一魚一会

ホーム > 一魚一会 > 2016年 アーカイブ

2016年 アーカイブ

ヤリイカ豊漁です!

DSC_0220.JPG

9月1日から始まった愛媛沖トロールですが、今季は昨年不漁だったヤリイカ漁が好調です。鮮度保持と操業効率アップのため連日、深夜の入船が続いています。例年に比べて太りの早いものも多く、10月からの本格シーズン到来も楽しみです!

あっという間に出漁間近!

DSC_0161.JPG

あっという間に8月も中旬にさしかかって、今年もトロールのシーズンまじかとなりました。例年通り、下関は8月15日、八幡浜は8月31日の出漁です。昨年は水揚げ減も燃油価格の下落に助けられた一年でしたが、今年は昨年を上回る成績を期待したいところです。特に下関基地の第1・2海幸丸は、夏の大規模改修(リシップ)事業を終えての1年目!まずは順調なスタートを祈るのみです。

日テレ・ニュースエブリ取材

20160325.jpg.jpg

3月20日、日本テレビの「ニュウスエブリ」に雑魚プロジェクトが出演!全国放映に引き続き夕方には南海放送にも登場しました。普段、何気なく見ているニュース番組が弊社の直売店「トロール市」から中継されるとは、不思議な感覚です。。。私は裏方で出番ありませんでしたが終わった後に皆さんで写真を一枚!

出演された皆様、お疲れさまでした!

春ですね!

20160317.jpg

仕事で一年に何度も往復する別府~下関。昨日はサービスエリアで休んでいたら、ヒッチハイクの若者2人に声をかけられまして・・。

「いくつに見える?」と聞いたら「35歳」って言われたので、気分良くなって(笑)下関まで乗せてきました。同級生の合格祝いに大阪を目指すとのこと。若いってそれだけで特権ですね!若者との会話でこちらまで若返った気分です。オッチャンも頑張らねば・・!

2016年 年頭所感

 平成28年の新春を迎え謹んでお慶びを申し上げます。平素は皆様方のご支援ならびにご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 一昨年に昭和水産としての法人設立50年という節目を迎えることができましたのも、長きにわたりご支援をいただきました地元の皆様はじめ市場関係者、取引各企業様のご協力の賜物であり、あらためて感謝申し上げる次第です。

 振り返れば昨シーズンは、弊社にとって3統目の稼働船となる山口沖許可船第1・第2海幸丸の操業1年目でありました。今シーズンで2年目を迎えるわけですが、現在のところ同基地の第21・第22仁洋丸同様、ほぼ順調な航海を続けております。急速に需要が高まっている高級魚ノドグロをはじめ、アナゴやアンコウ、カレイといった人気魚種の安定した水揚げに期待しているところです。 さて八幡浜におきましては、昨年8月に4名のインドネシア漁業実習生の受入れを開始して今シーズンが初年度となります。9月の海幸丸出漁から4カ月が経ち、先輩乗組員に見守られながら、徐々に沖の生活にも慣れてきた様子です。引き続き安全な航海に留意し、3年間の八幡浜での漁業研修が実り多いものとなるよう、弊社としても万全のサポート体制をとる所存です。

 今シーズンもあっという間に折り返しを迎える時季ですが、好漁の続いた昨年とはうって変わり、ヤリイカの減少とその他魚種の不漁、加工原料の相場安により、近年稀に見る厳しいシーズンとなっています。浮き沈みのある自然相手の商売の難しさをあらためて実感すると同時に、来るべき好漁への耐え時と捉え、社員・乗組員一同、万全の努力を続けていきたいと思っています。

 弊社の所属する2艘曳トロールの業界においては、全国的にも船齢が25年を超える船舶が大半を占めるなど、将来を見据えた代船建造が進んでいないという現状があります。しかしながら地域によっては、水産庁の支援事業(漁船漁業構造改革事業)に則り、基幹産業としての漁業者と行政、市場関係者が連携し、プロジェクト方式で地域課題の解決に取り組む事例も見られます。弊社もこれらの先行事例に学び、関係者との連携をより密にして経営基盤の充実・強化に努めてまいる所存です。

 今後も先達によって築かれたトロール漁業の灯を守り、皆様方のご期待に応えられるよう、一同社業に邁進していく覚悟ですので、引き続きのご指導・ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。新しき年の皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

このページの先頭へ