一魚一会

ホーム > 一魚一会 > 2010年 アーカイブ

2010年 アーカイブ

2010年仕事納め

年末売り出しも終えて無事に仕事納め、皆さま、本当にお疲れさまでした。吹雪のなか、今年も多くのお客さまにご来店いただき、ありがとうございました。毎年ですが、当店トロール市ではスタッフフル稼働で接客、調理、配達等のサービスを行っております。この時ばかりは海幸丸の歴代漁労長二人も、ハマチのアラ調理など雑用係として朝の4時から進んで!?参戦!こんな漁業会社は全国探しても多分当社くらいだと思います。皆さまのおかげで今年もようやく年が越せそうです。来年もどうか皆さまにとりまして良い年でありますように・・。

イモソジ

海幸丸は今朝5:00入船、下関基地の仁洋丸とともに今年の漁を無事に終えました。乗組員の皆さま、お正月はゆっくりと休んで新年の出漁に備えましょう!ひとまず大変お疲れさまでした。来年も良い年となりますように・・。トロール市では今日からいよいよ売り出し!初日の今日はほぼ昨年並みの出足でした。明日から2日間が今年の集大成です。こちら(↑)は、今ほどいただいた通称“イモソジ”!不気味な名前ですが、サワラに似たモッチリとした身質で超美味!あまり水揚げはありませんが、今度詳しくご紹介したいと思います。

ホウボウの一夜干し

暮れも押し迫っての思わぬ時化で、急きょ蒲鉾原料水エソの需要があって海幸丸は1日操業で昨晩も深夜入船、今回こそ最後の航海に出ております。明日は今年最後の入船です。皆さまに食べていただけるお正月用のめでたい魚がたくさん揚がっていればいいのですが・・。トロール市では明日から3日間の歳末大売り出し!今日はその準備のため、宇和島まで買い付けに行ってきました。明日からの3日間はチームワークの見せどころです。皆さん、張り切っていきましょう!

もちろん当店でのお買い上げの鮮魚の調理はすべて無料!!“無理”ではなくて“無料”です。一文字違えば大違い・・、長年続けてきた当店サービスの信頼失墜の窮地を救ってくれたY理事長、本当にありがとうございました。

年末準備の合間をぬってではありますが、昨日は水揚げ魚種の中から、ホウボウの一夜干しを作ってみました。もちろん先月導入した最新設備、特殊冷風乾燥機を使っての試作です。底曳きでよく水揚げされるこのホウボウ、大きなもの刺身用鮮魚として流通されますが、最近では少し小さなものは値がつかず蒲鉾原料、いわゆる“つぶし物”としての扱いしか受けない時代になってきました。サイズが少し小さいだけで、もちろんお刺身でも十分食べられる鮮度の魚なのですが、魚市場ではこの扱いなんですね。

市場でみれば小さく感じますが、いざ一夜干しにしてみると頭を落としてもこんなに立派に出来上がります。(網目は乾燥のしすぎでついたもので、通常はつきませんので・・)昨晩試食していましたが、もちろん味も淡白なホウボウですので、上品で超美味!!酢橘かレモンを添えると味もいっそう引き立ちます。こちらもトロール市や各種イベントで定番にしていきたいと思います。

「ホウボウの一夜干し」 どうか皆さま、お見知りおきを!!

座右の古典

日曜ですが昨日に引き続きトロール市も営業中です。今日は終日、年末売り出しと新年を迎える準備等の一日でした。今日の四国地方はこのとおり大寒波!この天気がもう一週間でも早く来てくれていれば!独り言ですけど・・。海幸丸は今晩も入船、21時半より荷揚げを行って今年最後の航海へ向かいます。

20101226-2.jpg

12月は初旬からこんな本を読んでいました。世界の古典の中から著者お薦めの書籍を50冊選んで、そのエッセンスを紹介したものです。分かりやすい文章かつ、ポイントも明快で、短時間で少しずつでも読めるとても良い本でした。時代の変化に関わりなく、自分の年齢や成長に合わせて、読み返すことで新しい発見があるのが古典の魔力であり魅力です。恥ずかしながら、これまで私が手にとったことのあるものはこのうちわずか10冊少々・・、来年こそは、この本をガイドブックにたくさんの古典を読んでみようと心に誓ったのでした。新年を迎える前に出会えて良かった、そんな一冊でありました。

そろそろ軍神広瀬の時間がやってきましたので、失礼いたします。

「座右の古典」(鎌田浩毅著/東洋経済)

師走の漁も大詰めに!

クリスマスシーズンに入りましたが、海幸丸は時化の中、昨日より連日入船しております。今年の12月は原料・鮮魚ともに、かなり低調な水準での取引で終わってしまいそうです。全国的なものではありますが、厳しい今シーズンを象徴するような最盛期の市況です。今朝の売りで水エソ漁もほぼ終了しました。残り2航海は、お正月用の刺身用鮮魚を中心に水揚げして、年末休みに入る予定です。もうひと踏ん張り、頑張りましょう!

仕事と忘年会他諸々で、12月は朝、昼、夜とかなり忙しいのですが、暇を見つけては来年2月の愛媛マラソンに向けてボツボツと走り始めております。(遅いですけど・・)正直、昨年のしんどさを想像すると、今からでも棄権したいくらいなのですが、走り始めたら最後まで走るしかない、ということで“年に一度の罰ゲーム”のつもりで、楽しんできたいと思います。

出走される皆さま、どうぞよろしくお願いします!4時間10分台での完走がいちおう目安です・・

日本人ですけど・・

サンタさん、来るかな?

懐かしの・・

天皇誕生日、本日は入船なしでした。買い物があって地元のホームセンターに行ったのですが、レジ前で懐かしいお菓子を発見!ベビーチョコです。コンビニではあまり見かけない気がしますが、あまりに懐かしいので即購入。容器もデザインも昔のままで良い感じです。カラ箱もいろんな遊びの用途に使えますし・・。スーパーやホームセンターの衝動買いを誘う陳列政策にハマってしまう癖はいつまたっても直りません。

明日は海幸丸入船、今年も残すところ2航海です!

トロール市年末大売り出し!

いよいよトロール市の年末売り出しが近づいてきました。昨日はスタッフで最後の打ち合わせも行いました。今年もお正月用鮮魚として、海幸丸の天然魚も豊富に品揃えいたします。皆さま、お早目のご予約をよろしくお願いいたします!

100年カレンダー

お歳暮の出荷整理に今日は定期のお支払日で、事務所の中もとてもあわただしい一日でした。皆さま、お疲れさまでした。今のところ昨年に比べて受注も伸びているようで、弊社の製品をご愛顧いただいている皆さまには、ただただ感謝です。夜はJCの次年度理事会、明日は早朝入船のため早めに帰宅しました。


「あなたの命日はこの中のどこかに必ずあります」

自己啓発セミナーなどでよく使われる“100年カレンダー”ですが、弊社の事務所入り口の壁にも貼られています。これまであまり気にとめて見たことはなかったのですが、こちらの100年カレンダー(宇和島運輸さまからのいただきもの!?)はかなり昔に貼られたもののようです。

といいますのもよく見ると、こちらのカレンダーに記された100年は1910年から2010年まで・・!!

実にあと10日あまりでこのカレンダーの100年も終わりなのです!私の命日は幸いなさそうです。父の命日はありましたが・・。とても貴重な品物ですし、弊社の歴史とともに時を刻んできたカレンダーですので、2010年が終わっても大事に保管しておこうと思います。

宇和島運輸さま、ありがとうございました。

うちわネタですが、

次の100年に向けて、Go Ahead!!

貼るカイロ

先航海後は思わぬトラブルで出遅れた海幸丸でしたが、一昨日夕方にようやく出漁、まずまず順調にエソ漁を終えて昨夜入船して、今朝の売りを終えました。蒲鉾製造のピークに合わせてのエソ漁ですが、今年は何日まで続くのか・・!?週明けからの天気の動きと合わせて注目!です。

最近、寒さのせいか少し運動すると腰と膝が微妙に痛い・・、何か劣化しているような痛みです。だからというわけではないのですが、先日、仲買人のおばちゃんにもらって、腰につけてみたところ、思った以上に長持ちするのがこちら!

最近、早朝の仕事には手放せなくなりつつあります。

とりとめもない話題で恐縮ですが、そろそろ“日露開戦”ですので失礼させていただきます。

パレスチナより

全国的な寒波到来!こんな時こそ八幡浜トロールの出番です。今日は水エソ、エボダイ、ハモ等を中心に900箱の荷揚げ、ようやく12月らしい相場とセリの雰囲気になってきました。こうでないと気合も入らんですね。いよいよシーズン中のシーズンへ、来週一週間が山場です!

高校時代によく遊んだ同級生K君が、今仕事でパレスチナにいるとのこと。エルサレムの隣で世界最古の町ジェリコ市というところに潜伏、いえ滞在しているそうです。まさかヒットマンにでもなったのか・・!?純日本人の私にはよく分からない難しい仕事をしているようです。

魚の注文と一緒に、こんな写真も送ってくれました。まさに事典の世界、一頭でいいので飼ってみたいですね。

気をつけて帰ってきてください!!

引き続きエソ漁です

師走もいよいよ第3週です。今日昼は諸々の計画業務の総仕上げ、少しずつ改良をは加えていますが、同一フォーマット(自前)の経営計画書を作り始めてもう5年目になります。なかなか先の読めない世界ではありますが、予め準備可能なことへは出来る限り対処したいものです。目標は一つの目安になりますし、1年の総仕上げの時期でもありますので・・。海幸丸はエソ漁で夜にピストン入船、明日の相場に期待です。

いよいよ大詰め・・

時化のなか、師走らしい水エソ中心の漁に変わってきております。今朝は4:30入船、他の魚種は、エボダイ、ヤリイカ、車エビといったところで総数1100箱でした。特にヤリイカ、水エソは他地域の水揚げの影響も受けて、厳しい相場が続いております。12月もすでに中盤戦、ここからの追い込みに期待したいところです!

私事ですが、先週末で本年度の八幡浜青年会議所の総会、卒業式、そして懇親忘年会と年末の恒例行事がひとまず無事に終了しました。1年間、私も理事長という大役を務めさせていただきましたが、皆さまのお支えには心から、ただただ感謝!のみで、なかなか良い言葉も見つかりません。この1年間、皆さまにいただいたご恩を忘れることなく、残りの余生?3年を過ごしたいと思っています。(12月の最終理事会では波乱が起きませんように・・)
私にとっては、自分の会社の仕事への意識という点でも、とても良い作用を及ぼすことができた(そう思いたい・・)充実した1年だったと感じております。これもすべては皆さまのおかげです。ありがとうございました。次の目標は、ズバリ“卒業”・・です。

魚の便利帳

書店で三男にねだられたのがこちらの本、「魚の便利帳」!目下、勉強中です!
季節の魚の美味しい食べ方や料理法に合わせて、漁業や水産流通の世界の時事ネタも豊富です。

「からだにおいしい魚の便利帳」(藤原昌高著/高橋書店)

盛衰の鍵は飽くなき革新にあり

少々トラブルもあって海幸丸は昨晩入港、今朝は4:30から荷揚げでした。今朝は今季一番の冷え込みで、さすがに相場も少しだけ高騰。次の航海もまずは同じだけの漁を確保したいところです。その前に安全操業のため、再度、“注意”も徹底いたしましょう!!

仕事においては、あたりまえのことをあたりまえにやる。少しでも工夫や改善を加えてより良い方向へ、皆が目指す方向を一つにして協力して行う。すべては誰か一人のためではなくて、これからのより良い会社運営のため、ひいては私たち皆の将来のため!!なのですが、近視眼的なエゴ(というか自我?)が出てきますと、せっかくの良い工夫や改善策、チームワークも水の泡・・ですね。気をつけたいものです・・。

今読んでいる「致知」の1月号のテーマは「盛衰の原理」!

中央大学時代には司法試験を目指していたという喜代村(すしざんまい)の木村社長の記事では、「経営者として従業員の皆さんに求めること」として、「お客様に良い印象を与える八つのポイント」を挙げて、次の八点の回数を最大限多くするように、徹底しているそうです。

一、挨拶の回数
二、笑顔の回数
三、返事をする回数
四、キビキビ行動する回数
五、相手の目を見てうなずく回数
六、声の大きさ、明るさ
七、相手を褒める回数
八、料理の評価を伺う回数(いかがでしょうか、いかがだったでしょうか?と心を込めて行う)

この回数が多ければ多いほど、お客様は、「すしざんまいは感じの良い店だったな」と好印象を抱いて帰られるとのこと。

「盛衰の鍵は飽くなき革新にあり」だそうです。

いくら時代が変わっても、支障がないから何十年も同じ仕事のやり方を変えない・・!のはまぎれもなく、“衰退”・・なんですね!

お客様の視点、時代に合わせて仕事のやり方を常に改善していく意欲と工夫、そして試み。

これこそが、まずはあたりまえことがあたりまえにできる、あたりまえの会社に近づく、第一歩ではないでしょうか!!!

丸二謹製エボダイ味噌漬け

あまり大々的なPRはしておりませんが、当店自家製の“味噌漬け”も製造・販売しております。常連のお客さま向けの注文生産ですが、今日美味しそうに完成していました。定番の魚種はアマギとアマダイですが、こちら郷土の味噌と絡んで絶品ですよ!“一夜干し”ともども、こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

魚種も年末モードに

海幸丸は連日入船、対象魚種も徐々にですが水エソ主体の年末仕様になってきました。トロール市ではお歳暮の出荷もほぼピークに!皆さまのご愛顧、まことにありがとうございます。今日は連夜のアルコールを抜きに!?走り始めたものの、途中でウォーキングに・・。最近は一週間分の体力のペース配分を考えてしまうのも年のせいでしょうか?こちら散歩しながら1枚、この季節の宇和海の夕日はとてもきれいです。

今季のジンクス

朝から大雨が降ったり吹雪いたり、はたまた晴れたり・・と激しい天候の週末です。今シーズンは、私が出張に出て、市場の入港・セリに立ち会わなかったときに限って相場が上昇、出張から帰って市場に出るとガクンと相場が下がる・・!?というのがお決まりコースのようです。最近、ジンクスを重んじる船(乗組員)からは、「社長はもうどっかに行って帰ってくるな、市場に出んといてくれ!」と言われております。

だから、というわけではないのですが、明日からまた1泊で大阪へ出張予定!日曜の相場↑に期待・・です。最盛期ですし、この際、放浪の旅にでも出ようかな?

網元鮮魚で朝開き!

先日ご紹介した獲れたて鮮魚の付加価値化に向けた秘密兵器!?はこちらの「特殊冷風乾燥機」(GSK製)です。11月25日に弊社トロール市にて導入・設置となりました。水揚げされたばかりの鮮魚を干物用に加工して、約2時間後には一夜干しに仕上がります。

魚の種類やサイズ、魚体に応じて、時間で乾燥度合いも調整できるため、トロール漁のような種類豊富な漁獲物の付加価値化にも対応できそうです。まずは店頭販売やイベントから徐々に認知度を高めていければ、と思っています。

魚体が短時間でまんべんなく乾かせるツイン乾燥と、子供やお年寄りにも喜ばれるふっくらとした焼きあがり・食感がこのシリーズ(ソフト干物)の特徴です。海幸丸の水揚げ鮮魚の加工販売、贈答需要や料理店様への直送はもちろんですが、魚のさばき方教室、小学生の課外活動等の魚食普及・啓発活動等に組み入れた活用も広がりがあって面白そうですネ。

こちらは今朝店頭で販売した高級魚、アカムツ(ノドグロ)の一夜干し!

あなただけの自家製干物をお気軽に・・、ということで、店頭でご購入いただいた魚を一夜干しに仕上げたい、というご要望にもお応えいたします!
新しい製品を少しずつこのブログでもご紹介していきますのでどうぞお楽しみに!

シッポリ忘年会

今日は地元に新しくオープンする“スーパーホテル八幡浜”のレセプションに参加してきました。近年、寂しい話題の多い八幡浜にとっては久しぶりに明るい話題です!自宅からわずか1km少々の距離ですが、「天然温泉」、「健康朝食無料」の看板に、我が家の息子たちは、「朝ご飯が無料よ~、泊ろうやぁ~!」と興味津々の様子・・、親としては対応に苦慮しております。

夜は長年お世話になっている先輩と二人でシッポリ忘年会、海幸丸で獲れる底魚、そして八幡浜の地魚がたくさん並ぶ寿司屋さん、「こけけ」に行ってきました。ゆっくりと飲みながら、気兼ねなく、じっくりと会話が楽しめる食事は至福のひと時ですネ。いつもありがとうございます!!

明日、海幸丸は12月操業最初の水揚げ予定です。

いよいよ師走!

昨日早朝入港した海幸丸は今朝まで月末の給料休み、今日10:00に出漁して12月操業に入りました。なかなか気温も高くて12月らしくない天気が続いていますが、この月ばかりは私たちの仕事、天候に“一喜一憂”です。毎年皆さまにご愛顧いただいているお歳暮の一夜干しも、そろそろ出荷のピークを迎えています。いつもありがとうございます。あわせて年賀状等々、年明けの準備も少しずつ・・。良い新年が迎えられるよう、体調とスケジュール管理をバッチリと行いたいものです。

晩秋

今年初めての大洲新谷の稲荷山公園、毎年紅葉祭りに行っていますが、今年はやや遅すぎたようです。やっぱり青い若葉が混じる紅葉が一番きれいですね!

たまたま我が家の4男坊と誕生日がまったく同じ、という女の子にバッタリ出会いました。
お互いに直感的にわかるのか、何度も抱き合っては微笑みあったり倒したり倒されたり・・

誰に似たのか、なかなか積極的です・・!?

11月最終航海へ

今朝は4時半入船、ヤリイカ相場は若干の上げでした。海幸丸は11月最後の航海に向けて出漁しております。今日はセリを終えて、新居浜へ一件ご挨拶、午後からは松山大学で3回目の社会人セミナー、夜はお招きいただいた某交流会へ参加してきました。長い1日でしたが、昼は学生の純朴なやる気と好奇心に、夜は大先輩の皆さまの仕事と経営に対する意識、考え方に大いに学ばせていただいた有意義な1日でありました。

明日は土曜、久しぶりに朝の仕事予定は今のところなし、というわけで、少々夜更かしして今年一発目の「第九」を聞いています。リズムに動じない重厚・骨太のバリトン(ハンス・ホッター)がドイツっぽくていつ聴いても良い感じです。ゾクゾク来ます。

早いもので、もう年末ですネ。年をとるはずです・・

20101126.jpg

オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団・フィルハーモニア合唱団(1957/EMI)

網元鮮魚PRへ向けて

最近、各種イベントで名物に?なりつつあるトロール市の地魚フライに地魚バーガー!イベント用に幟(のぼり)を発注してみました。デザインはこんな感じです。街でこの幟を見かけた方は、ぜひお立ち寄りくださいませ!今日は“大安”ということで、鮮魚のさらなる付加価値向上に向けた新設備(秘密兵器!?)も導入・設置しました。しばらくは要研究ですが・・。詳しくはまたお知らせしますのでお楽しみに!

非常識経営の夜明け

昨日の祝日は、青年会議所の愛媛ブロック新旧合同協議会でした。これまで長年お世話になった先輩方もご卒業を迎えられました。今年度のJC活動も、気づけば残り一月あまりとなりました。昨晩は松山泊で、ただ今、前回の出張時に先延ばしになってしまっていた営業訪問のため、日帰りで大阪出張中です。今日の大阪はコートがいらないくらい暖かかったです。また貴重なご縁をいただき、ありがとうございました!

20101124.jpg

行きはこちらでお勉強。従来の合理主義経営学がDoingなら人間性経営学(長老型マネジメント)はBeingとか!
もう少し習得してまとめてみたいと思います。

「非常識経営の夜明け」(天外伺朗著/講談社)

それにしても今朝のニュースにはまたもビックリ、何でもありの世界です・・。しばらくは報道に注目です。
日本の政治と外交が目覚めるのは良い機会かも!?

良い夫婦の日!

今日は良い夫婦の日!会社は定期のお支払日でした。昨日は量としては今季最高の2400箱!主には、太ってきたこちらのヤリイカですが、鮮魚、原材料ともに最盛期らしからぬ相場に沖も陸もグッタリ・・、需給バランスとかデフレとか、そういう単純な原因でなく、もっと根の深いところに根本的な構造的問題、欠陥?があるように感じる近年の市況です。今晩も夜半入船です。風邪には気をつけましょう!!

城山公園

今日は用事があって家族で松山を往復、城山公園の紅葉も見ごろでした。海幸丸は古満目沖での操業を終えて本夜半入船、明日は4:00より、ヤリイカを中心に約2400箱の荷揚げです。サイズの大きい“立ヤリ”も徐々に増えているとのこと、鮮度に期待です!

16歳と61歳

今朝は4:00入船、ヤリイカ、レンコダイ、シロムツ等を中心に約2000箱の荷揚げを行いました。漁は良い出来なのですが、相場はやはり厳しく・・、全国的なものですので如何ともしがたいのですが、沖で奮闘する乗組員の皆さんにとっては、今年ばかりは本当に正念場です。全国の漁師の皆さん、頑張りましょう!!!

16歳で公認会計士試験に合格した少年が最近、よくTVに出ています。すごいことで少年の優秀さにはただただ驚くばかりですが、新聞では「ちなみに合格者の最高齢は61歳・・」との記事も発見しました!!

マスコミではあまり取り上げられていないようですが、天の邪鬼な私は、この61歳のお父さんの方に少年の5倍くらいのエールを送りたい気持ちです。30代を過ぎると一気に合格率が低くなるといわれる公認会計士試験で、隠れた快挙だと思います。毎年の合格者最高齢が何歳かは知りませんが・・。

これぞ、人生何事も始めるのに遅すぎることはない!という好例ではないでしょうか。
こんな感想を持ってしまう私は、16歳よりも61歳のほうが感覚的に近いのか!?自分もそんな年になったということでしょうかね~。
皆さんは個人賞(MVP)を一人に送るとすれば、どちらを選ばれますでしょうか?

広域漁業調整委員会

昨日より一泊で上京、今日は農林水産省の講堂で行われた太平洋広域漁業調整委員会に出席してきました。私にはとてもオカタイ・・、会合ではありますが、全国で取り組まれている漁業資源の管理・回復計画はとても興味深いものばかりです。漁業資源の永続的維持・管理への取り組みと漁業者の収入安定・存続は、自給率向上のためのまさに両輪ではないでしょうか。明日は海幸丸本船入港です!

それにしても・・

会場の講堂は寒かった・・です。

権現山で

今朝10:00に海幸丸は再び漁場へ向けて出漁!船を見送った後、最盛期を前にお墓参りに、と昼前に家内と裏山に登りました。段々畑のみかんも収穫の時期を迎えて良い景色、いつもと違うコースから降りようと草むらの細い小道に入ったところ、

この季節にまさかの天敵出現・・、なんと蛇でした。赤色に黒い点々!青大将ではないことはたしかです。
だとしたらマムシ!マムシは=毒ヘビ!?
あまりのショックで、今日は午後からも終日、放心状態でした。家内を置き去りに、走って山を駆け降りたのでした。
それにしてもこの11月に、私にはとてもショックな出来事でした。恐るべし、権現山・・

経営者の運力

20101113-1.jpg

時代は合理主義経営学から人間性経営学へ。運命の周期性(フローとボトム)、運力に着目したとても面白い書でした。この著者、要チェックです!今日は、これより研修に参加するためスーパージェットで広島往復、明日は恒例の臼杵JC交流会のため、フェリーで大分往復です。海幸丸はただ今ヤリイカを中心に操業中、明日の売りで中休みに入る予定です。

「経営者の運力―逆境をチャンスに変える神秘の智恵」(天外伺朗著/講談社)

カイワリ

昨晩は、ある飲み会がありまして、後ろ髪をひかれつつも松山からの最終電車に乗り込みまして、何とか宇和島まで乗り過ごすことなく八幡浜で下車、仮眠をとって市場に出ておりました。それにしてもJR予讃線の独特の揺れと音のリズム、暖房は眠気を誘いますね~。高知沖の鮮魚諸々にヤリイカ等、総数は1800とまずまずの漁でしたが、時化にしては今一つ、という市況でした。

こちら今夜の晩酌のあて、カイワリ(メッキ)の刺身!自宅用のためざっとした切り方でスミマセン・・。

愛媛沖トロールでは宮崎・日向灘沖で獲れる代表魚種で、昔から評価(価格)が今一つの魚種なのですが、実はどんな料理にも合う、底ものらしい良い魚です。定番は何といっても煮つけですが、300gを超える鮮度の良いものは刺身も美味です。シマアジ・ヒラマサ系のとても柔らい身質ですが、脂も乗って日本酒によく合います。安価でこの味、鮨ネタにも抜群で、昔気質のトロ乗り(漁師)が一番好むタイプの魚でもあります。

皆さまもメッキの刺身に熱燗、いかがでしょうか。

おかげで私も今晩はよく眠れそうです・・。

誰も傷つけなかった草よ

連日の時化、昨日から気温が一気に下がりました。魚の相場に影響するのは明日の売りくらいからでしょうか。海幸丸は高知沖から古満目沖に移動して操業、明日早朝に入港予定です。今日は所用で松山を2往復、これから久しぶりにJRで出かけます。普段はこの夕方の在来線(登り)は利用しませんので、違った景色が見えそうです。

のろくてもいいじゃないか
新しい雪の上を歩くようなもの
ゆっくり歩けば
足跡が
きれいに残る

星野富弘

「雪の道」―「鈴の鳴る道」 偕成社 1986年より)

人は身体が不自由になった時、心で生きる。
人は身体が動かなくなった時、心で世界を見る。
心が身体のぶんまで生きる時、心は言葉に魂を投影させる。だから、その言葉はいのちの輝きを持つのだ。

「言葉の力、生きる力」(柳田邦男著/新潮文庫)より

壊れる日本人

今朝は4時半入船、高知沖から豊後水道へかけての2日間の操業で漁獲はまずまずでしたが、相場はまたも下げ・・、引き続き試行錯誤の操業が続いています。それにしても今日は暑かったですね。午後からは半袖で過ごせるくらいの気温でした。この温暖な気候も魚価に影響しているのですが・・。

こちらも出張中に読んだ文庫本より一冊ご紹介。

少し不便でも大事なものを手放さない賢い選択をしよう。曖昧な故に芳醇だった日本文化の再生を訴え、少しだけ非効率な生き方を提唱する書です。週に一回、“ノーケータイ・ノーテレビ・ノーネットデー”を、「だが、しかし」と考える視点、「あいまい文化」を蘇生させよう、「向き合う姿勢」を取り戻そう等々、IT万能時代となった今、私たちが忘れてしまった、本来のコミュニケーション、ナショナリズムに大切なことに気づかせてくれる本でした。

今日の「TVタックル」では、久しぶりに麻生さんと安倍さんが元気そうでした。
このくらいのパワーを持ったまま総理大臣やってもらえれば・・、あとの祭りではありますけど。

20101108.jpg

「壊れる日本人」―ケータイ・ネット依存症への告別(柳田邦男著/新潮文庫)

ヨシキリザメ探しに・・

今朝はヤリイカ1200箱の売りでしたが、先々週の時化から一転、凪が続いたせいで全国的にも供給量も多いようで、相場は落ち込みました。次回はいったんヤリイカ漁を見合わせ、高知沖での操業を予定しています。今日は日曜のため、魚好きの子供たちを連れて市場を一周、この子たちが大人になる頃には八幡浜魚市場はどうなっていることやら・・?見てみたい気もしますが興味半分、怖さ半分ですね~。明日は朝に本船入港を予定しています。

優勝はオランダでした!

昨日の“フットサルワールドカップ2010”(決勝トーナメント)ですが、八幡浜JCは残念ながら横浜JCに5対2で完敗、ベスト8止まりでした。皆さま、応援ありがとうございました。同じく日本から出場していた広島JCもベスト4で欧州勢に敗退し、決勝戦はオランダvsスペインという世界大会らしい、実に豪華なカードとなりました。

両国の国歌斉唱の後、始まってみれば巨体同志の迫力満点のぶつかり合い!!ともに国の威信をかけて本気モードです。

審判へのアピールもこの通り、本物のワールドカップさながら!TVでよく見た光景でございます・・

オランダ選手負傷・・、このオーバーアクションもサッカーの本場、ヨーロッパ勢ならではです。次は私たちも真似したいと思います。(機会はなさそうですが・・!?)

スペインも負けじとこのアピール!

1点を争う超好ゲームでしたが、最後にはオランダが1点を守りきって優勝!みごとワールドカップ南アフリカ大会の雪辱を果たしました。

オランダチームの皆さま、優勝おめでとうございました!

濱浜対決前夜

20101104_1878092.jpg

ただ今、大阪で開催されているJCの世界会議に参加しております。注目のフットサル・ワールドカップ2010では、八幡浜JCチームは香港JC、台湾JCを退けてみごとDグループ1位で決勝トーナメントに進出しました。やるからには何事も本気!!明日の第一戦の相手は横浜JCです!浜(はま)のプライドをかけて戦います。

昨日上京、全底連と沖底の同業4社で、漁獲物の流通(付加価値化)について話し合う流通専門部会に参加してきました。北海道、長崎、島根と産地は異なりますが、各地域の取り組みは自社の流通を考える上でとても勉強になりました。既存の市場流通に安住している限り、進歩と発展がないことをあらためて感じた部会でした。今日夕方には大阪へ移動、明日はいよいよ世界と戦います・・!

いつもお世話になっている知人にご紹介いただいた「凍」、ヒマラヤの難峰にソロ(アルパイン・スタイル)で挑んだ二人の物語です。久しぶりのノンフィクションでしたが、圧倒的な読後感を持つ書でした。極限の状態でルートの美しさにこだわる、これほどまでにストイックな世界、生き様というものがあるんですネ。もう一度読み返したくなる、すばらしい作品でした。

2010113.jpg

一本の指を失っただけで、人は絶望するかもしれない。しかし、十八本の指を失ったことは、妙子を別に悲観的にさせることはなかった。好きなことをして失っただけなのだ。誰を恨んだり後悔したりする必要があるだろう。戻らないものは仕方がない。大事なのはこの手でどのように生きていくかということだけだ。

「凍」(沢木耕太郎著/新潮文庫)より

フットサル世界大会へ!

今日の八幡浜は終日雨、気温はやや高めの一日でした。午前中は事務所で書類整理や出張準備を行いまして、昼は読書に家族サービス、夕方はフットサルの練習に行ってきました。といいますのも私事ですが、我らが八幡浜JCのフットサルチーム“神風トロール隊”がこのたび愛媛代表、いえ日本を代表して、今週末、大阪で開催される“JCI世界大会フットサルフェスタ”に出場するからです。ブラボー!

JC先輩の皆さま方の温かいカンパによりユニフォームも揃えまして、いざ出陣です。私のポジションはゴールキーパー!世界のストライカーのシュートを体で止めてきたいと思います。

子供たちに、「パパはサッカーの世界大会に出てくるから!」と言ったところ、大騒ぎになって、小学校の友達に自慢したり、テレビ中継を本気で心待ちにしたりと・・!?言うんじゃなかった、とやや後悔しております。

それにしても、この年になるとサッカーの激しい動きは応えますね。つくづく年齢を感じる今日このごろです・・。怪我をしない程度に、と言いながら出るからには、決勝トーナメント目指して、頑張ってきたいと思います。

一昨日出漁した海幸丸はヤリイカ、水エソを中心に操業していて、本夜半23時の入船予定、そろそろ荷揚げに出動です!明日の相場に期待したいところです。

社長のノート②

大型台風の影響で早めに月末休みをとった海幸丸ですが、今朝は予定通りに出漁、11月航海に入りました。今季は昨年に比べて厳しいスタートとなった八幡浜基地ですが、これからはいよいよ最盛期!ヤリイカも成長に合わせて価格も上がってきましたので、年末に向けて好漁に期待したいところです。

20101030.jpg

先日も少しご紹介した「社長のノート②」、「企画書の枚数が多いほど赤字もふくらむ」というテーマでは、企画書に書き込むべき内容として、次の7項目が挙げられています。

① この案件にはどういう背景・経緯があるのか
② 何が課題なのか
③ どんな機会(可能性)があるのか
④ 課題や可能性を解決するために、目標をどこに設定するのか
⑤ 目標を達成するための戦略・アクションプランは何なのか
⑥ プランを実行したときの経済性はどうなのか
⑦ 他への影響は何なのか

「社長のノート②打たれ強く、生き抜く」(長谷川和廣著/かんき出版)より

実にシンプルで本質を捉えられる切り口ですので記録を!

弊社も両社とも決算を終えて、早いもので計画書の更新時期がやってきました。今年はこの切り口を参考に、シンプルにまとめてみたいと思います。

こちらは市内の釜之倉という地区のコスモス畑!今日家族で見物に出かけてきました。近隣住民が協力して手入れしている畑で、毎年多くの見物客も訪れます。脇の川には沢ガニに鮠(ハヤ)もたくさん生息しています。

まだまだ自然いっぱいの八幡浜!!みんな、一度でええけん、来てみなはいや~。

剛(GO)の会

大阪では“剛の会”という右翼の・・、いえ仕事関係の楽しい集まり!に参加しておりました。2日間にわたって様々なご縁をいただきました。皆さま、大変お世話になりました。夕方に戻ってみると、私たち夫婦の媒酌人でもある東京時代の恩師から書籍がどっさりと、山のように届いておりました。なかには知る人ぞ知る高価な本もたくさん!勉強して活かさねば・・です。ありがとうございました!

海幸丸は台風前の追い込み操業で、連夜の入船が続いています。漁獲物はもっぱらヤリイカですが、さすがに全国的な時化の影響で相場は上昇基調です。明日はいよいよ週末、しかも月末ウィークデーということで、早朝からの荷揚げ・売りに月末事務、あわせて松山の某イベント出店!と盛りだくさんですが、寒さと眠気に負けず乗り切りましょう!!

現在のところ、海幸丸は台風の間に“月末給料休み”に入る予定です。

早く走るコツ

一気に冬がやってきた!というような寒い一日でした。いろいろと予定も多く濃い一日でしたが、夕方には慌ただしくなる年末を前に、トロール市のミーティングも行いました。海幸丸は今夜23時すぎに入船、ヤリイカの荷揚げ後は週末の売りを目指して再度漁場へ向かいます。ここ数日、時化のため魚も切れていますので、相場にもやや期待・・、私は明日から一泊で大阪出張です。こんな時こそ風邪には気をつけたいものです。皆さまもご用心くださいませ!

今読んでいる本に、陸上(ハードル)の為末大選手が語ったこんな話が出ていました。曰く、早く走るには体を思い切って前のめりにするのがコツだそうで、そうすれば転ばないために早く足を動かしてバランスをとるため、自然に早く走れるとのこと。

「社長のノート②」の著者、長谷川和廣さんは、この話は仕事の心構えにも通じること、として説明されています。仕事の重心を思い切ってぐっと前にとる、つまり自分が決めている限界点を超えたところにあえて目標を定めてみることで、いっそうのハードワークが必要となって、結果としてそれまで以上に仕事力を高め、不可能を可能にしてくれるのだそうです。

仕事に限らず、勉強でもスポーツでも恋愛でも・・?応用できるすばらしい考え方ですネ!!

天然鮎

昨日の売りでは、若干ですが相場上昇の気配も見られまして、月後半の漁獲と価格に期待したいところです。今日は午後から、急きょ営業と視察を兼ねて松山を往復してきました。10月最終週を迎えて、ようやく決算業務も終わりまして一息、これからしばらくは、前に向かった仕事に邁進していきたいと思います。

日もずいぶんと短くなって、夕方の6時にはもう真っ暗ですネ。今日は珍しくゆっくり自宅で食事・・、だからというわけでもないですが、ちょうど栃木の親戚から送っていただいた天然鮎をいただきました。こちらの鮎とはサイズもまったく違って、食べ応えがあります。子もぎっしりと詰まって柑橘と合わせると絶品ですネ!やや涼しくなったこの季節、熱燗もすすみます。焼き方も美味しくいただくコツでしょうか?

考えてみれば、本ブログでは川魚初登場!?これも一魚一会ということで・・。
専門外ではありますが、トロール市でも“お取り寄せ”したいくらいの味ですヨ!皆さま、いかがでしょうか。

アカムツ好漁でした!

本日土曜、八幡浜は休市でしたが下関では第21仁洋丸が入船して、久しぶりにアカムツが450箱と豊漁でした。海幸丸のほうは今夜半入港、明日4:00より荷揚げの予定です。函数は1800箱とまずまずのようですが、売りのほうは果たして・・!?少しだけ期待しつつ休みたいと思います。

今日は青年会議所の2011年度の会員会議所もありまして終日松山でした。長年の懸案でもある公益法人制度改革に向けたセミナーもありまして、メンバーの皆さまと拝聴してきました。今日のセミナーを終えて、やや方向性も見えつつあって一歩前進、というところでしょうか?明日日曜は、いよいよ「JCファーム収穫編」も開催されます。こちらもどうぞよろしくお願いいたします!!

今日のヤリイカ

豊後水道南海域のヤリイカもようやくこのサイズ!漁獲物の選別はすべて船上で行うため、サイズが大きければ大きいほど、色艶良くきれいに製品化できるのです。サイズも価格ももう一息ですネ!10月後半に向けて立て直していきたいものです。秋祭りも終わって静かな八幡浜が戻ってきました。月末~月初はまたまたやや長い遠征へ。大阪、東京が中心ですが、宇和海の幸をPRしてきたいと思います。

10月中休みへ

海幸丸は、鹿児島沖~古満目沖へのかけての中3日航海を終えて5時入船、中休みに入っております。今日から地元は秋祭り!ですが、祭り需要で魚の相場が上がったのは大昔の話で、今朝の相場も予想通り地を這うような価格でした・・。近年にない状況で、明らかに対消費地向け市場流通の限界を感じていまして、流通・加工に目を向けない漁業者、出荷業者には明日がないことを確信しております。こんな時こそ消費を見据えて、課題やアイディアを具体化するチャンス到来、ということで流通事業部の出番ですね。引き続き知恵を出し合いましょう!今晩は新居浜太鼓に負けないように、張り切って踊ってきます!!

新居浜太鼓祭り

初めて見てきました。新居浜太鼓祭りです!勇壮かつ絢爛、観客のエリア制限もない(というか無理?)ため、見る側との一体感、臨場感もあって迫力満点ですね。これぞ男のための祭りです!今日は運転手だったため、帰宅して、“そーりゃ”の掛け声とともに祭りの余韻に浸りながらようやくビールで喉を潤しております。太鼓の勇ましさにあやかって、八幡浜でも大漁期待!といきたいものです。

明日は太鼓祭りへ!

20101015.jpg

今日は朝からミッチリと書類業務、夜はJCの第11回理事会でした。終了後は居酒屋で軽く食事をして帰宅しますと、NHKでは“サイトウキネン・フェスティバル2010”をやっていまして、小澤征爾の復帰コンサート(弦楽セレナード)にも間に合いました。飾らない、自然体のインタビューが小澤さんらしいですね。これより幻想交響曲、明日は新居浜の太鼓祭りを見学に行ってきます!

プロジェクト第1回地域協議会

4時半入船、ヤリイカ他1800箱の水揚げでした。午後からは漁船漁業構造改革プロジェクトの第一回地域協議会も開催されました。新しい魚市場の建設・竣工を前に、課題山積の八幡浜の漁業・水産業界ですが、将来を見据えるためにも、今こそ行政、各事業者の垣根を越えた議論が必要です。

ピンチこそチャンス!

海幸丸は今朝5時過ぎ本船入港、鹿児島沖航海で3日ぶりの荷揚げでした。今回は成長途上のヤリイカ漁場は経由せず。マダイ、レンコダイ、カイワリ、イシダイ、イシガキダイ、エボダイ、ヤガラ、カマス、フカ、カワハギ等が主な魚種でした。10月も半ばですが値がつかない売れ残りの多い今季、試練の操業が続きますが、加工流通の面では新しい素材開発や作り込みのチャンス!会社の協力体制の見せどころですネ!

7回目の幼稚園運動会

今日は「体育の日」!本来は昨日行われるはずだった幼稚園の運動会ですが、雨のため今日に延期となりました。数えてみれば今年で7回目の参加、一番下の子が卒業するまで計算すれば、実に11回連続の参加!!となります。見どころはやっぱり“騎馬戦”ですが、今年は八幡浜JCフットサルチーム、“神風トロール隊”を世界に導いた若手のホープ、A君が見事に準優勝!

おめでとう!大阪世界大会もヨロシク!!

言葉の力、生きる力

10月は決算・計画業務に合わせて、行事もオンパレードでついついサボリぐせが出てしまっているブログです。昨日は八幡浜市の補助金検討委員会、今日は内山青年会議所創立20周年の式典・懇親会に参加してきました。いずれも懇親会付き、ということでいろんな出会いをいただきました。皆さま、ありがとうございました。

内山青年会議所の記念事業(基調講演)では、昨年度日本JC会頭を務められた安里繁信さんのご講演を拝聴しました。昨年からいろんな場でお聞きしているのですが、発する言葉の力に心の底から圧倒されます。自分の入会しているJCの会頭だから、という色眼鏡はまったく関係なく、経験に裏打ちされた一経営者・企業人としての生き方、考え方、ものごとの捉え方にただただ感嘆してしまいます。
それにしてもほぼ同世代ですから、感嘆しているだけではだめで、少しでも近づかないといけないのですけど・・。内容はとてもここでは書ききれませんので割愛しますが、機会がありましたら、ぜひ安里さんの言葉に触れてみられてはいかがでしょうか。

先日、お世話になっている方からご紹介いただきました。安里さんの講演もそうでしたが、腹をくくった人の言葉、文章には力が宿るものなんですね。

20101010.jpg

「言葉の力、生きる力」(柳田邦男著/新潮文庫)

明日入港です!

今日もあわただしくあっという間の一日でした。夕方はかなり久しぶりに少しだけジョギング、夜は、またとある飲み会でした。飲み会前には、八幡浜の進めている“新港湾ビジョン”をテーマにした話し合いも持たれまして、皆さんで熱い意見交換も行いました。世代を超えた、気兼ねのない飲み会は良いものですネ!明日は海幸丸入港、ということで今日も一次会のみで早めに帰宅しました。引き続きヤリイカの成長に期待です・・!

地魚利用研究会

海幸丸は今朝本船入港、10月2度目の航海でした。新しいヤリイカ漁場も解禁となっていますが、相変わらず成長が遅い・・、今季乗り出しの資源状況は2年前のシーズンに似ているのですが、それでも10月初旬にはもう少し成長して「立ヤリ」が目立っていたはずなのですが。相場も今年は異様な低迷が続いていますので、何とか価格下支えの仕組みを考えねば・・とあらためて感じております。

そんな中ですが、昨日は愛媛県水産課が主催する「地魚利用研究会」に初めて参加しました。沖底で水揚げされる低利用魚を使った加工品を開発しようとの取り組みで、地元の食品メーカーや料理研究家の方々のご協力により、今回15品を試食させていただきました。
ハモカツに各種タイの姿めし(まるごと食べ鯛)、魚うどんにヤリイカ珍味、イカの削り節等々、アイディアもいろいろですが、同じく味もいろいろでした・・!?それでもこうして、関係者の皆さまのアイディアを持ち寄って意見交換できる場というのは貴重なもので、これからの水産活性化のためには欠かせない場だと思います。

歴史的に鮮魚の中央出荷主体でやってきた八幡浜の弱みは、やはり付加価値を高める加工産業が練り製品以外にないこと。そして、地域一体となってのブランド化等も含めた販売戦略が皆無であることだと個人的には感じています。さすがに販売は漁協まかせ、という時代でもありませんので、できる取り組みは小さなことからでも自社で行っていくべきだと思います。最初は個別でも各社の取り組みがつながりを持てば、活性化につながるインパクトを持つ事業に成長させていけるのではないでしょうか。

今月に入っていろんなご縁もいただいてただただ感謝です。社内でも皆で知恵を出し合いましょう!!

ガンバレ、大銀杏!

JC全国大会の長かった予定も無事終わって、最終日は鎌倉まで行ってきました。まずは若宮大路を歩いて鶴岡八幡宮、その後は1kほど歩いて建長寺へ。最後はタクシーで湘南海岸まで。いずれもその昔デートで良く訪れた場所です。(いちおう今の奥さんと、ということで・・!?)
鶴岡八幡宮ではつい先日強風で倒れて話題になった樹齢千年の大銀杏も見てきました。あれだけ倒れても青々と新芽が出ている様は、生命の神秘を感じます。合掌!

日本JC小田原・箱根大会

日本青年会議所の全国会員大会に出席するために、一昨日より横浜に来ております。今年は「小田原・箱根大会」のため、昨日から東海道線にて定宿の横浜‐小田原(箱根)間を数回往復しております。その昔、よく利用した路線だけに景色がとても懐かしいです。明日は式典に出席して、明後日、愛媛に帰る予定です。

魔法の真珠

海幸丸は9月最後の航海を終えて今朝5:00に入港しました。明日まで月末休みです。9月はヤリイカの成長遅れに、デフレ下の魚価安の影響も重なってかなり厳しい滑り出しとなりましたが、月も変わって心機一転!新しいヤリイカ漁場、古満目沖も解禁となりますので、気を取り直して参りましょう!こんな時こそと、会社にも運気を呼び込むために、植物に魔法の真珠を敷き詰めてみました!効果のほどや如何に??

期待の新人、幸輝君もこのとおり元気いっぱいです。
明日までには船員手帳も作成して、10月からは正規乗組員として乗船します。
17歳の若者ですので、まわりはみんなお父さん、いえお祖父ちゃん(よりも年上!?)世代です。
今のところ、うまく溶け込んでいるようで感心しています。お母様、どうかご安心ください!

空も秋色

夕方の浜風は涼しくてとても気持ちいいですね~。空も海も何となく秋色!この季節が大好きです。
海幸丸は明日9月の最終入港、月末休みを利用して修繕に入ります。私は明日からやや長期の?出張です。皆さま、留守をどうかよろしくお願いいたします!

面白きことも無き世を

今朝は5:30入船、中心はヤリイカでしたが、まだまだ成長途上ということで、9月最後の航海は宮崎沖まで足を伸ばしております。上は下関の魚市場で出会ったムンド君、インドネシアからの研修生で、21仁洋丸に乗船しています。現在、手を負傷中とのことで一時下船中ですが、セリ前には元気に荷揚げを手伝っておりました。

「龍馬伝」もいよいよ熱いシーンに突入していますネ。

映画やTVは集中して観たいほうで、今日は食事が終わって子供たちに、

「パパは8時から大事な仕事があるから早く上に上がって寝ろ」と伝えたところ、三男から、

「どうせ龍馬伝でしょ」と一言、父親の行動パターンはすべてお見通し!?

ちなみに三男の名前は晋作でございます・・


チカメキントキ

こちら(↑)、下関ではキンメで競られていましたチカメキントキ、デッカイですネ!ただ今、夕方のフェリーにて帰宅途中です。皆さま、お世話になりました!

やっぱり異常気象!?

昨日とは一転、涼しい、というか肌寒いほどの一日でした。下関2日目ですが、一気に秋めいて鍋が恋しい、ということで、今日は冬食材の魚食普及!を兼ねてアンコウ鍋もいただきました。(写真はモツ煮込み&フク皮ポン酢でスミマセン・・)早くアンコウに値がつきますように。太平洋も日本海も時化模様!これより仁洋丸の荷揚げとセリです。

簡単パソコン講座初級編!

早朝のフェリーで別府を経由して下関まで来ております。晴天でドライブ日和、かと思いきや昼前には豪雨!それでも午後一番には到着して予定をこなしております。ついでに支店の新しいスタッフ(先輩ですが・・)にPC操作のレクチャーも。私でもインストラクターが務まる程度ですので、かなり基礎的なことですけど。それでもデータのやり取りが可能になるだけでも、弊社にとってはかなりの進歩!ですので、どうかよろしくお願いいたします。練習ついでにコメント投稿もヨロシク!

明日、明後日と滞在して、第21・22仁洋丸の荷揚げにも立ち会う予定です。またご報告いたします。

鉢巻き姿で船出!

今朝は中3日の鹿児島沖~豊後水道の航海を終えて4時半入船、1700箱あまりを水揚げしました。マダイ300、ヤリイカ800、カイワリ120というのが主な魚種でしたが、いかんせん昨年に比べて相場の低迷がひどく、さすがに昨年のようにイカ漁だけでピストン入港!とはいかないのが現実です。皆さまから応援メッセージをいただている幸輝君は今日晴れて第15海幸丸に乗船、こんな感じ(↑)でベテランに交じって動いております。真っ白な鉢巻き姿がよく似合っていました。皆さま、温かく見守りましょうネ!

乗船準備OK!

明日からの海幸丸体験乗船を前に、漁師の必需品3点セット(合羽、長靴、手袋)を揃えに行きました。サイズも合わせて準備万端!夕方には、ドラッグストアにも行って個人用の飲料・お菓子も揃えました。明日には保険に加入して、乗船準備が整います!

ガンバレ、幸輝!おっちゃんたちに負けるな!

海を求めて

昨日、沖の仕事を求めて若者が弊社を訪ねてきました。兵庫県明石市からの一人飛び込みで、お祖父ちゃんがその昔、八幡浜で船乗りだったというルーツを辿っての訪問でした。全身からやる気がみなぎっている17歳、川瀬幸輝君です。

将来がとても楽しみです!

炎の海幸丸!?

中一日の航海で今朝入港しましたが、ヤリイカもまだまだ成長途中で小さい上に、鮮魚・原材料ともにベッタリ・・の相場でした。ひきつづき我慢の操業が続いています。次の航海は再び宮崎方面まで。入港は20日(敬老の日)を予定しております。こちらは真珠湾の、いえ、今年の八幡浜みなと花火大会の模様です。会社の屋上から撮影していた友人からいただきました。ありがとうございました!

アカタマガシラ

鹿児島から豊後水道沖へ漁場を変えていた海幸丸は今朝本船入港、マダイ、ヤリイカが中心でしたが、鹿児島沖特有の色とりどりの格安鮮魚も豊富に揚がりました。市場では“値付かず”の鮮魚ですが、一手間、一加工で、美味しい料理に大変身です。自然の海が育むこんな豊富な資源に価値をつけないのは、私たち漁業者を含めて、水産に携わる事業者の怠慢ではないでしょうか。トロール市では、冬の需要期に向けて加工で大忙しです。この付加価値化への意欲こそ“一魚一会”ですね!

上の写真は、アカタマガシラ!もちろん鹿児島沖の魚です。図鑑によれば、四国での呼び名をシコクタマガシラ、またの名をビタローだそうです。捌いてみたところ、うろこはかなり大きく硬かったですが、身は十分に刺身で食べられる鮮度でした。今晩、食べてみますのでまたご紹介させていただきます。

9月から新しい漁期ということで、職場も大掃除しまして、あわせて総務系の仕事の流れも少しずつですが改善しております。特に、これまでアナログというか紙!で処理してきたことは、少し工夫を加えることで、かなり効率化できるうえに、情報やデータの共有にもつながって皆の仕事もスムーズに進められるようになります。その過程ではこれまでの、恥ずかしいばかりのボロも出てきたりして・・、“後悔先に立たず”ですが。
改善の継続が革新につながる・・でしょうか!?

こちらは今朝水揚げされた海幸丸のクエ!京都のお客様へ直送させていただきました。

民主党代表選、間もなく開票です!

真ん丸ハタ

昨日は臼杵青年会議所さまの50周年記念式典のため、日帰りで九州を往復してきました。帰りの臼杵‐八幡浜便は、偶然にも今季初の山川港からのトラック便と一緒で、仲良く鹿児島の魚と一緒に戻ってまいりました!正味1日半の鹿児島航海で総数は600余りでしたが、予想以上にマダイ、レンコダイの相場は厳しいものがありました。それでも操業効率を考えると豊後水道の極小ヤリイカよりは良いということで、もう一日、鹿児島・種子島での操業を続けて漁場を変更する予定です。

こちらは今朝揚がっていたまん丸に太ったハタ、脂も乗ってそうで薄造りに鍋に、とても美味そうです!
こんな魚を見ると、切れる包丁で丁寧にさばいてみたくなりますね~!

山川入港予定です!

新しい期も始まったため、昨晩は決起&ミーティングを兼ねたトロール市の飲み会を開催しました。それにしてもリンダ君の食べっぷりには脱帽・・、健康な証拠でしょうか?また明日から皆さん、頑張りましょう!鹿児島航海中の海幸丸は、今日午後に山川港に入港、トラック便で陸送後、明日の八幡浜売りを予定しています。

業界のセオリー

今回の海幸丸は中2日の航海でしたが、台風の影響もあって思い通りの操業とはいかず・・、おまけに修繕が必要なトラブルも重なって昼過ぎに出港となりました。やはりヤリイカの成長も今一つ、ということで次回からは鹿児島沖・種子島方面での操業を予定しています。早く大きなってね、宇和海の魚たち!!

つい先日、書店で見つけまして「業界のセオリー」という興味深い本を読みました。様々な業界に脈々と伝わる常識を一冊にまとめたという本ですが、パラパラとめくるだけでもかなり面白い内容でした。あらゆる業界で言い伝えられているセオリーが200以上も集められていて、なるほど、とうなずける部分も多くて楽しい本でした。

困ったときは動物と子供・・・広告業界
汚い工場から、名品は生まれない・・・製造業
素材だけを使っても、フランス料理にはならない・・・料理人
子供番組の改編は4月じゃなくて1月・・・テレビ業界
2時間ドラマは、10時またぎに濡れ場を入れろ・・・テレビ業界
欲しい車はよく街で見かける・・・放送作家
ホラー映画は不況に強い・・・映画業界
お久しぶりですね、は三流・・・バーテンダー
階段は駆け上がるな・・・アナウンサー

等々のセオリーが印象に残りましたが、詳しくはぜひ読んでみてください!

20100909.jpg

「業界のセオリー/ビジネス界に脈々と伝わる先人の知恵」(鹿島宏著/徳間書店)

さすがに漁業界のセオリーは載っていませんでした。が、思い当るところで、昔から私たちのトロール業界で言われているのは、

「箱をたくさん積みこんだら魚がのらん!」

というセオリー!?です。

出漁前に、大漁を見こして魚箱をたくさん船に積み込んだときに限って不漁で箱を持てあます、一方、不漁を予想して、こんなものかな、と遠慮して少ない量の箱を積んだ航海に限って、箱切れになるほどの大量の魚(しかも格安の!)が水揚げされてしまって後悔しながら帰港する、おまけに不運なときはこれを繰り返す・・、というものです。セオリーというか、ジンクスですね。

いろんな業界にも似たようなことがあるのでしょうが、調べていくと面白いでしょうね。

八幡浜とロール

今日は月に一度、八幡浜の商店街が賑う八日市でした。今回のトロール市からの出品は“一夜干し”でしたが、ここ数カ月続けていた“地魚フライ”を目当てに来られるお客さまも多く見受けられました。今年は皆さまのご愛顧により、お中元・贈答用の商品もほぼ出尽くし、ただ今、9月解禁後の水揚げ鮮魚で一夜干しと地魚フライともに製造を開始しているところです。相場の安い9月、10月は加工の繁忙期ですが、いろんな角度から商品化を試したいものです。明日、本船入港です。

商店街に近いケーキショップこんな企画を見つけました。

八幡浜とロール!

船のトロールにかけているのか、それとも他に意味があるのか・・?

良く分かりませんが、今度買って食べてみたいと思います。

すでに食べたことのあるという方、よろしければ感想をお聞かせくださいませ!

元裕先廉

今朝は海幸丸今季2度目の入船でした。今回は宮崎沖から豊後水道にかけての漁でしたが、アカムツ、メンタイ、レンコダイ、マダイも少しずつ揚がりました。例年に増して!?かなり控えめなスロースタートですが、ヤリイカの成長とともに後半戦に期待したいところです。毎年ですが、“値付かず”の売れ残りもたくさん出ていますので、今晩はたっぷりと魚を堪能したいと思います。

「元裕先廉」(げんゆうせんれん)という言葉を初めて知りました。今月の「致知」に出ていたのですが、「仕入先からは若干高い値段で仕入れ、お客さまには安く売る」という意味だそうで、江戸時代から続く老舗提灯店で、浅草寺雷門の大提灯も製造している高橋提燈さまの家訓だそうです。もともとは扇子問屋を営んでいた同店ですが、扇子と提灯は材料(竹と紙)もほぼ同じで既存の技術が生かせること、扇子は夏だけの需要なのに対し、提灯なら通年で需要があるという理由から江戸末期に提灯作りに業種を転換しました。
以来、明治、大正、昭和と順調に家業を営んできましたが、太平洋戦争中は灯火管制や祭りの自粛で提灯がほとんど売れなくなった苦難の時代もありました。そんな苦境の折にも職人を解雇することなく、当主自らは軍需工場で事務仕事をしながら、土地や家財を売り払って家族と職人を養ったそうです。「うちの仕事はすべて手仕事なのだから、誠実にコツコツとやりなさい」という先代の教えも、家訓「元裕先廉」を忠実に守っての考えだそうです。
13代社長高橋康二さんが「手作りを守る」と題して語っている文章が、とても印象に残りましたので掲載してみます。これぞ地場の中小零細企業、また伝統的なものづくり企業の原点ではないでしょうか。

手作りを守る

現在、提灯作りをしている業者の九割五分ほどが、外国で一部の作業を行ったものをもとに作っています。私はそれではいけないと考え、すべての工程を自分のところで行っています。一貫生産で、しかも手作りです。手作りを忘れたら提灯作りはだめだと思います。これがものづくりの原点であり、その原則は小さな会社でも大きい会社でも、ものづくりをする会社でも同じではないでしょうか。
そのため、担い手である職人を育てることも私の仕事の一つです。ですから、社長とはいえ、給料はそれほど多くはありません。
というのも、私が利益を多く取ってしまったら、現在いる25人の職人を満足のいくように養い育てることはできないからです。利益が出たら分かち合う―そういう精神でやってきているからこそ、職人も育っているのです。「元裕先廉」の精神は、仕入先やお客さまに対してだけでなく、社員に対しても必要なことなのです。
提灯作りにしても、経営にしても、これで100%という状態は絶対にあり得ず、さらに上を目指して取り組んでいかなければなりません。ですから、勉強もまだまだ必要です。弊社の商売の原点である「元裕先廉」の精神を忘れず、これからも勉強し、提灯作りの伝統を守っていきたいと思います。

「致知10月号」(三百年続く老舗の教え)より

3日は初水揚げでした!

3日は今季の初水揚げ!ヤリイカの量はまずまず確保できたのですが、2年前のようにサイズ極小で価格は過去最安値でした。それにしてもここまで値がつかないとは・・!?9月前半はやや遠めの漁場、宮崎・鹿児島沖から豊後水道を移動しての操業となりそうです。

愛媛マラソン2011のエントリーが始まりました。物好きの(反省できない?)私は昨年に引き続き2回目のエントリー!ろくにトレーニングもしていませんが、無理やり申し込んでしまえば、あとは走るだけですので。前回より15分くらい縮めるのが、ひとまずの目標です。

来年は大雪でも降らんかなぁ。皆さん、一緒にいかがですか。

http://ehimemarathon.jp/entry/index.html

おかめ

初航海中の海幸丸ですが、水温の影響もあってか、予想通り鮮魚全般の成長は今一つの様子。この気温と天候のため、相場の動向も不透明ですので、9月前半は試行錯誤の操業が続きそうです。ひとまず明日が今季の初水揚げ!皆さま、ご祝儀相場を?ヨロシクお願いします!!

長かった夏休みも終わって小学校では今日から給食も始まったそうです。今年の我が家はカブトムシ捕りとお化け屋敷に明けくれた夏でした。なかでも宇和町の愛媛県歴史博物館で開催されていた水木しげるの特別展示、“妖怪道五十三次”は大人も楽しめる内容で良かったです。

8月末までは同施設で“お化け屋敷”も開かれていて、もちろん私たちも行ってきました。
長男はかろうじて入ったものの大泣き、下の二人はあれほど行きたがったくせに、入り口で泣きじゃくってUターン・・。

それ以来我が家でも、子供たちが座敷の廊下で自前の衣装でお化け屋敷を作っては、私が無理やり入れさせられるのが日課となりました。

その中でこの夏、私にとって一番怖かったのがこちら!

「血染めのおかめ」です。

おかめに扮しているのは、やはり次男ですが、初めて追いかけられたときには本気で逃げました・・

入館ご希望の方は、お気軽に私までご連絡ください。暑さも忘れますよ~。

2010年漁期スタート!

例年であれば八幡浜の沖底船の出漁は午前中が多いのですが、今年はまず近場の豊後水道南海域から操業を開始するため、夕方17:00からの出港となりました。早いもので父が他界して3季目の漁期となりますが、朝からソワソワと独特の緊張感が漂う一日でありました。今年も、本当に多くの皆さまに盛大なお見送りをいただきまして、あらためて身の引き締まる思いを感じた出漁式でした。今季も皆さま方のご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

毎年、8月31日の出漁時には必ず社屋中央に掲示する特大の大漁旗(上)ですが、色も褪せてかなり年代物です。蒲郡市形原町のコンコーロープ様からいただいたものですが、35年前の先代船、第35・36海幸丸進水時のものです。色合いも時代を感じさせるものですので、出漁記念にぜひこのブログで紹介を・・、と思っていましたら、昼前に事務所裏から引っ張り出して取り付けた“幟(のぼり)”は、もう一昔前の品物でした。

第25海幸丸!先先代の海幸丸、こちらの船は昭和43年の竣工ですので、実に42年前にいただいた幟、ということになります。デザインや色調も昭和っぽくて、何となく良い感じです。

歴史や時代を感じさせる話題や品物には事欠かない八幡浜のトロール漁ですが、産業としての存続という点においては、まさにここ数年、岐路に立たされているという認識でおります。過去にとらわれず、今季もいろんな角度から漁業活性化への方策を模索していきたいと思っております。
またまた硬い話題になりましたが、何はともあれ皆さまのご支援のおかげ無事に出漁できましたことに、心から感謝申し上げます。引き続き今漁期も、皆さまのお力添えを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

民主党もやはり一騎打ちの選挙になるようですね~。今夜はこちらのニュースに注目したいと思います・・。

箱と氷も積み込み完了!

出港前日の今日は、朝から魚箱約3,000箱と氷約30トンの積み込みを行いました。第15海幸丸のみ昼前に試運転も行ってほぼ出漁準備も完了です。明日は夕方に出漁式の乾杯を行って17:00出港の予定です。まずは豊後水道南沖のヤリイカに期待したいところですが、資源調査船の予報では今年も資源量は今一つとのこと・・。9月第一週目には、ある程度の状況はご報告出来るかと思います。どうぞお楽しみに!

これから8ヶ月半の長い漁期に入る海幸丸ですが、毎年、“船用金”というものを準備しております。船の食料品や沖の作業に必要な物品は、母港八幡浜に帰港した際に準備するのですが、天候や万一のアクシデント等で、八幡浜以外の港に入港する際に必要となる場合に備えての現金です。使途は主に他港に寄港した際に調達する食料品や、緊急に必要となった備品や作業賃ですが、使用する機会がないのが一番です。といいますのも、この船用金を使わないで済むということは、トラブルも起こらず、比較的近い漁場で安定した漁があることの証明でもあるからです。

大臣許可の沖底船の陸揚げ港(漁獲物の荷揚げが可能な港)としては、5港までの登録申請が認められていて、海幸丸の場合は、八幡浜、宇和島、深浦、そして鹿児島県の山川港の4港が認められています。他の陸揚げ港で水揚げされた鮮魚は、トラックで八幡浜港まで陸送してセリにかけるのですが、本船入港の魚種に比べて氷の解けも早いため、若干相場が安くなるのが通例です。今年も本船入港を基本に操業できれば・・と祈るのみです。

乗組員の皆さんは、今日はゆっくり休んで明日からの出漁に備えてください!

カブトムシ君、ありがとう

ようやく朝晩だけは風も涼しくなって、夏も終わりが近づいてきました。楽しませてくれた思い出いっぱいのカブトムシもメスを残して、とうとう天国へ旅立ちました。毎日かわいがり過ぎたでしょうか?我が家の庭はカブトやクワガタのお墓だらけです・・。また来夏会いましょう!

海幸丸仕卸でした!

昨日は海幸丸の出漁を前にしての恒例の仕卸でした。今季乗船予定の16名をはじめ、お世話になっている八幡浜魚市の皆さま、そして会社のスタッフも含めて25名での宴会でした。いつものように2次会、3次会・・、今年はやや若返りを図って元気いっぱいの面々でした。盛り上がる宴会もパワーの源ですね!今季も船と会社の協力関係を基盤に、豊漁目指して張り切っていきましょう!

プレオープン前にも関わらず、お世話になりました“こけけ”様、ありがとうございました!

今日はちょっと用事があって、仕事の合間に地元の和菓子屋さんへ行ってきました。

甘い和菓子が有名な老舗ですが、暑い毎日が続きますし、お届けしたい方が少し年輩の方だったため、夏らしくゼリーのギフトセットを注文しました。までは良かったのですが、店頭のお姉さんに、「ゼリーの詰め合わせ」を一つください、と言うべきところを・・

「ゼリーの盛り合わせを一つください」と言ってしまいました・・

店員さん苦笑、私赤面・・、これも夏バテか、それとも飲み過ぎか!??
詰め合わせと盛り合わせ、似てるようで似てないような。日本語は難しいですね~。

乗組員の皆さんは出漁前の体力充電期間ですが、会社での事務手続きは、週明けに向けてピークを迎えます。

夏の終わりもすぐそこでまで来ています。皆さまも夏バテ、熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ!!

龍王神社にて豊漁祈願


今年も航海安全・大漁祈願は大野ヶ原の“龍王神社”でした。いつもどおり朝の6時に出発して8時過ぎに到着して祈祷、“ポニー牧場”で朝食、お土産には大きな大根を30本買って、締め(といっても昼食ですが・・)は五反田の魚松さんでチャンポン!毎年お決まりのコースです。午後からは月末に迫った決算事務を進めまして、明日晩はいよいよ仕卸宴会です。

夜は子供たちのお絵かきに付きあって私も一枚、昔はもう少し上手かったはずなんですが・・
次はもう少しうまく描きます!!

いたちごっこ

海幸丸の積み込み作業も無事に終了、今日は土曜でしたが機関部と甲板部のみ最後の準備作業を行いました。何事もなく・・といきたいところでしたが、トラブルも少々ありまして、結局夕方まで復旧作業に追われてしまいました。来週は出漁前の最後の準備に入りますが、念には念を入れて9月の解禁に備えたいところです。

私事ですが、猛暑のせいで!?ビールの摂取量ばかりが増えていまして、最近、腹部のたるみが気になっています。知り合いにも指摘されると、なおさら気になってしまって。夕方、時間のあるときはジョギングするようにしていますが、何せこの暑さ!大汗をかきますので、その分またビールが進んで、まさに“いたちごっこ”でございます。

軽いジョギングくらいでは、到底追いつきそうにもありませんので、TVショッピングのトレーニングマシーンでも使ってみようかなと思っている今日この頃です。我が家の大蔵省(今は財務省か!?)の許可はまだ得ておりませんけど・・

今夜はひとまず音楽でも聴きながら、ハンドパワーとマッサージで肉を削ぎたいと思います。

16年ぶりの海幸丸

午前中は明日の定期事務の準備、午後からは海幸丸の試運転も行いました。いよいよ明日20日(大安)に漁具積み込みを行いまして、来週は安全・豊漁祈願に仕卸宴会、そして31日の出漁式と例年通りのスケジュールで進んでまいります。順調な乗り出しを期待したいところです。

今日は急きょでしたが、今治から青年会議所のメンバー同志に来社いただきました。今年に入って、青年会議所の会合で初めて名刺交換させていただいたのですが、実は16年前に2年ほど海幸丸の乗組員だった経験があるとのこと。初めて聞いたときは本当にビックリしましたが・・。当時も八幡浜で8ヶ統ほどあったトロール船の中から、たまたま弊社の海幸丸を選んでいただいたようで、不思議な縁を感じております。

現在は独立して水産会社を経営されていて、今日はたまたま試運転で沖に出たため、懐かしい海幸丸で皆さん一緒に乗船してきました。16年ぶりに再開した浜田船頭、中村船長と懐かしい昔話やら魚の話題に花を咲かせて、あっという間に2時間ほどが経っていました。16年ぶりに再開しても毎日会っている友達のように会話が弾むのは、同じ船で生活を共にした戦友の絆の証でしょうね~。

一期一会の出会いに乾杯!

これからもお互いに情報交換をどうぞよろしくお願いいたします!

日本の食卓から魚が消える日

週明けより一泊で大阪に行ってきました。こちらから原魚を持ち込んで、ある設備機器を使っての試作に立ち会ってきました。引き続き社内で研究したいと思います。夜は長年お世話になっている知人に、鶴橋にて焼き肉をご馳走になりました。駅の改札からいきなり食欲をそそる焼き肉の香り・・、さすがは食いだおれのまちですネ。たらふくいただきましたので、また今週も元気に乗り切れそうです。一期一会のご縁にただただ感謝感謝・・です。

大阪までの往復はいつもの在来線&新幹線なのですが、今回はとてもおぞましい題名のこちらの本を読んでみました。現場に携わる立場からすれば、“同感半分、反論半分”という印象ではありましたが、漁業と流通、そして消費に関わる各段階すべての人の意識改革なくして、日本水産界の再興はない、ということを改めて勉強させていただきました。危機感を共有したいものです。
詳しくはまた整理したいと思います!

20100817.jpg

「日本の食卓から魚が消える日」(小松正之著/日本経済新聞出版社)

下関基地いよいよ解禁です!

8月15日、65回目の“終戦の日”です。毎年ですが、八幡浜では夏祭りのフィナーレを飾る花火大会、そしてこちらも毎年ですが、下関基地沖底船の出漁日です。今年は昨年行ったクラゲ駆除事業もなく、2週間遅れで八幡浜基地も解禁を迎えます。出漁船8船団の航海安全、そして大漁を心から祈念しております!!

これまで2ヶ統体制で操業を行ってきた弊社の下関基地ですが、今年からは諸々の要因を考慮して老朽化した第11・12仁洋丸の出漁を見送り、第21・22仁洋丸一ヶ統のみの操業に転換しました。昭和63年の竣工以来、長年漁を続けてきた船団の操業停止は寂しいものがありますが、今後は両拠点2ヶ統体制でグループ全体の体質強化を図ってまいりますので、引き続き皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

明日からいよいよ漁期解禁、というわけで、気を引き締め直すために仕事場の掃除と書類整理を行いました。どうでもいいことは本当にどうでも良い性格なのですが、自分の仕事環境や机周りのことになると、決めたものが決められた場所にないと落ち着かない、という不思議な性格で、不要な書類の山積みは大嫌いです。と言いながら、自分の洗濯物などは一切合切、放り投げですけど・・

したがって電話や電卓はもちろん、普段使う各種書類やファイル、ノート、筆記用具、ホッチキスやクリップ等の文具、メモ用紙、名刺等も決まった場所になければ、とても落ち着かないのです。机の上にはもちろん何も置かない、置けない!?主義です。私の日常のだらしない、いい加減な性格をご存知の方はかなり不思議がるはずですが、何せ血液型が血液型ですので・・、お許しくださいませ!


何はともあれ、解禁を迎えて明日から心機一転、力を合わせて頑張ってまいりましょう!

般若心経を知る

20100814.jpg

朝だけ少し会社で明日の準備、午後からは力の抜けた完全OFF状態でした。夜は新盆お参りをすませてのんびりしております。こちらの本で少しだけお勉強も・・、ラジオ体操の次は写経も日課にしたいものです。

「般若心経を知る」(西村輝成著/ごま書房新社)

13日の金曜日

昨晩は夏祭りの打ち上げもあって、久しぶりに完全な午前さま・・、それでも体がラジオ体操モードになっているせいか(それとも年齢のせい?)6時にはすっきりと目覚めまして、子供たちとクワガタ捕りに行ってみました。カブトムシはいませんでしたが、大小のクワガタ6匹をゲット!公私ともに、何かツキを呼び込みそうな気配を感じる13日の金曜日でした。夜は地元の盆踊り大会も行われました。

盆踊りが終わって、凝り性の私はカブトムシを狙って家族を引き連れて再入山!?
イノシシを怖がって帰りたがる家内を無視?して、3ポイント目にようやく当たりの木を見つけまして・・

オス2匹にメス1匹を捕まえることができました。今夜は粘り勝ちだったようです。
夜までビールも我慢した甲斐がありました。

朝はクワガタ、夜はカブト、というのは本当ですネ!

MH先輩、ありがとうございました!

第23回テヤテヤウェーブ

台風と雨の影響もなく、晴天に恵まれました。皆さま、お疲れさまでした!

3人のレンガ職人

両社ともに決算月が近づいていまして、月末に向けていろいろと業務も集中しております。が、明日よりテヤテヤウェーブの準備、12日が踊りの本番で15日の花火がフィナーレです。出入りが激しそうですが、お墓参りにも行って!?熱中症にも気をつけて、乗り切りたいと思います。

少し良い話をご紹介、「3人のレンガ職人」という話です。
もともとはイソップの寓話だそうですが、日々の仕事や経営を考える上で実に深いお話ではないでしょうか。

ある旅人が道を歩いていると、3人の職人がレンガを積んでいるのを見かけました。そこで旅人はそれぞれの職人に同じ質問をすることにしました。

「何をしているのですか?」

1人目の職人はこう答えました。
「見れば分かるだろう、レンガを積んでいるんだ」
給料は安いんだが仕方がない、と不満げな様子です。

2人目の職人はこう答えました。
「ここに大きな壁をつくっているんだ」
最初の職人と違い、テキパキとレンガを積んでいました。

3人目の職人は、最もイキイキと働いています。旅人はこの職人にも同じ質問をしました。
職人は胸を張って答えました。
「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ!ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだ!」

「会社を救う 5つの社長力」(ビジネス社)より

3人の仕事はまったく同じ、でも3人の職人それぞれにとっての「意義」はまったく異なります。
しっかりした理念や社会的な使命を土台に積み上げられる仕事は尊いですし、必ずや続いていくべきです。
理念を語り、意義を伝える、とても大事です。

弊社の「一魚一会」も、ただの“飾り”にならぬよう、地に足をつけて精進したいものです!!

仁洋丸仕卸宴会

8月15日に解禁・出漁を迎える第21・22仁洋丸の仕卸宴会に出席してきました。基地が下関港のため、なかなか乗組員の皆さんともじっくりとお話しする機会も少ないため、今回はとても貴重な機会となりました。乗組員も超高齢化している沖底業界ですが、今季からはインドネシア研修生の8名も乗船し、おかげで平均年齢だけは若返っております。資格を持つ若手幹部乗組員の計画的な育成が喫緊の課題であることをあらためて感じました。

1次会、2次会、そしてプライベートの3次会と、下関の夜の街にてお付き合いしてきましたが、そこから後も乗組員の数名は元気いっぱい・・、で、いつものように夜の街に消えていきました。八幡浜でも下関でも、漁師の生態はやはり同じです・・。これからは、漁具その他の資材等も両拠点でより連携を密にしながら、協力していければと思っています。

下関基地所属船の出漁は8月15日、14:00の予定です。

今回は家族と一緒に行ってきましたので、翌日は「海響館」で少しだけ家族サービス・・

イルカの6mジャンプは見ものでした。

雨と思いきや

今日は海幸丸から2人、掃除と後片付けのため出勤していますが、午後からは雨が降ったため急きょ事務所床の内装作業に入っています。今は快晴、タイミング悪すぎです。まるでコントのようですが、スタッフみんなでお手並み拝見・・しております。出来上がりが楽しみです。明日は急きょ下関に行ってきます。

充電中です・・

昨年はこの時期、日本海のクラゲ駆除に出かけた第15・16海幸丸ですが、今年は漁業被害が出るほどの量は確認されていないようで、現在のところ国からの出動の要請は来ず・・。例年よりも早い7月中に修繕も済ませてスタンバイはOKだったのですが、甲板作業も終わってやや“夏枯れ気味”!?の乗組員(会社もですけど・・)もチラホラ見られる時季です。意気込んでいた分、肩すかしを食らった感もありますが、その分残り一月、鋭気を十分に養って9月からの解禁に備えましょう!

ブタとブス

20100803.jpg

今日も暑いですね。今朝も元気にラジオ体操をしましたが、ヘビはいませんでした。ひとまずホッとしております。今晩はJCの臨時総会です!

先日、題名につられて購入したこちらの本でこんな面白いコラムを知りました。

昔のこと、山荘を持っている男は毎週土曜になると、ポルシェに乗って山荘に向かって車を走らせた。
ある時、いつものようにポルシェを飛ばして山荘に向かっていたときのこと。見通しの効かないカーブが近づいた時、カーブの陰から車が一台、ハンドルを切り損ねたように飛びだしてきた。すれ違いざまにその女性運転手は、男に向かって大声で「ブタ!」と叫んだ。
ポルシェの男はカッとなって、「ブス!」と怒鳴り返した。男は怒鳴り返してスッキリした。そしてカーブを曲がった途端、ブタの群れに衝突した。

男は自分がののしられていると勘違いしていたのですが、実は、女性は急カーブで危険な目に会いながらもわざわざ「ブタがいるから危ないよ!」と教えてくれていたのでした。男は、危険を知らせる声を無視した結果、ブタに衝突してしまったのでした・・

とても面白い寓話ですね。仕事でもプライベートでも、思い込みと勘違いには注意したいものです。

「会社を救う5つの社長力」(久保憂希也著/ビジネス社)より要約抜粋

とうとう天敵あらわる!

昨日は久しぶりに龍馬伝も見て体力充電、おかげで目覚めもバッチリ!あたらしい朝が来た、希望の朝~、というわけで今日も長男、次男を起こしてラジオ体操の準備をしていたのですが、嫌いな人には見えなくていいものも見えるんですネ~、不思議なことに・・

植木鉢に垂れ下がっていたのは、1mほどのヘビ(青大将)でした。


家族総出で水をかけて庭の外に追いやろうとしたら、何を思ったのか桜の木をよじ登りはじめまして・・、もう少しで我が家のベランダに移ってきそうな勢いでした。というわけで、私たちの手に負えず、仕事前の会社に直行、ヘビなんかヘッチャラという菊地機関長の出番となりました。

その後、川田のおっちゃん、網の健ちゃんも加わって格闘すること(私は遠くから見物&応援)15分、ようやく庭の外に出して逃がしたのでした。

花壇にもぐりこんで出てきませんでしたので、まだ近くにいるのかと思うと、夜の散歩も恐ろしいくらいです。

一部始終を見ていた三男いわく、

「あれはヘビじゃないよ、ハモだよ」

とのことですが、私としてはヘビとハモでは大違いなんですネ。


朝からの大騒動のせいか、子供たちが順番に熱でダウン、ちなみに三男は元気です・・

何はともあれ、朝から皆さん、お騒がせしました!!

ラジオ体操

長男が小学校に入ってもう4年、毎年夏休みを迎えるたびに不思議に思うのが・・

ラジオ体操に行ってないこと!

いつ頃からなくなってしまったのか分かりませんが・・、やっている地域もあるのでしょうか?
以前は、学校にカードをもらって毎朝スタンプを押してもらったり、体操の前後にクワガタ獲りに行ったり、近所の人と遊んだり、と当時は眠くていやいやだったかもしれませんが、今になって思えば、地域の貴重なふれあいの場であり、夏休みの懐かしい思い出です。

まずは我が家から復活、ということで、この夏は古いラジオを取り出してラジオ体操を日課にしています。

あた~らしいあさが来た、希望のあさ~  ラジオ体操の歌、懐かしいですね~

ラジオ体操第二  やっぱ難しいですね~。

20100731.JPG

築40年!

早くも月末、あっという間に7月も終わりそうです。今日は朝から月末事務をバタバタと・・。海幸丸甲板の夏季仕事も今日でいったん終了、あとは後片付けにゴミ掃除を残すのみです。

こちらは昭和46年(私は生れてません)に建てられた社屋で、一階部分は網倉庫も兼ねております。
が、最近、特に壁面の傷みがひどく・・

上を見上げるとこんな感じでひび割れ!倒壊の危機です。

つい昨日は、私の仕事部屋から窓越しにふと外を見ると・・

これは危機ではなく、倒壊していますね。

危険です・・。

降り続いた雨のせいでしょうが、年々心配ですね~。

早いところ修繕に入りたいと思いますが、応急処置でどこまで治るのやら?


こんな本社事務所ですが、

最近、裏の住居スペースに八幡浜に引っ越してきた浜田船頭のお姉さん夫婦が入居されまして・・

予想通り、朝に晩に入りびたり状態になっています・・

ちなみに今日は兄と二人、一雄丸でアジ釣りに出かけました。

パチンコよりは経済的で、健康的ですが。

というわけで、まだ一月は賑やかな職場となりそうです。

いろんな意味で!?漁期解禁が本当に待ち遠しい、今日この頃でございます。

徹子でございます

こちらは私の住む向灘のメインストリートです。今日は宮嶋様の宵まつりということで、早朝から鳥居造りのお手伝いに行ってきました。大きな竹に藁を巻きつけてその上からまんべんなく杉の葉をかぶせて作ります。書いてしまえば実にかんたんそうですが、リフトで上げ下げしてもらいながらのなかなか大変な作業でした。伝統行事の伝承、私たち若者(若くない!?)の大事な役割です。

そういえば先日、出張中に用事があって友達の携帯に電話をすることがあったのですが、

かけてみると、あきらかに電話口からは女性、というよりおばちゃんの声・・

「どうも~、くろ○△てつこでございます~。いつもどうも~、え~、ちょっと待って下さいね。あっ、あのね、今までね、ここにいたんですけどね、近くにね、いるんですからね、今すぐね、戻りますから、ちょっと待っててくださいね~、えぇ、ほんとに近くにいるんですから~、ね~、ね~」

というような感じで、一方的にしゃべられまして、ひとしきり話された後、いつもの「ただいま、電話に出ることができません」のアナウンスがあって、それまでのおばちゃん(てつこ?)は設定された着信メロディだった、ということにようやく気付いたのでした。

その友人というのが、年中演奏会を行っている音楽家でして、私はてっきり今いる楽屋のスタッフが代わりに電話をとったのかと思いまして、一生懸命、おばちゃんの声に、「はい、えぇ、あ、そうですか、はい、はい、・・」と懸命に反応してしまっていたのでした。

我ながらなんともマヌケです。

2回目に電話したときは、あきれながら聞いておりましたが・・
というか、その着信音はないやろ~、いけんてや、ますみつくん!!

まあ、こんなものにだまされるのは時代に乗り遅れている私くらいかと思いますが・・

何はともあれ、いろいろとありがとうございました!今度は俺もサントリーホールに行きたいな~。

八幡浜みなとまつり

暑い熱い夏・・、今年も夏まつりの季節がやってきました。8月12日のテヤテヤウェーブでは、トロール市より恒例となった魚棒クン(タコキムチ)も出店いたします。皆さま、どうぞお楽しみに!

中小零細企業復活フォーラム

夕方の便にて羽田より。明日、午前中の松山水産会館での会議を終えて戻る予定です。
コンファレンス2日目の後半では、「中小零細企業復活フォーラム」に参加しました。広い会場であるメインホールがほぼ埋まっていて、この厳しい環境下でのJCメンバーの経営に対する関心の高さを感じました。まずは「生物多様性」という概念をテーマに足立直樹さんにご講演いただき、その後は経営者3名を交えてのパネルディスカッションという内容でした。

「生物多様性」とは、地球上にはいろいろな生き物がいてお互いが関係しあって生きている、という概念だそうです。大企業のみならず、中小企業においても生物多様性の保全を意識して地球環境に配慮したビジネスモデルを構築することで、地域社会に貢献できるとともに企業の持続発展につながるという内容のご講演でした。

ディスカッションでは、ビルメンテナンスを行う高知県の四国管財、「京都試作ネット」を立ち上げている京都の最上インクス、盛岡の造り酒屋、あさ開きの代表者から、それぞれ大変ユニークな取り組みをご紹介いただきました。
四国管財の中澤社長は、事業承継後、誰もが入社したくなる開かれた会社を目指して“情報のオープン化”を進めながら改革を推進、3割は顧客、7割が社員からクレーム情報が上がってきてそれに対応するシステムを構築されました。また、社員の社会的な欲求を充足させる様々なステージを社内に設けることで、自主性とサービスレベルの向上に努められています。
私が特に印象に残ったのは、あさ開の村井社長のお話でした。低迷する日本酒市場の中で、生産者目線ではない情報訴求に着目され、外食、観光と経営展開を図られています。特に、「世の中になくてはならない会社」を目指し、地域における雇用と社員の成長と生涯の幸せを追求されている経営姿勢には強く感銘を受けた次第です。最後にお話しされた「世の中の情報に惑わされず、自分を信じて腹をくくって経営する」という言葉も印象に残りました。
他にもいろいろとお話もございましたが、3社とも業界のリーダー企業ですので、サイト等でも取り組み状況等は入手できるかと思います。私もあらためて調べてみたいと思います。

以上、2日目後半の「中小零細企業復活フォーラム」のご報告でした。

サマーコンファレンス2010

恥ずかしながら、青年会議所入会9年目にして初めて、毎年横浜で開催されている日本JCサマーコンファレンスに参加してきました。メインフォーラムの他にも、政治・経済から企業経営、まちづくりまで、幅広い分野のセミナーも豊富に開催されていまして、メジャー級の講師も勢ぞろいでした。こんなに良い勉強ができるならもっと早くから参加しておけばとも思いましたが、後悔先に立たず・・でございます。

メインフォーラムⅠでは、元航空幕僚長の田母神俊雄さん、徳川家の血筋を受け継ぐ徳川家広さん、現役JCメンバーでもある民主党代議士、細野豪志さんの3名を迎えてのパネルディスカッションでした。「ニッポンの危機を打ち破り、輝ける未来を創る」というテーマで、今我が国が抱えているの“4つの危機”について、ディスカッションが行われました。

一つ目は若年層を中心とした「政治への無関心」についてです。
先の参院選においても6割を切ってしまった我が国の低い投票率ですが、国民の政治への関心を高める手法、その是非等について話し合われました。民主党の細野さんは、義務教育(小・中学校)の場において、政治を取り扱うことそのものがタブー視されている現状を変えていく必要があること、様々な機会を捉えて政治を教育の中にも取り入れることで、身近に政治に触れること・関心を持つことの大切さを教えていく必要性を強調されました。また、投票行為を放棄している4割を占める国民に、政策を通じて訴え続けていくことこそ政治家の義務と責任、という点についても触れられました。
徳川さんは、豊かになった社会における国民の教育レベルの低下、そしてマスコミの一辺倒な報道のあり方が、政治への無関心を助長させていることについて述べられました。経済が豊かになればなるほど、教育レベルは低下する、という主張が特に印象に残りました。
最後に田母神さんですが、投票は国民の義務であるということを、学校だけでなく会社や地域で教えるべき、という社会全体で有権者教育に取り組む必要性を主張されまして、外国で事例があるように税負担率等と連動させて、強制力を持たせていくような工夫・仕組みも必要ではないかとの意見を述べられました。

第2の危機として取り上げられたのは「憲法改正」です。
安部政権下で一時的に盛り上がりを見せた憲法論議ですが、3者とも憲法に対する現在の世論はまだまだ低調すぎるという見方で一致していました。国民投票法は施行されたものの、改正への過程では、政府、国民ともに大きなエネルギーが必要となるため、政権与党や政府だけで議論すべき問題ではなく、国民全体で機運を高めていく意識と過程こそが大切であるという点を強調されていました。その際、長年の争点であり、敏感なテーマである自衛隊や集団的自衛権(9条)を早急に焦点にするのではなく、福祉や教育、地方分権など、国民により身近に感じられる個別具体的なテーマを取り上げることで、国全体に憲法論議を深めていくプロセスが必要ではないか、とのお話もございました。また最近では、政治とカネ、消費税など国内問題で低調気味になりつつある世論の中で、JCが各地で行っている「憲法タウンミーティング」の役割と意義も皆さま、強調されておりました。

3点目は外交・防衛問題について。
まずは田母神さんですが、やはり中国の軍拡に対して、適正な軍事バランスとしての自主防衛力を強化していく必要性を強調されました。一定の軍事力を保有していなければ、外交交渉の場においても同じ土俵に立つことすらできず、経済、資源他諸々の“国益”を将来にわたって失い続けていくこと、そして真の国際平和を実現するためにこそ、自国の領土は自ら守るという意識と国際的な軍事バランスの大切さを説かれました。細野さんは、日米同盟を中心とした関係を片務的なものからより対等なものとして強化すべきこと、そこで我が国の義務の果たし方として宇宙や環境、エネルギーの分野での技術力の可能性についても触れられておりました。
ちなみに田母神さんいわく、北朝鮮のミサイル問題については、政治上の恫喝の道具でしかなく、国土防衛的には全く問題ではないこと。それよりもアメリカの軍需産業(経済)と連動する国際経済のなかで、北朝鮮のミサイル情報にばかり過敏に反応してしまう我が国の政治家、マスコミの無知について指摘されていました。

最後にテーマとされたのは経済不況とデフレについてです。
徳川さんは、ゼロ成長が当たり前の時代に入っていて、近い将来、日本でも財政が破たんし預金が目減りする時代が来る可能性があることを指摘されました。また増税で得た収入は福祉や教育の分野に注ぎ込むべき、とのご意見でした。田母神さんは、今の時代は合理化・効率化を目指す縮小均衡の経済ではなく、一時的には借金(国債)を増やしてでも全国に仕事、つまりは雇用を増やしていく必要性を強調されました。細野さんも同じく、社会がかつてない成熟期を迎えた今、日本の経済は拡大か均衡化かの過渡期にあって、これからは閉鎖的な経済よりも、もう一度自由競争・自由貿易を志向して経済のパイを広げていくべきであり、そのためには特定の産業分野に絞った集中投資、差別化投資も大切であるとの認識を示されました。

フォーラムのまとめとしては、国に頼る時代、頼りに出来た時代が終わった今、国家の独立のためには何よりも自立心の高い国民になることが大切で、そのためには企業、個人ともに地域に根ざして自助努力を果たしていくこと、社会、政治に主体的に関与して、その過程で各々が成長を遂げていくことが求められているということでした。

フォーラム中のメモをタイプしなおした程度の雑感ですが、メインフォーラムⅠの復習をかねてご紹介してみました。その他、私としては田母神さんは大吟醸が大好物なのでヨロシク、というお話も印象に残っております。田母神さんと大吟醸・・、ご一緒してみたいような少し怖いような!?

続いて午後からは、数あるセミナーの中から国際政治学者、中西輝政さんの講演とディスカッションを選んで参加しました。テーマは「民間外交」についてで、表題は、「明日から動く外交推進フォーラム」というものでした。中西氏の講演からは、日本にとっての国益の概念、国の形というものは国内問題ではなく国際関係で決まるということをあらためて感じました。“自分の国は自分で守る”という各国の原則が集まって自然に成り立っているのが“国際社会”であって、戦後の日本にはこの主体的な認識が希薄すぎであったことを指摘されました。
また国民自らが取り組める民間外交の事例として、アニメや漫画、ファッションを通じて、日本の文化や価値観を世界に発信している取り組みがご紹介されました。中でも際立っていたのが、ゴシックロリータファッションの彼女!途中からディスカッションにもパネリストとして登場されました。

本業は看護師とのことですが、海外では十数カ国で数万人のファンを持つカリスマなのだそうで、現在はいろんな国をまわって、ファッションを通じて日本の生活様式や文化を発信しているとのこと。外交というと、政府任せで、私たち一般国民にはほとんど縁のない分野と思いがちですが、ネットやメディアが普及する昨今、彼女のような民間の力(ソフトパワー)こそが、諸外国との関係構築に与える影響が大きいのだそうです。

いろんな勉強をさせていただいたサマコン2日目でした。乱文失礼しました・・

奥多摩へ

今日は昨日から里帰りをしている家族と埼玉で合流、出張合間のプチ休暇ということで、両親ともども奥多摩までドライブしてきました。総勢8名!の民族大移動です。約10年ぶりに奥多摩の老舗、玉川屋で美味しいお蕎麦をいただきました。猛暑に変わりはないですが、水と緑が多い分涼しく、都心部に比べればかなり過ごしやすいですね。今日は埼玉にて一泊、明日朝からは一人横浜に行ってきます。多摩川源流の涼しい写真をどうぞ!あ~、今すぐ飛び込んでイワナと戯れたい・・

咲くら銀座店へ

午前中は沖底業界の流通専門部会、午後からは12回目となるインターナショナルシーフードショーを見学してきました。興味深い技術も盛りだくさん、地元の先輩にも数名お会いしました。夜はご挨拶をかねて、愛媛フェア開催中の「咲くら」銀座店へ。もちろん真っ先に弊社から直送している「八幡浜鮮魚盛り合わせ」を注文、こんな感じで出ておりました。店内もメニューも愛媛一色!で、不思議な感覚を覚えました。愛媛フェア、皆さまも開催中にぜひ一度足を運んでみてくださいませ!

咲くら銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-13 東京駐車ビル2・3F 03-3564-2470

仕分けチーム始動!?

三越イベントも昨日でひとまず終了、皆さまお疲れさまでした。百貨店での一週間の出店は初めての試みでしたが、いろんな意味で勉強になったのではないでしょうか。対面販売型専門店の当店とは違ったお客さまの反応や要望を大切にして、これからの商品作りに活かしていきましょう!
今日は20日で定期のお支払日でしたが、合間を縫って散髪や市役所の会議等々。夕方、久しぶりに最終便に乗って上京しました。明日は沖底業界の流通専門部会に出席して、午後からはシーフードショーも見学してきます。最新の設備機器を中心に見てきたいと思います。

実は今日から5泊という久しぶりに長期滞在の予定です。明日までは東京、明後日は埼玉、週末は横浜で2泊という行脚ですが、ジョギングシューズも持参してきましたので、適度な運動と飲みすぎ注意でこなしてまいりたいと思います。次の日曜は専務も私も不在、ということで「海の男のお魚さばき方教室」がやや不安ですが、笑顔マイスターの店長とNAS君を中心に、どうかよろしくお願いします!

今日出席した会議は、「八幡浜市補助金検討委員会」というものでした。水産でもJCでもなく、中小企業診断士という立場での委嘱とのこと。一度制度化されると慣例化してしまう傾向にある各種の補助金ですが、当会議では数回に分けて特定の補助金を議題にあげて、公益性、公平性等の観点から客観的に評価・検討して市政に生かしていこうというものです。一定率の「削減・見直しありき」という会議ではないため、蓮訪さんの「事業仕分け」とは若干意味合いが違うようですが、最終的にはポイント化して5段階で評価する点ではやや似ています。委員長は女性の大学準教授でしたし・・。
今日は顔見せ程度の第一回会議でしたが、いきなり膨大なファイル資料を宿題にいただきましたので、次回までに読み込んで準備しなければ・・です。皆さま、よろしくお願いいたします。

シコチュービーチ

7月17日、18日は青年会議所の愛媛ブロック会員大会が四国中央市で行われました。今年は2日間開催のため一泊。2日目は広いビーチ(通称シコチュービーチ!)で目の保養、ではなく媛っこ地鶏の出店ブースをお手伝いしました!調子に乗って鶏肉をさばいていたら手を切りまして流血・・あえなく選手交代となりました。魚と肉では勝手が違う、ということで・・。帰りは松山の三越イベントに立ち寄って戻ってきました。早くも腕が日焼けでヒリヒリしています。皆さま、お疲れさまでした!

神田チ゛ンギス王

三越のイベントも3日目に。今日は空港からの帰りに立ち寄りましたが、暑さのせいか、お客さまもやや少なめの様子でした。蒸し暑い折ですが、ご来店いただきました皆さま、ありがとうございました。それにしても東京の暑さは比べものにならん・・、やっぱ田舎者は海と山に囲まれてないと落ち着かないですね。

昨夜は大学時代の部活(バドミントン部)の後輩二人と、神田でチ゛ンギスカン!をガッツリいただきました。本来なら愛媛フェア開催中の“咲くら”で八幡浜の魚を食べるはずだったのですが・・


といいますのも実は、同じくバドミントン部の後輩中川君が、神田でチ゛ンギスカン専門店を経営しているというので、初めて“高野君” “中村君” に連れて行ってもらったのでした。東京でも飲食激戦区の神田ですでに開業5年とのこと!料理もお酒も美味しく、接客サービスもかなりグッド!もちろんお客さんも満席でした。いや~、後輩の頑張りに私も大いに刺激を受けた、本当に楽しい夜でした。高野君、中村君、そしてオーナーの中川君、昨晩はありがとう!中川君、今度、彼女連れて行くので守秘義務ヨロシク!

というのはジョーダンですが、いつも魚のPRしかしていませんので、たまには肉でパワーも!!
神田北口の神田チ゛ンギス王です!オーナーの中川君の名刺には、チ゛ンギスカンに「命」かけてます!の文字も。気合入っています!
皆さま、ぜひ“神田チ゛ンギス王”をよろしくお願いいたします!!

本格チ゛ンギスカン専門店 「神田チ゛ンギス王」
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-17-5UKビル4階
TEL 03-5297-2266 FAX 03-5297-1102
営業時間 17:00~23:00
休日 日曜・祝日

咲くらにて愛媛フェア開催中!

都内で行われた水産加工会社向けの研修会に参加しました。3部構成でしたが業界の動向やこれからの展望、マーケティング手法等に加えて、経営的にもヒントの得られる内容も多かったです。とても面白い取り組み事例等もご紹介いただきましたので、弊社の直販事業にも取り入れて生かしていかねば、とあらためて感じました。研修会後は、ちょうど6月中旬から始まっている「愛媛フェア」の取材が行われている“咲くら京橋店”にご挨拶に伺いました。店頭ではポスター等も活用いただき、宇和海の幸を思い切りPRしていただいておりました。

今回の愛媛フェアは6月17日から7月末まで。伊予銀行さまのご紹介で、都内14か所にあるサントリーの系列販売会社、㈱ダイナックさまが展開する和食居酒屋“咲くら”さまにて、弊社直送の宇和海の幸をご提供いただいております。その他にも三崎漁協の岬アジ、瀬戸内の魚介類も豊富に楽しめます。

都内を中心に下記のお店でフェア開催中ですので、皆さまお近くの咲くらさまにお越しいただければ幸いです。
ご来店の際は、くれぐれも「八幡浜直送おまかせ鮮魚3点盛り」のご注文を、どうかどうかよろしくお願いいたします!!

咲くら新宿三丁目店 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-4-8 セゾンプラザ6F 03-3354-4869
咲くら新宿東口店  〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-6 新宿FFビル6F 03-3350-0671
咲くら池袋西口店 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-27-12 池袋ウエストパークビルB1 03-5960-3886
咲くら京橋店 〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-1 TODA BUILDING B1 03-3538-5858
咲くら銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-13 東京駐車ビル2・3F 03-3564-2470
咲くら神田店 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-14-8 ニシザワビルB1 03-5209-7860
咲くら神保町店 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビルB1 03-3511-2270
咲くらお茶の水店 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-10-5 駿台興業ビルB1F 03-5283-7380
咲くら大宮店 〒330-0846 さいたま市大宮区大門町一丁目2番オスカービル2階 048-650-8810
咲くら町田店 〒194-0013 東京都町田市原町田6-2-6 町田modi 10F 042-812-2787
咲くら虎ノ門店 〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-13 ナンサ虎ノ門ビルB1 03-3519-5500
咲くら大手町店  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービルB1 03-6267-4611
咲くら横浜店 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1 相鉄岩崎学園ビルB1 045-314-8355
咲くら川崎店 〒210-0007神奈川県川崎市川崎区駅前本町2-17 川崎MCビル 2F 044-223-2260

愛媛フェアのイベント詳細はこちらをどうぞ!
http://www.dynac-japan.com/sakura/

地魚フライ出店中です!

海幸丸は昨日ドック入り、流通事業部は今日から一週間、三越松山店にて「地魚フライ」の実演販売を行っております。カマスにマトウダイ、ホウボウ、アジ等々、海幸丸で水揚げされた鮮魚を原料にしたヘルシーな商品です。多くの皆さまに食べていただき、9月からの漁期を前に原材料の付加価値化の準備を進めたいと思っています。皆さま、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。
写真アップしたいのですがまたデジカメを忘れましたので後日・・。明日は上京して研修会に出席してきます。

いよいよ決戦ですネ!

7.11・・、いよいよ決戦の日です。開票速報を見ようと思えば、寝る時間がなくてワールドカップ決勝は見られませんし、遅くまで選挙番組を見れば4年に一度の大一番を見逃すし・・。欲張りな私は両方とも生で見たいというわけで、今から仮眠に入ります。今日は夕方5kほど走った後、いただいた毛ガニとタコぶつ(パウル君じゃないよ!)で一杯飲んでいますので、すぐにぐっすり眠れるはずです。自己暗示です。毛ガニありがとうございました!それでは。

一雄丸海へ

一日中雨かと思いましたがすぐにあがって曇りに。午後からは宇和島市内で行われた海上保安協会の総会に出席してきました。来週からの7月後半は出張が続きますが、適度な運動と魚、そしてビール!?でパワー全開でいきたいと思います。松山のイベントも始まりますのでこちらも楽しみです。

先週、一雄丸が向灘岸壁から晴れて海に下りました。

オーナーの川田さんは、NHKの「男たちのトロール漁」で人気を博した?あの川田さんです。昔からの生粋の漁師で、海幸丸の先々代の漁労長でもあります。現在の浜田船頭の大先輩、相談役といったところでしょうか。トロールの漁期中は海幸丸に乗っていますので、一雄丸の出番は休漁期の3か月のみ。これで美味しい宇和海のアジを釣りに行くわけです。まさに年中、海の男ですね!

無事に船が下りてまずはおっちゃんも一安心の様子。今夏も大漁を期待してますヨ!!

小鍋料理めおと

八日市での実演“地魚フライシリーズ”は、おかげさまで徐々にファンも増えている様子。イベント出店も増やしてどんどんPRしていければと思っています。夜は甲板長U本君と地元の居酒屋へ一杯。元中トロの船頭さんが店主のお店ですが、最近京都で修業中だった息子さんも戻られて、創作メニューも充実しています。おススメは活きハモのしゃぶしゃぶ!「八幡浜のハモは関西へ送ってばっかりで、地元で食べるところがない」という声を最近よく聞きますが、まだまだ探せばあるものですね~。

皆さまもぜひ一度どうぞ!

小鍋料理 めおと 八幡浜市大黒町一丁目(0894-22-5847)

絵解き般若心経

2013年開設予定の新八幡浜魚市場、今日はその関連で計画されているみなと振興ビジョンについて考える会合に参加してきました。“みかんと魚のまち”といわれながら、これまで消費地出荷型の農業、漁業で成り立ってきた八幡浜ですが、港の観光機能を充実させる上では、まず地元住民にとって魅力ある施設整備が不可欠、ということで、皆さま方と様々な意見交換をさせていただきました。市民が一次資源の生産拠点としての希少性、そして産品の価値を認識すること、これこそが何よりも大切では、とあらためて感じた会合でした。

それにしても港ひとつとっても豊富に出てくる様々な意見、私たち関連の仕事に従事する者にとっては本当に貴重なものばかりなのですが、こうして皆様に注目していただけるのも地場産業ならではのことで、地域に残る一次産業の社会性、公共性をひしひしと感じました。港湾振興ビジョンにおいても、短期的な利益誘導ではなく、将来の長期的なまちづくりに資する計画に私たちも貢献できるよう、取り組んでいきたいと感じた次第です。

話は変わりますが・・、

あることがきっかけで唱え始めた「般若心経」、暗唱のほうは案外すんなり進みまして、最近は簡単な書籍から意味を少しずつ学んでおります。宗派、神仏を問わず唱えてOK、という実に日本的かつポピュラーなお経ということで、覚えてからというもの、朝起きて目覚めにブツブツ、仏壇の前でブツブツ、車の中で一人ブツブツ、食事前にブツブツ、ジョギングしながらブツブツ、子供と散歩しながらブツブツ、風呂でブツブツ、寝る前にベッドでブツブツ・・、という具合で、もう一生忘れようがないくらい頻繁に唱えるようになりました。

本当は写経が良いらしいですが、さすがにそこまでのゆとりはない、ということで、とりあえずどこでもブツブツしています。これが不思議に落ち着くんですね~。唱えるだけで心も体も、酔いも!?リセットできる優れものです。もう少し理解を深めたいと思います。皆さまも読経をぜひお試しくださいませ!

20100705.jpg

「絵解き般若心経」(瀬戸内寂聴・横尾忠則/朝日出版社)

やっぱりドップリ会・・

昨日は出張後の書類整理に来客、打ち合わせと慌ただしい金曜日でした。夜はJCの三役会後、久しぶりのシッポリ会のはずでしたが、終わってみれば案の定ドップリ会でした。

いよいよ大注目の一戦です。と思いきやいきなりドイツが先制!この攻撃力、尋常ではありません。
かなり面白くなりそうですが、目が持つかどうか・・!?

出張最終日

午前中予定していた仕事は、先方の事情もあって今回も急きょ取りやめに・・。何とももどかしいですが、また出直したいと思います。仕方なく造船所を見学して、別府経由で帰路についております。第22仁洋丸が8月の解禁に向けてドック中でした。中四国、反時計回りの旅も今日でひとまず終了です。

昨日は食事前に港を1時間ほどジョギングしてみました。旅先で見慣れない景色を眺めながら走るのは気持ちいいものです。車ですとシューズも荷物になりませんし。元来、方向音痴ですが、さすがに下関は海峡や橋、タワーが目印になりますので、迷子にはならないですね~。その前に迷子になるほど遠くまで走れませんけど・・

こちらは長州大砲、関門海峡に向かって威風堂々!

その先には牛若丸!永遠の憧れです。

子供のころ“八艘飛び”を真似しては、よく海に落ちていたことを思い出しました・・

高杉晋作はまた後日!

中四国一周の旅

昨日の朝、八幡浜から瀬戸大橋(坂出‐児島)を経由して島根県松江まで。約6時間の移動でした。同業の会社さまを訪問させていただきましてそのまま一泊、今日はひたすら西へ、またまた半日車を走らせて下関までやってきました。松江市は宍道湖畔に風情ある街並みが広がって良い街でした。街の中心部に水の風景があるのはやっぱり良いものですね。今回の松江ではゆっくり観光、とはいきませんでしたが、次こそは出雲大社に境港、玉造温泉と・・、ゆとりをもった旅程で来てみたいものです。

船主、乗組員ともに高齢化が深刻な問題になっている沖合漁業の世界ですが、問題意識と課題をはっきりと持っている会社は、旧態依然の慣行と風潮が大勢を占める業界の中で、同業とは思えないほど勢いと元気があってとても刺激的です。昨日訪問させていただいた社長とはサイトを通じて一期一会のご縁をいただいてかれこれ7,8年、いろいろと交流させていただいております。お互いに当面の課題は、漁獲物の付加価値化と自社販路開拓なのですが、流通の話題以外でも、漁労部や事務全般の労務管理やコスト改善等々、勉強になりました。実践あるのみ!です。当社も負けないように頑張らねば・・です。

昨晩は食事をご馳走になったのち、22時にはホテルに戻ってスタンバイ。手に汗にぎるド緊迫の120分でしたが、結果はもう一歩のところで残念無念・・でしたね。

それにしても当初の評判以上に楽しませてくれたワールドカップの日本代表にはあらためてエールを送りたいと思います。さすがに昨晩は繁華街の人通りも少なく、皆さん深夜のTVに釘付けだったんでしょうね~。サッカーに詳しい人もそうでない人も、老若男女を問わない国全体の一体感、高揚感はワールドカップならではです。今から4年後が楽しみです。

4年後といえばこんな私もとうとう40代突入!JCも卒業しているはず・・です。まだまだ遠い未来です。別に他意はありません。私も4年後に向けてトレーニングに励みたいと思います。これから宿近くの居酒屋で一人反省会!?でもして明日の仕事に備えます。

出会い

とうとう念願の・・

ご対面!

先日行った大塚国際美術館での一コマです。

月末ですが、明日から山口方面に出張です。

野球は中止でした・・

先日ご紹介した日本青年会議所会員大会での女子プロとの硬式野球対戦ですが、雨のため中止となりました。こんな機会もめったにないだけに、気分的には少々残念・・ですが、内心はややホッとしております。今週火曜はいよいよパラグアイ戦ですね!盛り上げてまいりましょう!
今日は「海の男のお魚さばき方教室」に、八幡浜JCからもたくさんご参加いただきました。魚をさばく技術は一生もの!ぜひ基本をマスターして、いつでも美味しい魚が食べられるようになっていただければと思います。皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

万年2番の大漁節男?

今朝は3:00に起床してジョアを飲んでスタンバイ!日本代表、スカッと快勝でしたネ!雨で少々眠たいですが、朝からルンルンで仕事をしております。決勝トーナメントも1回くらいは勝ってほしいものです。今日夜はJCの経営セミナーも開催されます。こちらも楽しみです。

ただ今、世の中ワールドカップ(サッカー)一色ですが・・

明日、私は徳島にて、現役女子プロ野球チーム(京都アストドリームス)と硬式野球のガチンコ対決をしてきます!?私の所属チームは“青年会議所四国選抜”!で、監督はPL学園出身で元中日ドラゴンズの立浪です。メンバーは選抜というだけあって、各地青年会議所を代表する野球経験者で構成されていますが、野球経験者が数名しかいない八幡浜JCからは、本年理事長というだけの理由で私が参戦となりました。

もちろんメンバーの中には西条や明徳義塾、高知商の元甲子園球児や東京6大学出身の野球エリートもゴロゴロしていますが、大会パンフレットの中での私の紹介は、

出身:八幡浜
野球歴:ジェイシーズ

以上でございます。

ちなみにニックネームには、

「万年2番の大漁節男」

と、よく分からない名前がつけられております。

というわけで、八幡浜JC、そしてジェイシーズ(ソフトボール八幡浜リーグ所属万年4部!)の威信をかけて、立浪監督に精一杯ガッツをアピールしてきたいと思います。合言葉はもちろん“トロール打線”と“カマボコ守備”です。

足を引っ張らないように頑張るのみですが、こればかりはダメでしょうね~。

懇親会の中での対戦ということですので、皆さん、ビール片手に笑ってやってください。

応援よろしくお願いします!

今日は早く休みましょう!

今日も蒸し暑い一日でした。今夏も昨年に引き続き、中トロ船への“クラゲ駆除”に向けた出動要請もありそうな気配とのこと。そのため、船の修繕(ドック)と事務手続きも例年よりも早めに行う予定です。夕方はトロール市のミーティングにて、7月中旬に予定しているイベント出店に向けた打ち合わせも!地魚PRに向けて協力してまいりましょう!

今日はこちらのカツオとタコで一杯やって、ストレッチで体をほぐして明日早朝のキックオフに備えます!
いよいよ戦闘モードです!

新車でドライブ!

休漁期に入って約一月、ですがいろいろと難題山積み・・、1件ずつ解決して進みたいところです。
さて今日は我が家に待望の新車が納車!一歳の子供も乗車OK、ということで早速夕方ドライブしてみました。最近の自転車はハンドルもギアも進化してるんですね。扱いもラクラクです。調子に乗って、自宅から2kmほど連れだしたところで夕立ちにあってあわててUターン、慣れないことするとこんなもんですね。

デンマーク戦まであと2日です。緊張感を高めてまいりましょう!

鳴ちゅるうどん

今日は定期のお支払日、午後からは漁協にて一件打ち合わせ、夕方は内子で開催される参議院選挙の「公開討論会」に参加してきます。

土日は鳴門まで足を伸ばしておりました。グルメマップに“鳴ちゅるうどん”を発見して、さっそく行ってみました。「船本」というお店でした。

「二日酔いでも食べられる」という紹介に興味を惹かれましたが、細麺で出汁も甘くなくてとてもあっさり!

はじめは「釜玉うどん」をいただきまして、おかわりに普通の「うどん」!
いくらでも食べられそうです。今度は本当に二日酔いの時に試してみたいと思います・・

徳島へ

サボテンがみごとに開花、これより徳島へ出発です。

巧言令色、鮮なし仁

この時期は毎年恒例ですが、会社では今日から3日間、来漁期(9月から翌年5月)乗船予定の皆さんとの契約更新が始まっています。いろんな理由で下船される乗組員もいますが、海幸丸ではここ数年、乗組員の出入りも少なく、比較的安定した乗船契約が維持できています。ただし、平均年齢が年々上がっていくのが長期的には重大な問題なのですが・・。自衛隊ではないですが、若手幹部乗組員の確保・育成が当社の喫緊の課題でもあります。来たれ、幹部候補生!情報お待ちしております!

仕事場の掲示板に書いて眺めている「今月の言葉」、月に一度か二度、書き換えていますが、今日はこちらを選んでみました。

子の曰く、巧言は徳を乱る。小、忍びざれば、則ち大謀を乱る。

先生がいわれた、「ことば上手は徳を害する。小さいことにがまんしないと大計画を害する」

「論語第八・衛霊公第十五(岩波文庫版)」より

「致知」(7月号)には「呻吟語」に出てくる言葉としてこんなことも載っていました。

第一級の人物は「深沈厚重」、二級は「磊落豪雄」、三級が「聡明才弁」である。

巧みな言葉には要注意!との教えですが、メディア映えする政治家の言葉にも気をつけたいものです。外面的な装飾としての巧言よりも、口下手でも言葉の重みを大切にしたいものです。「剛毅木訥」、「文質彬彬」もこれに近い意味のような気がします。

今日はいよいよ無敵艦隊、スペインの登場ですね。後半まで目が持つか、また微妙です・・。

梅雨入り

四国地方はようやく梅雨入り、日本代表は幸先良く快勝!オランダ戦も楽しみです!
イタリア代表ではカンナバロ(36)がまだ現役だそうですね・・、“神風トロール隊”も世界を目指しましょうか!?

神風トロール隊

201006141.jpg

昨日は、県内青年会議所のスポーツ交流大会が内子で行われました。今年の種目は「フットサル」でしたが、我らが八幡浜JC(チーム名は“神風トロール隊”)はことごとく強豪を退けて優勝!!昨年の大会に引き続き、みごと2連覇を達成しました。私も例によってハッスルしすぎで、今朝から全身痛です。これも皆さんのチームワークのおかげです。参加・出場いただきました皆さま、昨日はお疲れさまでした&ありがとうございました!

10年と10万km

昨晩は長年お世話になってきた先輩方と飲み会でした。“10年ひと昔”といいますが、長そうで実はあっという間・・、これからの10年もこんなに早く過ぎるのかと思うと、つくづく時間の大切さが身にしみます。今日は土曜ですが午前のみ会社にて雑用少々、少し運動で汗をかいて午後からは内子に出かけてまいります。

さて、スタッフブログにてご紹介いただいております通り、当サイトの「ご家庭向け季節商品」の案内ページが更新されています。これからはブログと合わせて、“こちらのページ”でタイムリーかつ網元ならではのお魚情報をどんどんご紹介していければと思っています。NAS1号の自信作ですので、皆さまどうぞお楽しみに!

目下、トロールの休漁期で直送鮮魚の調達に四苦八苦する季節ですが、ハード、ソフト両面で、また9月からの解禁を見据えつつ、販売体制と仕組みづくりに取り組んでいきたいと思います。社内体制と市場対応のバランスが大事かと。夏にかけて、こちらも少々急がねば・・です。

私事ですが、5年ほど前に購入したゴルフトゥーランの走行距離が100000kmに到達!普段は自宅用として家内が使っている車ですが、私が仕事で長距離出張に出る際にも乗っていましたので、こちらでかなり走行距離が伸びた様子です。定期的に不具合は出ていますが、まだまだ快調ですので、あと5年は乗れるかと・・。目指せ、200000kmです!

九重大吊り橋

昨日、無事に研修・慰安旅行から戻ってきました。途中、行方不明になりかけた人もいたようですが、何とかフェリーで全員帰還!皆さま、お疲れさまでした。トロール市は今日から通常営業ですが、乗組員チームは今週は休んで、来週から仕事再開の予定です。

こちら宴会時の集合写真、コンパニオンの皆さん、お世話になりました!

新人の中尾君もこのとおり元気いっぱい!
「リンダリンダ」を熱唱したので、愛称が「リンダ」になりました。

朝もガッツリ食欲も満点、育ち盛りの子供のようです。

でも2日目に行った九重大吊橋では、先輩のNAS1号ともども腰を抜かしていました・・

こちらの吊り橋は平成18年にできた観光地ということで、なぜか「白蛇館」もありまして、安全・豊漁祈願!

乗組員の皆さんは、当面の切実な課題でもあるパチンコ必勝祈願・・!

皆さま、ひとまずお疲れさまでした。

迷子にはご用心!

休市で静かな八幡浜です。商店街では恒例の八日市ですが、今回は弊社の出店はお休みをいただいております。また来月からよろしくお願いいたします。今日より一泊で、海幸丸の慰労・研修旅行に行ってきます。ここ2年は松山(道後)でしたが、皆さんの要望もあって今年は海をわたって九州(別府)へ!ひとまずはゆっくりと温泉に浸かって一年間の慰労を、そして来季へ向けた鋭気を養ってください!“珍道中”はまたご報告させていただきます。

今年ももちろん流通事業部のスタッフも全員参加、年に一度の旅行で、沖と陸の絆をより一層深めてまいりたいと思います。

今回はトロール市に新しく入社した“NAS2号”こと、中尾君も初めて参加します。職人肌で寡黙な新人ですが、海幸丸の猛者に交じった宴会でどんな一面を見せてくれるか、今から楽しみです。皆さん、以後お見知りおきを!!

思わぬ収穫

日中は30℃ちかくまで気温が上がって、軽く走っても汗が出るくらいの良い天気でした。今週は恒例となった社員研修旅行も予定しています。皆さん、迷子になりませんように・・
さてただ今、休漁期ですが今日は思わぬ漁獲、いえ収穫もありました。

ザリガニ6匹と元気なオタマジャクシ3匹!

泥だらけになりながらゲットしました!子どもよりも親たちのほうがはしゃいでいたような気も!?

共食いしないように石ころもセット、大事に育てましょう!

YONDEN伊方だより

早くも週末、あっという間に民主党総裁も決定しました。何となくパワーありそうで、樽床さんに一票投じたい気持ち駆られながら昼食をとっていました。いずれにしても前途多難のようですが・・。先日、四国電力広報の“取材”を受けていた浜田漁労長と平井機関長ですが、このとおりバッチリ笑顔の写真が撮れまして完成!広報でも紹介されていますが、二人の沖のキャリアは浜田漁労長32年、平井機関長は実に45年・・、これからも末長く元気に頑張りましょう!

イトティー

海幸丸の船体整備も徐々に進行中、こちら第15海幸丸の菊地機関長です!もっと笑顔を・・!“世界のイトT”もいつの間にかこんなところで活躍中です。今日は島根県より同業のお客様が来社され、沖底漁業や鮮魚流通のこと、会社経営についていろいろと情報交換をさせていただきました。お互いの浜の往来もいろんな気づきがあって楽しいものです。これからもご指導のほどよろしくお願いいたします!

大蛇と大虹

週明けが月末~月初ということで、昨日までは何かと慌ただしかったのですが、今日は一転、比較的落ち着いた一日・・、と思いきや“W辞任”の政変劇でまたまた歴史に残る1日となりました。本当にいろんなことが重なって、参院選を前にしてこの支持率急降下の現状ですので、しかたないといえばそれまでですが。わずか8か月前の熱狂ぶりを考えると“一寸先は闇”とはまさにこのことですね。

時間のあるときにかろうじて続けている夕方のジョギング、先日は海岸コースで天敵のヘビ(大きな青大将)に遭遇しましたので、今日は愛宕山まで。ちょうど帰りに夕立に見舞われまして慌てて小走りで帰路につきました。

夕立のおかげで南の空には大きな蛇、いえ虹が・・、見事に大きな半円を描いていました。

なにか良いことありますように!

今夏イチオシは!

6月に入りました。NAS1号企画の2010年お中元一押しパンフもほぼ完成!
この手作り感が良いですね~。乞う、ご期待!!本年もよろしくお願いいたします!

そのものを狙うな

昨日は西条にてJCの会員会議所、今日は午前中に小学校の参観日と清掃手伝い、午後から松山にて一件会合でした。早いもので5月も明日で終わりですね。明日は月曜ですが休漁期の始まりということで、いろいろと大事な案件も抱えていまして、フル回転の週明けとなりそうです。サッカー観戦でイメージトレーニングして休みたいと思います。

最近、知人の経営する会社の取り組みからヒントを得まして、当社でも同じような取り組みができないものかと少し思案中です。その会社は全くの異業種なのですが、会社の思想と意図、目的が明確ですばらしい取り組みです。具体的になりましたらご紹介しますが、考えの一助になったのが最近読んでいたこちらの本に出てくる三愛社長、市村清さんの教え「そのものを狙うな」です。子供のころ、父から教えられたという「スズメ捕り」の話で、実に明快にこの教訓が紹介されてあります。

「スズメを捕ろうとするのに、スズメを狙うやつがあるか、スズメが一番大きくなるのは飛び立つときだろ」

スズメを捕るには、目に見えているスズメそのものを狙ってはならない。スズメの習性や周囲の状況を考えたうえで、最もタイミングのあった点が急所なのである。

以上、本書第2章より

「そのものを狙うな」 いろんな企画や場面に生かせそうな教えです。

20100530.jpg

「社長がやるトップセールスの極意」(田中道信著/日本経営合理化協会出版局)

エコー検査室にて

一昨日から各種会議が続いていまして、丸2日間PCもろくに開けず・・、メールをいただいておりました皆さま、大変失礼しました。今日は早朝から松山に移動してドックインでした。船ではなく、ヒトです。一日コースの簡易版でしたが、極度の病院・検査嫌いの身には長い長い1日でした。「前日は9:00以降飲食禁止」、実は少し守っていませんでしたが・・、なんとか終えて解放(釈放?)されてホッとしています。

注射(血液検査)にエコー検査、バリウムと苦手な項目が続きました。今回の失敗はエコー検査でした。

係のお姉さんに上半身の衣類を持ち上げられて、腹部にゼリーのような液体をグリグリ塗られての検査ですが、いきなり下のズボンにも手をかけようとするため、

私:「すみません、そこは・・」

お姉さん:「だいじょうぶです、すぐにすみますよ」

私:「いえ、ちょっとそこは・・」

お姉さん:「楽にして、力を抜いてくださいね。足は伸ばしたままでお願いします」

私:「ちょっとすみません、早めにお願い・・します」

・・・中略(検査)・・・

お姉さん:「はーい、おわりましたよ。お疲れさまでした。ゼリーを拭き取りますのでそのままで待って下さいね。」

私:「はい」

そしてまた下のズボンに手をかけようとするため、

私:「す、すみません、ちょっと・・」

お姉さん:「だいじょうぶです。すぐに拭きますよ。そのままでいてくださいね。汚れますから」

私:「あ、はい、すみません」

お姉さん:「はーい、終わりました。お疲れさまでした。大丈夫ですか?」

私:「おなかをさわられるとダメなんですよ。こちょばくて・・」

検査室:(笑い)

という感じで、分けのわからないやり取りをしてしまいましたが、とにかく下腹部をさわられるのが大の苦手でして、触れられるたびに体が自然にビクンビクン反応してしまいました。次からは、腰回りは弱い旨を検査前の質問票に書いておかねば、と本気で思った次第です。

やれやれです。アルコールを控えつつ、とりあえず診断結果を待ちたいと思います。

全底連総会へ

昨日より全底連の総会のため上京しておりました。懇親会終了後は、いつものメンバーで九段下のお取引先まで。皆さんで漁業や流通の話題で、面白おかしく盛り上がっておりました。開店2週間の創作料理店ですが、またもやデジカメ忘れまして・・。またゆっくりとご紹介させていただきます。昨晩はありがとうございました!夕方戻りまして今晩も一件、会合です。アルコール漬けにならないように気をつけねば・・

ことりとアサヒ

本日休市、静かでのどかな八幡浜です。今日は夕方よりお隣の(社)大洲青年会議所さまの創立55周年式典・懇親会に出席してまいります。上は、以前ご紹介した松山の鍋焼きうどんの名店“ことり”に続いて、今度はこれまたすぐ近くにある「アサヒ」です。数日前に初めて訪問しました。

「ことり」さんと同じく、うどんとお代引き換えのスタイルが「昭和」を感じさせてくれます。

アサヒさんのほうがやや甘めでジューシーかな・・?
こんな下町の、情緒あふれる老舗の看板をこれからも守ってもらいたいものです。

また食べに行きます。頑張ってください!「ことり」と「アサヒ」!!

フェルメール

本日は定期のお支払日、これより松山にて一件仕事です。

名画への興味が尽きない二男、どこでも同じ絵を描き続けています。

部屋でも

外でも

学校のテスト中にも・・!

最新作はフェルメールです。

このくらいの熱心さで勉強してくれれば良いのですが・・

ヒラメ飯

中トロ漁が曳きあがって寂しいのは、収入が減る・・!のはもちろんですが、美味しい底魚が食べられなくなること。夏の魚も美味しいですが、魚種が限られるうえに底物に比べて高価ですので。最後の航海からは、激安のヒラメ(八幡浜ではなぜか石カレイと呼びます!)をいただきました。5枚に卸したものを薄造りで二夜連続でいただきましたが、明らかに2日目のほうが味も濃厚で美味しい・・、底魚の美味しい食べ方をお伝えするのも私たちの役割ですね!

下関基地では今朝の売りで第11・12仁洋丸も無事に“切り上げ”となりました。こちらもひとまずお疲れさまでした。

刺身だけではもったいないので、郷土料理鯛(タイ)飯風に“ヒラメ飯”も作ってみました。こちらも柔らかい身がご飯に絡んで美味でした。同じ刺身でも、切り方によっていろんな楽しみ方があります。鯛や平目のような柔らかい白身魚は、薄造りで切っておいて、残ったものを写真のようにご飯と一緒にいただくのが個人的にはおススメです。

皆さまもいろんな魚でお試しくださいませ!

長い夏のはじまり

昨日朝のセリで海幸丸は完全に曳きあがり、今季の操業を無事に終えました。昨日は荷揚げ後も、地元商店街の旬菜市での出店に午後からは「海の男のお魚さばき方教室」と、スタッフフル稼働の忙しい1日となりました。さばき方教室では板長のトークが受講者のハートをつかみましたし、旬菜市ではNAS1号の網元手作り地魚フライシリーズが好評でした!どちらも、ますますレベルアップしていくはず!?ですので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

明けて今日は船員給与の支給に曳きあがりならではの雑務諸々でした。夏の漁具修繕、船体整備の仕事始めは24日、漁期終了でホッと一息のはずですが、会社的には曳きあがればあがったで仕事も盛りだくさん・・というのが実情です。今年の夏は、中間検査を迎える船体の修繕・補修はもちろんですが、とくに漁労長を中心とした若手乗組員の確保・育成、そして来季からの低価格魚のいっそうの付加価値販売への準備やPR、環境整備に力を入れていきたいと思っています。

さっそく今日は地元の電力会社が発行する広報誌の取材も!笑顔のショットを表紙に飾る企画だそうで、当初は私を、ということだったのですが、あまりに絵にならないため辞退、急きょ浜田漁労長の出番と相成りました。撮影に入ったところで、ちょうど16号の平井機関長も船に現れたため道連れに・・、超ベテラン2名での撮影となりました。

最初は若干かたかった笑顔も徐々に和らぎ、無事に撮影終了!また広報誌が完成しましたらご紹介いたします。撮影終了後は、本日支給の給与を片手に市内のパチ○コ店へまっしぐら・・でした。休漁期は収入がガクンと減ってしまう乗組員の皆さんですが、この調子ですと先が思いやられます。資源保護とはいえ、減り続ける全国の沖底船・・、3か月半の休漁期は長すぎですですネ・・

この夏、海幸丸に仕事をいただける方、ぜひご連絡をお待ちしております!!

海幸丸曳きあがり

最終航海に入っていた海幸丸は、シロムツ、ゼンゴをため込んで箱切れ・・、今朝早朝に帰港しました。今日は休市のため、明日の朝4:00より漁獲物2000箱の荷揚げと最終売りを行う予定です。ただ今、漁具の陸揚げと船体清掃中です。今季も今日をもって無事に曳きあがり!乗組員の皆さま、ひとまずお疲れさまでした!

般若心経

今日は終日八幡浜、夜は気分転換に!ジェイシーズのソフトボールに行ってきました。“ワケあり”で試合の前には、硬式野球の練習も行いました。先輩、ありがとうございました!点数は忘れましたが、試合はとりあえず一点差で辛勝!あれだけの点差を、最終回で1点差まで詰め寄られるのがジェイシーズならでは!ただでは終わりません。サスガです。

最近いろいろと重なりまして・・、寝る前に独り静かに「般若心経」を唱えております。もともと前半3分の一くらいはいけるのですが、後半からの暗唱がなかなか進みません・・。もともと物覚えのわるい頭ですが、知らない間にますます退化しているようです。

それにしてもこの落ち着くリズム!覚えられるまで、しばらくは携行したいと思います。

特大ヒメジ

今季はとても少なかったエンジントラブルですが、この曳きあがり直前になって故障・・、昨日朝に出港しましたが、ほとんど操業できないまま今朝にはいったん帰港しました。明日までに修理を行い、今季最後の航海に向かう予定です。こちらは昨日、数箱獲れていた特大サイズのヒメチ(ヒメジ)、普通は10cm程度の小魚ですが、今回揚がったのは25cmくらいの超大型!別種でしょうか?

さっそく朝ごはんで塩焼きにしてみましたが、味はほとんど変わらず上品なヒメチそのもの。骨がかたいのも身が柔らかいのも同じでした。普通のサイズであれば3尾は食べますが、このサイズですから1尾食べれば十分でした。でも尾びれに黒い縞を帯びているのが不思議ですね。ヒメチは成長すれば模様が変わるんでしょうか?椎名クン、また良ければ教えてください。

特大ヒメチ、なかなか揚がりませんがランチの食材にいかがでしょうか?

魚市場デビュー!

4:00すぎ、高知沖2航海目の入船でした。前回ほどの漁は確保できませんでしたが、丸物はレンコダイ中心の漁。日曜日ということで、セリ前に息子たちをたたき起して市場見学、その昔は小学生だった私たちも父に連れられてよく行ったものです。当時はまだ大中の木箱が中心で、鉄製の長い鉤で魚をよく運んだものです。今はほとんど使いませんが・・。今回は晴れて三男も市場デビュー!

市場の人に「これなんだ?」と聞かれて、ヒラメ、アナゴ、サワラ・・と答えていたのは、少々ビックリ!

将来はおさかなクンか・・?

いろんな魚に興味津々で、カメラをわたすと大人とは違った角度で写真を撮って面白いですね。

サメ(鱶)が気に入ったようです。

思い出いっぱい

昨晩はJCの5月例会、今日は八幡浜と松山にて葬儀2件に出席という一日でした。

うち一件は、小中高とずっと一緒に過ごした幼なじみとのお別れでした。家族を残してのあまりに突然で早すぎる旅立ち・・、お互い県内に住むためいつでも会えるという気安さから、ここ数年は節目にしか出会ってこなかったのが心から悔やまれます。近所の家並みや通学路に裏山、毎日遊んだ神社の境内、今もほとんど変わらない風景ですが、どこもかしこも彼との思い出でいっぱいです。どうか、どうか安らかに・・。

カラヤンとフルトヴェングラー

20100506.jpg

連休中に読んだ本です。ベルリンフィル首席指揮者を巡っての男たちのドラマ。野望に嫉妬、陰謀に様々な駆け引きと、クラシック黄金期の泥くさい内幕ですが、数多い名盤録音の背景や経緯なども分かって興味深いですね。録音の少ないチェリビダッケだけはやや謎ですが・・。今週末は土曜が“八日市”!魚市場は休市ですが、待望の新企画商品を販売しますので、皆さまどうぞお立ち寄りくださいませ!

黄金の白鱧(ハモ)

連休も終わりを迎えて子供の日!今朝は4:00過ぎの入船、シロムツ、小アジなど高知沖漁場特有の原材料(八幡浜では“つぶしもの”と呼びます)にレンコダイ、カマス、アマダイ、ヒラメ等が混ざって総数2186箱でした。さすがに平均単価は低いのですが、水揚げトン数だけは今漁期最高でした。予定では残り3航海、16日の売りをもって今季の曳きあがりを迎えます。今朝の水揚げ魚種の中には、中サイズのハモも20箱ほど。

その中になんと一匹だけ・・

黄金に輝くハモが水揚げされていました。

ハモは茶系の深い緑(群青)色で、腹部のほうだけ薄く光沢が出るのが普通なのですが、こちらのハモは全身黄金・・、こんな色のハモは初めて見ました。色つやからして、鮮度が落ちて色が飛んだだけではないのが分かります。なんせピカピカの金色ですので・・

食べたいような食べたくないような・・、写真ではあまり分からないかもしれませんが、神々しい、とても神秘的な色で、何か福を呼びそうな予感もしましたので、とりあえずトロール市に持ち帰っています。アナゴにも白アナゴがいますし、山口には白蛇もいますので、白鱧もあっても良いかも?どなたか食べたら、ぜひ感想をお聞かせください。それとも剥製にして、豊漁祈願に祭ったほうが良いのかな?

椎名クン、黄金の白鱧の値打ちはどんなものでしょう??

忍辱(にんにく)

大型連休、こちら四国は真夏日の快晴が続いています。昨日は無事に法要も終わりましてようやく一息、また多くの皆さまにお世話になりました。ありがとうございました。高知沖の海幸丸は操業3日目に入っていまして、明日が初めての入港となります。高知沖は漁場が遠いため、通常中3日の航海となります。シロムツ、カマスを中心に約2,000箱を水揚げ予定です。

2,3日前でしたか、テレビの報道番組で元弁護士の中坊公平さんの特集をやっていまして、はじめてこんな言葉を知りました。

忍辱(にんにく)です。もちろんガーリックのニンニクではありませんで・・

大乗仏教が説く六波羅蜜(6つの実践)の一つだそうで、この世のいかなる困難や辱めをも甘んじて受け、自らの修行の機会と捉えて、機会を与えてくれたことに感謝の念を持つことを意味する用語だそうです。つまりは、どんな困難にも静かにじっと堪えて耐え忍ぶこと、という意味のようです。

中坊さんは、森永ヒ素ミルク事件や豊島産廃訴訟を手掛けた弁護士で、無報酬で住専整理回収機構の社長としてバブルの後始末にも奔走した方で、当時は「総理にしたい人ナンバー1」にも選ばれた、あの人です。今回の報道番組で、かなり久しぶりにテレビで拝見した気がします。数年前に住専機構社長時代の部下の違法取り立ての責任を取る形で弁護士を廃業、現在は週に2日程度、知人の会社の相談役を務めながら、自ら「忍辱の日々」(↑)を送っているとのこと。

一時はメディアでかなり持ち上げられた中坊さんですが、80歳を超えた今は全人生を賭した弁護士も廃業して、世間のはずかしめから耐え忍ぶ日々なのだそうです。視聴率や人気一辺倒のメディアの功罪がこんなところにもあるんですね。それでも過去にいろんな大きな仕事で活躍したわけで、悠々自適の生活を送っても良さそうなものですが、自らそんな生活に安住しないのがまっすぐで愚直な中坊さんらしいという気がします。こんな男らしい生き様もあるのかと、番組を見ながら感服した次第です。すごいですね。鬼平、バンザイ!

何気なく見た夕方の報道番組(どこの局か忘れましたが・・)でしたが、とても良い内容でした。

以前にもこのブログで掲載したこともありますが、中坊さんの住専機構社長就任にあたっての経営信条を再度掲載いたします。どれも心に響きます!!

<公正な経済社会を実現するための10か条>

企業のトップは、

一、歴史の批判に耐えられる長期かつ基本的な視点をもって行動を

二、着手先行型でなく、理念先行型で出発しよう

三、目的を達成するための手法こそ重要との認識を

四、経営の根幹は道理(公正)と透明性を軸に

五、血も涙もない手法をとってはならない

六、戦いに臨むにあたってはまず自らの退路を断て

七、闇の世界と絶縁するためには「わりに合うか」どうかという基準で物事を判断してはならない

八、目先の利益にとらわれて「汚い人間」と手を結ぶな

九、企業を透明化することを恐れてはならない

十、お客に接する時は企業ではなく「家業」の心構えで

中坊公平

憲法記念日ですが・・

ゴールデンウィーク真っただ中ですが、昨日我が家には妹夫婦が帰ってきたり、親戚が訪ねてきたりで、子供たちのテンションは上がりっぱなしです。土曜、日曜と連休だった魚市場は今日より開市、試験操業中の海幸丸は中央市場の関係から明後日(5日)の入港予定です。今日はこれより父の三回忌法要です。

本操業ひとまず終了!

30日入船で一まず今漁期の本操業が終了、4月最後の売りは連休前のかけこみ需要か、丸魚・原材料ともに若干“上げ”での取引となりました。5月は通年通り15日まで、高知沖の試験操業を3航海ほど予定しています。出漁は5月1日15:00の予定です。最後まで安全操業でまいりましょう!!

忠八飛行大会&JC家族会

「昭和の日」恒例の二宮忠八翁記念飛行大会、あわせてJCの家族会も開催されました。昨晩までは雷雨でしたが翌朝には快晴、競技(紙飛行機の部)に出場した後、公園でご家族の皆さまと昼食会でした。日ごろ、留守がちのメンバーの皆さんですが、今日は良い家族サービスが出来たのではないでしょうか?ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。委員長さま、お疲れさまでした。それにしてもヒラメが子供にあれだけウケルとは・・!?

戦略は細部に宿る

大雨の一日でした。今日はほぼ終日事務所にいまして、月末関連事務や夏(休漁期)への準備諸々。いつもお世話になっている行政機関からは、新しい取り組みもご紹介いただきました。弊社も全面協力!ということでこれからの展開が楽しみです。夕方はトロール市での仕事の役割分担等についても少しだけ話し合いました。

以前にも増して、どんどん仕事も細かくなってきている弊社の流通事業ですが、個々のお客さま・お取引先さまのご要望に応えるためには、どんな小さな仕事でも「はい、喜んで!」が基本です。今年はその成果と皆さんのご協力のおかげで、流通事業の対昨年伸び率も今のところ、まずまず順調に推移しています。
流通事業といいましても、弊社の場合、従来型の陸上業務も並行してやっておりまして、沖での漁労をベースに、船の運航管理や市場での売りをはじめとして、調理加工に製品づくり、出荷・配達に小売、それらに付随する受発注管理や伝票作成、そして新規の製品開発に営業活動・・、日々の仕事は多岐にわたるのですが、人員をあまり専門特化せず、緩やかな協力関係をとっているのが弊社の特徴です。店で接客していた人が、数分後には資材倉庫でロープを出すためリフトに乗っていたり・・、かと思えば、また店に戻って一夜干しの配達に出たり・・。年末には、店で海幸丸の歴代漁労長2人がハマチのアラ割りをしていたり、乗組員でも休漁期には取引先を訪ねたりと、普段からこんな具合です。季節とその時々の状況にあわせて、いろんな分野の仕事に従事するイメージです。
流通部門に関しては、専門特化して役割分担をできるほどの規模ではないのも理由なのですが、漁労、流通、事務を問わず、全員が皆で協力していろんな分野の仕事ができる、というのが私たちの最大の強みではないかと思っています。それでも各自、一応持ち場はありますので、すべて「できる」、とまではいかなくとも、「分かる、見える」という感覚が大事なのではないかと思います。沖の仕事を核として、いろんな分野の仕事が見えれば、視野も知識も広がりますし、各々の仕事の意義(価値)や目的も分かるはずですので。
こんなことも考えながら、今年の夏(来漁期)からは心機一転、弊社の理念「一魚一会」に則って、新しい社内のルールも取り決めできればと思っています。本当にちっぽけなことですが、「戦略は細部に宿る」ということで、徹底していければと思います。またエラソーなことを書いていますが、私も船に欠員が出ればいつでも沖に出られるように、日ごろから体力作りに励んでおきたいと思っております・・!?足手まといになる前に、煙たがれそうですけど・・。

本操業も残り一航海!

昨日は、恒例になったマウンテンバイク(MTB)の八幡浜大会が双岩のスポーツパークにて開催されました。私は午後からの“男子エリート”の部(↑)に出場したいところでしたが・・?残念ながら、1日中“駐車場整理”でした。昨日は天候に恵まれ、陽射しも強かったため、気がつけば顔面のみ真っ赤に日焼け・・。まるで“万年二日酔い”のような顔になっております。ボランティアスタッフとしてご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!それにしても上級者の迫力は見ものでしたヨ!

海幸丸は今朝5時過ぎに入港、1000箱の荷揚げを終えました。4月も終盤を迎えて海幸丸の本操業も残り一航海、あとは5月15日までの高知沖試験操業を残すのみとなりました。今回は、宮崎から鹿児島にかけての漁場だったため、ハモやレンコダイ、カマスが主体でした。次回も同漁場にて中3日の航海を予定しております。今日は午後から松山の予定だったのですが、若干イレギュラーもあって仕事がずれ込み、予定変更となりました。

今年の4月は例年になく多い時化やら相場の落ち込み等で、今のところ昨年を下回る水準になっています。しかもここにきて重油単価もどんどん高騰しているうえに、これまでになかった新しい問題も少々出ていまして、来期からの不安材料も山積の状態です。ひとまずシーズンもほぼ終了、という時季ですが、最後まで気を引き締めていきたいところです。今年の夏は昨年に増して忙しく・・、後ろ向きではなくて前に向いた仕事で忙しくありたいと願っています。

第4回愛媛ブロック会議

金曜、土曜とJC愛媛ブロックの会議が続けて八幡浜にて開催されました。今回は連日開催のため、多くの県内メンバーの皆さまは一泊で八幡浜入り。その日、八幡浜では商工会議所青年部(YEG)の総会・懇親会も開かれていて、久しぶりに活気づいた八幡浜の夜だったようです。一日目は夜中にチャンポン、一夜明けて会議が終わって昼はまたチャンポン、もちろんお酒もいろいろチャンポン・・!?遠路お越しいただきましたJCメンバーの皆さま、ありがとうございました!

出会いに乾杯!

今朝売りの予定だった海幸丸は天候の影響で入港を延期、明日売りとなりました。昨日は夕方に下関より戻ってきまして、運動不足解消のため食事前に少しだけ走ろうと思ったら、突然の雨・・、先日の魚市場整備実行委員会にて新しい魚市場の概要も決定しましたので、イメージトレーニングでもと思いまして、雨に濡れない屋根つきの仮設魚市場内をタラタラと走っていましたところ、車からこちらに向かって軽いクラクション・・

思いがけない場所で(魚市場ですし)、思いがけない時間に、思いがけない人と、思いもよらない状況下でバッタリと遭遇・・ブラボー!
いや~、これは大変失礼しました。本当はもっときちんとした場で初対面するはずだったんですけど。

何はともあれ出会いに乾杯!

よく分からない日記になってスミマセン。(分かる人には分かるのですが・・)

海幸丸は今晩24:00過ぎに入船、朝は4:30より荷揚げの予定です。相場に期待しましょう!

21仁洋丸荷揚げ&セリ

今日の入船は21仁洋丸1ケ統のみでした。23:00前から始まった約2000箱の荷揚げはものの1時間程度で終了、セリは1:30からですがこちらもあっという間に終了・・、船も深夜に出港していきました。こちらの市場はすべてがシステム化されていて、八幡浜に比べてかなり早いのが特徴です。地元の方に聞きますと、漁港での荷揚げやセリは完全に深夜に行われるため、漁業の基地としてよりも、昼間営業している唐戸市場などの観光市場としてのイメージのほうが定着しているのだとか。こちらの船籍も今漁期はわずか一月あまり、八幡浜ともども、2艘曳沖底が“過去の産業”にならないよう、前に向かって頑張りたいものです。

4月に入っていっそう相場も厳しいマダイにレンコダイが中心の漁獲でしたが、イシダイやハタ、カサゴにアマダイ等の高級魚種も少しずつまとまって揚がっていました。

こちら↑のハタ系も時々水揚げがあるとのこと、椎名クン、正式名称教えてください。

帰りは臼杵経由でフェリーに乗って戻っています。海幸丸のほうは、結局時化のため太平洋まで出られず、いつもの豊後水道南海域で操業中とのこと。明日朝にはいったん入船の見込みです。

下関出張中です!

今日は昼前のフェリーを使って、下関まで出張に出ております。霧のため、高速道路は区間通行止めでしたが、夕方までには到着しまして先輩、友人と食事、一休みしてこれより第21・22仁洋丸の荷揚げ・セリです。また様子をご紹介いたします!

社長の財学

今朝は4:50に入船、いよいよ価格低迷・・で、相場が良いのは断然アマギ(エボダイ)なのですが、4月のアマギ漁は難しいようです。次は鹿児島沖まで直行の予定です。今日は荷揚げを終えて午前中は漁船漁業構造改革プロジェクト関係の打ち合わせがありまして、午後からは雑務や明日からの準備諸々でした。昨晩はNAS1号の新製品を試食しましたが、想像以上の出来栄えで驚きました。いろんなところでPRしていきましょう!皆さま、どうぞお楽しみに!

あいもかわらず経営合理化協会の書籍を読み続けていまして、今回は井原隆一氏のものを読みました。高価なシリーズなのですが、出張に持っていくには2割高の皮革装丁版がお勧め、ということで最近はほぼこちらを購入しています。読みごたえはありますし、普遍的なテーマと内容が多くて、読めば読むほど味が出るという感じでしょうか。

記録として、著者二十歳の生涯信条、そして斉の管仲の「必勝の条件」を掲載しておきます。

一、厳しさに挑戦する
二、時代の変化に挑戦する
三、自己能力の限界に挑戦する
四、疑問に挑戦する(予見)

井原隆一氏「二十歳の生涯信条」より

その一、物質を豊かにすること。豊富な物質は無敵である。(→資本力)
その二、技術者を重視すること。よい技術者は無敵である。(→技術力)
その三、すぐれた武器をつくること。すぐれた武器は無敵である。(→商品)
その四、優秀な人材をえらぶこと。優秀な兵士は無敵である。(→人材)
その五、軍律を厳しくすること。厳格な軍律は無敵である。(→規律)
その六、たゆまぬ訓練を行うこと。たゆまぬ訓練は無敵である。
その七、ひろく情報を収集すること。ひろく情報を知れば無敵である。
その八、臨機応変の処置をとること。臨機応変の処置は無敵である。

20100419.jpg

「社長の財学」(井原隆一著/日本経営合理化協会出版局)より

単純明快ですが、勉強になります。

お四国山ミニ八十八か所

午前中は、八幡浜児童合唱団の第37期生入団式でした。入団された皆さま、おめでとうございます!ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。午後からは、思いつきでお四国山散策に出かけてみました。八幡浜市内には四国八十八か所の札所はないのですが、市内の中心部にあるお四国山には、このように↑ミニ八十八か所が祭られてあって、かなり険しい道ですが約1時間程度ですべてを回れるようになっています。八幡浜にとっては貴重な資源です!!

かなり久しぶりに登ってみましたが、いろんな角度から八幡浜市内も見渡せて、とてもいいハイキング&ジョギングコースでした。今回、私たちは1番から順に回っていって、すべてを巡りましたが最後はヘトヘトに・・。毎日歩いているという知人にもバッタリ出会いまして、いい汗かいていました。私も癖になりそうです。

途中、化け物のような巨大タケノコに遭遇して、思わず戦意喪失・・

そののち格闘・・!!

頼むけん、持って帰らんとって!

トロール市お魚情報!

トロール市店頭のボードにて、こんな感じでお魚情報を日々掲載しています。楽しくて、変化があって面白いですね!皆さん、お気軽に遊びに来てくださいませ!

日本のうたベスト

出張帰りですが、会社の書類整理も程々に今日は松山を往復してきました。県庁とテクノプラザに行ってきましたが、後ろ向きの仕事と前向きな仕事を一つずつ、早いもので明日は金曜、もう週末ですね。海幸丸は明日入港、後半の漁に期待したいと思います。名画の旅、今日はいよいよモナリザです。

久しぶりに銀座の山野楽器でクラシックのCDをまとめ買いしてきました。先週、葛飾シンフォニーの定演で唱歌を聞いて以来、日本の唱歌のすばらしさをあらためて実感しまして、良い演奏家と選曲の全集盤を探していましたが、なかなか良さそうなものも見当たらず、購入したのが「定盤シール」の貼ってあったこちらのCD。車の中でも就寝前にも聴いていますが、ハマっています。
全28曲、日本の名曲のオンパレードですが、個人的には、「この道」、「椰子の実」、「荒城の月」、「砂山」などが好きです。皇后陛下お作詞の「ねむの木の子守歌」も良いです。なかでも私が一番好きなのは「椰子の実」!この歌の詞とメロディは昔から大好きで、聴くたび、歌うたびに日本人で良かったとつくづく感じますね~。車を運転中に大音量で流していると(しかも涙目)、外の人からすれば少々違和感あるのでしょうが・・。今度はバリトンかテノールのCDも探してみたいと思っています。

20100415.jpg

「日本のうたベスト」鮫島有美子(ソプラノ)ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)

第一回東京居酒屋視察

全底連にて一件打ち合わせ、その後は同業界の先輩社長と4名で鮮魚居酒屋を3店視察してきました。新橋~赤坂見附~表参道と移動しまして調査、といってもざっくばらんな飲み会なのですが・・。カメラはまた忘れてしまいました。いろいろと業界情報の交換も出来まして、官能的・・、いえ刺激的な夜でした。私たちの取り組むべき課題も少しですが見えてきた気がしました。皆さま、ありがとうございました!一泊後、午後便で戻って、夜はジェイシーズ2戦目です。間に合うかな・・!?

空気は読まない

今朝は5:30の入船で、豊後水道でのコウイカ、ホウボウ、マトウダイが中心の漁でした。パッとしない水揚げにパッとしない相場・・、おまけに時化のため出漁見合わせということで、踏んだり蹴ったりの4月操業となっています。今月に入って、不思議に水揚げも売りも活気がなくなってしまって・・、魚市場も空気に負けているのでしょうか??名画の旅、今日はルオーです。

20100412-2.jpg

さっそく先日もご紹介した鎌田實さんの最新図書を読んでみました。
空気を読みすぎるな!ウェットな資本主義!
病気でも明るい生き方がたくさん紹介されてありましたて、こちらも元気の出る本でした。

以下、エッセンスのみ記録しておきます。

ムードが沸点に近づいているときに、水を差す人間がいる社会は強い社会だ。
空気の大きな圧力に負けないことが大事。
みんなが空気を読んでいると、小さな声が届かなくなる。
自分の心を殺さないことだ。自分の言葉を閉じ込めないことだ。
空気を読んで、自分の心を檻に入れないことだ。見えない空気に縛られないことだ。
ときに、空気は読めるけど読まないことがあっていいのだ。
もう一度言う。資本主義は、お金と、あったかい空気をまわし続けることが大切。
資本主義の基本は、競争主義だからこそ、あったかな空気が必要なのだ。
下がった波は必ず上がる。不況なんて怖くない。
空気にのまれるな。

空気は、人に、街に、時代に伝染する。
じわじわと広がり、いつの間にか、気分を高揚させたり停滞させたりする。
ときには、景気さえ左右し、経済を動かす。
ときには、国を間違った方向に動かす。
ときには、人間の行動や生き方までも、操っていく。
まわりから浮きたくないと、必死で空気を読む。
空気にとらわれる。
結局、小さな生き方から出られない。
気概を忘れていく。
気が抜けていく。
心が鬱々としてくる。

空気に流されるな。
空気をつくり出せ。
空気をよどますな。
空気をかきまわせ。
それが新しい生き方になる。
それが新しい時代をつくり出す。
信じていい。
空気は・・・・・読まない。

「空気は読まない」(鎌田實著/集英社)より

新ムンクのさけび

ここのところPCの前に座る時間もめっきり減って、ブログもサボリ気味・・、継続は大切ですが難しいものですね~。次男が夢中になっている名画の旅!ムンクも徐々にレベルアップしてきまして、こんな感じです。海幸丸は明日入港、夜はJCの公式訪問例会で、明後日よりまた上京予定です。皆さん、睡眠不足には気をつけましょうネ!

JFにて大分県沿岸漁業者協議会

急きょですが、9日は漁協にて大分県の沿岸漁業者との協議会が行われました。いかなる漁法であれ地元にとっては守るべき貴重な文化で、商いの元である魚は限りある貴重な資源です。世界的にも資源管理の大切さが言われていますが、この宇和海の資源も永続的に守っていきたいものです。国、県、漁業者の協力体制が何よりも不可欠との思いを新たにした会合でした。

八幡浜高校入学式

学校評議員の役職をいただいている関係で、八幡浜高校の入学式に出席してきました。卒業して初めて出席しましたが、規律正しく厳かな式典・・、昔もこんなだったんでしょうか?自分にとってはとても新鮮で、こんな雰囲気を味わうのもたまには良いものですね。クラスも少子化のせいで私たちの頃と比べれば4クラス減っていて、今は1学年7クラスとのことでした。懐かしい校歌も聞きながら、心の中で合唱!新入学生、おめでとうございます!

魚串に食いつけ!

春真っ盛りですが、風はまだ冷たいですね。昨日は岡山まで行ってきましたが、少しだけ北になるせいか四国よりもずいぶん寒く感じられました。今日は一転陽気で、恒例の「八日市」の人出もまずまずの様子でした。昨日朝の荷揚げは、アジ、ゼンゴ(小あじ)、シロムツが大半でしたが相場のほうは今一つ・・、海幸丸は高知沖から豊後水道南沖に漁場を変えて操業中です。

大洲市にある農水省統計局より、以前に取材をいただいた弊社の事例が“農水省のサイト”に掲載されている旨、ご連絡をいただきました。全国から、農林水産分野での30ほどのIT活用事例が掲載されています。弊社事例のタイトルは、“「インターネットで新鮮で安価な天然鮮魚を網元直送」”!まだまだ小さな取り組みではありますが、これからもよりタイムリーな情報掲載を続けていければと思います。
昨日も金融機関、漁協の方とも話していたのですが、一次生産者は今こそ流通を含めた付加価値化への関心をより持つべき、というのが持論です。そうでなければ漁労や出荷形態、一次加工というものにニーズを反映させることができず、いつまでたっても生産者の手取りアップにはつながらないからです。昔ながらの生産者意識のままでは、末端の消費現場でのデフレの影響、しわ寄せの多くを生産者が被ってしまう構造は永久に変わらないのではないでしょうか。

と、えらそうに書いていますが、昨日の日経MJでは、焼き魚の串刺しが人気という記事が掲載されていまして、早速友人からもお知らせのメールを頂戴しました。安価でヘルシー、手軽で腹いっぱい食べても胃にもたれない、ということで若手会社員の男女に好評とのことです。高級な鮮魚でも串にすれば単価も抑えられ、数種類のソースを組み合わせれば、店のオリジナリティも出せるため、逸品差別化メニューにも最適ではないでしょうか。

種類が豊富で高級魚の多い底曳きの鮮魚は、魚串には間違いなくうってつけ!とういわけで、家でもいろんな魚で試してみようと思います。底魚ならどんな魚でも合うかと思いますが、皆さまのアイディアもぜひお聞かせくださいませ!

ご報告が遅れましたが、海幸丸に乗船していたNAS1号が少しスマートになって下船しました。お疲れさまでした!
水揚げ風景を動画で撮ってきていますので、皆さま、ぜひご覧ください。第2弾もどうぞお楽しみに!

今晩はソフトーボール(ジェイシーズ)の開幕戦です!

かつしかシンフォニーヒルズ

日曜の早朝から月曜夜まで、八幡浜児童合唱団の東京遠征引率に行ってきました。そのため今日は週明け2日分の案件も重なって、重要事項山積のまま終業・・、夜は引き続きJCの会合でした。海幸丸は久しぶりの高知沖操業ですが不調の模様・・、明日はいったん入港して出直す予定です。荷揚げ後は打ち合わせのため岡山まで行ってまいります。

こちら↑は、定期演奏会に参加した“かつしかシンフォニーヒルズ:モーツァルトホール”!
立派な建物でした。皆々さま、大変お世話になりました!!

今年も座敷雛

4月2日、3日は穴井地区恒例の“座敷雛”が開催されています。今年もお世話になっている地元の友人にご案内いただき、その後はいろんな方々とご一緒させていただきました。いつもながら楽しく熱い飲み会で、つい時間を忘れて長居してしまい申し訳ありませんでした。

竹宵もさらにパワーアップ!壮麗でした。

公開は今日までです。皆さま、ぜひ訪れてみてくださいませ!

KYバンザイ!

いよいよ年度末の31日、海幸丸も今朝の入港で無事3月操業を終えて月末休みに入りました。ハモは先航海を上回る480箱!かなり相場は下げましたが、獲れるだけ良しとしなくては・・。今朝の入港魚種の中にはこんなアカムツも!少々傷入りですが、まん丸の体型からして味は上々でしょうね~。原宿の創作和食“ルチア様”へ直送と相成りました。

昨日から産経新聞で連載されている「オピニオン 話の肖像画」というコーナーに、医師の鎌田實さんが登場されています。ベストセラー「がんばらない」の著者ですが、昔からベストセラー読まない派?の私は、まだ本を読んだこともないのですが、とても面白いことを言われています。
いわく、元気のない今の日本は「空気に負けている」と。今の不景気の半分は「空気が作っている」というのが鎌田さんの持論だそうで、人の顔色ばかりうかがっている(空気を読みすぎる)社会では、どんどんつまらない国になってしまうとのこと。そうならないためには、人がそれぞれ様々な主張をして、「空気をかき回したり」、「空気を変える」若者が出てくることが、社会に活気を出す源なのだそうです。
人間には、「人と人、体と人、人と自然」の3つのつながりが大切だそうで、この3つのバランスを総合的につなぎ直す作業が日本を元気にするためには必要なのだと。また資本主義国家としての経済を上半身、子育て支援や医療、教育を下半身に例えて、温かく血を通わせて「分厚い中流」を作るという「ウェットな資本主義」も提唱されているのも、医師ならではの視点で興味深いです。
今の日本に何よりも大切なことは、リーダーである政治家が確固たる国家観をメッセージとして国民に語ることだそうで、「友愛」では何が何だかサッパリ分からんと・・。特にこの部分は大いに共感を覚えましたので、さっそく最新作「空気は読まない」を購入してみようと思っています。いろんなところでKYという評価をいただいている私にとっては、朝から実に元気が出るコラムでしたので、少しだけご紹介させていただきました。

KYバンザイ!!逆ギレです。

ハモいかがですか?

週明けです。海幸丸は昨日の4:00に入港して荷揚げ、目下3月最後の航海に出ております。年度替わりで何かと忙しい最中ですが、4月はイベントも盛りだくさんですね。特に週末は平日よりも・・、いえ平日と同じくらい過密なスケジュールです。子どもたちはわずかな「春休み」ですので、少しは出かけなければ、と思う今日この頃です。

さすがに暖かくなったせいか、ここ2,3航海は魚種に変化もみられていまして、昨日はざっとこんな感じでした。

マダイ25、レンコダイ50、エボダイ95、カマス190、アカムツ25、クロカマス40、イトヨリ55、カイワリ50、マトウダイ25、フカ20、アカエイ25、アンコウ10、バラヤリイカ10、スルメイカ35、ヒレナガエソ60、ミズエソ26、シロムツ20、アカメダイ180・・

そして最後に・・

ハモ320箱!

で計1400箱の水揚げでした。

春の珍事・・というほどでもないのですが、海幸丸でハモが300箱を超えて水揚げされるのはおそらく初めてではないでしょうか。昨年も100程度水揚げはあったのですが・・。

今ほどの漁労長の報告では、今航海でもハモが同じく豊漁とのこと。1匹でも1箱でも100箱でも・・、ご注文承ります。ハモを使った加工品も考えねば・・、企画担当のNAS1号さん、アイディアよろしく!

さすがに入港魚種がハモだけでは寂しいため、明日は漁場を変えて操業予定、次回は明後日に入船する見込みです。

懐かしい鍋焼きうどん

昨日は広域漁業調整委員会のため、農水省にて終日缶詰め会議!今朝は早朝の便で松山まで戻ってきました。午後からはJCの会員会議所のため、そのまま今治へ向かいます。東京が真冬のように寒かったせいか、松山はかなり暖かく感じられます。昼は少しだけ時間もあったため松山を散歩、堀之内の桜はただ今こんな感じです。来週くらいが見ごろでしょうか?

昼は先輩からご紹介いただいて、一度行ってみたかった「ことり」へ。商店街の脇道を一本入ったところにありまして、歴史を感じる店構え!メニューは掲げられてなくて、「鍋焼きうどん」のみ。座敷の小さなちゃぶ台に、お代と引き換えという仕組みも何となく情緒があって良いですね~。常連さんと思われる地元のお客さんでいっぱいのお店でした。

こちらがその鍋焼きうどん、入店2分で出てきました。早いのも魅力です。
初めていただきましたが、なぜか懐かしい味・・!?くせになりそうです。

ご紹介いただいたMさん、ありがとうございました。

さだめて道にあり

荷揚げ他、午前中の仕事をを終えて午後一番の便で上京しました。早朝ジョギング用のシューズを持参しようと思い準備したものの、荷物になるのを想像するとうっとうしく感じられ、空港に停めた車に置いてきてしまいました。明日、明後日はサボリ決定です。今日は(次男作)世界の名画第2弾、モディリアーニの登場です!まだ未完成のようですが・・

私事で大変恐縮なのですが、気づけば今日3月25日は結婚10年目でした!
引き続き実感はあまりないのですが・・、いや~、ただただ早いものですね~。

とりあえず、アニバーサリー万歳!(出張中のため、一人で乾杯!)

今月の職場の一文にはこちらを書いてみました。「道」の概念、捉え方も様々ですが、常に自らの「道」を探し求めたいものです。

道徳決定着人和事的盛衰

物の興廃は総じて人に由る 人の昇沈は定めて道に在り

空海

椎名クン、おねがい!

朝から会議や電話、来客に書類整理と久しぶりに慌ただしく過ごしています。明日は海幸丸入船、午後からは農水省で翌日行われる太平洋広域漁業調整委員会のため再び上京しまして、土曜に戻ってくる予定です。気づけば今日は誕生日、まったく実感ないですが・・。アラフォー万歳!

突然ですが、椎名クン、質問です。

イルカは大きくなったらクジラになるんですか?

クジラの子どもはイルカですか?

私、どうにも合点がいかないので分かりやすく教えてください!ヨロシク!

お母さんはたいへんだ!

昨日は強風のため羽田も大混雑の様子でしたが、19:00すぎの最終便は少しの遅れで飛んでくれて、昨晩遅くに帰宅しました。今朝は4時半本船入港で早朝より出動、さすがに時化の中の操業とあってホウボウ、コウイカ、アマギを中心に相場は“やや上げ”での取引となりました。荷揚げ後は10:00に出漁、次回は木曜前後の入港を予定しています。

昨日は、夜遅くに帰宅してみると机の上にはこんなものが置いてありました。

うわー、こりゃホントに、た・い・へ・ん・だ!!

日本JC通常総会へ

東京ビッグサイトにて行われた(社)日本青年会議所第133回通常総会に出席してきました。総会前のフォーラムでは、「今、地域経営を考える」と題した講演・パネルディスカッションも拝聴いたしました。地域における企業と行政の役割、厳しい時代環境の中でのトップの役割、戦略の方向性等々、ヒントも多いプログラムでした。

今回の出張で初体験がひとつ。

といいましても、あやしいことではなくて・・

鞄に加えてシューズと短パンを持参して早朝に皇居の周りを2周、先輩と二人で10kほどジョギングしてきました。
いたって健全!!アピールすればするほどあやしい・・!?

こちらは早朝ジョギングにお誘いいただいた本年の愛媛ブロック協議会の土居会長!本格派ランナーです。
会長、東京ではお世話になりました。ありがとうございました。

NAS2号参上!

開花宣言にお花見準備、卒業式に合格発表、そして入学式とすっかり春ですね。ただし天候のほうはまだまだ不安定のようで、週明けはまた時化模様です。海幸丸は今朝5:00入港、揚げ出しで次は連休明けの月曜入船の予定です。今日はいつものエボダイに加えて、アカムツ、クロムツ、シロムツと3種のムツがまずまず豊漁でした。

春は別れと出会いの季節といいますが、今週からはトロール市にも期待の新人、N君がやってきました。仕事としての魚調理は未経験とのことですが、釣った魚を調理するのが趣味というだけあって、手際の良さにスタッフみんな大助かりの様子です。ぜひ沖底鮮魚の価値向上のために、ともに頑張りましょう!どうぞよろしくお願いいたします。

先日もご紹介したトロール市事務スペースの一部改修ですが、無事に終わってPCとプリンタも入って、稼働し始めました。リモート機能を使って、本社のPCを店舗で操作するシステムをとっていて、本社ではPC画面がひとりでに動いてデータにアクセスしたり、メールチェックしたり・・。アナログ人間の私には、少々奇妙な感じがしております。こちらもより効果的な販売管理につながるよう、工夫と改善を続けていければと思っています。

本日夜はJCの理事会、明日は日本JC総会のため一泊で上京予定です。

友あり遠方より来る

これから遠方からお越しのお客さま(酒豪!)を接待いたします。

構造改革プロジェクト説明会

昨日4時に入港した海幸丸は今日まで中休み、今朝10:00に3月後半戦に向けて出漁しました。次は金曜の入港予定です。今週のウィークデーの夜は慌ただしく5連チャン、土曜からは一泊で上京してきます。“ウコンの力”必携です。今日はこれより、八幡浜にて漁船漁業構造改革プロジェクト説明会です。皆さま、よろしくお願いいたします!

超訳ニーチェの言葉

先航海は鮮度上々のアマギ漁が好調でしたが、今回は今一つの様子・・、入港は明日早朝の見込みです。晴れていますが、週明けからはまた天気も崩れる模様。今日は日曜日、またお墓参りに行こうかな?

哲学者ですが、ニーチェは人間味にあふれる学者だったのでは・・!?良いなと感じた個所に折り目をつけていくと、折り目だらけになりました。読みやすくて無限に考えさせられる、生々しい良書ではないでしょうか。

自分の主人となれ

勘違いしてはならない。自制心という言葉を知っているだけで、何がしか自制できているわけではない。自制は、自分が現実に行うそのもののことだ。
一日に一つ、何か小さなことを断念する。最低でもそのくらいのことが容易にできないと、自制心があるということにはならない。また、小さな事柄に関して自制できないと、大きな事柄に関して上手に自制して成功できるはずもない。
自制できるということは、自分をコントロールできるということだ。自分の中に巣くう欲望を自分で制御する。欲望の言いなりになったりせず、自分がちゃんと自分の行動の主人になる、ということだ。「漂泊者とその影」

良いことへの道

すべての良い事柄は、遠回りの道を通って、目的へと近づいていく。「ツァラトゥストラはかく語りき」

自分しか証人のいない試練

自分を試練にかけよう。人知れず、自分しか証人のいない試練に。
たとえば、誰の目のないところでも正直に生きる。たとえば、独りの場合でも行儀よくふるまう。たとえば、自分自身に対してさえ、一片の嘘もつかない。そして多くの試練に打ち勝ったとき、自分で自分を見直し、自分が気高い存在であることがわかったとき、人は本物の自尊心を持つことができる。
このことは、強力な自信を与えてくれる。それが自分への褒美となるのだ。「善悪の彼岸」

20100314.jpg

「超訳 ニーチェの言葉」(フリードリヒ・ニーチェ/白取春彦編訳/ディスカヴァー・トゥウェンティワン)

念願のカレーうどん

上京中の10日夜は宇和海直送鮮魚をご愛顧いただいている青山しまだ様を訪問しました。表参道にありながら、昭和を感じさせるレトロな異空間、しかも超繁盛店です!今回は約2年ぶりにお伺いさせていただきました。海幸丸直送鮮魚もこんな感じ↑でPRいただいております。お勧めの料理にお酒、そして前回は注文しすぎでありつけなかった!?念願の人気メニュー「カレーうどん」も堪能してきました。

見た目はそのままカレーうどん!ですが、クリーミーなルーと麺とのからみも最高!
お酒の後の“締め”のつもりでしたが、ついおかわりしたくなる味でした。
皆さん、ぜひ一度お試しくださいませ!

割烹・手打ちうどん そば 「青山しまだ」 さま
東京都港区南青山3-13-3
営業時間 AM11:30~PM2:00/PM6:00~AM5:00
日曜・祭日定休 TEL 03-3403-0201
最寄り駅 表参道駅

ムンクの叫び

春のあらし真っただ中ですが、漁船漁業構造改革プロジェクトの中央協議会傍聴のため今朝より上京しております。今週より4週続けての上京です。今日は鳥取地区沖底の改革計画2件のプレゼンもあって、将来参考になりそうな取り組みも少々ありました。まだまだ情報収集の段階ですが、また整理してみたいと思います。これからご挨拶と食事を兼ねて、南青山のお取引先に向かいます。明日売りの魚は貴重でしょうね~。乗組員の皆さん、ゆっくり体を休めて明日の出漁に備えてくださいませ!

意味はありませんが、こちら次男の描いた「ムンクの叫び」です。

ヤガラは薄造りで!

連日の時化で、魚市場にも入荷の少ない日が続いております。気づけばもう3月も半ばで、漁期も残り2カ月少々となってしまいました。だからというわけではないのですが、自宅で食事する際にはせっせと底魚をいただいております。先日の入港ではホウボウと並んで大好きな魚、ヤガラが10本ほど揚がっていまして、腹のほうに大きな傷があるものを発見、さっそく持ち帰って久しぶりにいただきました。これも仕事ということで・・。

以前にもご紹介したかと思いますが、ヤガラは九州南海域で獲れる最高級魚の一つ。身質はとても淡白な白身です。ただたんに淡白なだけでなく、もっちりとしつつも上品な味のある魚で、やや太めに切った薄造りがお勧めです。普段はお醤油でいただいていますが、紅葉おろしやポン酢とも相性が良いはずです。私はもっぱら薄造り、子供たちは天ぷらや唐揚げで食べました。もちろん鍋や吸い物にも良く合う万能高級魚です。

ヤガラの特徴は何と言ってもその口です。よく口ばしからも出汁は取れるのですか?と聞かれますが、出汁が取れるという話はこれまで聞いたことがありません。それ以外でも使い道がありましたら、どなたか教えてください。さすがに水揚げされる量も僅かで、即消費地向けに出荷される魚種ですので、地元の方でも食べたことがあるという方は少ないはずです。何せ魚体の半分が口ばしですから、魚屋で見つけた方は、口だけは落としてもらって持ち帰ることをお勧めします。

以前、海幸丸では、“6k超の大ヤガラ”が獲れたことがありますが、魚体が大きくなればなるほど価値の上がる魚です。

ヤガラはまずは薄造りで!ご注文予約はぜひ当社におまかせください!!

可哀そうなモンブラン

こんなちっぽけなものが・・

この穴に入り込んだまま引っ掛かってしまい、どうやっても取れない・・

ちょっとしたことですが、このままでは使用不能!

修理に出すほどの故障でもない、出したら出したでたぶん高いし、説明するのも恥ずかしいし・・

でももう少しのところでどうやっても出てこない・・

針やピンセットで引っかきまわしているので、おそらく中は傷だらけやろうなぁ。

いつになったら使えるのやら・・!??

どなたか器用な方、助けてください!

中小企業経営のダイナミズム

当初は月曜入船を見込んでいましたが、魚種もある程度まとまったため予定を早めて今朝入船、エボダイ、レンコダイ、アカムツを中心に1200箱の水揚げを行いました。レンコダイ、イカ類を中心にまずまずの相場での取引となりました。これから春先にかけて、鮮魚・練製品の取引増に期待したいと思います。来週は西へ東へ、出張続きの予定です。

ニッポンのものづくり企業の生き残り術と経営心得、実に読みやすくためになる良書でした。
日本の製造業は日本回帰すべし、中小企業の強みは「経営者と社員の連帯感」、まったく同感です。
関係者全員が仕事を通じて幸せを享受できる、楽しく強い会社、目指したいものです。

20100307.jpg

「中小企業経営のダイナミズム」(大島邦夫著/幻冬社)


ロウソクチビキ

海幸丸は昨晩に入港、深夜24:00に出港しました。ここ2航海ほど水揚げは芳しくないのですが、時化のため入荷が少ないせいで、今朝はやや“相場上げ”での取引となりました。次回は月曜入港を目指して操業中です。さて今日はこちらの魚が20箱ほど・・、キントキを細長い棒のようにした形でしたが、正式名称を知りたいと思いましてブログにヘルプ!

椎名クン、オネガイ!

気張る男

今日は午後から企画担当N氏とともに松山へ。着々と環境が整いつつある新規の加工事業ですが、今日はまた週末にかけての課題を数点いただて戻ってきました。ありがとうございました!沖のほうはここ数日時化模様、海幸丸は不調続きですが、漁場と週明けの売り予定から今夜にはいったん入港・荷揚げを行って深夜に再度出漁する予定です。昨日は初めてハイブリッドカー「インサイト」にて試走、技術の進歩を体感しました。

“未来を読む”のがある意味私たちの仕事なのですが、技術環境に自然環境、ニーズの変遷に国際情勢、政情に法規制と、先を読むのが実に難しい時代に入っていることを痛感しています。衆知を集めて、思い切って決断をすることが大切なのでしょうが・・。

一昨日は、青年会議所の事業「JCファーム(みかんスクール)」にて、地元の先輩をお招きして農業経営の現状と将来展望について学びました。今回のテーマは八幡浜市の地場産品である柑橘でしたが、抱えている課題や問題点等が漁業とまったく同じ構造であることをあらためて学ばせていただきました。農漁業ともに、すべては事業者・消費者双方の意識改革を含めた「流通機構の改革と生産者自らのマーケットへの適応」、つまりは業界全体の「構造改革」です!!

地元においては柑橘の先行事例があるだけに、私たち漁業も立ち止まってはいられないことを痛感した実に刺激的な講演会でありました。今さら、旧態依然の市場や仲卸の仕組みをとやかく言っても始まりませんので、沖底漁業資源の付加価値をより高めるべく、小さなことでも手をかけて粛々と前に向かって進むのみです。引き続きアイディアを出し合いましょう!!

先日の出張の折に、久しぶりに城山さんの文庫小説を持ち出しました。今月は3回の上京を含めて、あちこち行く予定ですので、溜まった本もようやく消化できそうです。以下、記録のみ。

20100304-2.jpg

「気張る男」(城山三郎著/文春文庫)

十歳にして、赤貧から志を持って家出。
銀行、鉄道、紡績、ビール会社など、次々と創業し、“西の渋沢栄一”と言われた松本重太郎。
関西実業界の帝王として名をはせた彼だったが、その後、倒産で私財をことごとく手放すことになる。
常に走りつづけた男の、潔い生涯と、次の世代に受け継がれたその精神を描いた傑作長篇。(文春紹介文より)

宮島さま春まつり

本日、八幡浜は休市でした。昨晩はトロール市のミーティングを兼ねて、遅すぎる新年会!を開きました。現在のところ人員不足気味の流通事業部ですが、時々はノミュニケーションで目的と方向性を確認しつつ、協力しながら仕事を進めていきたいと思っています。明けて今日は午前中、漁協にて一件打ち合わせ、午後からはひっそり事務仕事でした。今晩はJCの3月公開例会、いよいよJCファーム「みかんスクール」が開催されます。多くの皆さまのご来場を心からお待ちしております!

今日は宮島神社の春祭りでした!子供が元気に育つよう、鬼に持ち上げられて回されるのが習わしとなっています。

毎年ですが、この通り大泣き!我が家では唯一、三男坊だけが抱かれても泣かず、逆に鬼を泣かせました・・。

どうかご利益がありますように!

海の恋人まつり

昨日、今日と宇和島市で行われている「海の恋人まつり」に行ってきました。今年で3年目のイベントで、商店街を利用しての豊富な催しもさることながら、じゃこてんや真珠・魚類養殖など地元の資源を使った新しい発想の商品開発・販売にもいろんな企業・団体が取り組まれていて、大きな刺激を受けました。2時間ばかり商店街を往来しましたが、同級生や多くの先輩・知人にもお会いしまして、皆さま、仕事にイベントにとご活躍のご様子でした。

歴代の宇和島パール王子にも出会いました。14:30からコンテストで今年の王子が決まるそうで。
あいにく私は、服装と年齢のため出場できずに残念でした・・!?

早いもので明日から3月、今漁期もいよいよ大詰め、明日はトロール市のミーティングも行います。
海幸丸は次回3日の売り予定、引き続き津波情報に注意しながらの操業をお願いいたします。

真央ちゃんとマー君

朝、真央ちゃん銀メダルの記事を読もうと愛媛新聞を手に取ると・・

となりに見慣れた板長がいてビックリ・・、詳しくは2月27日の朝刊をどうぞ!

図らずも、真央ちゃんとの一面ツーショットをものにした板長マー君にちょっぴりジェラシー・・

つかまり立ち成功!

出張明けのため、たまった書類整理に来客数件であっという間の1日でした。海幸丸は時化のため今夜半入港、明日の売りを終えて月末休みに入る予定です。今日は春を通り越して夏のような気温の八幡浜でした。濃霧のため空路は大混雑の様子、昨日戻っていて助かりました。

家に戻ってふと気づけば・・

前回の“ハイハイ成功”に続き、今度は“つかまり立ち”が出来るようになっていました。聞けばすでにフツ-に何度もやっているとのこと!
恒例により写真のみ掲載させていただきます。早いところ動画(You-tube)の掲載方法を勉強せねば・・

こんな感じです!

ガンバレ、浅田真央!!

もつ鍋居酒屋 三々五々

昨日は午後から全底総会、全国の沖底漁業者の先進事例や新しいメニュー等もご紹介いただき、また一つ課題をいただいて帰ってきました。夕方はお取引いただいている大井町の“三々五々”さまを初めて訪問、もつ鍋がメインのお店ですが、酒の肴でお腹いっぱいになってしまい、もつ鍋は次回までお預けとなりました。その後は新橋に戻って若き酒豪?も合流、仕事の打ち合わせを兼ねて2次会、3次会・・と、いつも貴重な情報をありがとうございます!

もつ鍋“三々五々”さまは大井町駅下車徒歩3分!弊社からは宇和海のアジやサバを中心に、高級魚マハタもお届けしておりまして、姉妹店でもお使いいただき好評とのこと。「四国八幡浜 網元直送」もメニューに掲げていただいて、ありがとうございます。駅前でアクセスも良いためお仕事帰りに宴会に、ぜひお立ち寄りくださいませ!その際はもつ鍋ともども、宇和海の幸もどうぞよろしくお願いいたします!

もつ鍋 居酒屋 三々五々さま

東京都品川区大井1丁目11-4 小川屋ビル1F
JR京浜東北線・りんかい線 大井町駅東口より徒歩3分/東急大井町線 大井町駅より徒歩3分
電話 03-3776-3088

三平鮨さま訪問

昨日は上京後、横浜を経由して橋本へ直行。一件仕事を済ませて川崎の、“三平鮨さま”にて食事して都内に入りました。“海幸丸直送”を大きく店頭に掲げていただいているお店で、長年ご愛顧いただいております。特にエボダイにカマス、サゴチといった宇和海ものの“炙り寿司”が絶品でした。先代(父)の描いたお魚色紙もカウンターに飾っていただいて、感謝しております。本日これより全国底曳連合会の総会です。

お店情報はこちらです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

三平鮨さま
〒210-0846 神奈川県川崎市川崎区小田3-13-8
アクセス JR川崎駅バス10分 川崎市営バス小田栄下車3分
TEL 044-333-0343 FAX 044-333-0328
営業時間 17:00-22:00
定休日 水曜

アマギ豊漁です!

早いもので「海の男のお魚さばき方教室」もすでに開始から10カ月、八幡浜市の魚食普及推進協議会主催ということで、おかげで参加者も多く好評のようです。これまでは、焼き物、開き、3枚卸しと比較的オーソドックスな内容でしたが、最近は受講者のニーズも千差万別のようで・・、2年目からは、刺身盛り合わせコースや薄造りコースなど、クラス別の運営も良いのではないでしょうか。あわせて弊社の指導技術も高めていかなければ、と思っております。魚の技術は一度覚えれば一生もの!ご家族、ご友人もお誘いあわせのうえ、ぜひお気軽に参加いただければと思います。

海幸丸は明日早朝入港予定です。今日夕方の網ではアマギの漁がまずまず好調とのこと、相場に期待したいところです。明日は売りを終えて上京、相模原を経由して都内泊の予定です。

社長業の心得

時化のため、先週後半は市場にも入荷がごく少ない日々が続きました。昨日もほぼ海幸丸の入港魚種のみ・・。こんな状況下での数年後の新市場開設がとても心配です。沿岸・沖合を問わず、漁船の長期利用化はもちろんですが、後継者が育っていくだけの漁業の採算性向上が急務です。将来を見据えての関係者間の危機意識の共有が、まず何よりも大事ではないでしょうか。

そういえば先日、仕事でお世話になっている知人に来社いただき、しばしマラソン談議を。その方も先日の愛媛マラソンに初出走されたそうで、偶然にも私とまったく同じ右ひざ裏を痛めたとのこと・・。やっぱり素人は同じような部分を痛めるものなんでしょうか。私のほうは何となく長期化しそうな気配です。まずはウォーキングあたりから始めて回復を待ちたいと思います。

今朝は墓参りに病院巡り、午後からは子守りや家の買い物に付き合ったりと、久しぶりに“イクメン”ぶりを発揮していました。(これくらいで自慢したら怒られそうですが・・)やや時間もあったので、少し本もまとめ読み、といっても実務関係ですが・・。まだ経営合理化協会の高価な書籍も数冊未消化です。また時間のある際にまとめたいと思います。週明けより上京の予定です。

20100220.jpg

「社長業の心得」(田中要人著/日本経営合理化協会出版局)

トロール市一部改装中

ただ今、直売店トロール市の事務スペースを一部改装中です。これまではPCを使った管理業務はすべて対岸の事務所にて一括で行っていましたが、お客様情報や受発注の管理等、日々の細かい作業を店舗で行えるようにするために、仕切りを入れて部屋を作っております。狭い空間ですが、数名の来客にも対応できるよう準備中です。乞うご期待!これを機に、仕事がやりやすいようにもう一度整理・整頓も徹底したいと思います。

本日これより一件ミーティング、夜は西条を往復、海幸丸は明日朝の入船予定です。

JCファームみかんスクール

今日は寒い朝でしたが、午後からは暖かくなっています。いつもながら静かな八幡浜です。
突然ですが、来たる3月2日は八幡浜青年会議所主催の「JCファーム」が開催されます。今年の人間力開発委員会の目玉事業の第一弾で、まずは地元の貴重な一次資源である柑橘栽培の現状と情勢について、講演会を開催いたします。その後、夏には草取り・摘果、秋にはみかん収穫と、会員自らが“みかん作り”を体験して、あらためて地場産業について学ぶとともに、資源を生かしたまちづくりを考えていこうとする事業です。この機会に、地場産業とものづくりの大切さを学んでみませんか。皆さま、ふるってご参加くださいませ!詳細はこちら↑のポスターをクリックお願いします!

今晩は、八幡浜JCの創立記念日例会及び懇親会も開催されます。

改善の連続こそすべて

海幸丸は予定通り10:00出漁、午後からは男手3名でトロール市に導入予定の新しい器材の運び出しに行っておりました。当社としては新たな取り組みということで、まずは中古設備での試験的導入ではありますが、目的はただ一つ、水揚げ鮮魚のさらなる付加価値向上と漁業の採算性向上による生き残り!です。沖・陸ともに協力しながら、計画的に取り組んでまいりたいと思います。

あわせて店舗では、その他の改善項目についてもミーティングを少々・・、より良い環境作りのためにはまだまだ改善・修正の余地は大!です。個々の修繕についてもアイディアは様々ですが、最終的には流通事業(店舗)の全体計画・方向性のための手段となってこそ意味あるわけで。将来ビジョンと既存の人員、ノウハウ、設備等々を考慮しながら、もう少し体系立てた検討を進めなくては・・と思っております。

それでも一つのテーマで、意見がどんどん出てくるのは、前向きな姿勢と情熱の証!
というわけで、まずは皆さま、アイディアと知恵を出しあって議論を深めましょう!!

アラフォー期待の星

今朝は4:00入船、1000箱の荷揚げ・売りを終えて、海幸丸は2月の中休みに入りました。昨年同時期はアマギ漁が好調だったのですが、今年はサッパリ・・。ここ3航海は豊後水道南沖のコウイカ、ハモ等で、何とか凌いでいる状態です。明日は10:00に後半戦へ向けて出漁予定です。今漁期も残り3カ月となりました。

昨日の駅伝カーニバル、私もJCチームのアンカーとして出走しました!!

最初はこんなにハッスルしてスタートしたものの(M専務、写真拝借しました・・)最後はヨレヨレクタクタ、年々踏ん張りも効かなくなるものですね~。いや、毎度ですが疲れ果てました。何はともあれ、無事5区間タスキを繋いで完走、出走された皆さま、お疲れさまでした。応援&サポートいただいた皆さま、ありがとうございました!

もうこうなったら、バンクーバーのアラフォー希望の星、岡崎選手に期待するしかないですね!
試合は明後日くらいでしょうか?今大会こそメダル目指して頑張ってください。

ついでに国母クンの指導(補導?)もよろしくお願いします!!

春よ来い!

用事ついでに大洲の河川敷まで足を延ばしました。はやくも菜の花が見ごろに・・、テントウムシの大群にも出会ってしばし観察、のち捕獲!?春の訪れを感じますね~。明日は恒例の“駅伝カーニバル”!私もJCチームで出走します。30歳前後の若手メンバーが活躍するなか、“一人ロートル”ではありますが、今年はラストラン!皆さんの足を引っ張らないように精一杯走りたいと思います。海幸丸の入船は、明後日になる模様です。


心身の強化書

漁模様はやや不調で、今朝は総数1000箱の水揚げでした。アマギ、ハモ、コウイカ、エソ類が中心で、めずらしくサイズの良いホウボウが80箱程度、あわせて温暖化の影響か、春先に水揚げされるはずのカナガシラも30箱ほど揚がっていました。煮つけにすれば美味しい、良い魚なのですが、安定した水揚げがないため販路がないせいか、ここ数年は価格も低迷している魚種の一つです。本サイト「宇和海の幸」でも、まだまだ紹介しきれていない底魚もありますので、今年はそんな日の当らない魚のPRにも力を入れていきたいと思っています。こちら↑は私の大好きなホウボウです。

先週読んだ本の中に、“2つの積極心”としてこんな考え方が紹介されてありました。

相対的積極=スポーツの試合などで、相手に負けまい、勝とうとする気持ちや、仕事で難しい問題に直面して、それを何とか無事に切り抜けようとする気持ち。

絶対的積極=勝とう、負けまいという勝負にこだわることなく、ただ己のベストを尽くすという虚心平気の気持ちで臨む心。つまりはいつも平静心で生きること。

著書では、後者の絶対的積極心の大切さを説いており、その心の状態として、山岡鉄舟の「事あるも事なきも、事なき日のそれの如く、晴れて良し、曇りても良し、富士の山」という詩が紹介されておりました。

同じく「感謝」にも相対的感謝と絶対的感謝があるそうで、ものをもらってする感謝やお世話になってする感謝は相対的感謝とのこと。一方、絶対的感謝とは、自然、生命、人間、人生などについて深く考え、理解し自覚すると自ずから湧いてくる感謝の念で、

①人として生まれたことへの感謝
②今、生きていることへの感謝
③正機を得て、正師にめぐりあい、正法を聞き、正信を得て惑わないことへの感謝
④自然、人間、社会、すべてに対する感謝

をいうそうで、人間はいつも頭の中に絶対的感謝の気持ちを持って生きることの大切さが説かれてありました。宮本武蔵やイチローのような平常心、求道の精神を見習いたいものです。例によって、忘れないためにも!?記録しておきます。

20100212-2.jpg

「天風入門」-中村天風の教えで幸福になる-(南方哲也編者・財団法人天風会監修/講談社)

ハイハイ成功!

魚市場は本日臨時休業、会社とトロール市は通常営業でした。今日は、現在進めている新規事業の相談のため、専務と企画スタッフ(NAS1号)と3人で県の支援機関を訪ねてきました。久しぶりの訪問でしたが、皆さまのおかげでアイディアも広がりました。まずは足元をしっかりと見据えつつ、焦点を絞って取り組んでまいりたいと思います。夜は駅伝練習に少しだけ参加して家に戻りました。皆さま、お疲れさまでした。

最近、ふと気づけば・・

我が家の四男がハイハイに成功!

こんな感じでございます。

話題あれこれ

当初は宮崎沖にて中3日航海を予定していましたが、天候の影響で漁場へ向かえず、豊後水道南沖での操業となりました。そのため今日は、明日の休市を前に調整のため入港、600箱のみ荷揚げを行いました。次回は金曜入船の予定です。今日は気温も17度と、この季節にしてはありえない暖かさの八幡浜です。恒例の「十日恵比寿」も控えていますが、この時季らしい冷え込みを!もう一度期待したいところです。

今朝の興味深い話題といえば、サントリーとキリンの統合交渉決裂というニュース。ともに日本を代表する巨大企業ながら、経営者の思想をはじめ企業文化に経営形態と、全ての点で正反対の2社でしたが、最後は“企業統治”の根本的な考え方において、折り合いがつかなかったようです。株主との関係を重視する、どちらかといえばアメリカ型の手法をとるキリンに対して、創業者一族の発言権を譲らなかった和製のサントリーという構図でしたが、私たち中小・零細企業の考えや視点からすれば、大手でありながら独自路線を貫くサントリーのような会社に頑張ってほしいと思います。ただし、食品・飲料メーカーの世界的な規模の競争環境、シェア争いからすれば、単体での生き残りというのも大きなリスクを伴う路線・・、ということで、今回の交渉決裂が、今後の両社の行く末にどんな影響を及ぼすのか、注目したいところです。

その他の話題では、やはり朝青龍・・。電撃の引退会見から2日後には、ハワイに飛んでゴルフ三昧!というのは、あらゆる意味でタダものじゃないですね。肝っ玉が常人ではないというか・・。横綱ですから普通と違うのは明らかですが、伝統ある相撲史においても、場所中に野球観戦に行ったことがきっかけで引退したという郷土の英雄、前田山(八幡浜市保内町出身)とともに、名(迷)横綱として歴史に名を残していくものと思われます。リング上での朝青龍も楽しみですね!

極め付けは、「頑張ってください」と言われたとか、言ってないとかいう総理と幹事長のやりとりの話題。「このまま続けていいですか」といわれて、「はい」と言ったんだったら、言われたほうからすれば「頑張ってください」の意味に受け取れるわけで・・。お墨付きをもらったとばかりに、公言する幹事長もさることながら、総理が記者に向かって、「頑張ってくれとは言ってません」と弁解している図(それがNHKの正午のニュース!)は何とも滑稽でした。個人的には、総理が「辞めてください」と言ったら(言えたら?)暴君、いえ幹事長はどう答えたのかに興味がありますが・・。

以上、とりとめのない話題への雑感でした。今日夜は一件会合、明日は松山の予定です。

ボウズコンニャク

4:00入船、10:00出港でした。エボダイにハモ、レンコダイにスルメイカといつもの魚種で総数1700箱でした。今日はこんな魚も↑。底曳き網で獲れるムツといえば、クロムツ、シロムツ、アカムツですが、この形の魚がまとまって揚がるのは初めてです。肌合いはクロムツですが、魚体はエボダイのように平らで頭の部分はタカベのように丸くて、ツルッとした感じです。メダイとも全く異なりますし・・。早速図鑑で調べてみますと、一番近いのが「ムツ」かと思われますが、エボダイに近い種に「オキメダイ」や「ボウズコンニャク」という魚もいるようです。

椎名クン、出番です。判定ヨロシク!

砥部動物園へ

久しぶりに砥部動物園に行ってきました。真冬のせいかお客も少なく、動物たちもやや覇気がないような気がしました。その後は書店で本のまとめ買い、早く読まねば溜まるいっぽうです・・。海幸丸は7日(日)売りです。

流通のボトルネック

続く時化のため、魚市場にも入荷が少ない状態が続いていています。こんな時こそ沖底の出番なのですが、現在の漁場(鹿児島・宮崎沖)ではピストン航海というわけにもいかず、入港は週明け(日曜)の予定です。今日は久しぶりに終日会社にて仕事をしておりました。夜は駅伝練習ですが、まだマラソンのダメージは癒えていませんので、調整にさせていただければと・・。

先日、山口にてとある水産加工会社を訪問させていただきまして、あらためて感じたのがボトルネックとなっている国産原魚加工の問題です。自給率が70%を保っていた時代は、各産地には加工専門の会社があって一次処理した水産品を国内の練製品メーカーや2次加工業者に流通させていたのですが、今や鮮魚の一次処理のみを請け負う産地加工業者は皆無とのこと。背景には、良く言われる冷凍技術の進化と廉価な輸入冷凍水産品の増加、あわせて処理工場に求められる衛生基準の高度化があるようです。
塩干物や練製品のメーカーにとってみれば、製品差別化のために国産天然資源を使いたくても、自社で一定量の内臓処理加工をするためには、衛生基準を満たすためにかなりの設備投資が必要となるそうで、そのコストが、国産物から輸入冷凍品へのシフトに拍車をかけているようです。もちろん不安定な国内原料に対する人員と手間の負担という問題もあるわけですが・・
水産加工会社にしてみれば、規模が大きくなればなるほど生産や販売においても規格化が進むため、国産離れ、自社加工離れが進むという現実もあるようです。そうなれば、自社で下調理を賄えるのは家業的な老舗メーカーだけということになりますが、相対的に流通量も少なく自給率を向上させるだけの量売りは拒否するメーカーが大半かと思われます。せっかくの貴重な国内天然資源が確保できても、価値を高めて価格を下支えする方策が施されないまま、漁船は老朽化すると同時に乗組員は高齢化して、漁業技術を継承することなく衰退してしまっているのが今の現状ではないでしょうか。
あらゆる漁業の種類が共存共栄を図るのがベストであって、大規模漁業だから悪いという理由だけで遠洋漁業や沖合漁業を排除してしまえば、自給率向上どころか国内で消費される天然資源の確保すらできない状況になるのではないでしょうか。消費が今の状況ですから、日々の相場の良し悪しに頼るのではなく、産地漁業者や市場が連携して地道にでも漁獲物の一次処理による価値向上や販路開拓に取り組むべきだと思います。全国漁業者の平均船齢を考えれば、本当に残された時間は少ないはずです。ここ最近ではいろいろな支援策もありますが、私たち漁業者でも出来る取り組みは今すぐにでも取りかからねば・・と思っております。新しい魚市場が廃墟にならないように!?知恵を出し合いたいものです。

天下の大患は

朝から友人の紹介で山陽小野田市の水産会社を2社ほど訪問して、夕方の別府発フェリーにて戻ってきました。いろいろと情報をいただきましたので、また明日からの業務に役立ててまいりたいと思っております。夜になりましたが、プチ“豆まき”をして“恵方巻き”もいただきました。

天下の大患は、其の大患たる所以を知らざるに在り。いやしくも大患の大患たる所以を知らば、いずくんぞ之が計を為さざるを得んや。

安政5年(1858年)正月「狂夫の言」

(訳)世の中の大いに憂うべきことは、国家が大いに憂慮すべき状態にある理由を知らないことにある。仮にもその憂慮すべき事態になる理由を知れば、どうしてその対応策を立てないでいられようか。立てるべきである。

「吉田松陰名語録」(川口雅昭著/致知出版社)より

国家、企業、個人、何れにもあてはまる教えです。玉虫色、うやむや決着、先送り、見て見ぬふりに事なかれ・・、ついつい陥りがちな傾向です。

私たちも“ゆでガエル”にならぬよう、早めに目覚めて気づかねば・・

マダイが豊漁でした!

今回の21仁洋丸はマタイを中心に6日航海で約2500箱の水揚げでした。県営だけに広い市場に、立派な荷役の設備とシステム、そして豊富な人員!仕組みそのものが八幡浜市場とは違いますね。私たちにとっては一長一短ありますが・・。今日は休みに入った仁洋丸の船舶検査を見学したり、改正された船員保険制度についてご教示いただいたりと。O山さんはじめ下関の皆さま、お世話になりました。これから協力会社さまと食事して、明日夕方には八幡浜に戻る予定です。

↑こちらは揚がっていたヒラメ、市場の設備もさることながら八幡浜とは魚のサイズも違います・・

九州地方も雨です

第21・22仁洋丸入船の関係で、予定を早めて昼のフェリーを使って下関に入っております。いつも通り深夜の荷揚げ・セリに立ち会った後、明日は2社ほど会社を訪問させていただく予定でおります。今日は臼杵から車で走ってきましたが、気温はさほど低くはないものの九州地方も終日どんよりとした雨模様でした。

それにしても今朝からの筋肉痛!予想をはるかに上回る痛みがあります。車の運転には支障はないのですが、動き始める時の膝や股関節の痛みは尋常ではありません。私も昔はいろいろと瞬発系の運動を通じて、極度の筋肉痛も経験してきたつもりですが、恥ずかしながらこんな痛みは初めてで、歩行がやっとという状態です。筋肉痛というよりも骨が芯から痛い・・というような感じでしょうか。実はただの筋肉痛じゃなかったりして!?

今朝などは起き上がるのにも時間がかかりまして、ジョーダン抜きで自分のベッドが“パラマウント”だったらどんなに良いか・・と思ったくらいです。もちろん階段の上り下りなどは一歩ずつ一生懸命・・という感じです。少しずつ回復するのを待ちたいと思いますが、この分だと普通の体に戻るのにも時間もかかりそうですね。しばらくは動作も鈍いかと思いますが、その分ない知恵を絞って仕事をしようと思っておりますので、どうぞヨロシク!!

初マラソン出場

今年は制限時間が4時間から6時間に変更されたこともあって、思いつきで!?第48回愛媛マラソンに出場しました。もちろんフルマラソンへの出場は初めて・・、雨という悪天候の中とりあえず1km6分を目安に走っていたのですが、予想外に体力を消耗することなく順調に25km付近までやってきまして、このペースなら、もしかすると4時間くらいで完走できるかも!と甘い期待を持っていたですが・・

フルマラソン経験者がよく言われる「30kの壁」、「35kの壁」というのは本当にあるようで、30kを過ぎてから一気に足が前に出なくなり始めました。1km/6分だったピッチは7分になり8分になり・・、特に35kmからの7kは冷たさと疲労でかなり全身が消耗しきって、前に進むのがやっとという状態でした。40kを超えた地点では、南海放送のアナウンサーに抜かれ、松山JCの先輩に抜かれ、挙句の果てにはゴール間際の41付近では松山市の中村市長にも抜かれ・・、散々な目にあった初マラソンでした。

かろうじて気力は残っているのですが、足が本当に動かなくなるんですね。それでも一度も止まることも歩くこともなく、塩とバナナをかじりながら時間内に完走出来て、まずまず満足のいく初マラソンで、貴重な体験をした1日でした。ちょうど東京から週末に来社いただいた旧友も、出張の日程に合わせて出場されたそうで、大会が終わった後は、その友達を空港までお見送りして帰路に着いたのでした。足が自分の足でなくなっていますので、車がマニュアル車なら運転できませんが、AT車ですので、何とか痙攣を起こすこともなく運転して帰ってまいりました。

明日からの筋肉痛が今からとても心配です・・。出場された皆さま、大変お疲れさまでした。
また沿道で応援していただいた皆さまのご声援は本当に励みになりました。ありがとうございました。

結果は、4時間30分38秒(1319位)

初マラソンのため、早いのか遅いのかも良く分かりませんが、とりあえず記録しておきます。

海幸丸2月操業へ

海幸丸は10:00出漁、2月操業が始まりました。魚価安のため1月は昨年比1割の落ち込みでのスタートとなりましたので、今月は挽回!と行きたいところです。本日これより「ふるさとCM大賞」とのこと。皆さま、お見逃しなく!

愛媛マラソンは明日号砲!私も未知の世界へチャレンジいたします。我ながら物好きです・・
今朝はのどが痛かったため、大事をとって午前中は耳鼻科にも行ってきました。
先生に「明日までに治りますか?」と聞いたら笑われました。

今日午後からはJC会員会議所のため宇和島へ、その後夜は松山に入って一泊の予定です。
目標はズバリ、“時間内完走”です!

仕事をみつける努力

海幸丸は中3日の航海を終えて4:00入船、月末休みに入りました。今朝は早朝より東京からのお客さまに2件ほど相談業務、午後からは提携先との定例勉強会も行われました。ただ今、トロール市にて新しい取り組みを目指して動いておりますが、今日の来客もそうだったのですが、何かとタイミング良く協力いただける企業さまや体制も少しずつ整いつつありまして・・あらためて出会いに感謝、ご縁の大切さを感じた一日でした。

昨日は寝つきが悪く、本を読んでいましたら入港時間も近づいて・・、以前ですと少々の睡眠不足は平気だったのですが、最近は寝ないと翌日の夜まで頭と体が持たなくなりました。年齢を感じる今日この頃ですが、まだまだ気分だけはアラサーです。今晩はJCの理事会です。

昨日読んだ本から一節をご紹介します。

-----------------------------------------------------

気をつけて世の中を見れば、なすべき仕事はいくらでもある。仕事のないのを嘆じるのは、真に仕事をみつけることに努力していないからではないか。

きょうは雨降りで道が非常に悪く、自動車で泥水をはね飛ばすのがまことにあいすまぬ気がした。米国あたりでは、いかなる田舎へ行っても道路は全部舗装されているそうだが、この表通りなど相当重要な幹線であるにもかかわらず、いまだデコボコのままである。これらはぜひ近く舗装をせられたいものである。むろん官庁の管理することであって、われわれの思うようにはならないのであるが、工を起こせば、人の労力に物資に相当多量の仕事ができるのである。
道路のみならず、気をつければ世の中には、なすべき仕事はいくらでもあるのであって、仕事のないのを嘆じる人は、真に仕事を見つけることに努力しないからではなかろうか。
自分はけさ、車中でふと、仕事はどこまでいっても決して行きづまるものではないことをはっきりと教えられ、力強い感を覚えたのである。

(松下幸之助 1934)

20100129.jpg

「人生と仕事について知っておいてほしいこと」(松下幸之助述/PHP総合研究所)より

今週末は愛媛マラソン

昨日はJCの新年総会・懇親会が開催されました。多くの皆さまのご支援のお陰をもちまして、本年の活動も無事にスタートすることができました。若いパワーを結集して自己修練にまちづくりに・・と、今年も積極的に取り組んでまいりたいと思っております。昼は市役所にてとある委員会、夜は異業種交流会で一件集まりがありましたが、今日は一次会のみで失礼させていただきました。

このごろ夜の集まりも続いていて、伸びるのはアルコール摂取量ばかりですが、気づけば出走予定の“愛媛マラソン”も週末(31日)に迫っております。今年はコースも大幅に変更となったうえに、制限時間も4時間から6時間に延びて、私のような向こう見ずの素人ランナーにも参加しやすい大会になっているようです。私、フルマラソンはもちろん初参加、不節制な人間が6時間で一体何キロ走れるのか、いえ進めるのか?それとも歩き・・!?我ながら見ものです。

海幸丸のほうは鹿児島・宮崎沖にて、今季ではかなり久しぶりの中3日の操業を続けております。29日(金)に入港後、1月の月末休みに入る予定です。トロール市では年始の閑散期を利用して、冷凍庫の在庫整理のための環境整備等々も進めております。とても大切なことだけに、これまでの整頓不足を少々反省しております。あわせて、流通事業に関係する新商品作りも企画担当NAS1号?を中心に着々と準備中で、明日、明後日とまたいろんな方にご協力をいただきながらの打ち合わせも続く予定です。

新事業、新製品を問わず、弊社の場合は原則として自社船漁獲物の付加価値向上が大前提で、これまで使われてこなかった未利用資源の利用促進につながる取り組みこそベストであると思っています。比較的価値の高い鮮魚に関しては、ここ数年力を入れて取り組んでおり一定の販売ルートも出来てきたのですが、やはりこれからのテーマは小魚や雑魚、ハネ物・・。これらをいかに自社で価値を高めて商品化できるかが重点課題と思っています。そこを克服してこそ漁労と流通双方のシナジーが最大化でき、漁業会社の革新(生き残る道)につながると信じております。大手や海外に比べればまだまだ初歩的な取り組みかもしれませんが、沖底漁業活性化のモデルを目指して全力で取り組んでまいりたいと思っています。

久しぶりに音量を上げてベートーベンを聴きながらブログを書いておりましたら、つい力が入ってしまいました・・

カマスにタチウオ!

4:00本船入港、10:00の出漁でした。鮮度、サイズともにまずまずのカマスが豊漁でした。価格は芳しくないものの、漁があったのは霊山護国神社の御利益でしょうか?と思いきや、お隣の巻き網船では、タチウオがカマス以上に豊漁でした!単品中心ではありますが、久しぶりに大型船の活躍で荷の多い八幡浜魚市場でした。海幸丸は次の漁場も同じく宮崎沖、入船は29日を予定しています。今週は昼夜と慌ただしい一週間ですが、来週は出稼ぎ!?にも出たいと思っております。

週末はJC京都会議でした

週末は青年会議所の京都会議に参加していたため、ブログはフリーズ状態でした・・。いろいろな講演やフォーラムに参加しておりまして、ご紹介したい話題もありますので詳しくはまた書かせていただきます。宮崎沖操業の海幸丸は明日入港、カマス、アマギ他1700箱あまりの水揚げ予定です。こちらも一先ずようやく更新!

観光立国日本に向けて

2日目ですが、私は午前中に「地域のデザイン創造セミナー」にて小泉純一郎元総理のご講演を拝聴しました。「観光立国日本に向けて」と題した60分のお話でしたが、題名はさておき!?行財政改革の話題やこれからの日本政治のあるべき姿、地域経済再生へのヒントなどなど、話題も実に豊富で楽しいご講演でした。

小泉元総理は、今はほぼ政治からは引退されているそうで、読書などを通して学ぶ楽しさを再発見されているとのこと。それでも行財政改革や日米関係、憲法改正の話題になると、現政権を厳しく批判する一面もあり、現役と変わらない迫力も感じられました。個人的には、私も大好きな佐藤一斎の「言志四録」や吉田松陰の辞世の句や「留魂録」などの話に感銘を受けました。

午後からは、フォーラムが行われまして、裏千家第15代家元の千玄室様(日本JC8代会頭)のご講演、続いて相沢会頭との座談会という内容でした。こちらもJCの本来の役割や意義など、新しい発見のあるすばらしいプログラムでした。中でも他の経済団体にはない、JCの特徴(らしさ)として、「自ら手を汚して(汗をかいて)動くこと」を強調されていました。80歳を優に超えるご高齢ですが、格調高い語り口と凛とした姿勢から、日本文化の伝統の神髄のようなものを感じ、こちらも姿勢が正されるような感覚を持ちました。

その後は、日本JCの総会に初めて出席。2009年度予算(案)、2010年度予算(案)他、2号議案に私も承認の意思表示をさせていただきました。こちらにつきましては、また明日の総会にてご報告させていただきます。

その夜は、八幡浜JCの皆さまと合流、工藤さまにてキジ鍋をいただき、2次会はいつもの古川さまにお世話になりました。その後の3次会につきましては、紙面と時間の都合上、割愛させていただきます!?

-----------------------------------------------

以上、JCサイトに投稿したご報告より。

霊山資料館

京都1日目は、清水直前理事長と水内専務と私の3人で、市内を観光してきました。今回訪ねたのは、京都護国神社にある「霊山(りょうぜん)歴史館」です。ちょうど大河ドラマの放映に合わせてか、「大龍馬展」が開催されていました。

他にも坂本龍馬、中岡慎太郎をはじめ、桂小五郎に高杉晋作、久坂玄瑞など幕末の英傑の墓が並ぶ「維新の道」や、極東国際軍事裁判で唯一、日本の無罪を主張したインドのパール判事の顕彰碑のある「昭和の杜」など、見どころ満載の資料館でした。ちょうど金曜の夕方だったせいか、比較的観光客も少なく、ゆっくりと見て回ることができました。

1日目の夜は愛媛ブロックの懇親会、2次会は3人でシッポリと小料理屋にて。
寒ブリが美味しく、冷酒やや飲みすぎました。

------------------------------------------

以上、JCサイトに投稿したご報告より。

明日より京都会議へ!

昨日より梅雨のような生温かい気温が続いたと思いきや、今日は午後から強風、よく分からない天候が続いております。今日は入船もなく、午後からは協力会社さまと勉強会、夜はJCの三役会でした。どちらもこれからの動きがとても楽しみです。漁模様は芳しくないのですが、明日は週明けの調整のためにいったん入船、その後、私は京都まで出張です!いろいろと学んできたいと思います。

体温調節と水分補給、暴飲暴食にはくれぐれもご用心を!“3年前の私”を教訓に!?皆さま、気をつけましょう!

どうぞ戦ってください!

海幸丸は中2日の航海が続いていて、今朝は4:00過ぎの入船でした。魚種は相変わらずで、エボダイ、カマス、スルメイカを中心に1400箱でしたが、平均単価は先航海に引き続き安値を更新しました。こんな日は同じ市場仕事でも普段の倍くらい疲れた気がします・・、それとも昨晩遅くまで飲みすぎただけかな!?

タイトルと内容もなぜか意味不明・・、私たちも“闘える組織(集団)”を目指しているということで、ご容赦くださいませ!
総理が言うとなぜか悠長に聞こえますが、私たちの場合は、皆さん、思う存分戦いましょう!ですね。

引き続き携行、熟読中の日本経営合理化協会の書籍の付録には、伝えるべきいろんな家訓、家憲が載っていました。中でも心に残ったのが「東照宮遺訓」(徳川家康)です。冒頭はあまりに有名ですが、続く遺訓も心に留めたいものばかりです。

一、人の一生は、重き荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず
一、不自由を常と思えば不足なし
一、心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし
一、堪忍は無事長久の基
一、怒りを敵と思え
一、勝つことばかり知りて、負くる事を知らざれば、害その身に至る
一、己を責めて、人を責むるな
一、及ばざるは過ぎたるに勝れり

20100120.jpg

「オーナー社長業」(牟田学著/日本経営合理化協会出版局)より

自主、自律、自立!

昨日は年明け以来の最安値、丸魚を中心に実に厳しい相場となりました。相場の乱高下に一喜一憂しなくても良いだけの仕組みをいかに作っていくかが、私たち漁業者の永遠の課題!ということを再確認しました。それでも魚市場にはまだまだ宝の山はあるわけで・・、いろんな人脈や経験・ノウハウ、販路等々、活用の仕方を考えていかねば、とあらためて強く感じております。

国会は今日から荒れ模様ですね~。つい先日まで圧倒的な支持率を誇った民主党がこの有り様ですから、世の中本当に分からないものです。さすが小沢さんは相変わらず元祖暴君!ですね。いろいろと書くのは控えます(といっても暴君の報復人事を恐れている議員ではありません・・)が、企業であれ生活者であれ、自らの身は自分で守るという意識を持つ大切さを、つくづく痛感させられている今日この頃です。また今夜のニュースも注視したいと思います。

こちらは、今漁期から未利用魚の活用のため取り組んでいる作業(マツイカ冷凍保管)の風景です。単価は・・??ここではお伝えできません。これも一つの貴重な取り組みではありますが、この前段階で流通・処理できる方策を社内で少しずつでも考えていきたいと思います。

竜平会で午前さま!

昨晩は「竜平会」(魚市場の飲み会)で午前さまでした。2次会のチャンポン屋さんでは、飲みつくした魚市場関係者や一人ガッツリ倶楽部中の亀ちゃんにも遭遇・・、久しぶりに元気な夜の八幡浜を垣間見た気がしました。明日は本船4:00入港予定です。アマギにマツイカ、白ムツを中心に1400箱くらいの荷揚げの予定です。サイズや規格もいろいろありそうですが、相場に期待したいところです。

空の境地

なぜか休日のように静かな金曜日です。海幸丸は久しぶりに宮崎沖まで足を延ばして操業しております。昨日は、社内のデータ共有システムを整備していただきました。ついでに直売店トロール市でのPCを使った顧客管理についても相談を少々・・。日々、魚を大量に扱うお店で水気や湿気も多いため、これまではPCを使った顧客情報や受注管理は対岸の本社事務所で行っていたのですが、さすがに手間と時間がかかるため、少し改善をしてみることにしました。改善といっても、店舗裏に端末とプリンタを置けるスペースを設けるだけなのですが・・

大忙しの年末も終わって店は閑散期に!?入ってしまっていますので、この時期を利用して、少しずつでも環境を整えておきたいと思っています。ハードと並行して、リピータを取り込むべく、新しいメニューや企画を提案していくのも閑散期の大切な仕事です。年明けから、流通事業の人員も少し新体制になっているのですが、在庫管理や販売方法などの点でいろんなアイディアが出て、担当間でも前向きな協力体制が取れてきているのは本当にうれしいことです。

業界環境も大きく変わっている時代だけに、旧態からいかに脱却をして組織の柔軟性を保っていくかが、大きな課題といえます。商品やサービスについても、提供する側とされる側(お客さま)では、情報の認識にも大きなギャップがあるだけに、その差を埋めていく“仕掛けづくり”も大事ではないでしょうか。よく言われますが、すべてにおいて今や“現状維持は後退”です。

ちょうど今読んでいる本にも紹介されていますが、サムエル・ウルマンの青春論というのは良いですね。

曰く、「青春とは人生のある期間を言うのではない。創造力や情熱、冒険心みなぎる心の様相を青春という。年を重ねても人は老いない。理想を失ったときに初めて老いるのだ」と・・。

つまり、現状に安住して変化を嫌い、固定観念で頭がいっぱいになってがんじがらめになった状態を「老いた」と言い、それに気がつかず、人の言うことが聞けなくなって自己主張ばかりが激しくなる、この状態こそが「老害」というそうです。老害に陥らないためには、頭の隅を常に“空の境地”にしておくことが大切とか・・。この青春と老害の差は年齢なんかでは決してない、常にそう思いたいですね。

こちらは社内の協力体制構築のために登場した「NAS1号」!那須(なす)でも人工衛星でもありません。
まだまだ原始的な活用法ですが、徐々に整えてまいりますのでどうぞヨロシク!

ハシキンメ

昨晩は内山青年会議所さまの新年会に参加させていただきました。内山青年会議所の皆さま、昨日は大変お世話になり、ありがとうございました。昨日は一日中大雪が降っていたため、JRにて出発する予定でしたが、雪の影響での踏切故障のため70分遅れ・・結局、夜の下りのダイヤまで乱れに乱れて、深夜にタクシーでの帰宅となりました。それにしても内子・大洲方面よりも、八幡浜のほうの積雪が激しいのは珍しいのではないでしょか?

内子から帰り道、ものすごい積雪を見ながら帰ってきたため、今朝の魚市場へは自転車で行きました。それなりに防寒対策をしているつもりですが、年々寒さが堪えるのも年のせいですかね~。

今朝は寒波のため、入荷魚種は海幸丸の荷揚げ物のみ・・、それでも今回は相場に反映されず、丸物中心に“下げ”の取引となりました。四国方面ではあまり売れないマツイカ(スルメイカ)300箱・・というのもおそらく初めてではないでしょうか?その他は、エボダイ400、コウイカ、水エソというところが主な魚種でした。

今日はこんな魚も揚がっていました。
あまり見慣れないものですが、事典で調べてみますと、「ハシキンメ」かと思われます・・

椎名クン、いかがでしょうか!?

朝から大雪です!

予報が早まったようでこちらは朝から大雪、一気に積もりそうな勢いです。今朝は入船もなく、魚市場もガラガラだった様子、明日の入船に期待したいところです。昨晩は大洲青年会議所さまの新年会にお招きいただいておりました。今晩は内山JCさまの新年会に出席予定です。この雪ですので・・、JRにて参りたいと思っております。こちら↑は事務所から見た八幡浜港の様子です。

気がかりなのが昨日朝に入ってきた第2山田丸(113t)遭難のニュース。弊社と同じ2艘曳き沖底船です。昔に比べれば少なくなったとはいえ、起きてしまっては取り返しがつかないのが事故。ただただ乗組員10名の皆さまの無事を祈るのみです・・

成人の日

土日は恒例の八幡浜児童合唱団の定期演奏会でした。今年は踊りや唐獅子など郷土色濃いプログラムも充実され、変化に富んだすばらしい内容でした。今年で37年目を迎える伝統ある合唱団ですが、こうした取り組みが継続できるのもの指導者の先生方のご支援あってこそ!私たちJCメンバーも総力を挙げてサポートして繋げていかなければ、とあらためて感じた2日間でした。委員長さまはじめ、皆さま、お疲れさまでした。

定演終了後は打ち上げもありましたが、私は今朝の入船もあって1次会のみで失礼させていただきました。今回の操業ですが、当初はアマギ(エボダイ)の狙いでしたが、なかなか思うような水揚げがないようで、途中よりハモとコウイカに魚種変更、総数1100箱の水揚げでした。

今日は「成人の日」ですね。先日、1月3日は、JCの役職の関係で八幡浜市の成人式に出席してきました。スーツ姿で新成人の集団をかき分けて足早に会場に入っていったのですが、「あの人、ホントに二十歳??」的な視線もやや感じて、隠れたくなるような気分も味わいました・・。

今年の市内の新成人は507名とのこと。市長のご挨拶に始まり、来賓祝辞と続いたのですが、ライオンみたいな髪をした10名くらいのヤンチャそうな集団が少しいるくらいで、一頃騒がれたような式の進行を妨げるような“不良成人”は皆無で、安心しました。同時に、きらびやかな振袖姿を目の当たりにして、おっちゃんは新年早々、得した気分になったのでした。

そんなことより、「誓いの挨拶」なども聞きながら思ったのですが、厳しい時代背景のせいなのか、自分たちの頃よりも学生の職業意識や技能の習得意欲も高いように感じました。自分たちの頃は、皆が“とりあえず大学生”みたいなノンポリ気分が大半だったように思うのですが・・。時代の移り変わりと自分の年齢!を、あらためて感じた成人式でした。

何はともあれ、今日は「成人の日」ということで、平成生まれの新成人のご活躍を祈っております。

私も、新成人に「おやじ狩り」に合わないように精進したいと思います!!

我が家では昨年より旗日の“国旗掲揚の義務付け制度”!?を復活してみました。
当番を決めて子供たちに徹底させたいと思います。

早めに手を打つ!

週明けが祝日、しかも連日の時化という関係もあって、海幸丸は昨日、今日と連日入港でした。漁は芳しくないのですが、荷が少ないだけに全般的に相場良好の前半航海となっています。気づけばすでに金曜ですが、今週はほぼ出ずっぱりの一週間でした。トロール市にも新たな課題が発覚・・、皆で協力して改善していきましょう!!何事も押し迫っての行き当たりばったりではなく、“早めに手を打つ!”を心がけたいものです。反省反省・・

第35番清滝寺

八幡浜魚市場は昨日が開市で、恒例の鏡割りも行われました。時化も重なってトロ物もまずまずの相場での滑り出しとなりました。今日は朝から長年大変お世話になっている宇和島の蒲鉾会社さまに、ご挨拶をかねてお伺いさせていただきました。工場内の空気(雰囲気)がとても清らかで、当社も見習うことだらけで、身が引き締まる思いがいたしました。今日はお時間をいただき本当にありがとうございました。午後からはその足で、とある営業のため高知県須崎の漁港まで・・。

昼は市内のレストランで、“八幡浜ちゃんぽん”を注文したのですが、店員さんに「やはたはまちゃんぽん」ですね!と確認されて、県外に来ていることを実感したのでした・・。

経由した梼原の気温は零度。歩道に積もった雪と山々の雪化粧を見ながらのドライブの友はシベリウスでした。雪山を行く孤独な運転にこれほどシックリ来る音楽はないですね~。南国土佐にいながら北欧の気分を満喫した不思議なドライブでした。

帰りには35番札所清滝寺にも立ち寄ってきました。立ち寄ったといいましても、少々不気味な墓地の中をかなり急な細い坂道を登りきったところにあるお寺で、巡拝者も私一人!新年早々、ということで旅客も少ないのでしょうね。多分・・。

本堂の前にそびえ立つ巨大な薬師如来立像が印象に残るお寺で、お寺から見下ろす南国の景色はきれいでした。お堂の横には清滝の名のとおり小さな滝があります。弘法大師が七日間の修行を終え金剛杖で壇前を突いたところ、水が湧き出て滝ができたと伝えられることが、名前の由来だそうです。

名称:医王山 清滝寺(第35番札所)
所在地:高知県土佐市高岡町丁568-1
開基:行基
宗派:真言宗豊山派
ご本尊:薬師如来本尊
ご真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか
ご詠歌:澄む水を 汲むは心の清滝寺 波の花散る 岩の羽衣

本当に久しぶりの巡拝となりました。このペースで回れば88か所巡り終えるのに、残り37年です・・
ピッチがかなり落ちてきましたので少し早めねば!!

今日は新年祝賀会でした!

元日から続けて4、5kmずつ走っていまして、新年早々3日坊主ではダメかと思いまして、今日も夕方は少しだけ走ってきました。お調子者ですので、ろくに練習もしていないくせに“愛媛マラソン”にも出走しますので、それまでに少しくらいは、下半身を鍛えておきたいと思っております。さて、今日は仕事始め&JC主催の新年祝賀会でした。

本年は不肖私が理事長という大役を授かり、今日の新年祝賀会での「主催者代表挨拶」があったため、年末年始にかけて、心のどこかで悶々とした日々を過ごしておりました。読売響の「第九」を聴きながらも、ハマチを切りながらも、プライドを観ながらも、サスケを観ながらも、箱根駅伝を観戦しながらも、寝ながらも読書しながらも・・、ずーーーと私の胸の奥に引っ掛かっていた苦手な苦手なご挨拶・・、そんな重圧からようやく今日解放されました。通常の挨拶やスピーチならさほどでもないのでしょうが、ご来賓の皆さまをお迎えしての新年一発目(言葉汚くスミマセン)というのは、さすがに何か独特の雰囲気があるものでした。

ところどころ飛びそうになりながら、こんな私でも一先ず無事にこなせましたのも、ひとえに励ましの声をかけていただいた多くの先輩方はじめ歴代理事長様、そしてリラックスさせてくれたメンバーの皆さまのおかげです。皆さまに心から感謝申し上げます。

歴代の理事長様の築いてこられた伝統を汚さぬよう、社業ともども精進してまいりますので、皆さま、どうぞご指導のほどよろしくお願い申し上げます。皆さま、今日は本当にありがとうございました!

明日は5日で八幡浜魚市場はいよいよ“初セリ”!海幸丸も現在のところ入船予定です。
引き続き気合いを入れてまいりましょう!!

後継者の鉄則

今朝は9:00より“乗り初め”!各海幸丸の操舵室にて、全乗組員と一緒に神棚に手を合わせて、新年の航海安全と豊漁を祈願しました。毎年、会社からは乗組員の家族に“お年玉”を配って、船から餅まき(金まき?)をしていまして・・、今年は魚本甲板長の提案で、初めて大量にお菓子を撒いてみましたが船頭にもお見送りの皆さんにも不評・・、結局、例年通り小銭を撒いての“乗り初め”となったのでした。

9月の出漁以来、昨年はヤリイカ漁と水エソの相場に加えて、機関トラブルでのロスも少なく順調に操業を終えております。ただし1月からは、ほぼシーズンを終えるヤリイカに期待するわけにもいかず、かといって需要のピークを過ぎた原材料相場をあてにするわけにもいかず・・。景気低迷に加えデフレの影響か、全国的にも丸物相場が暴落しているだけに、かなり不安材料が多い1月操業を迎えております。ひとまずはここ数年、春先にかけて漁が好調なアマギの漁と価格に期待したいと思っております。

年末から年始にかけて、ここ2年くらいハマっている経営合理化協会の書籍をまとめ読みしておりました。何せ基本は“一冊一万円”!ですから、購入したら眠らせておくわけにもいかず、無理やりありがたみを感じつつ熟読しています。「経営学」や「経営戦略」という場合、どうしても中堅企業や大企業を想定した内容が多く、これまではついついそういう理論的なものばかりを追いかけてきた気がしますが、経営合理化協会の書籍は、大半が学問や理論としてではなく、中小零細企業の経営実務に焦点を当てているだけに、よく切れる日本刀のような凄み、鋭さを感じることができます。一頃の欧米流ではなく、あくまで日本の風土や雇用慣行、法制度に根差している点も、今の時代の要請には合っているのではないでしょうか。

題名はいかにも!という仰々しいものが多いのですが、中身はいたって読みやすく何度も熟読したくなる深い内容でお勧めです。分厚いため“出張の友”には実に不向きですが、書棚に置いて残すならこのような良書ではないでしょうか。こちらは、友人に勧められて購入したものですが、何れも大変勉強になりましたので、日記ついでにご紹介しておきます。

20100103.jpg

「後継者の鉄則-成功する事業承継」(井上和弘著/日本経営合理化協会)

20100103-2.jpg

「社長業のすすめ方―着実な繁栄と高収益構造への着手」(牟田学著/産能大出版部)


明日より仕事始め、と、その前に青年会議所主催の新年祝賀会です!!

恵比寿様へ初詣で

今日は恵比寿様のある大洲神社へ“初詣で”にも行ってきました。ついでに午後からは書き初め、読み初め、夕方には走り初めも行いました。毎年2日には詣でて、商売繁盛をお祈りしてお札をいただいている大洲神社ですが、この神社へ向かう階段がなかなか急(↑)でして・・。私はややメタボ気味の?三男の手を引いて登っていたのですが、いつもに増して階段を上る足がぎこちない、登り終わって見てみますと・・

足はこのとおり、これではうまく階段も登れませんわね~。
新年早々、“はき違え”だけは勘弁してください!!

明日はいよいよ3日、海幸丸は朝に“乗り初め式”を行って10時に出漁の予定です。
ひとまずは、開市の5日の入船を目指して操業予定です。
まずは引き続きの航海の安全、そして恵比寿様のご利益を受け、豊漁を祈りたいと思います。

一年の計は元旦にあり

皆さま、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年齢のせいでしょうか、ここ3年くらいは売り出しの疲れで、大晦日は除夜の鐘を聞くこともなく、眠っておりまして・・、実は昨晩もそうでした。やることは山ほどあったのですが・・。というわけで、昨晩はたっぷり休みましたので、今日と明日で、昨年の反省やら今年の抱負等も?整理しておきたいと思います。毎年、自分なりにまとめているもの(秘密のシート?)ですが、進歩があるようなないような!?不器用人間ですので、せめて続けられる限りは続けていきたいと思っています。

本年も多くの皆さまとのご縁を大切に、一歩ずつ前進してまいりたいと思います。ご支援のほどどうぞよろしくお願い致します。

このページの先頭へ