回の実験は、バウキャップを装着後初めての実験です。漁期解禁前に行った1次試験のデータとの比較を行い、燃費効率の改善効果を測定します。今後は11月にプロペラ付近に2点目の改良を加え、2度ほど走行試験を実施する予定です。今漁期、漁労長、機関長は細かな測定作業等が続きますが、この原油高騰のご時世での会社の前向きな取り組みだけに、しばらくは我慢してもらうほかありません。引き続き協力をお願いいたします!

写真は、八幡浜沖の無人島”佐島”。今は個人の所有物のようですが、八幡浜の町おこしや産業活性化のために活用しようという意見もあります。これこそ、アイディアを公募にしてみるのも面白いかもしれません。

こちらは”魚霊塔”。今年のヤリイカ豊漁が続きますように・・
1年よろしくお願いいたします!

バルバスバウ

DSC01244.jpg

終日事務所で書類作りや出張の準備等をしておりました。夜は19:00より、八幡浜JCの青少年開発委員会へ出席。毎年この時期に次年度事業計画の骨子が固まるため、大切な協議事項が多く、みっちり23:00まで行われました。委員長はじめ、皆様大変お疲れ様でした。海幸丸は明日早朝の入港予定です。

今期、海幸丸では燃油高騰に対応するために地元の造船所のご協力のもと、船体の一部改造を行っています。国(水産庁)の“省エネルギー技術導入促進事業”にも採択されている計画です。大きくは2箇所の改造を施すのですが、写真はそのうちの一つとなる“バルバスバウ”(バウキャップ)。船首形状を大きくすることで航海時の造波を減少させ、推進抵抗の減少を図り、燃費効率を高める目的で取り付けたものです。漁期解禁後一月が経ち、操業海域や燃油使用量から削減効果を測定しているのですが、現在のところ順調にコスト減につながっている様子です。削減効果の詳細については、10月16日(月)に3時間程度の走行試験を実施して、より詳しい効果の測定・検証を行う予定です。
また今月末には、負荷のかかった操業時(曳網時)の燃費効率を高めるための2点目の改良を加えるために、再度ドックインの予定となっています。今回の改良は、内航船(主にタンカー)等では実績はあるものの、漁船では全国的にも事例がないだけに、その削減効果におおいに期待したいところです。また詳細はご報告させていただきます!

古満目沖へ出漁!

海幸丸は本早朝4:00に入港。今日の水揚げ総数は1100箱あまり。大半は例によってヤリイカでしたが、今回は八幡浜の名産品“蒲鉾(かまぼこ)”の原材料である“水エソ”も100箱程度水揚げされていました。10月も半ばを迎え、朝晩はかなり“ひんやり”としていますが、毎年この時季に相場が若干上向きます。今年一番の冷え込みだった今朝はヤリイカ、水エソともに解禁以来一番の高値がつき、全体的な相場もまずまずでした。海幸丸は荷揚げ終了後7:00には出漁、豊後水道南沖ではヤリイカの“乗り”(漁獲量)が先航海に比べて若干減ったため、次は10月1日に解禁を迎えた“古満目沖”漁場で操業予定です。上は漁場を目指す海幸丸。

昼は伊方町大成へサザエの買い付け、天気が良かったため写真を撮りながらドライブ。
こちらは佐田岬半島の左手側(宇和海側)です。

上はいつも行く大成の風景。こちらは半島の右手(瀬戸内海側)に見えます。

夕方のいつものジョギングコース(八幡浜向灘)から見た宇和海。
夕日を浴びた”うろこ雲”がとても奇麗でした。

またまたバラヤリ!

早朝4:00に海幸丸入港。7:00には荷揚げと資材等の積み込みを終えて出漁しました。今回の水揚げ総数は約1500箱あまり。その大半はまたまた”バラヤリ”です。操業時間や潮流、水温等で漁獲量やサイズは変わるようですが、今のところ安定した水揚げ量となっています。ただし、同じ魚種が続いているせいか、市場での相場は今ひとつ。魚を売って商売する側の立場では、いろんな魚種を取り扱えるほうが良いのですが、漁船の”操業効率”の点からは、魚種は全くといっていいほど関係ありません。当社はどちらの立場でもあるわけですが・・。
トロール漁業の特徴は、”豊富な水揚げ魚種”ですが、今漁期ばかりは、海幸丸はほとんど”ヤリイカ船!”になっている状態です。今週末は8日、9日と消費地の中央市場が”休市”のため、明後日(6日金曜)には再度入港の予定です。

海幸丸一時帰港

今日から10月、気合を入れなおして・・と思っていたのですが、海幸丸は2号船(第16海幸丸)の故障で、あえなく八幡浜へ帰港しました。入港したのが午後4時30分、休日でしたが地元造船所に修理を依頼して、結局深夜1時30分に応急処置が完了、午前2時前に八幡浜を出航しました。本来であれば、火曜の入船を予定していたのですが、今回は予定を変更、漁獲物約600箱は、月曜早朝の競りにかけることとなりました。写真は、網上げの際に獲れた魚に集まる”かもめ”の大群です。

引き続きバラヤリ豊漁!

海幸丸は早朝5:20に入港しました。今朝の水揚げは総数1700箱。前回に引き続き、内1400箱が”バラヤリイカ”でした。明日、明後日と魚市場が連休で、しかも台風が来ているため、”時化見込み”の影響もあるのか、今日は”まずます”の相場でした。荷揚げ終了後、機関の修理を経て14:00に八幡浜港を出航いたしました。次回の水揚げ、売りは18日(月)の予定ですが、台風の進路如何でいつまで操業ができるかは現時点では未定です。例年に比べて9月は今のところ順調にきていますので、極力稼動率は高めたいのですが、自然には勝てません。おそらく明後日には一時寄港となる模様です。

バラヤリイカ豊漁!

海幸丸は本早朝4:00に本船入港、今期5回目の水揚げを終えました。今日の水揚げは総数1700箱!内1400箱余りが“ヤリイカ”(バラヤリ)でした。中一日の操業にしてはなかなかの豊漁でした!といいましても、毎年9月と10月は、全国的に魚の需要も少なく相場も低調のため、水揚げ金額はそれほどでもないのですが・・。ヤリイカの水揚げが続くうちに例年悪夢の9月、10月を乗り切りたいものです。写真は競り(セリ)終了直後の魚市場の様子です。

*追記
先日、このブログで紹介しました当社が取り上げられる番組ですが、放送予定が変更になりました。
当初は9月15日(金)でしたが、9月22日(金)へ変わったようです。下記の日時です。

---------------------------------------------------------
番組:「四国羅針盤」(NHK)
日時:9月22日(金)19:30??19:55
再放送:9月24日(日)8:05??8:30
放送地域:四国4県のみ
---------------------------------------------------------

今漁期は現在のところヤリイカの水揚げが順調です。操業海域は基地にも近い“豊後水道南沖”ですが、この海域でこれほどの数のヤリイカが獲れることは珍しいようです。通常、ヤリイカは“古満目沖”(10月解禁)という漁場が知られていますが、今回は全く違うポイントです。しかも、例年大幅な採算割れとなるこの時期の水揚げだけに、ついつい今後の漁模様にも期待をしてしまいます。
昭和40年代から50年代にかけて、宇和海では毎年この時期にヤリイカの豊漁が続き、八幡浜のトロール船が連日のように大漁を繰り返し、潤っていた時代があったといいます。(もちろん私はそんな時代は知りませんが・・)その後、ヤリイカの水揚げ減少とともに、トロール船の隻数もどんどん減少してしまいました。
歴史的にみても、八幡浜のトロール船とのお付き合いも長い“ヤリイカ”だけに、最近の原油高に伴うトロール船の経費上昇を気にかけてくれているのかもしれないですね。そう考えて海幸丸の操業する豊後水道南沖に回遊してきたのだとしたら、国際情勢に敏感な、かなり利口なイカです。今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします!

ちなみに今回1400箱獲れたヤリイカ1箱はこんな感じです。魚市場では立てて揃えたヤリイカを“立ヤリ(タテヤリ)”、写真のようにバラで入れたヤリイカを“バラヤリ”と呼んでいます。今回多かったのは小さなサイズの“バラヤリ”です。
週末は16日、17日と八幡浜魚市場が休みとなるため、次回は15日(金)の入港を予定しています。

今日は早朝(深夜?)勤務のため業務は15:00で終了、スポーツセンターへ水泳見学とトレーニングに行きました。


今漁期初水揚げ!

DSC01330.jpg

今日4日、海幸丸の今漁期初水揚げを行いました。今回は船の入港ではなく、昨日九州の最南端、鹿児島県山川港にて転載した魚をトラックで八幡浜まで運び、早朝4:00より魚市場で荷揚げを行いました。初航海の漁場は鹿児島沖で、総計950箱の魚が競り(セリ)にかけられました。

毎年のことですが、9月はまだまだ相場の水準は軒並み低調!です。今回の魚種で比較的量があったのは、マダイ、レンコダイ、メッキアジですがどれも相場はいま一つでした。相場の出ない9月、10月は会社も船も我慢のしどころです。この2ヶ月は魚に比べて比較的相場の安定しているイカ類が、一番近い漁場である豊後水道南沖で水揚げされることに期待しています。
現在、海幸丸は鹿児島、宮崎沖から豊後水道南沖へ漁場を変更して操業の予定です。次回の入港は、7日(木)あたりを予定しています。

漁具積み込みと仕卸会

本日の早朝、何とか無事に海幸丸がドックでの整備を終えて会社前に戻ってきました。そのあとはすぐに漁具積み込みの開始です。炎天下の中での積み込み作業のため、例年は2日間かけて行っていますが、今年は慌しく1日で行いました。これで主だった出漁準備はほぼ完了です!

夜は引き続き「仕卸会」(宴会)へ。海幸丸乗組員16名と社長以下、トロール市のスタッフ等総勢25名が参加しました。場所は市内に新しくオープンした居酒屋「食べ物市場」です。今漁期の乗組員16名は、前年と全く同じメンバーで平均年齢は51.5歳です。最長老は67歳、最年少は34歳で私と同い年です。

仕卸会は出漁を前にした慰労も兼ねての飲み会で、毎年行っています。見てのとおり男一色!で、今年も大いに盛り上がりました。乾杯の社長挨拶にもありましたが、燃油高騰の経営難を乗り切るには、会社と船員の協力関係、信頼関係が絶対条件です。魚一匹一匹に価値を見出す・・「一魚一会」の精神で、陸と沖のアイディアと力を合わせて、丁寧な商品作りに励みましょう!

現在のところ、9月1日から出漁するトロール船は当社の海幸丸一統のみの予定です。1社の出漁のため、マスコミからの取材依頼も多くいただいております。そんな中で今年の出漁時には、某放送局のディレクターとカメラマン2名が海幸丸に乗船します。燃油が高騰する中での当社の取り組み(船の改造や流通事業など)が、25分もの番組になるそうで、漁の風景なども撮影するそうです。すでに何度か八幡浜で撮影されていますが、主役級の浜田漁労長は少しはカメラ慣れしたのでしょうか?本番を楽しみにしたいと思います。具体的な放映予定が決まりましたら、またこのブログにも掲載いたします。

2次会終了後、仕卸会にも出ていただいた放送局のディレクターと近くのバーでちょっと2,3杯・・仕事の話だけでなく、外交や歴史認識等もあれこれと・・。ちょっと熱くなりすぎてしまいましたが、おかげさまで楽しい時間がすごせました。遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!

海幸丸ドックイン

DSC01232.jpg

本日午前8:00に、ようやく海幸丸が地元の造船所にドック入りしました。8月31日の出航まで残りわずか1週間あまり。例年ですと、今の時期には準備も万端、船員と海幸丸は出漁前の休息をとっている時季です。今年は一部改造もあって修理にも時間がかかるため、会社も若干焦り気味です!予定では、28日早朝にドックを出て、その日のうちに「漁具積み込み」??「仕卸宴会」となっています。もう一分張り頑張りましょう!
私は午後から松山へ。午後一件営業と夜はとある会合に出席しました。明日はネット関連の研修会に出席するため、本日は松山泊まりです。

海幸丸走行試験

本日午後から、海幸丸は約3ヶ月ぶりにエンジンを稼動、走行試験を実施しました。今年、当社では燃料コストの高騰に対応するため、国の行う「省エネルギー技術導入促進事業」に応募し、地元の造船会社のご協力のもと無事採択され、試験研究に取り組んでおります。

DSC1171.jpg

今回実施したのは、改造前の海幸丸の航海時(11ノット)における燃費効率の測定です。ドックイン後は、船体の一部改造して、同様の試験を実施して効果を測定・検証する予定です。最近の燃油高騰は、まさに国内漁船漁業の死活問題となっています。ただ、重油の価格高騰は国際情勢に絡む問題で、自社においてはまったくの統制不可能要因だけに、各社が改善レベルの工夫を行う他、対処の仕様がないのが現状です。今回の事業で一定の効果が上がることを祈るのみです。

写真は八幡浜港の沖にある「魚霊塔」。八幡浜は漁師町ですので、魚の霊を供養する搭があります。海幸丸でも解禁時の初出漁の際には、この魚霊塔に向かって米と水を供えて、供養の儀式をするのが慣わしとなっています。

今日の走行試験は条件を変えて約3時間実施。15:30に八幡浜を出た海幸丸は、19:00前に港へ無事帰港しました。明後日、海幸丸はドックインの予定です。また後日レポートします!

海幸丸出漁準備

お盆もあけて、いよいよ9月1日の漁期解禁も間近です。今年は船体の一部改造の予定もあって、ドック入りが若干遅れています。これから約2週間で、ドックでの最終整備、漁具、魚函、氷などの積み込みを行って、31日の出漁に備えます。上は鹿児島沖で操業中の第15海幸丸です。

海幸丸の今後2週間の予定は下記のとおりです。

8月18日??24日 船員身体検査(健康診断)
8月22日 海幸丸ドックイン
8月25日 航海安全及び大漁祈願(大野ヶ原竜王山)
8月28日 漁具積み込み(18:00??仕卸し宴会)
8月30日 魚函・氷の積み込み
8月31日 7:30??出漁式 8:00??出漁

========祈 航海安全! 大漁!========
    

海幸丸ライトアップ

DSC01068.jpg

イルミネーションではなくてライトアップでしょうか?お盆の期間中、海幸丸をライトアップしております。近くから見るよりも遠くから見るほうが奇麗です。海幸丸は、お盆明けからドック入りして、9月1日の漁期解禁に向けた船体の最終整備を行う予定です。

DSC01058.jpg

DSC01061.jpg

夕方は家族と親戚でバーベキュー!大人たちは酒飲みに、子供たちは虫取りに夢中です。


トロール漁解禁間近!

DSC00937.jpg

早いもので5月の漁期終了(ひきあがり)から、もう2ヶ月が経ちました。ただ今、9月1日から始まる来漁期に向けて、海幸丸は、船体の整備、漁具の修理、資材の調達等を進めています。でも今日の愛媛県南予地域は、ご覧の通り記録的な大雨!ここのところ続いている土砂災害も心配されております。そのため屋外でしかできない船員さんたちの漁具準備作業は、今日は雨天中止です。

9月から始まる今漁期!今年はどうでしょうか?下がる見込みの全くない燃料費で、漁船経営は相変わらず厳しい時代が続いています。わずかな明るい材料としては、食の安全志向の高まりや中国の需要拡大、輸入冷凍品の入荷減少などが要因とされる、天然近海物の若干の相場上昇!

漁師の世界では昔から、「馬鹿と相場には勝てん」という言葉があるそうです。同じ漁獲物、漁獲量でも入港日やセリのタイミング如何で、水揚げ金額が○倍も!変わってしまうのです。なかなか計画や予想の立たない水物の世界なんですね。でもだからといって、いつまでも他人まかせの「どんぶり勘定」ではいけませんし・・やるからには、様々な情報を仕入れつつ、目標を定めて進みたいものです。

今漁期から、ブログ「海幸丸日誌」では、掲載できる範囲内で海幸丸の漁獲情報や入港予定等も、タイムリーに掲載していきたいと思っています。数少ない八幡浜のトロール船「海幸丸」を、是非応援してください!!

海幸丸ただいま整備中!

kkm.jpg

当社が所有する「第15・16海幸丸」は、沖合底引き網漁船です。国(農林水産大臣)の許可で、漁業権が管理されていて、操業期間は9月1日から4月末までと決められています。ですから6月??8月の間はトロール漁は禁漁期間なのです。船はその間に、次の漁期に向けた船体の修理や整備が行われます。
(上の写真は、事務所から見た海幸丸、ちなみにその後ろに見える白い屋根の施設が八幡浜魚市場です)

漁業には、底引き網、流し網、刺し網、巻き網、一本釣り・・といろんな種類があって、底引きのことを「トロール」と呼んでいます。一般には、海の中の魚を「一網打尽」に獲り尽くす「海のギャング」!?ようなイメージがあるようですが、実際は全くそんなことはありません。一度の網で獲れる魚は限られていて、いろんな種類の魚が混ざって水揚げされるため、単一魚種を根こそぎ獲ってしまう漁法ではないのです。
前述のとおりトロール漁業は、1年のうち3分の1が禁漁期間で、ここまで禁漁期間の長い漁法は珍しいのです。これには「資源保護」の目的もあるわけで、「資源の維持管理」という面では、トロール漁業は進んでいる漁法ともいえます。

kkm2.jpg

というわけで今の時期は、船の錆を落としたり、漁具の修理や準備をする期間なのです。今は、海幸丸乗組員7??8人ほどが準備にあたっています。この後、7月末まで準備が続き、8月中旬には船をドック(造船所)に入れて最終整備に入り、9月1日からの漁期本番に備えます。毎年なのですが、夏の暑い時期の作業のため、みんな汗まみれ、油まみれ、ペンキまみれで奮闘中です!

こんな漁業の裏方仕事も、今年はこのブログで紹介してみます。

このページの先頭へ